クレカショッピング枠現金化のテクニックの秘訣と注意ポイント

クレカショッピング枠現金化のテクニックの秘訣と注意すべきポイント

クレカショッピング枠現金化テクニック

クレカ現金化とは、クレジットカードの買い物枠を現金化して還元するサービスです。

申込み手順から振り込みまでをインターネットで行う事ができます。

ここでは、そのテクニックと秘訣、留意点を見ていきましょう。

クレカ現金化とその長所

クレカ現金化の最大の長所
クレカ現金化の最大の長所

クレカ現金化とは、クレジットカードの買い物枠を現金化して還元するサービスです。

換金業者指定のキャッシュバック付きアイテムをクレカによって決済すると、現金がキャッシュバックされるものです。

現在は大抵の換金業者がホームページを開設しており、オンラインで申込み手順を受け付けています。

その為、24時間、いつでも申請できるものあり、オンラインバンクの口座を持っていれば夜間でも土日祝日でも振り込みの応対をしてもらう事ができます。

クレカ現金化には色々なメリットがあります

クレカ現金化の活用はメリットが大きい
クレカ現金化の活用はメリットが大きい

最大限の長所の一つは、何といっても換金業者に来店する必要がない事です。

申込み手順から振り込みまでをインターネットで行う事ができます。

その上、支出者金融のような融資とは異なるため、骨が折れるな査定や申込み手順をする必須もないのです。

査定は要らず、カードと身分の見定めが可能なら、みんな直ちにに現金化する事ができます。

この他、大いにスピーディに入金処理が行われると言うのもメリットです。

ウェブから申し込んだ後、PCによってクレカと身分の検証を行い、カード決済を行った後キャッシュバックされます。

エントリーからキャッシュバックまでに必要になる所要時は、サービスによっても異なりますが、振り込みのスピードを売りにしているような換金業者を活用すれば、数十分で振り込んでくれます。

ところで、即日振込と後日振込とに計画を分類ている換金業者も多々あるですが、後日振込にすると還元率が高くなります。

それ故、スピードは優先せずわずか待てる事例には、後日振込にする事によって振り込まれるプライスを多くすると言う事もできます。

クレカ現金化の活用方法

クレカ現金化の活用方法
クレカ現金化の活用方法

クレカ現金化の活用方法では、クレカ現金化の方法を見極めしていきましょう。

エントリーをスムーズに行うためにも、必要なものを前もって支度しておく必須があります。

けれども、必要なものはそれほど多くはないのです。

必要となるのは身分証明書、自身名義で買い物枠にゆとりがあるクレカ、他にも振り込み先となる銀行口座のみです。

身分証明書は必要ではないのですが、優良換金業者になるとクレカの不正使用を防ぐためにも提示を求められる事が多々あるので、仕込みしておいた方が良いでしょう。

身分証明書には運転免許証、パスポート、保険証などが使用できるです。

これらをファックスやメールでおくればOKです。

ところで、クレジットカードのコピーを求められても、それは必要のない事なので必ずに送らないようにしましょう。

現金化お申し込み

クレジットカードのショッピング枠の現金化をお申し込みする
クレジットカードのショッピング枠の現金化をお申し込みする

次に、クレカ現金化換金業者のネットにアクセスします。

この事例、もうに使用を開始するのではなく、このネットの他のテキストでも触れているたくさんな点を調査し、悪徳換金業者ではないか如何にかを調べるようにしてください。

還元率や用心事項の参考には特に大事です。

それらを調査して活用を決めたならば、申し込みフォームまたはメールで申し込みへ移し変えします。

申し込みフォームまたはメールで申し込みでは、必要事項を入力していきます。

必須事項は使用する換金業者によって若干の相違があります。

けれども、主な入力項目は名前、メールアドレス、電話番号、現金化したい金額、電話連絡を要望する時帯など、取引に必要となる最低限の情報となっています。

それらを入力して申し込んだら、後は換金業者からの連絡待ちとなります。

申請フォームにクレカの番号や安全対策コードなどを求めているケースがありますが、それらは普通必要のない情報であり、そのような情報を求めている換金業者は注意が必要です。

詳しくは、全部暴露!クレジットカードのショッピング枠現金化業者は、なぜ免許以外のカード情報写真を求めてくるのか?が参考になります。

カードによる決済換金業者からの電話連絡があったならば、カードブランドの種類や要望額の見極めが行われるので、それに解答していきます。

続いて還元率や仕組みに関連する解説を受けた後、最終的にサービスを活用するか如何にかの決断をします。

前提に承知が行ったら申込み手順に入りますが、その時に身分証明書のコピーの提示と振り込み先の口座番号を伝えます。

その後、メールでカード決済についてのガイドが来るので、助言に従って指定のアイテムをカード決済で購買します。

クレカ現金化での決済が無事に終わった事を換金業者が確認すれば、あなたが教えた銀行口座に手数料を差し引いた代金の振り込みが行われます。

後日、換金業者からクレカ決済をしたアイテムが送られてくるので、そのアイテムを受け取ったら換金業者との取引は終了です。

後はカード企業に反対に、決済分の返金をしていきます。

これが、クレカ現金化の手法です。

クレカ現金化の注意すべきポイント

クレカ現金化の注意すべきポイント
クレカ現金化の注意すべきポイント

クレカ現金化の留意点は、クレカ現金化換金業者の中には悪徳換金業者が多々あると言う事です。

この背景には、2010年に施行された総量規制があります。

総量規制とは、貸金換金業者の貸し過ぎと支出者の借り過ぎを防止するために、支出者金融などの貸金換金業者は、支出者に反対に年収の3分の1以上は貸し付ける事を禁止しました。

これによって、それまでに借入があった人たちが付け足しでの借入ができなくなり、瞬く間にクレカ現金化に流れてきたため、クレカ現金化の活用者が増大したのです。

この流れに乗じて、クレカ現金化換金業者の数も増大しました。

その中には悪徳換金業者も多く、悪徳換金業者によるトラブルが急激に増加したのです。

その後、悪徳換金業者によるトラブルは減少性質にあるものの、現在もトラブルが少ないとは言えない状況です。

それ故、悪徳換金業者には十分に用心して使用する必要があります。

悪徳業者に要注意

全部暴露!クレジットカードの現金化する業者はなぜカード情報を求めてくるのか?
全部暴露!クレジットカードの現金化する業者はなぜカード情報を求めてくるのか?

ここの所、増加しているトラブルは、個人情報取得詐欺です。

これは、申請フォームに入力された個人情報をリスト化し、闇金換金業者などに転売する事で利益を上げると言う手段です。

万が一この詐欺に遭ってしまうと、闇金換金業者からしつこく融資のガイドがされたり、悪質ないたずらメールが大量に届いたりするため、困った事になってしまいます。

クレカ現金化の換金業者を選ぶとき、そのような悪徳換金業者に遭遇しないためには如何にすればよいのでしょうか。

もっとも簡単な手段は、「老舗の換金業者を選り抜く」と言う事です。

新興の換金業者が高い還元率を示して魅惑してくるかもしれませんが、所詮それらの換金業者は実績に乏しく、あまり信用可能な換金業者とは言えません。

それよりも、10年以上営業しているような老舗の換金業者が安心です。

老舗の換金業者には、絶対老舗たるゆえんがあります。

確かな取引を誠実にこなす事によってリピーターを入手しています。

その実績から安心感を生んで新規のお客を取得している等、なんらかの要因が合って長年営業する事ができているのです。

それ故、換金業者選択しの秘訣のうち最も間違いないのは、「老舗の換金業者を選択する」と言う事です。

クレカ現金化業者の対比をしているようなネットでは換金業者の解説文が書かれていますが、老舗の換金業者には絶対その旨書かれています。

しかも、法人要旨を見てみると、真面目な換金業者ならば設立年月日が表示されているので、そこからも老舗か如何にかを決断する事ができます。

どうぞポイントにしてみてください。

おすすめコンテンツ

口コミから選ばれたクレジットカード現金化専門店人気ランキングを公開

クレジットカード現金化業者優良店人気ランキングを発表!

アマゾンギフト券、GooglePlayギフトカード他、電子マネーを現金化する業者の中でどこが人気なの?

アマゾンギフト券現金化人気優良店ランキング