今さら聞けないクレジットカード現金化の疑問

クレジットカード現金化よくある質問

クレジットカード現金化、間違った解釈をしている方が多い

クレジットカード現金化は、インターネット上に誤った情報も多々あるため、勘違いをしている人が多々あるものです。

他にも、何が正しいのかわからず、質問を抱く人も少なくないのです。

そんな訳で、本稿では皆さんから寄せられた質問にお答えしていこうと考えます。

新たな質問に応えます以前、クレジットカード現金化についての典型的な質問に答えるべく、ひとつの文章を書きました。

嬉しいにも「相当ポイントになった」というお声もいただきました。

加えて併せて、「こういった質問にも解答て望む」「これって如何になの?」というような、新たな質問を投げかけられる事も多くなりました。

そんな訳で本稿では、新たな質問に答えるべく、Q&A形式で解答ていきます。

現金化換金業者のエントリーについての質問Qクレジットカード現金化専門家に申請をすると如何になりますか?Aクレジットカード現金化換金業者にエントリーする場合には、専門家ホームページに設けられている申請フォームからエントリーを行うか、電話で申請を行う事になります。

電話でエントリーを行った事例には、デフォルト電話口でエントリーする事ができるですが、申請フォームから申し込んだケースには、フォームの中で指定した時帯に現金化業者から電話を受けて申請する事になります。

当Webページでは、普通にどの換金業者を活用すべきとお薦めする事はないのですが、当Webページの決断レベルをもとに現金化業者をチョイスしてだ事例には、活用者の責務において使用するようにしてください。

Q買い物枠がどれくらい残っているかわかりません。

A.クレジットカード現金化の上限額は、使用するクレジットカードの買い物枠と同額であるため、それ以上の申請を行う事はできません。

申し込んだとしても、決済がおりないため使用する事ができないのです。

それ故、クレジットカード現金化を使用するときには、買い物枠がどれぐらい残っているかを知っていなければなりません。

現時点で概ねどれほど残っているか曖昧である人は、契約しているクレジットカード法人のホームページにログインすれば、マイページで検証する事が可能なでしょう。

このほかにも、月次発送される活用明細書にも、買い物枠の残りが記載されています。

仮に、クレジットカード企業のホームページを閲覧する事ができなかったり、入金明細書を事前に捨ててしまっている人は、クレジットカード企業に電話をして質問みましょう。

クレジットカード法人の電話番号は、クレジットカードの裏面に記載されています。

Qクレジットカード現金化は手間なくに可能なものなの?

Aクレジットカード現金化はとても造作なくであり、それがブームの所以のひとつとなっています。

多くの換金業者では、キャッシュバック方式での現金化を用意しており、インターネット上で全部の申込み手順が完了するようになっています。

使用するものは、本人名義のクレジットカードと、本人検証のための身分証明書だけであり、それを持っている人であれば査定を行う事もなく、即日で現金化をする事ができるです。

クレジットカード現金化は貸金業ではないため、煩わしいな査定を受けずに使用ができるなのです。

Q.クレジットカードは何でも重宝するの?

A.クレジットカード現金化には、おおかたのクレジットカードが使用できるです。

もっとも、そのクレジットカードに買い物枠がついている事が前提となります。

とはいっても、多くの現金化業者はすべてのクレジットカードに応対しているものの、中には特定のクレジットカードを取り扱っていない専門家もあります。

特に、JCBのクレジットカードを使えないとしている現金化換金業者は多めです。

Q.クレジットカード現金化の場合には身分証明書が不可欠なの?

Aクレジットカード現金化のときには、身分証明書が絶対不可欠なります。

なぜならば、使用するクレジットカードが本人名義のものであるか如何にかを検証する必須があるからです。

これは義務であるため、クレジットカード現金化換金業者に限定しず、クレジットカード決済を受け付けている現金化業者であれば、等しく行っている事です。

クレジットカード不正使用を防ぐために、本人見極めが徹底されているのです。

特に、クレジットカード現金化は未だグレーゾーンの取引であり、現金化換金業者は警察沙汰になるような事を嫌う性質があります。

それにより、不正活用を受け入れる事によって警察沙汰なる事を避けるため、現金化専門家は身分証明書の見定めを徹底しています。

Q実際にみんな活用できますか?

Aクレジットカード現金化は、本人名義のクレジットカードを持っている人ならばみんな活用する事ができます。

男性でも女子でも使用できますし、学生でも専業主婦でも活用できます。

クレジットカードを持っているという要件さえ満たせば、無職の人でもフリーターの人でも使用する事ができます。

言うまでもなく、個人ビジネス主でも、多額のローンがある人でも、使用ができるです。

支出者金融から融資してもらえない人でさえ、使用ができるなのです。

これはひとえに、クレジットカード現金化現金化業者が貸金換金業者ではないため、査定の必須がないからです。

貸金業法における総量規制に引っかかる事もなければ、個人の信用情報がポイントにされる事もないのです。

Q手数料等はかかりますか?

Aクレジットカード現金化現金化業者と取引する場合には、専門家ごとに設けられた手数料を支払う不可欠があります。

局所の情報では、手数料がかからない現金化業者もあるとされていますが、そんなにの専門家は必要になると考慮してよいでしょう。

なぜならば、多彩な手数料を専門家が負担すれば、専門家の利益率が下がってしまい、競争の激しい現金化業界で生き残る事が手に負えなくなるからです。

したがって、ホームページに記載されている換金率は表面的な換金率であり、実のところの取引のときにはその換金率を適用した上で、色々な手数料を差し引いたプライスが振り込まれる事になります。

つまり、実質的な換金率は、ホームページに記載されている換金率よりも下がる事になります。

手数料として支払わなければならないものとしてよくあるのが、決済手数料・支出税・送料などです。

一流現金化業者と悪質換金業者の異なる点は、手数料の代金にもよく表れています。

優秀専門家では、これらの手数料を常識の範囲内で差し引くものですが、悪質専門家では多額の手数料を差し引くのです。

つまり、ホームページ上では他の現金化業者よりも良い換金率を記載しておきながら、実質的な換金率を大幅に下げるのです。

Q地方に住んでいるのですが、現金化を活用できますか?

Aクレジットカード現金化は、日本全国どこからでも活用する事ができます。

おっしゃる通り、ストア構えている現金化現金化業者を活用したいと思うならば、都市部の現金化業者を活用する必須があるでしょう。

ただし、今やそんなにのクレジットカード換金業者はインターネット上で運営されており、ホームページから申請する事ができます。

それにより、PCやスマートフォンを持っていれば、日本全国どこからでも使用する事ができるです。

Qクレジットカード現金化はどんだけまで活用できますか?

A活用の上限額は、クレジットカード現金化専門家によっても異なりますが、おおかたの専門家は200万円や300万円といった多額の活用も認めているため、不十分に感じる人は大いに少ないと考えます。
しかし、現金化の上限額は買い物枠の空き容量に比例します。

一例を挙げれば、活用者が50万円使用したいと思っていても、買い物枠の残りが30万円分しかなければ、50万円分の決済はできず、活用は無理となります。

Q、買い物枠が足りないんですが、何か良い手法はないのですか?

A貴方が1枚のクレジットカードしか持たず、そのクレジットカードの買い物枠が足りないのであれば、如何にする事もできません。

ただし、仮にいくつか枚のクレジットカード持っているならば、いくつか枚の買い物枠を足す事が可能なケースもあります。

その事例、いくつかのクレジットカードの買い物枠を足した合計額までの使用ができるです。

いくつか枚の買い物枠が活用できない換金業者もあるため、専門家に照会て聞いてみるのが良いでしょう。

Q現金化ってカードの売買なの?

A「クレジットカード現金化」という文字面だけを見て、クレジットカードそのものを売り渡しする事によって、現金を得ると勘違いしている人がいます。

当Webページを参照の皆さんならばそのような間違いは少ないかもしれませんが、そのように勘違いしている人もいるのです。

無論クレジットカード現金化はカードの売買ではないのです。

クレジットカード現金化は、クレジットカードを売り渡しする事ではなく、「クレジットカードの買い物枠を使ってアイテムを調達し、それを買い取ってもらったり、キャッシュバックを受ける事によって現金を得るサービス」です。

Q何故クレジットカード現金化を使用するのですか?

Aクレジットカード現金化を使用する要因は、人によって諸々です。

多くの人は、支出者金融の査定が通らないため活用しています。

総量規制の開始によりお金を集めるのが難しくなった

貸金業法の改正にあたって設けられた総量規制により、貸金専門家からの借金の上限額は、年収の3分の1までとなりました。

つまり、年収が300万円の人は100万円しか借りられないようになったのです。

この事により、無職や専業主婦といった収入のない人は借金が無理となり、フリーターや契約社員といった収入の低い人は借りられる額が少なくなりました。

まとまった収入がある人でも、事前に3分の1までの借金を行っていれば、新たなローンは無理となりました。

このように、総量規制にひっかかって貸金専門家から借金ができない人は、元金調達のためにクレジットカード現金化を活用する事が多々あるのです。

けれども、総量規制だけではないのです。

総量規制にかかわらず、支出者金融などの貸金換金業者の査定に通らない人も、クレジットカード現金化を使用しています。

例を挙げると、適度に年収がある人でも、過去に債務片付けなどを行っている人であれば、貸金専門家からローンをする事は面倒になります。

債務片付けをしていない人でも、過去にクレジットカードの決済や貸付金の決済が滞った事がある人は、信用情報に傷がついて借金ができない事もあります。

貸金現金化業者でお金を借りるにあたっては絶対査定が不可欠になるため、査定に通らない人が、クレジットカード現金化を活用しているのです。

このほか、スピードを優先してクレジットカード現金化を活用している人もいます。

貸金換金業者からお金を借りるためには、査定のためにそこそこの時がかかります。

多くの支出者金融現金化業者では、即日融資ができるであるとPRしていますが、人によっては即日で融資を受けられない事もあります。

その点、クレジットカード現金化では、申し込んで一時くらいで振り込みを受ける事ができます。

このようにスピーディーである事から、必然的に早急に現金が必須な事情を抱えた人にとって、クレジットカード現金化は大いに重宝なサービスとなっているのです。

Qクレジットカード現金化の返金は如何にするの?

Aクレジットカード現金化の償還は、クレジットカード現金化換金業者には行うのではないのです。

そもそも、クレジットカード現金化というサービスは、上述の通り、クレジットカード決済でアイテムを調達する事によって現金を得るものです。

したがって、活用者はクレジットカード法人にそれに対し債務を被る事になります。

それ故、償還はクレジットカード法人に反対に行わなければなりません。

クレジットカード現金化専門家と使用者の間で借用書等の契約が交わされており、現金化の使用額は現金化換金業者に反対に行わなければならないという勘違いをしている人も少なくないのですが、あくまでも償還先はクレジットカード企業です。

中にはそのような契約を結ぼうする現金化現金化業者もいるかもしれませんが、そのような換金業者は間違いなく悪質換金業者であるため活用を控えてください。

Q返金メソッドは如何になっているの?

Aクレジットカード現金化の償還は、クレジットカード企業に反対に行うものであるため、返金手段もクレジットカード法人の取り決めに準じます。

おおかたのクレジットカード法人では、一括・分割・リボから選択する事ができます。

使用者の経済事情に組み合わせて、償還テクニックを選択するのがよいでしょう。

Q利率分は如何になっているの?

Aクレジットカード現金化の返金は、クレジットカード法人にそれに対し行うものであるため、支払う金利分もクレジットカード法人の設けている利率分に準じます。

Qクレジットカード現金化って違法じゃないの?

Aクレジットカード現金化は違法ではないのです。

違法性を指摘するときによく取り上げられるのが景品表示法と言う法律であり、景品表示法で定められている景品の上限額を超過しているという指摘があります。

ただし、クレジットカード現金化ではキャッシュバック仕組みを活用して現金が行っているため、景品規制の適用対象外となっています。

あとがき

したがって、クレジットカード現金化に違法性はありません。

理解いただけやすく言えば、大型小売店などで家電を買い物すると、多額のポイントバックを受けられる事がありますが、キャッシュバック方式での現金化はこれと同じです。

皆さんの質問は解けたでしょうか。

お役に立てれば幸いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です