【JCBカード換金】JCBのクレジットカード現金化を徹底解説

【JCBカード換金】JCBのクレジットカード現金化を徹底解説

JCBカードは最も厳しいカードブランド

あなたがお持ちのクレジットカードは6大カードブランドのうちのどれかと必ず提携しています。

そして提携してるブランドの加盟店でカード決済が利用できるようになっています。

今回は、世界6大ブランドのうちの一つ、JCBカードで現金化する際、気を付けなければいけない点などを解説します。

JCBカードを持っている方は読んでおいて損はありませんのでぜひお読みになり、お得な情報をゲットしてください。

日本が誇るメジャーブランドのJCBカード

日本が誇る6大国際カードブランドの一つです。

1961年に東洋信託銀行、日本信販、三和銀行の3行が共同で出資して設立した、日本クレジットビューロー(略称JCB)が起源となります。

1960年代頃の銀行法上、銀行が直接クレジットカードを発行できなかったので、第三者出資として子会社を作って運営させることで、銀行もクレジットカード業務を行得る様になりました。

中国の銀聯カード(Union Pay)が登場するまでは、アジア系としてもただひとつの国際ブランドでした。

国際カードブランドといえばVISAとMasterCardが共有のおおよそを占めており、外国旅行となるとJCBカードのユーザビリティーが悪かった事もあります。

けれどもJCBはアジア圏、グアムやハワイではとても強いクレジットカードです。

それにアメックスと提携してから機能面で優れたところがグンと増大し、益々実用的になっていますね。

VISAやマスターほどではなくても国内では大いにメジャーなクレジットカードなので、所持している人も多々あるでしょう。

クレジットカード現金化はやろうと思えばJCBカードでも可能

現金化では、クレジットカードの買い物性能を利用します。

自身名義で買い物枠に十分な使用できる枠があれば、現金化はできるです。

その国際ブランドが活用できるな加入店であれば買い物も問題なく活用できますし、買い物した品物を売れば手っ取り早くに現金化できます。

ですからJCBカードでも現金化ができます。

しかしカード現金化をするクレジットカード換金専門業者をの一部では扱っていない国際ブランド(特にJCBやAMEX)があります。

そんなにの国際ブランドなら使用できるなクレジットカード現金化専門業者も多々あるのですが、サービスを使用する前にはJCBが利用できるか確認しましょう。

JCBカードの現金化は難しい?

クレジットカード現金化専門業者はおおかたの国際ブランドを取り扱っていると述べましたが、中には使えないカードや現金化しづらいカードもあります。

その現金化しづらい国際ブランドが、JCBカードとアメリカンエキスプレス(アメックス)です。

つまり、JCBカードは現金化クレジットカード現金化専門業者で使えない事があるという事です。

そもそもなぜJCBカードの活用が手を焼くのかというと、それは現金化行為に対し大いに厳しく見守りの目を光らせているからです。

その為クレジットカード現金化専門業者も慣れていないと、JCBカードの現金化はしたがらない事があります。

JCBはVISA、MASTERと比べ小さいブランド

また、現金化業者が利用する決済会社は海外の会社が多く、その海外の決済会社がJCBを取り扱っていなかったりするためです。

また、国内決済会社であっても、現金化業者と言うよりも、現金化業者が契約している決済会社がNGを出すことが多いです。

それは、万が一発覚した時のリスクが、海外決済会社はJCBの取扱高が少ないので、万が一発覚し決済業務をはく奪されてもあまり痛手がありませんが、国内決済会社は大きな痛手となってしまうためです。

また、もう一つの理由として、VISAやMASTERと比べJCBの利用金額は圧倒的に少ないので、決済会社が手数料を前者と比べ安くしないためでもあります。

そのため、VISA、MASTERと比べJCBの換金率は悪い傾向にあり、中には10%以上もの開きがあったりすることもあります。

これは、現金化業者がぼったくっているわけではなく決済会社の都合により手数料が高くなってしまうためです。

JCBは頭がカッチカチなので注意が必要

JCBカードとアメックスカードは現金化サービスの活用だけではなく、普通の使い方でも現金化が疑われるような事をすると使用停止されてしまう事があります。

特にアメックスは最上現金化に厳しく、発行するのも大変です。

VISAやマスターに比べると持っている人は少ないかもしれませんが、JCBやアメックスしか持っていない人にとってはクレジットカード現金化を活用できにくい状況にあります。

JCBカード・アメックス、ダイナースは現金化できないの?

おっしゃる通りJCBカードやアメックスは現金化が手に負えなく、クレジットカード換金専門業者によっては取り扱っていない時もあります。

ただしそのような困難な国際ブランドカードでも、現金化可能なクレジットカード現金化専門業者はあります。

アメックスの現金化に自信があるクレジットカード現金化専門業者は、Webページにも目に付くように「AMEX対応」と書いてあります。

また、もっと少ないカードブランドでDiners(ダイナース)と言うブランドがりますが、これもとても厳しくAMEXより現金化が難しいと言われています。

しかし、このDiners(ダイナース)カードでも現金化することが可能な業者が存在します。

このことから、JCB、AMEX、Dinersの様に現金化が難しいとはいえ、現金化できる専門業者は少なからず存在しているので、できないと嘆く必要はありません。

JCBでも即日現金化できる専門業者がいます

仮にJCBカードやアメックスを現金化やりたいなら、それらの国際ブランドを優れているとしているクレジットカード現金化専門業者を選択するようにしましょう。

JCBやアメックスの事例は他のカードとは違う手順をすることもあるようです。

買い取り式、キャッシュバック式、返品式などの現金化方法でも方法が変わってきます。

ただ基本的に、何かの商品を媒介することに変わりはありません。

JCBカードが活用停止になるのはなぜ?

延滞や限度額オーバーと言った時にも言うまでもなくカード使用停止になるのですが、ありきたりの使い方をしているつもりでもいきなり活用停止になる事があります。

特に防犯措置として設けているカード不正使用検知仕組みに反応してしまうと、カードが使えなくなってしまいます。

カード不正使用検知体系には、カスタマーひとつひとつのアイテム買い物履歴、ところ、時帯などのデータが整理られています。

仮にいつもと違う使い方をしてしまうとたちまち検知体系が作動し、クレジットカードが使用できなくなってしまうのです。

特にJCBはVISAやMASTERブランドと比べ、不正利用や規約違反に厳しい傾向にあります。

不正使用でなればカード法人に連絡をして、本人見極めをしてもらって活用再開する事ができます。

海外では全く使えないことも!

外国旅行に行く前や時計など高価な買い付けをする場合には、前もって連絡していたほうがいいかもしれません。

時計でなくても、ヨーロッパなど海外旅行に行く時は、事前にその旨を伝えておかなければ利用できない可能性があります。

JCBは融通が利かない頭カッチカチなので、海外から本人が連絡して利用の旨を伝えても難しい場合があります。

友人とオランダ、フランス、ベルギーに行ったとき、友人が持っていたカードはJCBでしたが、海外に行くと伝えなかったため、全く利用することができませんでした。

利用するためには、日本国内で手続きしなくちゃダメと一点張りで最後まで利用することができませんでした。

友人はJCBしか持っていなかったので、無一文と同様何もすることはできず悲惨でした。(あまりにかわいそうなので、現金でユーロを貸しとりあえず最低限は過ごせましたが…)

話を戻しますが、現金化が疑われるような使い方をするケースは、活用再開できない確率もあります。

新幹線回数券や金券など換金率の高い商品を購入する場合は要注意

気を付けたいのが新幹線の回数券調達です。

新幹線の回数券調達はクレジットカードで購買可能なのですが、チケット買取店での換金率がよく現金化にもよく使われていました。

それ故あまりにも目立ちすぎるため、JCBのようにうるさいカード法人では使用停止になってしまう危険性が高いです。

他にも同じ品物を買い物する行為も、現金化と疑われてしまいます。

まとめ買いも回数券購買も現金化ではなくごく自然な買い方という事が分かれば、使用再開が可能な確率もあります。

ただしJCBカードでは念のため、現金化を疑われるような使い方をしない方が安心です。

万が一現金化が発覚しカードが利用停止になったら?

カード現金化は使用規約違反なので、活用停止になるだけではなく強制退会、一括入金を求められる見込みもあります。

そうなるとJCBのカードは2度と作れないでしょう。

ただし、カード現金化は規約違反ではあるものの、金融事故とは言い難いです。

活用停止になって一括払いにも応じ延滞をする事がなければ、他のクレジットカードまで使えなくなってしまう事はないのです。

とはいえ、現金化を活用するぐらいなので、一括請求に応じられない見込みが高いでしょう。

クレジットカード現金化専門業者を通したら煩わしいといって、ヘタに自身で現金化をしようとは思わない事です。

JCBカードの現金化はクレジットカード現金化専門業者を通した方が安全です

JCBカードの現金化はヘタに自らでするよりも、慣れているクレジットカード換金専門業者を通した方がより安全で確実です。

実績があるクレジットカード現金化専門業者の方が素人よりも知識を知っているのはもちろんの事でしょう。

アメックスよりもJCBカードに扱ってしているクレジットカード現金化専門業者の方が多々あるですし、アメックスに自信があるところならJCBカードもほぼ扱ってしています。

より安心して現金化が可能なクレジットカード換金専門業者を選択したいものですね。

リスクを冒してでもJCBカードの現金化を自分でやりたい場合

JCBカードの時、自身でやるよりも現金化に慣れているクレジットカード換金専門業者を通した方がいいと述べました。

けれども現金化クレジットカード換金専門業者だと情報漏洩が不安だったり、詐欺が怖かったりします。

必然的に自らでJCBカードの現金化をやりたいなら、以下の着目点を抑えておきましょう。

1.多額現金化は避ける

10万や20万といった多額の現金化はあまり狙わないようにして下さい。

特にいつも、1回の決済で多額使用をした事がないという人は、不正活用ではないかと疑われてしまう懸念があります。

2.同じものを一度にショッピングしない

5万の現金化をやりたいからといて、同じゲーム機を2台も3台も調達するような事は止めて下さい。

同じゲーム機をいくつか買い物する行為は不自然に映ります。

3.新幹線回数券のショッピングは避ける

金券店舗でもかなりの多額買取が臨める新幹線回数券ですが、カード調達しようとすると現金化が疑われてしまいます。

いつも新幹線を使用しない人は、新幹線回数券を使った現金化に手を出さないようにしましょう。

業者を使わない分、安全性はなくなるものの、どうしても自分だけで現金化したい場合は以上を念頭にしましょう。

まとめ

JCBカードは、現金化や不正利用などに特に厳しく、融通も利かないので正直使いにくいカードと言えます。

これは、発行会社が日本の頭カッチカチ銀行のもと作られた会社と言えましょう。

もちろん、そのカッチカチが悪いわけではなく、とてもセキュリティの高い信頼性のあるとも言えますので決してダメということはありません。

JCBカード換金、クレジットカード現金化を行う際は、VISA、MASTERと比べ取り扱う業者は少ないモノの、いないわけではなく、逆に売りにしているところもありますので、できないと諦める必要はありません。

もし、あなたがカード現金化の達人でなければ、JCBカード、AMEX、Dinersブランドのクレジットカードを現金化する時は、専門の安全性の高いクレジットカード現金化専門業者を利用することをお勧めします。