クレジットカード現金化

【まとめ】クレジットカード現金化 | ショッピング枠を現金化する仕組みを解説

更新日:

この記事の目次

クレジットカード ショッピング枠の現金化とは

「クレジットカード ショッピング枠の現金化」

ご存知の方も多いと思います。

「給料日までお金がない…」
「競馬で負けてしまった…」
「あのブランドの服がほしい…」
「今月の返済額が足りないな…」
「医療費の支払いが足りない…」
「携帯電話代がやたらに高い…」

急にお現金が必要になった際、クレジットカードのショッピング枠を現金に変えるがクレジットカード現金化サービス。

現在のところ法律違反とはなっていませんが、換金を目的としてショッピング枠の利用をしていると、クレジットカードの規約違反に該当してクレジットカード利用停止とする規定があるので使いすぎには注意が必要なサービスです。

しかし、即日で現金を手に入れることが出来るサービスなので、たくさんのニーズのあるサービスです。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法は大きく分けると2つの方法があります。

“現金化の方法”

  1. ご自身で現金化をおこなう方法
  2. 現金化業者で換金する方法

どちらにも、メリット・デメリットがあります。

下記にまとめましたのでご覧ください。

  • ご自身で現金化する方法を選択する場合は、換金率が高く現金化できるメリットがありますが、クレジットカードの利用停止処分の危険があります
  • クレジットカード現金化業者を利用する場合は、クレジットカードの利用停止のリスクは軽減されますが、換金率は低くなるというデメリットがあります

[/st-midasibox]

今回の記事では以下の内容についてご紹介していきます。

クレカ現金化4つのテーマ

  1. 「クレジットカード現金化に関するリスク」
  2. 「クレジットカード現金化をおこなう理想の方法」
  3. 「悪質業者を利用しないためには」
  4. 「優良クレジットカード現金化業者の定義」

今後、クレジットカード現金化サービスを利用される方はぜひ最後までご覧いただき、ご自分にあった、現金化の方法を考えてみてはいかがでしょうか。

クレジットカードのショッピング枠現金化とは

「クレジットカードのショッピング枠現金化」とは、クレジットカードのショッピング枠を換金することを言い、その方法は日本の法律上、利用者側に違法性はありません

しかし、クレジットカード会社の利用規約にある、「換金を目的としたショッピング枠の利用を禁止」という項目に違反するため、「換金目的での利用」とカード会社に判断された場合、「クレジットカードの利用停止・残債の一括請求」といったペナルティーが課せられる可能性があるので注意が必要なサービスです。

しかしクレジットカードでショッピングをして、「商品がいらなくなったので質屋やリサイクルショップで売った」というようなシチュエーションは考えられます。

実際にネットで購入した音響機材の差込口が古いバージョンのもので、すぐにリサイクルショップで買取してもらい、口座に現金が振り込まれました。

換金を意図して購入したわけでないのですが結果的に、「クレジットカードのショッピング枠を使い現金化・換金行為をした」ということもあります。

このように「換金を目的とした利用」というのは、クレジットカード会社としてもはっきりと認識する事が難しく、換金を目的としているかどうかは、クレジットカード会社の判断になります。

しかしクレジットカード会社は、換金目的で換金性の高い商品の購入は一切認めていません。

例えば、

  • デパートの商品券
  • 新幹線の回数券
  • ブランド品
  • 家電製品やゲーム機

上記のような換金性の高い商品を頻繁に購入する場合には本人確認や購入用途を聞かれるケースもあります。

万が一のリスクを考えると個人で商品を購入しておこなう現金化は細心の注意を払った方が良いでしょう。

クレジットカードショッピング枠現金化は、他の金融サービスと違い、利用に関しての審査もなければ、詳細な個人情報を伝える必要はほとんどなく、クレジットカードさえあれば、手軽に利用できるというメリットがあるので利用を検討されている方は多いと思います。

クレジットカード現金化の問題点

クレジットカードのショッピング枠を現金化する利用者の多くは、現状、金銭的に余裕がなく、利用を続けてしまえば、借金を増やすだけです。

金銭的に余裕がない場合は、目先のお金を手に入れることができれば、返済の事はあまり考えない方が多くなる傾向にあります。そのため、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化をする方々の多くは、支払いの延滞などをされる方が圧倒的に多くなる傾向にあります。

クレジットカードのショツピング枠の現金化をする場合、月々の支払額を確認し、返済も負担がないか計画通りに支払うことができるか、ここは非常に重要なポイントになります。

本当に安全?クレジット現金化の危険性と違法性について

インターネットでクレジットカード現金化業者のホームページや、口コミ掲示板にじっくり目を通して見ると、クレジットカードの現金化は「合法か違法か」について、色々なコメントがたくさん投稿されています。

クレジットカードのショッピング枠現金化は、やってはいけない行為、犯罪行為だと、はっきりと断言しているサイトもあるようです。反対にクレジットカードの現金化は、違法性のない、自己責任で利用すれば問題ないというサイトなどもあります。

個人的な主観ですが、きちんと返済出来れば、問題のないことだと私たちは考えます。

借金の返済のためのクレジットカード枠の現金化を行うのは問題があるかもしれませんが、問題は、

「利用者の方はきちんと返済ができるのか」ということではないでしょうか?

クレジットカード会社は、クレジットカードを利用する方々から金利をとってお金を貸すのが仕事なので、貸したお金が返済されないという事は絶対にあってはならない事です。クレジットカード会社が、クレジットカードショッピング枠現金化を利用する方々を厳しくチェックするのは当たり前、と考えるのが妥当ではないでしょうか?

利用者の方はご自身の信用の元、ショッピング枠があるわけですから、利用する上での制約はない方がよいですが、返済計画はきちんと立てる必要があります。

クレジットカード現金化のリスク


クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の規約には違反しますが、利用者が法律で罰せられる事はありません。

しかし、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化する仕組みが、カード会社の規約違反である事には、間違いありません。

クレジットカードのショッピング枠現金化が、非常に多くの方に利用されているかと言うと、クレジットカードのショッピング枠現金化自体は貸金業法では取り扱われていない為、現状では法律違反に該当していないからです。

しかし、仮に100万円を90%の換金率で利用した場合は90万円借りて100万円にカード会社への金利をプラスして返済した事と同じですから、年間の金利が出資法に違反する金利になる可能性は高いと言えます。

カード会社とクレジットカード現金化業者は別会社になるので2社を合わせて金利を計算して出資法に当てはめるのは強引ですが、そもそも法律とは利用者側と貸し出す側に妥当なラインをひいてきちんと返済が出来るように設定して悪質な金利で利用者が困らないようにするためのものです。利用者側に負担が大きくなる行為は国が認めることはないでしょう。

しかし、現状、クレジットカードのショッピング枠現金化を、違法性のある行為とみなすには、法整備が追いついていない事、一定数、利用者がいることから、なかなか禁止することも出来かねるというのが現状のようです。

クレジットカードのショッピング枠現金化とは、法律の観点やご自身の負担を考慮した場合には、あまりお勧め出来る行為ではありませんが、法的に厳しく取り締まれることもないでしょうし、今後も規模はわかりませんが細々と続いていく業態になるでしょう。

クレジットカードのショッピング枠現金化は、急にお金が必要な時の最終手段として利用されていますが、クレジットカード会社に知られた場合や、ご家族に知られた場合のリスクは考慮してください。

クレジットカードのショッピング枠現金化がクレジットカード会社側にわかってしまうと、これまで利用した金額は一括返済を請求されたり、強制的に退会させられてしまいます。

クレジットカード現金化業者の違法性


クレジットカードショッピング枠現金化というサービスでは利用者が持っているクレジットカードのショッピング枠で商品を購入してもらいその商品を再度買取する形で現金化しています。

審査不要、高還元率とサイトに掲載して営業していますが、このサービスの違法性が指摘されるケースもあります。

事実上の貸金業者

警視庁はクレジットカード現金化業者を貸金業者という扱いにしています。

クレジットカードショッピング枠現金化業者の中には、過去に逮捕者も出ています。クレジットカード現金化業者の殆どは貸金業者ではないと主張していて、当然貸金業者としての登録はありません。

しかし、取り締まる側が貸金業者と認定していてそれが貸金業法に違反していると判断すれば違法行為とみなされます。

貸金業者には利息制限法で金利は最大年20%までと決められていますが、クレジットカード現金化業者は年利に直すとこれ以上の手数料を取っているので利息制限法から考えると違法行為となってしまいます。

しかし、このようなケースも取り締まる側のさじ加減となっています。クレジットカード現金化業者があまりにも法外な換金手数料をとったり、無理やり利用を促すような行為があった場合には、警察も取り締まる事が出来るという事です。

顧客は大丈夫か

現在までのところ、クレジットカード現金化を使ったことのある利用者の方で、逮捕者はでていません。

しかし、クレジットカードのショッピング枠で購入した商品分の金額の返済がが終わるまで、商品の所有権はクレジットカード会社にあります。

カード会社に所有権のある商品をクレジットカード現金化業者を介して転売してしまうと横領罪だと主張された場合は厄介です。実際そのような事をクレジットカード会社が行う事はないでしょうが、クレジットカード会社からすれば、利用者がカードの限度額を利用するのは嬉しい事ですが、返済できないリスクが増す行為は見過ごすわけにはいきません。

クレジットカードの現金化の危険(リスク)とは

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化には一体どのようなリスクが潜んでいるのでしょうか?

クレジットを現金化する事により、考えられるリスクのうち、3つの危険性について説明させて頂きます。

現金化の危険その1 一括返済

クレジットカードの現金化が発覚してしまうと、これまでの利用額を、一括返済するように請求される可能性があります。

契約しているクレジットカード会社によっては、最初から返済意思がないような悪質なケースであれば、法的措置を講じてくる可能性も0ではありません。

現金化の危険その2 カードの強制解約

クレジットカードのショツピング枠を利用して現金化したという事実が、契約先のクレジットカード業者へと、発覚すると、カードそのものを強制解約させられてしまうリスクがあります。

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化はほぼ全てのクレジットカード会社の利用規約で禁止されています。

もし、ご利用が発覚すると、クレジットカードの利用停止または会員資格の剥奪となる危険があります。

その場合、今後改めてクレジットカードを作成しようとしても、そのクレジットカード会社の審査は通らないでしょう。一般的にいう、ブラックリストに載ってしまう可能性があります。

万が一、個人で、換金性の高い商品を大量に購入した場合でも、利用停止または会員資格の剥奪となる可能性があります。

現金化の危険その3 債務整理

万が一、その利用が悪質な換金目的とみなされた場合は、債務整理(自己破産)が認められなくなるケースがあります。

クレジットカードショッピング枠を現金化して利用して現金を用意し消費者金融からも借り入れを何社からもしていた場合、その後に支払いが困難になり自己破産しようとしても認められないケースもあります。

それは、クレジットカード現金化のご利用は自己破産の免責不許可事由に該当してしますかもしれないからです。免責不許可事由に該当していても裁判官の判断次第ですので、実際のところ、どうなるかはわかりません。

借金をする際は節度を持った借り入れをする事が良いのは言うまでもありません。

しかしたくさんの借金をして返す意思がないと判断されたケースの場合は、自己破産が認められない事があるのは覚えておいてください。

自己破産が不可能にになってしまう!?

あまりにもたくさんの借り入れをおこなっていると、自己破産が出来ません。

クレジットカード現金化のご利用は自己破産を申請した場合でも、認められなくなるケースが多く自己破産はできない可能性があると考えてください。

借金に苦しめられたとしてでも、自己責任と判断され、債務者からすると最後の頼みの綱である、自己破産という法的手段が、できなくなってしまうのです。

あくまで自己破産というのはどうしようもないケースに該当するものですから、自分のギャンブルな遊びで返済が困難になるようなケースでは認められないこともあります。

クレジットカードは商品を購入する際に、クレジットカード会社に一時的に料金の負担をお願いするものです。世の中にはクレジットカードショッピング枠の現金化を斡旋している会社もありますが、クレジットカードショッピング枠現金化には問題点や注意点がありますのでご利用の際は認識しておく事が重要です。

万が一、カードで借金をたくさん行い、最後に自己破産しようとお考えの方はやめておいた方が無難です。

クレジット現金化の利用を考えている方へ

クレジットカードショッピング枠の現金化は、現金を手に入れることを目的としてクレジットカードのショッピング枠を利用します。しかし、クレジットカード会社はそのための利用を禁止しています。

クレジットカード会社はクレジットカード現金化を認めておらず、こういった行為は契約違反行為になり、現金化のためのクレジットカードの利用はは、先ほども書いたように、利用停止などのリスクがあります。

クレジットカードのショッピング枠の現金化に関する問題行為は数多く報告されているようです。「独立行政法人国民生活センター」にはクレジットカード現金化関連のトラブルが多数報告されているようで、消費者庁でも注意が呼びかけられています。

「換金額が少なかった」など、非常に多くの金銭的被害を受けた方々もおり、クレジットカードショッピング枠現金化は出来れば利用しない方が無難でしょう。とはいえ、クレジットカードを利用する事自体が借金です。

大事なのは、きちんと返済が出来るかどうかです。

犯罪に遭ってしまう危険性がある

クレジットカードのショッピング枠現金化を使用するのであれば、ご自身の運転免許証やクレジットカード情報は当然、クレジットカード現金化業者に教えることになります。

悪質なクレジットカード現金化業者を利用してしまうと、これらの重要な個人情報が知らない内にどこかに漏れてしまい、クレジットカードを悪用されたりするリスクが非常に高くなります。

クレジットカードの現金化は安心して利用する事が出来る、魅力的なシステムだと、過剰な宣伝しているケースもありますが、決して鵜呑みにしないように、充分に注意してご利用することをお勧めします。

詐欺の被害遭ってしまう危険性がある

悪質なクレジットカード現金化業者を利用してしまうと、事前に約束していた換金率よりも低く、試算した額面よりも少額なお金しか口座に振り込んでくれないといったケースがあります。

例をあげると、利用した額の9割を口座へと振り込むという約束をしてクレジットカード現金化業者と契約したとします。

しかし、「振り込み手数料」「初回の事務手数料」「消費税」など様々な名目で、手数料を引かれ、実質的には、60%程度しか結局振り込んで貰えないといった被害も起きています。

金が必要なときにはどうしてもクレジットカード現金化に手を出してしまいますが、簡単に業者を選んでしまうと危険です。

安心できる安全なクレジット現金化業者を利用して下さい。

ご自身で現金化をする注意点


ご自分でクレジットカードのショッピング枠を使い現金化する方法は難しいくはありませんが、やり方を間違ってしまうと、やはりクレジットカード利用停止などのリスクがありますので注意して下さい。

自分でショッピング枠を換金する一般的な方法は、クレジットカードで買い物をして、購入したものを買い取ってもらう方法です。

クレジットカードで購入する商品はあらかじめきちんと下調べが必要です。換金率の低い商品を購入してしまうと、買い取ってくれる業者を探すのに苦労してしまいます。

「ブランド品」「電子ギフト券」や「金券」など換金率が高い商品を選ぶと買い取ってくれる専門業者も増え、短時間で換金する事が可能になります。

ご自身で現金化を行うには、商品選び、買取業者選定など、すべて自分で選ぶことになりますので、全て自己判断です。

ご自身で現金化するメリット

自分で現金化する一番のメリットはご自身の判断次第では換金率が高くなるという事ではないでしょうか。

時間に余裕があるなら、色々な方法を調べて、高い換金率で現金化できる手段を探し自分でやってみてはいかがでしょうか?

自分で現金化するデメリット

ご自身で全てを行い、現金化するためには、自分で購入する商品をを調べてから購入し、高く買い取ってくれる買取業社を探す必要もあり、意外と手間がかかります。

換金率の高い商品を探したり、買取してくれる店舗の情報収集は大変です。

また、それが確実という保証もありません。時間もかかるので即日現金化を欲しいという方には向かないかもしれません。

関連記事クレジットカード現金化優良店 人気ランキングを発表【2019年度版】

ショッピング枠現金化業者で現金化するやり方と注意事項

ショッピング枠現金化では買取方式買キャッシュバック方式の2種類の現金化の種類があり、ショッピング枠現金化業者によって異なります。

買取方式では通販サイトなどを利用しクレジットカードを利用して指定された商品を購入しその商品を買い取るという方式を取っています。

それに対し、キャッシュバック方式は商品を購入してもらい、その特典という形で購入金額から還元率分をキャッシュバックすると方式で現金を振込ます。

買取方式では家電製品やブランド物と言った商品が一般的に扱われていて、キャッシュバック方式ではショッピング枠現金化業者のオリジナル商品であり価値がない商品ががほとんどです。

買取方式は購入した商品は郵送しますが、キャッシュバック方式は利用者側が受け取る事が義務付けられています。

キャッシュバック方式で受け取りした商品は価値のある商品ではありませんので、すぐに破棄する方が多いです。

キャッシュバック方式の仕組み

現金化業者が指定した商品を購入し、その後、購入した商品のキャッシュバックとして銀行口座に振込みをするという流れで、インターネット専門のショッピング枠現金化業者に多い仕組みです。

キャッシュバック方式

  1. ショッピング枠現金化業者が指定する商品を購入
  2. キャッシュバックという名目で利用者の口座に振込

※インターネットでクレジットカード決済を利用し買物した扱いなので、利用請求はクレジット会社からとなり誰にも知られる事なく現金化出来るといった方法です。

買取方式の仕組み

買取方式とは、ショッピング枠現金化業者が指定の商品を決済し、ショッピング枠現金化業者がその商品を買取するという仕組みで、実際に店舗を構えて営業している現金化業者が採用する方式です。

買取方式

  1. ショッピング枠現金化業者が指定する商品を決済
  2. 商品を買戻すことで利用者に現金が振込

※こちらも同じように、クレジットカードで決済したものを買取に出す流れで、キャッシュバック方式と同様に請求はクレジットカード会社からです。

現金化業者で現金化するメリット

ショッピング枠現金化業者で現金化するメリットは、電話やインターネットからの申込で簡単に現金化することができます。

ショッピング枠現金化業者を利用する際には審査等はありません

クレジットカードの持ち主が本人であり、ショッピング利用枠の枠が残っていれば問題はありません。

自分で現金化するケースと比べると簡単に行えて、ネットバンクの口座をお持ちであれば、すぐに現金が振り込まれます。
※ショッピング枠現金化業者によって振込までの時間に差が出ます

現金化業者で現金化するデメリット

ショッピング枠業者で現金化する場合、ご自身で現金化するよりも手元に残る現金が低くなります。

※手元に残る現金の相場は70%~80%です

また、ショッピング枠現金化業者の中には、相場よりもさらに換金率を落としてきたり、詐欺を目的として営業している悪質な現金化業者も存在します。

商品を購入したにもかかわらず現金が振込されないといった行為が詐欺グループの手口ですが、他にもいろいろなショッピング枠現金化業者の詐欺行為の手口が存在している可能性もありますので注してください。

クレジットカード現金化の申込の際に気をつけること


クレジットカードの現金化はここ数年間でインターネット申し込みができる店舗がほとんどの割合を締めるようになりました。

インターネツトでの申込に慣れている方であれば問題ありませんが、手続きの際にはいくつかの注意点、確認しておかなければならない点があります。

ここでは、くれ実とカード現金化を申込する際の流れと注意しておきたい項目ををご説明しようと思います。

インターネットからの申し込み、写真の送付をする際の注意点


まずは、クレジットカード現金化の申込をおこなう現金化業者を探したら、現金化業者のHPより申し込みフォームを見つけ必要事項を入力して送ります。

すると、ほどなくして、折り返し電話連絡が来ます。

そして、現金化業者の担当者よりショッピング枠を使って指定された商品の購入、その後キャッシュバックや購入した商品を買い取る形で現金が振り込まれる仕組みです。

借り入れではなく、あくまで商品の購入になるので、審査は必要ありませんが、使用するクレジットカードが本人のものであるか確認するための身分証明証を必ず現金化業者にデータで添付して送信しなければなりません。(※初回の利用のみ)

直接顔を合わせて取引する訳ではありませんので、身分証の提示が直接できない代わりに身分証明書を携帯電話かパソコンから送信することになります。

クレジットカード現金化で提示する身分証明書で有効なものは下記のうち1点となります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 年金手帳
  • 学生証
  • 公共料金の請求書

以上のものが身分証明書として認められます。

現金化業者が指定するものを指示通りに撮影して送るようにしてください。

身分証明書と同時に送る写真を送付する際の注意点


インターネット上からの申し込みには必ず必要になる、顔写真ですが、必要以上の個人情報の開示を求められた場合には注意してください。

必要書類だからと言われたものを全て送る必要はありません、最低限クレジットカード現金化に必要となる情報だけで結構です。

顔写真を送る場合は本人確認の時だけです。

  • クレジットカード自体の写真は必要ない
  • マイナンバーも必要ない
  • 本籍地なども必要ない

クレジットカード現金化の際にはクレジットカードのカード番号や裏面の3桁のカード番号などの情報は一切必要ありません。

情報が漏れると不正使用の危険性がありますので万が一、カードの詳細情報をを要求された場合には拒否して取り引きは中止しましょう。

クレジット現金化は優良業者を利用しないと個人情報を悪用しようとする詐欺に遭う可能性もあります。

個人情報の開示はクレジットカード現金化を行う際には慎重に扱わなければなりません。

クレジットカード現金化業者に関する評判などは事前に確認して、信用できると判断した現金化業者とだけ、個人情報をやり取りするようにしてください。

ご自身でクレジットカード現金化を行う

ここからは、現金化業者を利用せずにご自身でクレジットカード現金化をおこなう色々な方法をご紹介していきます。

金券ショップで換金する危険性


クレジットカードを現金化する手法として、金券ショップで換金性の高い商品券を換金するという換金方法を利用してる方は今でも多数いらっしゃるようです。

金券ショップでは換金してくれる金券は非常に種類も豊富で、換金率も高いものはほぼ100%に近いようなものもあります。

地域やお店の場所によって、多少換金率に差はありますが、インターネットで情報を後悔している大手金券ショップを利用すれば、掲載情報の通りに換金できます。

しかし、商品券は基本的にクレジットカードを利用して購入することが出来なくなっています。出来たとしても現金で購入するよりもかなり割高で売られているのが実態です。

また、当然ですが、頻繁に購入することはカード停止のリスクもあります。

ギフトカード(金券)はクレジットカードで購入できる?


最近では、商品券はクレジットカードで購入できる場所がどんどん減ってきています。

もちろん今でも一部購入できるところがありますが、ギフトカードをクレジットカードで購入することはとても難しくなってきています。

図書カードをクレジットカードで購入できる?


以前は図書カードも金券と同じように現金化の手法としてよく売り買いされていましたが、最近はクレジットカードで図書カードを購入することが難しくなってきています。

バスカードをクレジットカードで購入できる?


バスカードもクレジットカードで購入することがができないため現金化の手法としては使えません。

QUOカードをクレジットカードで購入できる?


クオカードの公式ホームページにも説明がありますが、クレジットカード決済での販売は基本的には出来なくなっています。

しかし、一部のクオカードは、コンビニなどで購入すすことが出来ます。、電子マネーを経由して購入するので、実際はクレジットカードで購入したのと同じです。

クオカードの換金率は、金額によって異なり、金額の少ない500円券が一番換金率が高くなっているところが多いです。

しかし、クオカードは、2種類のタイプがあり、金券ショップで買取不可のタイプもあるので注意が必要です。

全国百貨店共通商品券はクレジットカードで購入できる?


全国百貨店共通商品券は換金率がかなり高いのですが、残念ながら、現在クレジットカードで直接購入できるところはほとんどありません。

しかし、定価の10%以上の金額で購入できるオンラインサイトはまだ存在しています。

金券をクレジットカードで購入するリスク


換金する目的で購入されることが多い商品券を購入する場合は、カード会社もとても警戒しているので、新幹線の回数券などもクレジットカードで購入するときは気をつけなければいけません。

大量に購入したりすると、即刻カード利用停止、一括支払いというリスクがあります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

吉澤 真司

1978年生まれ、東京都出身。大学卒業後、ノンバンクの事業者向けローン会社に就職。不動産担保を主とした貸付業務(抵当権設定など)を担当→10年間の勤務を経て、某財閥系不動産会社に転職。債権回収業務を担当する子会社に出向し5年間勤務 。現在は、同不動産会社の社内SEとして勤務しながら金融・不動産業界の営利主義に嫌気がさし、利用者に少しでも為になる情報を発信したいとフリーのライターとして活動。

おすすめ記事

iTunesカードを換金するなら利用するべき買取サイトをご紹介 1

この記事の目次1 iTunes カードを高い買取率で 即日現金化 出来るおすすめの換金方法をご紹介します2 iTunes カードを現金化する4つの換金方法3 iTunes カード 買取サイトを利用して ...

Google Playカードを現金化 2

この記事の目次1 Google Play ギフトカードを高い換金率で 即日 現金化できる換金方法をご紹介します!2 Google Play ギフトカード 買取サイト は高い換金率で買取してくれます3 ...

Amazonギフト券を換金するための最高の方法をご紹介 3

この記事の目次1 Amazonギフト券を高換金率で高価買取してもらい現金化する換金方法を解説します 2 Amazonギフト券現金化 7つの換金方法3 1つ目の換金方法 Amazonギフト券を 高価買取 ...

WebMoneyを換金するための6つの方法を解説 4

この記事の目次1 ウェブマネー(WebMoney)を高い買取率で現金化する6つの換金方法をご紹介します1.1 ウェブマネー(WebMoney)ギフトカードの購入方法1.2 ウェブマネー(WebMone ...

5

この記事の目次1 楽天ポイントギフトカードを換金する方法は?2 楽天ポイントギフトカードを換金する3つの方法2.1 楽天ポイントギフトカード 換金 楽天ギフトカード買取サイトで換金する2.1.1 楽天 ...

携帯キャリア決済現金化の方法を解説 6

この記事の目次1 携帯キャリア決済を利用して90%以上の換金率で現金化する方法をご紹介します!1.0.1 Docomoオンラインショップ1.0.2 auオンラインショップ1.0.3 Softbankオ ...

-クレジットカード現金化

Copyright© クレサポ , 2019 All Rights Reserved.