利用停止にならないための大事なポイントを公開

利用停止にならないための大事なポイントを公開

利用停止にならない

カードの現金化の工程、やってはいけない現金化のテクニック、使用停止にならないための留意点をまとめました。

カード現金化とはクレジットカードのショッピング枠現金化カード現金化とは、クレジットカードの買い物枠を使って換金業者が指定するアイテムを購買してキャッシュバックを受ける事によって、お金を得る手段です。

お金がなく、クレジットカードのキャッシング枠も事前に使い切ってしまったにもかかわらず、急な浪費を強いられた時などに活用可能な手段であり、使い方によっては大変有用なものです。

どれくらいのキャッシュバックを受けられるかは活用する現金化業者によって異なり、できるだけ高い還元率でありながら不正のない優秀専門家を活用する事や、使用時はどのようになっているかなど、たくさんな点から決断して良好換金業者を活用すれば、困った時の助けとなってくれる事でしょう。

オンラインバンキングを持っており、なおかつ夜間も営業している換金業者を使用すれば夜間の振り込みにも扱ってしてもらう事ができます。

カード現金化の技術

現金化テクニックを解説しておきましょう。

使用は申請から取引成立まで、一通りオンラインで行う事ができます。

1、現金化業者のピックアップ

オンラインで情報を念入りに収集して一流現金化業者を割り出します。

この事例、間違っても評判を参照しないようにしてください。

オンラインの評判には悪徳現金化業者による書きこみも大いに多々あるため、それを避けて正真の評判を見つけ出すのは経験豊富な人にしか理不尽な事です。

2、エントリー

一流現金化業者を割り出したら、申込フォームに必須情報を記入し、エントリーを行います。

支出者金融や貸し出しの申請を行った時のような査定が行われる事はなく、身分の見定めさえ支障がなければ問題なく申請は受け付けてもらう事ができます。

厄介な申込み手順もなく、クレジットカードさえあれば活用する事ができます。

3、専門家の見極め

エントリーを受けた専門家はカードと身分を見定めし、電話連絡を行います。

そこでは活用中身の見極めや、お願い値段の検証が行われ、加えてサービス活用の意志見極めが行われます。

4、カードで現金化商品を買い物

意志見定めができたならば、専門家が指定するアイテムをカード決済で購買します。

5、キャッシュバック

キャッシュバックショッピングが専門家の方で見極めできたならば、スピード自慢の専門家ならば5〜10分でキャッシュバック分のお金を振り込んでくれます。

6、アイテムの発送

後日、調達したアイテムが送付されます。

ここで現金化業者との取引は完結し、その後連絡を取り合う必須はないのです。

送料や手数料などはキャッシュバック分から差し引かれているため、別途料金請求があると言う事もないのです。

7、商品代金の支払い

無論、購買したアイテムは、普通のカード決済と同じくの手法で入金を行い、償還していきます。

カード使用停止にはならないの?

現金化使用停止

クレジットカードの現金化は、総てのカード法人が活用規約で禁止している行為です。

ただし、形態的なところを簡潔に観てみれば、このカード現金化のテクニックは専門家が指定したアイテムを購買してキャッシュバックを受けているだけであり、なんら規約違反には当たらず、使用停止になる事はないのです。

けれども、他にの現金化の技術を行った時には、ケースによっては使用停止になる事もあります。

それは、カード企業から不正使用の疑いを受けた時です。

返金期日を守っているにもかかわらず、いきなりカードが使用停止になっている事例は、おおかたの事例において不正使用を疑われた事例なのです。

一例を挙げれば、一般的は水道光熱費や携帯料金などといった浪費のみをクレジットカードで決済している人が、いきなり高価のブランド物をいくつか調達した事例等です。

普通は怪しまれた時には突然活用停止になるのではなく、疑いが生じた事象についての解説を要求する電話があります。

そんな訳で、びしっと不正ではない事を解説可能なら何ら問題ないのですが、突然活用停止になる事もあります。

使用停止になる代表的な場合は、換金性の高いアイテムを調達する事です。

ゲーム機やブランドバッグ、アイテム券などは売る事でお金を手にする事が可能な換金性の高いものです。

他にも、ユースドでも直ちにに買い取ってもらう事が可能なため、現金化に適しています。

いつもからクレジットカードでそのようなものを買っている人ならば疑われにくいのですが、お金に困った人が突然それらのものを買い物すると疑いを生む事となります。

アイテムの売り渡しによる現金化は用心

アイテム売り渡し現金化

冒頭で解説した、キャッシュバックによるカード現金化の手法は使用規約に違反するものではないのですが、仮に専門家指定でショッピングしたアイテムを転売し、それがバレてしまえば活用停止になります。

クレジットカードで調達したアイテムは、完済するまでは法的な所有者がカード企業になっているため、どんだけ実のところに所有しているのが自身とは言っても、勝手に売り払う事は禁止されているのです。

とはいえ、個人が調達したものを売り払ったとしても、それがバレてしまう事はおおかたあり得ないものです。

したがって、「この人は転売しているに異なる点ない」と確信されるようなカードの使い方をしていたケースに、活用停止になるのです。

例を挙げると、換金性の高いハードとしてニンテンドーのSWITCHをいくつかのストアで何台も調達するなどしていれば、それはほぼ間違いなく疑いの対象となります。

1台ならまだしも、何台もショッピングすると言うのは俗にあり得ない事であり、換金を疑われてしまうに相違ないのです。

この他、アイテム券・ギフト券・新幹線の回数券なども換金性が高いため、カード法人は活用に目を光らせています。

例を挙げると、自身が住む地区とは全く無関係の新幹線の回数券を調達すれば、これはかなり疑われやすいでしょう。

おっしゃる通り換金性は高いのですが、ハイ危険性なメソッドと言えます。

使用停止にならない現金化方法

したがって、換金目的でカードを使用するのは控え、冒頭に解説したキャッシュバックの技術で現金化を行うようにしましょう。

買い物枠を活用する事で現金を手にしているのは事実であるものの、カード法人の使用規約に違反しているわけではなく、カード法人もこういったサービスの影響にやきもきしている事でしょうが、使用を停止する事はできません。

ただし、とどのつまりグレーゾーンの換金手段であるには差異なく、カード法人も不正使用として摘発やりたい想いがあります。

したがって、カード企業によっては、びしっとしたクレジットカードのショッピング枠現金化業者に申し入れしたとしても、不正活用の疑いありとして使用停止に踏み切る確率もあります。

そのような事を防ぐためには、

・いつもからたまにオンライン買い物などでカード決済を使用する事

・現金化サービスを連続で使用しない事

これらを留意しておきましょう。

最近はオンラインお店も大いに役立つなものが多々あるので、現在まで使用した事がない人も、これを機会にヤフーオークションを使用してクレジットカードでの手っ取り早く決済をしてみる、アマゾンや楽天などのオンラインお店で割安でアイテムをショッピングしてみるなどしてみるとよいでしょう。

利用停止にならない方法まとめ

カード現金化によってクレジットカードが使用停止になると、信用情報に傷が付き、住宅ローンや自動車貸し出しを設ける時に不利になり、大変不便な考えをする事となります。

ただし、決済の遅延などがない限りは、仮にカード企業が不正使用を疑って電話をかけてきたケースにも、「オンラインお店で望むものを買っただけです」と落ち付いて扱ってすれば直ちにに活用再開となり、何の問題も起きない事が全くです。

情報化社会の現代、現金を手にするテクニックもとても多様化しています。

その中には、カード現金化をスタート出来、有用な使用手法は豊富にあります。

これらを巧妙に応用していく事によって、より満喫した一生を送る事が可能なのです。