メルカリもゾゾタウンと同じ様に後払い制を導入!

メルカリもゾゾタウンと同じ様に後払い制を導入!

現金化商品を後払いで購入できる方法が定着する!?

クレジットカードの買い物枠現金化は即日で元金調達が可能な手法として30年以上続いています。

しかしながらクレジットカードの買い物枠は換金目的で使用する事をクレジットカードの会員規約で禁止されている事などから正規の商売ではないのです。

そのようなクレジットカードのショッピング枠現金化はフレッシュな世代からブームのスマホアプリ「メルカリ」で現金やチャージ済みの電子マネーなどが出品されトピックとなりました。

直近ではこのメルカリでのクレジットカードのショッピング枠現金化は運営法人の警戒システムによりクレカ現金化やマネーロンダリングを目的とする出品を削除されるようになり、現金等の出品は認められておりません。

またメルカリでのクレカ現金化問題はもう終息したかのように思えました。

ただしつい先日、アイテムの購買代金を翌月に整理て支払う事が可能な「月イチ払い」をメルカリが試験的に運用を開始してのです。

このメルカリでの後払いとなる月イチ払いはクレジットカードや携帯キャリア決済と同じようにアイテムの代金を受け取った後に支払う事が可能な決済手段となります。

国内マックスのフリマアプリであるメルカリが後払い決済を導入した結果、どんな影響を及ぼす事になるのでしょうか?

メルカリが試験運用開始した月イチ払いの大略

メルカリ後払い導入報道結びつき者各位2017年6月5日

「メルカリ月イチ払い」試験運用開始のお知らせhttps://www.mercari.com/jp/

メルカリは、お客さまにより役立つに購入を満喫してでいただくため、新しい決済手段として「メルカリ月イチ払い」の試験運用を本日より開始いたします。

「メルカリ月イチ払い」は、各月にメルカリで購買したアイテム代金のお入金を翌月に整理て行う事が可能な実用的な入金技術です。

アイテム購買時の決済手法で「メルカリ月イチ払い」を選択いただくだけで、上限代金内での購買値段をすべて整理て、翌月中にコンビニや銀行ATM、メルカリ上の売上金から一度に支払う事ができます。

メルカリでは、かねてより入金テクニックとして多くのクライアントに「コンビニ払い」をご活用いただいておりました。

実用的にお利用し頂ける一方で、月に何度もアイテムを購買されるクライアントにとっては、その都度コンビニを到来て支払う手間が必要になるという悪い面がありました。

「メルカリ月イチ払い」では、月に何度も調達をされたケースでも整理て一度に支払う事が可能なため、実用的にお利用しいただけます。

(※使用可能な値段には上限がございます)試験運用期間中は部分のお客さまのみご活用できるとなりますが、皆さまのお声をもとに性能改善を進めながら、順次ご用意していく予定です。

しかも、今後は口座振替にも扱ってを予定しております。

・対象ユーザー過去の使用実績等を元に抽出した部分のユーザー(順次拡大予定)

・活用限度額20000円
※今後活用状況により改変の見込みあり

・使用手法アイテム調達時に入金メソッドで「メルカリ月イチ払い」をご選択ください

・決済手法コンビニ・銀行ATMでの入金ができるです。

さらにメルカリ上の売上金もご使用いただけます。

・支払期間ごショッピングいただいた月の翌月1日から末日の間にお入金いただきます。

例)2017年6月4日と6月21日にメルカリ月イチ払いで買い物を行った事例、2017年7月1日〜7月31日が入金期間になります。

・手数料活用ごとに100円
※オープニングイベント中は、月に何回使っても100円今のところでは上限費用が20000円までとなっており、多額な決済には使用する事はできませんが今後有用になれば限度額はそして広がる事でしょう。

後払いを活用すれば現金化する事もできる後払いでの現金化

このアイテムの代金を後払いに可能なのはクレジットカードや携帯決済に近い決済メソッドといえるでしょう。

クレジットカード決済は決済代金をクレジットカード法人が即時的に立替る事によって翌月に請求される事になります。

このメルカリの月イチ払いも同じくに活用した月の翌月に入金を整理てコンビニ払いやATMで支払う事が可能な仕組みとなるのです。

したがってこの後払いはクレジットカードがなくても現金化する事ができるといえるでしょう。

一般的なクレジットカードの買い物枠現金化の場合

みどりの窓口で調達できるな新幹線の回数券をクレジットカード決済でショッピングし現金化専門家が買い取る事によって現金化されます。

他にも翌月に現金化に使用した価格がクレジットカード法人から請求され支払えば特に問題はないのです。

では後払いでの現金化はといいますと、メルカリで換金性高いアイテムを後払い決済で調達届いたアイテムを換金し翌月にコンビニで代金の決済といった手法で後払いは手っ取り早くに現金化する事ができます。

もし、この現金化した決済ができなかった時は如何になるのでしょうか?

NP後払いの入金が滞ると・・・

入金が遅れるこのメルカリが導入した入金の代金を後払いに可能な体系は色々な会社でも採りいれられている画期的な決済技術なのです。

メルカリと同じフリマアプリとなるフリルやトレンド系オンラインカタログ販売WebページのゾゾタウンでもこのNP後払いによる決済は採用されています。

本当はこの後払いという決済テクニックにはある危険性がある事をご存知でしょうか?

クレジットカードで決済した時、決済が延滞し続ければブラックリストとなり、支出者金融や銀行からのローンができなくなりますが、後払いには査定などなく使用する事ができます。

つまり後払いで決済をし入金をしないという人が急増してもおかしくはないのです。

後払いはクレジットカードなどとは異なり信用情報には関連なく、ただ遅延損害金と共に請求が続けられアカウントが削除されるだけなのです。

したがって悪意のある使用者が後払いで現金化をする事例が増える危険性があるといえるでしょう。

それによりメルカリでは試験期間は上限2万円までとなり、使用実績のあるユーザーでけにしか用意していないのです。

近い未来には試験運用期間を終えメルカリで月イチ払いが実装される事になりますが、以前の現金出品によるクレカ現金化問題のように注意深いに進める事になるでしょう。