換金率は曜日や時間によって変化する!?

曜日や時間によて換金率は変化する

クレジットカード現金化業者の営業時間

クレジットカード現金化業者には様々な業者がありますが、それぞれの業者の営業時間も色々です。
「年中無休 24時間営業」となっている業者もあれば、土日祝日を休みとしている業者もあります。
このように、現金化業者の営業時間は様々であり、自分が依頼したいと思っている時に休んでいる業者もあります。

クレジットカード現金化業者は、公式ページでの宣伝がどこも似通っており、比較サイトを見ても推奨する文章ばかりでどこが良いか全くわからない状態になっています。

そのため、「どこの業者でも大して変わらないだろう」と思って利用する人も少なくありません。
現金化さえできればどこでもいいと考えているのですが、実際には業者によって対応は大きく異なります。

特に、土日に現金が必要となった時、土日でも営業している業者を利用することになるわけですが、このときも根底には「平日営業の業者も、土日営業の業者も大して変わらないだろう」という思いがあると思います。
しかし、このような考え方で安易に土日営業の業者を利用すれば、時には損をしてしまうこともあります。

年中無休・24時間営業の業者は多い

まず知っておきたいのは、クレジットカード現金化業者の中には24時間、土日祝日も営業している業者がありますが、そのような業者を利用できるかどうかは、利用者の状況にも大きく左右されるということです。
例えば、振込先の口座が銀行口座であれば、振り込みが反映される時間に制限が生じます。
これは、銀行が「全銀システム」を経由して振込データをやり取りしているからです。

そのため、平日の利用でも15時以降に現金化を行なえば、翌日の朝一番で反映となります。
同じように、土日祝日に現金化をした場合にも、翌営業日の朝一番での入金となります。
このことから、土曜日にどうしても緊急にお金が必要となった人が、クレジットカード現金化ならばすぐに現金を手に入れられるという情報を得て利用したところ、結局入金されるのは月曜日の朝になってしまった、などということが起こってしまうのです。

例外は、ネットバンキングを利用している場合です。
ネットバンキングならば、一般的な銀行とは異なり、曜日や時間に関係なく、土日祝日でも、15時以降でも振込が可能です。
ただし、ネットバンキングでの振り込みが即時反映されるのは、「同行口座同士のやり取り」の場合に限られます。

したがって、ネットバンキングに振り込んでもらうことによって、夜間や土日祝日の振り込みをしてもらうためには、希望するネットバンキングへの即時振込が可能であるかどうかを確認しておく必要があります。
さて、クレジットカード現金化業者の中で、「年中無休 24時間対応」としている業者の中には、いくつかの異なる意味があるため、それを正しく把握したうえで利用することが大切です。
その意味とは、以下のようなものです。

A,「年中無休・24時間営業・ 受付時間9:00~20:00」などとなっており、受付時間を設けている業者。
このような業者では基本的に土日祝日も営業しており、さらに24時間営業となっていますが、受付時間外には電話対応をしておらず、メールからの申し込みならば夜中でも受け付けているという意味のことがほとんどです。
したがって、返事が返ってくるのは翌日であり、実質的には夜間の現金化は不可能です。

B,年中無休・24時間対応としているものの、即時振込に対応していない業者。
このような業者では、土日祝日や夜間でも電話やメール対応を受け付けており、手続きもしてくれるものの、実際の振り込みは翌営業日や翌日になります。

C,年中無休・24時間対応であり、即時振込に対応している業者。
このような業者では、ネットバンキングの口座を持っており、土日祝日や夜間でも、申し込みがあれば即時振込に対応しています。

比率でいえば、Aのように土日祝日も営業しているものの、受付時間を設けており、それ以外の電話対応などは受け付けておらず、振込も平日のみ行うという業者が多いと言えます。
最近はクレジットカード現金化業者の数が多くなっているため、平日営業のみなどとすれば顧客獲得も難しくなっています。
そのため、土日祝日を定休日としている業者は少ないのです。

土日祝日や夜間に申し込んでも、結局は振込対応が平日の銀行営業時間内に回されるのであれば、実質的には平日だけ営業している業者と大差ありません。
しかし、クレジットカード現金化を利用する人の中には緊急にお金を必要としている人も多いため、形だけでも年中無休・24時間営業としておけば、心理的な効果を見込めるのです。

土日の利用は避けるべき?

クレジットカード現金化を利用する人にはいくつかの傾向がありますが、そのうちの一つに、土日祝日に利用したいと考える人が多いという傾向がみられます。
これは、一般的な職業では土日祝日が休みとなっていることが多く、休日を充実させたいと考えるものの手元に現金がない場合に、クレジットカード現金化が利用されることが多いからです。
上記のA・B・Cの業者のパターンを見てみると、土日祝日でも即時振込に対応しているCの業者を利用するのがよいと思うかもしれません。

しかし、土日祝日の利用には注意すべきです。
なぜならば、Cのように本当の意味で年中無休・24時間営業であり、土日祝日の振り込みにも対応している業者は少数派であり、競合する業者が少ない状況だからです。
平日にクレジットカード現金化を利用したことがある人も、その業者が土日祝日の即時振込には対応していないケースも多く、そのような利用者がCのような業者に流れてくることになります。
競合する業者が少なければ、対応は悪くなります。

どうしても土日祝日に即時振込対応を受けなければならない事情がある人は、他に対応してくれる業者が少ないことから、その業者を利用するしかなくなります。

業者にとっては好都合

換金率を他社よりも少し低くしておいても、利用者は集まるからです。
また、クレジットカード現金化の利用者には、どの業者で現金化するかのこだわりを持っていないという傾向があります。

そのため、初めてクレジットカード現金化を利用する人が土日祝日も利用できる業者を利用すれば、その後も(平日でも)その業者を利用する可能性が高くなります。
普段は違う業者で利用していた人も、土日祝日に利用できる業者を利用すれば、その後もその業者を利用する可能性があります。

つまり、土日祝日でも即時振込に対応するということは、リピーターを獲得しやすいという意味でも業者にとって好都合なのです。

しかし、いくら土日祝日利用できるからと言っても、低い換金率を適用したりすればリピーターにはならないのでは?と思うかもしれませんが、実際にそんなことはありません。
以下の通り、土日祝日でも利用できるというだけで、換金率が低いことからネガティブな印象を受けにくくなるのです。

クレジットカード現金化現金化業者は、多様な営業時で営業しています。

一見、営業時が同じように見えたとしても、実のところには扱ってが違うという事も良くあります。

土日祝日に現金化したいと思案する人は多々あるものですが、この時の活用の場合には用心すべき事があります。

土日祝日だからといって換金率を下げようとする専門家もあるからです。

本稿では、クレジットカード現金化と土日使用の関連を紹介していきます。

クレジットカード現金化現金化業者の営業時間はたくさん

クレジットカード現金化専門家には色々な専門家がありますが、各々の専門家の営業時もたくさんです。

「年中無休 24時営業」となっている現金化業者もあれば、土日祝日を休みとしている専門家もあります。

このように、現金化現金化業者の営業時は多彩であり、自らが注文したいと思っている時に休んでいる現金化業者もあります。

クレジットカード現金化現金化業者は、公式ページでの広告がどこも似通っており、対比Webページを見てもイチ押しするテキストばかりでどこが良いか全く飲み込めないステータスになっています。

それにより、「どこの現金化業者でも大して変わらないだろう」と思って活用する人も少なくないのです。

現金化さえ可能ならどこでもいいと腹積もりているのですが、実のところには専門家によって扱っては大きく異なります。

特に、土日に現金が不可欠となった時、土日でも営業している現金化業者を活用する事になるわけですが、このケースも根底には「平日営業の現金化業者も、土日営業の現金化業者も大して変わらないだろう」という考えがあると考えます。

ただし、こうした見解で安易に土日営業の現金化業者を活用すれば、時には損をしてしまう事もあります。

年中無休・24時営業の現金化業者は多々ある最初に知っておきたいのは、クレジットカード現金化専門家の中には24時、土日祝日も営業している現金化業者がありますが、そのような専門家を活用可能なか如何にかは、活用者の状況にも大きく左右されるという事です。

土日の振込データ

一例を挙げれば、振込先の口座が銀行口座であれば、振り込みが反映される時に制限が生じます。

これは、銀行が「全銀体系」を経由して振込データをやり取りしているからです。

それ故、平日の活用でも15時以降に現金化を行なえば、翌日の朝最上で反映となります。

同じように、土日祝日に現金化をしたケースにも、翌営業日の朝お薦めでの入金となります。

この事から、土曜日に必然的に緊急にお金が不可欠となった人が、クレジットカード現金化ならばもうに現金を手に入れられるという情報を得て使用したところ、結局入金されるのは月曜日の朝になってしまった、などという事が起こってしまうのです。

特例は、オンラインバンキングを使用している事例です。

オンラインバンキングならば、一般的な銀行とは異なり、曜日や時に係りなく、土日祝日でも、15時以降でも振込ができるです。

しかし、オンラインバンキングでの振り込みが即時反映されるのは、「同行口座同士のやり取り」のケースに限定しれます。

したがって、オンラインバンキングに振り込んでもらう事によって、夜間や土日祝日の振り込みをしてもらうためには、要望するオンラインバンキングへの即時振込ができるであるか如何にかを見極めしておく必須があります。

さて、クレジットカード現金化現金化業者の中で、「年中無休 24時扱って」としている専門家の中には、何個かの異なる趣旨があるため、それを正しく理解したうえで活用する事が価値があるです。

その意味合いとは、以下のようなものです。

A「年中無休・24時営業・ 受付時9:00〜20:00」などとなっており、受付時を設けている現金化業者。

このような現金化業者では普通に土日祝日も営業しており、なお24時営業となっていますが、受付時外には電話扱ってをしておらず、メールからの申請ならば夜中でも受け付けているという解釈の事がおおかたです。

したがって、返事が返ってくるのは翌日であり、実質的には夜間の現金化は無理です。

B年中無休・24時扱ってとしているものの、即時振込に応対していない現金化業者。

このような現金化業者では、土日祝日や夜間でも電話やメール応対を受け付けており、申込み手順もしてくれるものの、実のところの振り込みは翌営業日や翌日になります。

C年中無休・24時応対であり、即時振込に扱ってしている現金化業者。

このような現金化業者では、オンラインバンキングの口座を持っており、土日祝日や夜間でも、エントリーがあれば即時振込に扱ってしています。

比率でいえば、Aのように土日祝日も営業しているものの、受付時を設けており、それ以外の電話応対などは受け付けておらず、振込も平日のみ行うという専門家が多々あると言えます。

このところはクレジットカード現金化専門家の数が多くなっているため、平日営業のみなどとすればカスタマー取得も面倒になっています。

それにより、土日祝日を定休日としている現金化業者は少ないのです。

土日祝日や夜間に申し込んでも、結局は振込応対が平日の銀行営業時内に回されるのであれば、実質的には平日だけ営業している現金化業者と大差ないのです。

ただし、クレジットカード現金化を使用する人の中には緊急にお金を不可欠としている人も多々あるため、形だけでも年中無休・24時営業としておけば、心理的な成果を見込めるのです。

土日の活用は避けるべき?クレジットカード現金化を活用する人には何個かの性質がありますが、そのうちの一つに、土日祝日に使用したいと思いめぐらす 人が多々あるという性質がみられます。

これは、一般的な職業では土日祝日が休みとなっている事が多く、祝日を満喫させたいと思い描くものの手元に現金がない事例に、クレジットカード現金化が活用される事が多々あるからです。

上述のA・B・Cの現金化業者のパターンを見てみると、土日祝日でも即時振込に応対しているCの専門家を活用するのがよいと思うかもしれません。

ただし、土日祝日の使用には用心すべきです。

なぜならば、Cのように本当のニュアンスで年中無休・24時営業であり、土日祝日の振り込みにも扱ってしている専門家は少数派であり、競合する現金化業者が少ない状況だからです。

平日にクレジットカード現金化を活用した事がある人も、その現金化業者が土日祝日の即時振込には扱ってしていない時も多く、そのような活用者がCのような現金化業者に流れてくる事になります。

競合する現金化業者が少なければ、扱っては悪くなります。

必然的に土日祝日に即時振込扱ってを受けなければならない事情がある人は、他に扱ってしてくれる現金化業者が少ない事から、その現金化業者を使用するしかなくなります。

これは現金化業者にとっては好都合です。

換金率を競合企業よりもちょっと低くしておいても、使用者は集まるからです。

しかも、クレジットカード現金化の使用者には、どの現金化業者で現金化するかのこだわりを持っていないという性質があります。

それ故、初めてクレジットカード現金化を使用する人が土日祝日も活用可能な現金化業者を活用すれば、その後も(平日でも)その現金化業者を使用する見込みが高くなります。

いつもは違う現金化業者で活用していた人も、土日祝日に活用可能な専門家を活用すれば、その後もその専門家を使用する見込みがあります。

つまり、土日祝日でも即時振込に応対するという事は、リピーターを入手しやすいという趣旨でも専門家にとって好都合なのです。

ただし、どんだけ土日祝日活用可能なからと言っても、低い換金率を適用したりすればリピーターにはならないのでは?と思うかもしれませんが、実のところにそのような事はないのです。

以下の通り、土日祝日でも活用可能なというだけで、換金率が低い事からネガティブな感触を受けにくくなるのです。

コントラストの原理そもそも、どんな事なのでしょうか。

土日祝日でも振り込んでいる専門家にとって最高オイシイのは、結局低い換金率でも成約しやすいという事でしょう。

使用者は、平日のみしか営業していない現金化業者は活用する事ができず、年中無休としている現金化業者に申し込んでも「振り込みは月曜日になります」と言われ、たくさんな現金化専門家を探した結果、ついに土日祝日でも振り込んでくれる現金化業者を見つけている事でしょう。

この時、使用者の中では、心理学的に「コントラストの原理」と呼ばれるものの影響を受ける事になります。

コントラストの原理とは、前に起こった事と後に起こった事のギャップが大きかった事例、平常場合を見て受けるより大きな影響を受けるという原理です。

つまり、必然的に土日祝日にお金が不可欠になり、クレジットカード現金化現金化業者を探したものの中々見つからず、やっとこさ見つけた事例には、「土日祝日は使用できないいろいろの専門家」と「土日祝日も活用可能なこの専門家」の間で大きなコントラストが生まれます。

他にも、「前者に比較して後者は素晴らしい」という感触を受ける事になり、「土日祝日でも使用可能ななんてありがたい」というような感情が芽生えてくる事になります。

そうなってしまえば、使用者はこの現金化業者に対してかなり大きな添加のフィーリングを抱く事になります。

一般的な使用に比較して換金率が低くなったとしても、ネガティブな感触を抱きにくいのです。

例を挙げると、10万円ならば換金率85%とリリースしている専門家で10万円の使用を申し込んだ時、「決済手数料、支出税、あとは土日祝日のお振り込みですと別途手数料がかかります」などと言われ、実のところには70%を切るような換金率になってしまう事もあります。

平日の活用でも70%台の換金率になる事は、一般的な専門家でよく見られる事ですが、その一方で70%を切るような換金率では使用を控えたいと思う使用者は多々あると事でしょう。

ただし、土日祝日の使用ではコントラストの原理の影響を受けるため、「土日祝日だししょうがないよね。

むしろ、使用できてありがたい」といった心理ステータスに陥る人が非常に多々あるのです。

だからこそ、低い換金率でも成約する確率が高く、良い感触を持たれてリピーターになる見込みが高いため、現金化業者にとってはとても好都合なのです。

整理もっとも、土日に即時振込扱ってをしている専門家の中にも、真摯な応対をしている現金化業者もあるのかもしれません(まだ未質問です)。

優秀現金化業者ならばあり得る事です。

ただし現時点では、土日祝日でも応対している現金化業者の中には、換金率を引き下げる現金化業者も多々あるという事しか分かっていません。

土日現金化配慮したがって、土日祝日に必然的に現金が必須になった事例には、土日祝日も扱ってしている専門家をいくつかあたってみて、換金率なども尋ね、より高い換金率で現金化してくれる現金化業者を探す事が大事です。

加えて、土日祝日の予定を前もってに理解し、平日中にクレジットカード現金化を行なって準備ておけばよい事は、言うまでもないのです。