クレジットカード現金化

手数料って実際のところどれくらいなの?クレジットカード現金化にまつわる手数料問題について

更新日:

手数料を調べる女性

手数料が高いって本当? クレジットカード現金化の手数料ってどれくらいとられる?

クレジットカードのショッピング枠現金化をする場合、『手数料』が発生する場合がほとんどです。

クレジットカード現金化業者のHPを見ると、最初から手数料を差し引いて換金率を表示している場合もあれば、表示している換金率とは別に手数料を引かれる場合もあります。

一部の悪質な行為をしている現金化業者は、この手数料が非常に高く結果的に『低い換金率で現金化してしまった』という事もよくあります。

悪質現金化業者の手口に乗らないためには、手数料について『正しい知識』を身に着ける事が大切です。

クレジットカード現金化が必要とされている理由

クレジットカードのショッピング枠現金化とは、どうしてもお金を使いたい理由があり、消費者金融などに頼らない『現金調達の方法として利用することの出来る数少ない方法』です。

クレジットカードのショッピング枠現金化とは非常にわかりやすく、クレジットカードの『ショッピング枠の限度額を利用して現金化』するものです。

現在消費者金融から借入が困難(査定に通らない、限度額まで借りている)な方でも、お持ちのクレジットカードの買物枠の限度額に空きがあれば、すぐに現金に換金することができます。

クレジットカードのショッピング枠現金化は、『買取方式』『キャッシュバック方式』の2種類が使用されます。

最近の現金化業者の中には違う換金方法を用いるところも出てきていますが、ほとんどがこの2種類の方法のどちらかを使い現金化してくれる事が多く、とくにキャッシュバック方式を利用している現金化業者が増えてきています。

クレジットカード現金化 買取方式とは?

クレジットカード現金化をする際に利用される『買取方式』とは、クレジットカードで購入した商品を現金化業者が買取して現金化する方法の事です。

さらに具体的にお伝えすると、クレジットカード現金化業者が指定した商品をご自身のクレジットカードで決済し、その商品を現金化業者に買取ってもらいます。

買取の方法は様々ですが、郵送で商品を送るところもあれば、『ネット上で完結させる』現金化業者も存在しているようです。

※実際に商品のやりとりがない場合は現金化業者の違法性が疑われる場合があります

クレジットカード現金化 キャッシュバック方式とは?

『キャッシュバック方式』とは、現金化業者が指定する『キャッシュバック特典がついている商品』をクレジットカード決済で購入し、その商品を購入するともらえるキャッシュバック相当分の現金を手にする事で現金化する方法です。

最近はこのキャッシュバック方式を『多くのクレジットカード現金化業者がこの仕組みを利用』しています。

悪質な現金化業者が要求する高い手数料には気をつけよう

クレジットカード現金化業者の中には非常に高い手数料をとる『悪質な現金化業者が存在しているので注意』してください。

しっかりとしたクレジットカード現金化業者では、HPに記載されている換金率とほぼ変わらない利率で現金化してくれます。

しかし、多くの現金化業者のホームページに記載されている換金率は、手数料が別途発生する場合や『最大換金率として表記』している場合もあります。

そのため、利用希望額に応じて受け取れる金額が記載してあるように見えて、実際はそこから手数料が引かれるので振込される金額は表記されている換金率よりも低くなってしまうこともたくさんあります。

利用する金額やクレジットカードの種類によって換金率を変えている現金化業者もあるので、ホームページ上で記載されている換金率より10%以上低い換金率が適用されることがほとんどです。

万が一、この記事をご覧の方が現金化業者のHPに記載されている金額で現金化出来るとお考えでしたら『損をした』とお感じになるので利用は再検討した方が良いかもしれません。

クレジットカード現金化の手数料や換金率の実態

クレジットカード現金化を利用する方の多くは、他に金策の手段が思いつかず最後の手段としてクレジットカード現金化を利用するケースが大半です。

最後の手段とはいえ、どうせ借金をするわけですから『できるだけ多くの現金を手にしたい』と考えます。

そのためにたくさんの現金化業者のレビューや口コミを確認していくつかの現金化業者を比較し高い換金率を表記している現金化業者を見つけようと努力すると思います。

近頃、クレジットカード現金化業界では現金化業者の出店数が非常に多くなってきているため、各現金化業者は競合よりできるだけ高い換金率に設定する事で利用者の拡大を目指しています。

中には、ライバル企業よりかなり高い換金率に設定している現金化業者もあり、そのような現金化業者を選択する事が出来れば非常にラッキーです。

しかし、いくら競合が多いとはいえ、現金化業者の相場を大きく超えるような換金率の場合『ご自身の状況で必ず高い換金率が適用されるとは考えない』方が良いでしょう。

また、そのように非常に高い換金率を表記している現金化業者に限って『手数料が20%以上』なんてこともあるので十分に注意してください。

現金化業者もビジネスですから90%を超えるような高い換金率はほとんど期待できません。

実際のところクレジットカード現金化業者の換金率の相場はどれくらい?

クレジットカード現金化は換金率「95%の換金率」からたくさんの名目で手数料を引かれる事もあります。

「95%の換金率」から、決済手数料15%、配送料5%、支出税8%、振込手数料2%といったようにたくさんの項目の手数料が差し引かれ、結果的に「換金率 65%」の現金の受け取りになります。

クレジットカード現金化についてあまり知らない方はは、申し込みをする際に9万5000円を受け取れると思っていたと思いますが、実際は6万5000円しか受け取れない事になります。

現在、クレジットカード現金化の換金相場は70%〜85%程度です。

最近の現金化業者の優良店では、最初にきちんと掛かる経費を差し引き『実際の換金率』を教えてくれます。

悪質な現金化業者は多くの項目の手数料を利用者に伝え、後から多額の手数料を要求します。

決済手数料

最初に、クレジットカードのショッピング枠現金化の場合には決済手数料が差し引かれます。

上述の通り、真っ当な換金業者では決済手数料を差し引いた換金率を記載しており、悪質現金化業者では記載している換金率から決済手数料を差し引くのが常套手段です。

このように、真っ当な現金化業者であろうとも悪質プロであろうとも、決済手数料の受け取り方が違うだけの事で、クレジットカードのショッピング枠現金化に伴って決済手数料は絶対生じてします。

クレジットカードのショッピング枠現金化換金業者が現金化を行うときには、キャッシュバック特典付きアイテムを使用者のクレジットカードで購買してもらう事になります。

つまり、現金化業者側は決済端末でクレジットカードを切る必須があり、この場合に手数料を取っており、これがクレジットカードのショッピング枠現金化現金化業者の主な利益になっているのです。

その上、クレジットカードのショッピング枠現金化はグレーな取引であり、法的に問題ないとされているものの、それはクレジットカードのショッピング枠現金化についての法律が整備されていないからこそ問題ないというだけです。

その気になれば違法性を問う事は十分にできるであり、実のところに逮捕された現金化プロもあります。

したがって、現金化を商売とするには危険性は絶対伴う事になるため、決済手数料には危険性管理のための総額としての意味合いも内蔵されます。

そして、クレジットカードのブランドによって決済手数料が異なる事もあります。

全くの人はVisa、Master、JCB、AMEXを活用していると考えますが、JCBとAMEXは換金業者端末で外国決済をする事になるという訳から決済手数料が高くなる事があるのです。

この訳はそれほど悪くない要因ですが、悪質現金化業者になると一通りのカードブランドにそれに対し「お利用しのカードですと決済手数料が高くなるため換金率が○%下がります」などと言う事もあります。

決済手数料はクレジットカードのショッピング枠現金化現金化業者の収入源となっており正当性もある手数料ですから、決済手数料の影響そのものは問題ではないのです。

けれども、ホームページ上で出荷する換金率に内蔵さない事によって、使用者が想定していたよりも少ない現金しか受け取れないという点で問題なのです。

配送料他にの手数料として腹積もりられるのが、配送料です。

キャッシュバック方式のクレジットカードのショッピング枠現金化では、キャッシュバック特典付きのアイテムを買い物する事で現金化するのですから、購買したアイテムを受け取るところまでが取引であると言えます。

中にはアイテムを送らずにキャッシュバックを振り込んだ時点で取引終了とするプロもあり、そのような換金業者では言うまでもなく配送料も掛かりませんが、ありきたりの取引とは違う流れで行われるためあまり好ましくはないのです。

現金化によって、配送料が掛かるか掛からないかの差異があります。

ただし、配送料が掛からないとしている現金化業者では、配送料は現金化業者負担として差し引かず、

その分は実のところには換金率をわずか低く設定する事で扱ってするなどしているものです。

したがって、実態にかかわらず配送料は掛かっていると心積もりた方が良いでしょう。

これも決済手数料と同じように、表記されている換金率からしかも配送料として差し引くのであれば問題という事です。

支出税クレジットカードのショッピング枠現金化には、支出税もかかります。

例を挙げると、10万円の活用にそれに対し85%の換金率を適用している現金化に対して、8万5000円望むと心積もりて使用したとします。

このとき、実のところにクレジットカード決済をする値段は10万円ではないのです。

なぜならば、支出税が必要になるからです。

買い物するキャッシュバック特典付きのアイテムが10万円であれば、それに8%の支出税がかかって決済プライスは10万8000円となります。

つまり、使用者は10万8000円の活用に反対に8万5000円の現金を得る事になり、実質的な換金率は85%ではなく約81%となります。

支出税に関してはどのプロでもこういった流れで現金化を行なっているため、どの換金業者で使用したとしても、実質的な換金率はホームページに記載されている換金率より低くなってしまいます。

この事を「別途支出税がかかります」などと真面目に記載している現金化業者もあれば、何も記載していない現金化業者もあり、記載している現金化業者の方がより確か性が高い換金業者であるという決断具材になります。

振込手数料このほか、そんなにの換金業者で振込手数料が掛かります。

これは、普通の振り込みでも掛かる手数料であるため、問題はないのです。

ただし、明らかに高い振込手数料を徴収している事例もあり、そのような換金業者は悪質現金化業者です。

悪質プロを避けるために現金化のときには以上のような手数料が掛かります。

ただ、それを考慮したうえで換金率を設定しているのか、設定した換金率から加えて差し引くのか、差し引かれる代金が大きいか小さいかなどには用心すべきです。

数多くの手数料を差し引かれ、結果的にリリースしている換金率よりかなり低くなるような悪質換金業者は避けるべきです。

それによりには、申込みのときに電話口で費用の見極めを絶対する事が価値があるです。

一例を挙げれば、「ホームページでは換金率が85%になっていますが、これは10万円を現金化した時に、口座には8万5000円が振り込まれるという事ですか?」と聞くのです。

万が一、「手数料が掛かるので、実のところには85%以下になります」などと言われたならば、手数料の内訳を聞き、最終的に振り込まれる代金を聞いてみてください。

内訳を聞いた時に承諾可能な範囲内の手数料であり、最終的に振り込まれるプライスにも賛同可能なら使用するのもよいでしょう。

加えて、できるだけ大きく差し引こうと考慮しているような悪質プロは避ける事ができます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

吉澤 真司

1978年生まれ、東京都出身。大学卒業後、ノンバンクの事業者向けローン会社に就職。不動産担保を主とした貸付業務(抵当権設定など)を担当→10年間の勤務を経て、某財閥系不動産会社に転職。債権回収業務を担当する子会社に出向し5年間勤務 。現在は、同不動産会社の社内SEとして勤務しながら金融・不動産業界の営利主義に嫌気がさし、利用者に少しでも為になる情報を発信したいとフリーのライターとして活動。

おすすめ記事

クレジットカード現金化スターランキング 1

この記事の目次1 クレジットカード現金化優良店を利用してますか?安心・安全な業者を探して高換金率・即日現金化を実現しましょう!2 クレジットカード現金化の違法性3 クレジットカード現金化のトラブル3. ...

Amazonギフト券買取 買取サイトランキングをご紹介 2

この記事の目次1 Amazonギフト券を最高95%の換金率で即日で買取してくれる 買取サイトをランキング形式でご紹介します2 Amazonギフト券を高換金率で買取してくれる優良買取サイトの定義とは?3 ...

iTunesカードを高い換金率で買取してくれる買取サイトランキング 3

この記事の目次1 iTunesカードは買取サイトに買取に出すのが最も賢く高い換金率を実現できる現金化の方法です。2 iTunesカード 買取 | 高い換金率で現金化するなら利用するべき 買取サイト ラ ...

GooglePlayカード 買取サイトランキング 4

この記事の目次1 Google Play カードは買取サイトで買取してもらうことが最も高い換金率で現金化できる方法です2 Google Play カード買取サイトがおすすめの4つの理由2.1 Goog ...

携帯を操作している男性 5

この記事の目次1 スマホがあれば出来る? キャリア決済現金化の全貌を公開!2 スマホのキャリア決済で現金化するまでの流れ2.1 携帯キャリア決済が利用可能な金額の上限2.1.1 docomo(ドコモ) ...

WebMoneyを換金するための6つの方法を解説 6

この記事の目次1 ウェブマネー(WebMoney)を高い買取率で現金化する6つの換金方法をご紹介します1.1 ウェブマネー(WebMoney)ギフトカードの購入方法1.2 ウェブマネー(WebMone ...

7

この記事の目次1 楽天ポイントギフトカードを換金する方法は?2 楽天ポイントギフトカードを換金する3つの方法2.1 楽天ポイントギフトカード 換金 楽天ギフトカード買取サイトで換金する2.1.1 楽天 ...

-クレジットカード現金化

Copyright© クレサポ , 2019 All Rights Reserved.