換金目的を特定することってできるの?

クレジットカード現金化はカード会社に特定されてしまうのか?

カード会社に特定される?

あなたが現金化目的でカード利用した場合、カード会社に特定されてしまうのか?

現金化目的の識別は一部を除いて難しい

識別できない場合は、「会員規約に違反した」としてキャンセルすることはできません。

クレジットカード会員規約は、現金化目的での使用を禁止しています。

それを識別する方法は、なかなか一重にはいかないようです。

もちろん、利用規約違反が見つかった場合は、クレジットカード発行会社はすぐに使用を停止することができます。

クレジットカード会社が、現金化を特定する方法について考えてみましょう。

利用者本人にヒアリングして、「何月何日に○○を買っているこのご活用は、換金目的ですね?」と聞くことなどあるのでしょうか?

スグに分かると思いますが、そんなことありませんね。

換金目的の利用を得点するには「クレジットカード保有者が換金目的で商品を購入したこと」を証明する必要性があります。

しかしカード会社から見える情報では、「利用者本人が換金目的ではない」と言われる限り、証明はおそらく難しいでしょう。

換金性の高いモノは現金化目的と特定されやすいので注意!
換金性の高いモノは現金化目的と特定されやすいので注意!

換金性の高いモノは発覚リスクを高めます

カードで商品券や金券、新幹線の回数券、ゴールドバーなど、換金率が高額なものを正当な理由なく買った場合は証明信用度が高く、現金化利用と判断しますが、その他のあまり価値を見出せないモノに対しては現金化利用と証明することは不可能に近いと言えましょう。

客観的な証拠がなければ断定して、強制停止、強制解約などをする事は出来ません。

従って、明らかな換金目的と思われるショッピングをしなければまず問題ないでしょう。

換金目的での使用はバレるのか?

クレジットカードのショッピング枠現金化

いつ換金目的での活用がバレるのか考えてみましょう。

買い物枠の現金化といっても、言い方を変えれば、「買い物枠を活用してアイテムを購買したが、売ってしまった」という事です。

換金目的の線引きとは?

クレジットカードショッピング枠を換金目的で使用したか、そうでないのかの線引きは、「いつ売ろうと思ったのか」です。

例えば

1、アイテムを所有する目的で買ったけど、買ってみたら気に入らなかったので、売って処分する事にした。

2、アイテムを購入する時点で売却(転売)して現金化する目的でアイテムを購入した。

会員規約に抵触するのは、2のみです。

1は、換金を目的としてアイテムを購入している訳ではないのです。

従って会員規約には抵触しません。

クレジットカードのショッピング枠現金化、換金目的を隠すことは可能
クレジットカードのショッピング枠現金化、換金目的を隠すことは可能

換金目的は隠せる?

では、2の目的でアイテムを購入するが、1を装ったらどうなるのでしょうか?

これは、購入者の気持ちに委ねられ、クレジットカード発行会社が立証して断定することはできません。

はっきり言うと「換金目的を隠すことは可能」という事です。

ただし、証拠が出てしまえば偽るのも面倒になります。

「ショッピング枠で購入したモノのうち、同一商品が複数あったり、購入したモノをほとんど売って処分している」となると「換金目的」と判断される可能性もあるので注意が必要です。

一般常識の範囲から著しく乖離しているのであれば、「初めは売るつもりではなかった」という言い訳も通用しないでしょう。

もし、クレジットカード発行会社に決断されてしまったら、使用停止されることになるでしょう。