クレジットカード現金化

クレジットカード現金化業者は換金率を変動させます

更新日:

クレジットカード現金化で最も重要な換金率

換金率は、クレジットカード現金化を利用するなら考えるべきポイントです。

換金率が低く設定されている業者を利用すると、一気に得られるお金が減ってしまいます。

手数料として多くとられないようにするため、なるべくクレジットカード現金化は換金率の高い業者を利用しましょう。

ただ、クレジットカード現金化は換金率を変更しているので、高い換金率はほとんどないと思って利用するしかありません。

クレジットカードの換金率は徐々に落ちている

業者が経営を続けるため、どうしても換金率を低くして多くの現金を得ようとしている背景もあります。

特に小さなクレジットカードの現金化業者は、換金率を低く設定しています。

換金率がかなり低く設定されていると、換金したくないですよね。しかし、それが現実です。

換金率が低いことを知られないため、また、無理に利用させようとするため、クレジットカードの現金化の業者は、デタラメな換金率を提示しています。

最大で90%以上の換金率が望めますというような表記を行うことで、換金率が高いことをアピールしてきます。

換金率が高いと思わせるようにしつつ、クレジットカードの現金化を行ってもらいたいと考えているのです。

最大で96%程度の換金率が多くなった換金率については、現在96%程度が多くなっています。

換金率を高くしない背景には、やはりクレジットカード現金化に関連する環境が影響しています。

クレジットカード現金化を行っている業者が多くなっているだけでなく、注意喚起もサイトで行われるようになり、業者によっては大きな影響を受けてしまったのです。

換金率を低くして、業者が得られる利益を増やしていかなければクレジットカード現金化のサービスを続けられないといった背景があります。

資本の少ない業者ほど換金率が低く利用者にとっては災難です。

換金率の高い業者をとにかく探すこと

クレジットカード現金化を希望している人は、少しでも換金率の高い業者をとにかく探すようにしてください。

換金率の高い業者は、サイトを見ているだけではわかりません。

比較サイト等でも真実の情報にはほとんど出会えないでしょう。

ホームページに書かれている換金率は参考になりません。その上でどれくらいの現金を得られるのかしっかりと把握することが非常に大事です。

最大の換金率は、高額なクレジットカード現金化を行わないと得られないので、実際に適応される換金率を先に調べてから、現金化の依頼を出しましょう。

  • この記事を書いた人

吉澤 真司

1978年生まれ、東京都出身。大学卒業後、ノンバンクの事業者向けローン会社に就職。不動産担保を主とした貸付業務(抵当権設定など)を担当→10年間の勤務を経て、某財閥系不動産会社に転職。債権回収業務を担当する子会社に出向し5年間勤務 。現在は、同不動産会社の社内SEとして勤務しながら金融・不動産業界の営利主義に嫌気がさし、利用者に少しでも為になる情報を発信したいとフリーのライターとして活動。

おすすめ記事

iTunesギフトカード現金化 1

この記事の目次1 高換金率で買取に出せるiTunesカード2 iTunesカードの換金方法3 iTunesカード買取サイトを利用して換金する3.1 iTunesカード買取サイトで換金3.2 iTune ...

googlplaygiftcard 2

この記事の目次1 Googleplayギフトカードを換金して現金化する1.1 GooglePlayカード買取サイト1.2 買取サイトを利用するメリット1.3 換金率が安定して高い1.4 申込が非常に簡 ...

3

この記事の目次1 楽天ギフトカードをお得に購入2 直近のお得なキャンペーン3 これから開催予定のキャンペーン3.0.1 各コンビニエンスストアのキャンペーンをチェック!3.1 ポイント受取方法3.2 ...

4

この記事の目次1 クレジットカード ショッピング枠の現金化とは2 クレジットカードの現金化とは2.1 クレジットカード現金化の問題点3 本当に安全?クレジット現金化の危険性と違法性について3.1 クレ ...

-クレジットカード現金化
-

Copyright© クレサポ | クレジットカードサポート , 2019 All Rights Reserved.