よくある質問

クレジットカード現金化 | 利用のタイミングや現金化業者によって買取率が変動する理由とは?

更新日:

クレジットカードのショッピング枠現金化業者の換金率

クレジットカードのショッピング枠現金化を初めて使用する人の中には、クレジットカードのショッピング枠現金化がどのようなものであるかよく知らずに使用している方もいます。

しかし、現金化業者の実態を知らないと低い換金率で取引をしてしまう事もあります。

このような間違いを起こさないためには、なぜ換金率が変化するのかをできるだけ理解しておくと良いかもしれません。

現金化業者にショッピング枠の現金化を依頼する際、

現金化業者の主張が妥当なものであるか?

「判断基準」があると良いかもしれません。

クレジットカード現金化を利用する

クレジットカードのショッピング枠現金化を利用すすケースとして以下のようなケースがあります。

  • お金が必要だが新たに借金はしたくない
  • 借入履歴など信用情報を守りたい

このような場合、思い当たる資金繰りの方法はないのではないでしょうか?

多くの方は無理をせずに

銀行や消費者金融から借入すれば?

と考えます。

たしかに、今の時代の消費者金融はどこでもスピーディに審査ををするようにしていますし、貸付利率なども、ひと昔前に比べるとかなり透明性を持って営業している印象です。

金利にそれほど違いを出せなくなったことから、透明性や、一定期間の利息免除、融資までのスピードでライバル企業に差を付けようとしています。

消費者金融を選択するのはもっともな事です。

ただし、消費者金融は、どれだけスピーディさを売りにしているとはいえ、融資までには様々なハードルもあります。

返済能力を疑われれば、消費者金融は回収不能の危険(リスク)を抱えてしまう事になるため、審査は慎重にならざる得ません。

また、対応がスピーディとはいっても、多少の手間を考えると、思い立ってすぐというわけにはいきません。

  • 無職の方
  • 派遣などの正規雇用者出ない方
  • 過去に返済に遅れがあった方
  • 収入が極端に少ない方
  • 借り入れが一定額ある方

特に上記に該当するとお考えの方は、ご存知のように返金能力に疑いがあると判断されやすく、審査に落ちて融資を受ける事はできないケースもあります。

したがって

  • 時間がない
  • 審査をしたくない

といった方々は、消費者金融からの借入できない可能性があります。

では、そのような状況にある方のお金を用立てる方法は?

というと「クレジットカードのショッピング枠現金化」が理想的です。。

クレジットカード現金化は審査がいらない

クレジットカードのショッピング枠現金化とは、クレジットカードの買い物枠を使用して現金を得るという手段であり、本人名義のクレジットカードを持っている人であれば「どなたでも利用」する事ができます。

お手元のクレジットカードを使えば、買い物枠の残高の範囲内で消費者金融からの融資より速く現金を得る事ができ、審査もないためこれまでの返済履歴や借入状況に問題がある人でも、現金を手にすることが出来るのです。

なぜ還元率や換金率は変わるのか?

ここからは、クレジットカード現金化における手数料、還元率や換金率が変わる理由についてご紹介します。

かつてのクレジットカードのショッピング枠現金化換金業者は、ショップを構えて、買取方式という方法を利用してクレジットカード現金化を行なっていました。

この方法は、利用者にブランド品や家電製品などの中から指定したアイテムをクレジットカード決済で購入してもらい、それをなお現金化業者が買い取る事によって現金化を行うというものです。

現金化現金化業者は、買い取ったアイテムを転売する事で利益を得ます。

けれども、インターネットが拡大してから以下のようなことが起きました。

  • 業者の買取価格が可視化された
  • ネットで手続きすれば来店不要/b>

運営している現金化業者も店舗を持つメリットがなくなったことで、現在では買取方式を使わない現金化業者がメインになっています。

現在の現金化業者は買取方式ではなくキャッシュバック方式を採用しているところがほとんどで、現在では多くの現金化業者がキャッシュバック方式によって現金化を行なっています。

キャッシュバック方式とは、現金化業者がオンラインサイトでキャッシュバック付きアイテムを指定し購入を案内し、使用者がそれをクレジットカード決済で購入すると、規定の還元率でのキャッシュバック相当分が利用者に振り込まれるという方式で換金を行なっています。

買取方式では、転売先の買取価格により換金率が移り変わりする事になりますがキャッシュバック方式では、買取方式に比べれば比較的、還元率は安定します。

現在では、以前に比べて、現金化業者ごとの手数料に違いが大きいため、換金業者によって換金率に開きがあります。

他の業種で見ると、スーパーによって仕入先の違いから、小売価格が変わるということはよくあることで、現金化業者によって換金率の差がのは理解出来ることかもしれません。

しかし、お世辞にも透明性の高い業界ではないので「手数料の高い・安いは利用者の意向ではなく、業者側次第という」のが現状です。

利用者は、還元率の高い現金化専門店を探し出せれば、他の利用者よりも高い還元率を簡単に実現できてしまうのは「クレジットカード現金化の魅力」かもしれません。

現金化業者の利益は「手数料」がほとんどなので、利用者の「利用額」によっても大きく変わります。

還元率は現金化業者次第で大きく変動する

クレジットカード現金化の最低申込額は「1万円〜」としている現金化業者もありますが、「少額の申込の場合は現金化業者に断られる」こともあります。

先ほどもお伝えしましたが、還元率は現金化業者次第で大きく変動しますから、申込金額が低く少額の手数料収入となる場合は、還元率が非常に低くなるのは当然です。

50,000円の現金が必要な方が、80%の還元率で現金化した場合、65,000円の買い物をしなければなりません。

現金化業者の利益は15,000円ですが、カード会社に支払う決済システムの利用料などの経費を引くと利益は少なくなります。

100万円の利用ならば十分な利益が確保できますが、5万円の使用の事例にはそれほど利益が得られません。

一般的な感覚では、十分な利益と考えられるかもしれませんが、利用者が限られているこのサービスでは、「手数料は高くなりやすい傾向」にあります。

クレジットカードのショッピング枠現金化を使用する人の多くは「あと数万円足りない」という状況の方が圧倒的に多く、小口での利用が多いのが現状です。

そのため、少額の利用者に対する還元率は低く設定され、十分な利益を確保することが可能となります。

このような要因から、換金業者が設定している還元率に変動がでる仕組みになっているのです。

クレジットカードの種類によって換金率が変わる?

クレジットカード現金化の還元率が変動するもう1つの大きな理由は、利用するクレジットカードの種類です。

悪質と感じる部分と、妥当性のある部分とあります。

悪質と考えられるケース

悪質なケースとは、クレジットカードの種類によって換金率が異なるとしておき、実のところは、どの種類で申し込まれても換金率の引き下げを最初から考えているといったケースです。。

例を挙げます。

  • Visaの場合
    「Visaは査定が厳格なので換金率○%下がります」
  • JCBの場合でも
    「JCBは査定がシビアので換金率が○%下がります」
  • AMEXの場合でも
    「AMEXは査定が困難なので換金率が○%下がります」

といった回答をして換金率を引き下げるのです。

しかし、利用者はすぐにでもお金を要している事が多く、現金化業者の主張を呑んで低い換金率で現金化をしてしまう事があります。

悪質な現金化業者では、ホームページ上では90%の換金率であるとしておきながら、クレジットカードの種類を理由に、実際の換金率は60%や70%の換金率とする事もあるほどです。

しかし、クレジットカード会社よって決済手数料が違うため、カードの種類によって換金率が変化するのはやむを得ない事です。

それ以外の還元率が下がるケース

そして、さらによく聞くのは、JCBやAMEXを活用した時に換金率が下がるというものです。

クレジットカードのショッピング枠現金化をエントリーする人の多くは、

  • Visa
  • Master
  • JCB

のブランドのいずれかを利用する場合がほとんどでしょう。

中にはAMEXを持っている人もいるかもしれませんが、それほど多くはないでしょう。

AMEXは一段階上のクレジットカードであり、年会費は高く査定も厳しく、適度にステータスが求められます。

そのようなステータスの人ならば、緊急のときには銀行系のカードなどで借入が可能な確率が高いため、わざわざクレジットカードのショッピング枠現金化を使用する必要性は低いでしょう。

何はともあれ、JCBとAMEXで現金化をしようとした場合に、換金率が下がる事があります。

これはなぜかと言えば、現金化現金化業者が使用している決済端末に理由があります。

JCBやAMEXでクレジットカードのショッピング枠現金化を行った場合、キャッシュバック付きアイテムを購入すると、現金化現金化業者が利用する決済端末の仕様から、海外でのショッピングという履歴になります。

実際のところの取引は国内で行われていますが、外国で買い物をした事になるのです。

外国で買い物していないにもかかわらず、外国で購入をした事になっているのはおかしいですよね?

しかし、それには理由があります。

クレジット会社は、クレジットカード利用者がどこで買い物をしたのかという履歴を全て把握することが出来ます。

つまり、クレジット企業はJCBやAMEXのでの、不正利用を調べれば、クレジットカードの使い方がどこかおかしいとすぐに判断できるのです。

クレジットカードのショッピング枠現金化を利用している事が分かれば、使用者に使用停止措置や退会措置などが講じられるほか、

クレジットカード現金化業者にも何かしらのペナルティーがあるかもしれません。

そもそも、クレジットカードのショッピング枠現金化は、公共性の高いサービスではありません。

違法性が指摘されるケースもあるサービスで、解釈によっては利用者だけでなく、現金化業者の違法性を問う事も可能な業種です。

実際のところ、クレジットカードのショッピング枠現金化現金化業者が逮捕されたケースもあります。

現金化換金業者としても、利用者がいる限り続けるでしょうが、利益にならなければ当然、経営は出来なくなります。

現金化業者としてみれば外部からの圧力や批判はできるだけ避け、利用者がいれば細々と続けていくといったサービスなのです。

そのような理由からも、JCBやAMEXでの現金化を受け入れる事によって生じる危険をできるだけ和らげるするためにも、クレジット現金化業者は、出来うる限り利用者にも安全に換金できるような対策を講じています。

したがって、それ以外のカードでの取引よりも実務上の負担なども大きくなるため、クレジットカード会社へのリスクも高くなります。

そのため、他のカードに比べ、換金率を下げているのです。

発行元によって異なる

その他の理由として、発行元によって異なるケースもあるようです。

クレジットカードには何社かの限定されたブランドがありますが、発行元は相当数あります。

一例を挙げれば、同じVisaでも、イオンが発行しているもの、セゾンが発行しているもの、三菱UFJ銀行が発行しているもの、ENEOSが発行しているもの、ツタヤが発行しているもの、セブン&アイが発行しているものなど諸々です。

この中でも、銀行が発行元になっているクレジットカードの場合は換金率が引き下げられる事があります。

これは、銀行系ではクレジットカードのショッピング枠現金化に対する取り締まりがきついため、現金化換金業者としても取り扱う危険性が高まるためです。

この危険性を考慮し、多くの手数料を受け取るために、換金率を引き下げるのです。

還元率を下げられた時の対処法

換金率引き下げに関しては、クレジットカード現金化業者によってそれぞれです。

しかし、実際に、この記事をご覧の方が、クレジットカードのショッピング枠現金化を使用する場合に換金率を引き下げると言われた場合はどのように対応すればよいのでしょうか。

利用額や現金化業者の設定による換金率の引き下げ(というよりも変化)はどうにもなりません。

利用額や現金化業者が提示している換金率は了承しなければ現金を受け取ることは困難です。

ただし、カードブランドや発行元による換金率の引き下げには慎重になった方が良いかもしれません。

悪質な現金化業者による引き下げのための手段で、正当な理由かどうかを判断する必要があります。

何十%も引き下げられるようであれば他の現金化業者を利用し、数%の引き下げであれば、検討の余地ありという判断にならざる得ません。

大幅な引き下げの時には、おそらく悪意を持った引き下げであり、全部の申請に適当な理由をつけて引き下げようとしている悪質現金化業者であると判断し、他の業者と交渉した方が良いかもしれません。

ただし、数%の引き下げの時には、換金業者が危険性への対処として引き下げを行なっている場合もあり、どこの業者も行なっている事でもあるため、仕方のないものとして受け入れる事も考えなければならないでしょう。

クレジットカード現金化 | 還元率、換金率が変動する理由とは? まとめ


クレジットカードのショッピング枠現金化を利用する時というのは、大抵、冷静な判断が出来ないことも多く、現金化業者の言いなりになってしまう事が多々あるものです。

けれども、換金業者の言い分を鵜呑みにするのではなく、ある程度、知識をつけてしっかりと交渉することも高い換金率を実現する手段でもあります。

しつかりと交渉ができて、話のわかる現金化業者を見つけることは非常に大切です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

吉澤 真司

1978年生まれ、東京都出身。大学卒業後、ノンバンクの事業者向けローン会社に就職。不動産担保を主とした貸付業務(抵当権設定など)を担当→10年間の勤務を経て、某財閥系不動産会社に転職。債権回収業務を担当する子会社に出向し5年間勤務 。現在は、同不動産会社の社内SEとして勤務しながら金融・不動産業界の営利主義に嫌気がさし、利用者に少しでも為になる情報を発信したいとフリーのライターとして活動。

おすすめ記事

iTunesカードを換金するなら利用するべき買取サイトをご紹介 1

この記事の目次1 iTunes カードを高い買取率で 即日現金化 出来るおすすめの換金方法をご紹介します2 iTunes カードを現金化する4つの換金方法3 iTunes カード 買取サイトを利用して ...

Google Playカードを現金化 2

この記事の目次1 Google Play ギフトカードを高い換金率で 即日 現金化できる換金方法をご紹介します!2 Google Play ギフトカード 買取サイト は高い換金率で買取してくれます3 ...

Amazonギフト券を換金するための最高の方法をご紹介 3

この記事の目次1 Amazonギフト券を高換金率で高価買取してもらい現金化する換金方法を解説します 2 Amazonギフト券現金化 7つの換金方法3 1つ目の換金方法 Amazonギフト券を 高価買取 ...

WebMoneyを換金するための6つの方法を解説 4

この記事の目次1 ウェブマネー(WebMoney)を高い買取率で現金化する6つの換金方法をご紹介します1.1 ウェブマネー(WebMoney)ギフトカードの購入方法1.2 ウェブマネー(WebMone ...

5

この記事の目次1 楽天ポイントギフトカードを換金する方法は?2 楽天ポイントギフトカードを換金する3つの方法2.1 楽天ポイントギフトカード 換金 楽天ギフトカード買取サイトで換金する2.1.1 楽天 ...

携帯キャリア決済現金化の方法を解説 6

この記事の目次1 携帯キャリア決済を利用して90%以上の換金率で現金化する方法をご紹介します!1.0.1 Docomoオンラインショップ1.0.2 auオンラインショップ1.0.3 Softbankオ ...

-よくある質問

Copyright© クレサポ , 2019 All Rights Reserved.