クレジットカード現金化

【危険】昔のクレジットカード現金化は、クレジットカードの裏表の画像が必要だった!

更新日:

クレジットカード現金化利用時には必ず必要だった顔写真

今のクレジットカード現金化では、クレジットカードの写真を送らなくても現金化が可能な仕組みになっています

かんたん決済を使用していたり、オークションサイトの「メルカリ」を利用して現金化のサービスを行う流れもあるためで、クレジットカードの情報が他のサイトに登録され、現金化業者が知ることはできなくなっています。

昔のクレジットカード現金化は、カードの写真を送らないと決済できない仕組みでしたが、これは非常に危ない方法でした。

カードの写真でカード情報が相手に全て伝わってしまう危険

従来まで採用されていた、クレジットカードの写真を送付する方法は、カード情報を他人に伝えているようなもので、カードの不正利用をして下さいと言っているようなものです。

これでは、安心してクレジットカードの現金化を行う事は出来ません。

最近では、クレジットカード現金化業者のほとんどがクレジットカードの写真をを送らなくても、クレジットカードのショッピング枠の現金化に応じてくれるようになりましたが、これは写真を送ることに不安を抱えている利用者が増えたためです。

写真を送付しないとクレジットカード現金化はできないとされていたクレジットカード現金化のサービスは、信頼性という部分からカードの番号だけ伝えてもらえば大丈夫という状態になりました。

ただ、カードの番号はメモを取られていることもあり、不正利用の可能性はまだ残されているのです。

優良な業者はクレジットカードの情報を伝えなくても大丈夫

最近のクレジットカード現金化業者は、クレジットカードの情報を他のサイトで登録していれば、そのサイトを経由して現金化のサービスに応じるという方法に変わっています。

ホームページには書かれていない情報ですが、一部の現金化業者は別のサイトを経由して、速やかに決済を行えるようにしました。

カードの情報を伝えなくてもいいので、現金化が完了した後も自分のカード情報を知られることなく、安心してカードを利用できます。

クレジットカード現金化による不正利用の問題等は大幅に減っているのです。

関連記事
Amazonギフト券現金化 買い取り優良店、人気ランキングを発表【保存版】

悪質な業者はカードの写真を要求してくる

今でも一部の業者が、クレジットカード現金化では写真が必要だと説明してきます。

クレジットカードの写真を送るように言われた場合は、他の現金化業者に依頼を出したほうがいいでしょう。

クレジットカードの写真を送っているだけで、不安材料が多くなるためです。

これからの時代は、他の決済方法を経由してのクレジットカード現金化するようにどんどん変わっていくでしょう。

昔のように写真を送らないと何も対応してくれないというような問題等はなくなっているので、現金化で不安に感じるポイントは劇的に減少し、安心して依頼を出せるようになったのです。

  • この記事を書いた人

吉澤 真司

1978年生まれ、東京都出身。大学卒業後、ノンバンクの事業者向けローン会社に就職。不動産担保を主とした貸付業務(抵当権設定など)を担当→10年間の勤務を経て、某財閥系不動産会社に転職。債権回収業務を担当する子会社に出向し5年間勤務 。現在は、同不動産会社の社内SEとして勤務しながら金融・不動産業界の営利主義に嫌気がさし、利用者に少しでも為になる情報を発信したいとフリーのライターとして活動。

おすすめ記事

1

この記事の目次1 iTunesカード(コード)を高い換金率で現金化 おすすめの換金方法をご紹介します2 iTunesカード(コード)を現金化する4つの換金方法3 iTunesカード(コード)買取サイト ...

2

この記事の目次1 Google Play ギフトカード(ぐぐぷれ)を換金して現金化する方法をご紹介2 Google Play カード買取サイトは高い換金率で買取してくれます3 Googleplayギフ ...

3

この記事の目次1 楽天ポイントギフトカードを高い換金率で2 コンビニエンスストア(コンビニ)直近のお得なキャンペーン3 これから開催予定のキャンペーン3.0.1 各コンビニエンスストア(コンビニ)のキ ...

4

この記事の目次1 クレジットカード ショッピング枠の現金化とは2 クレジットカードのショッピング枠現金化とは2.1 クレジットカード現金化の問題点3 本当に安全?クレジット現金化の危険性と違法性につい ...

-クレジットカード現金化
-

Copyright© クレサポ , 2019 All Rights Reserved.