「クレジットカードのショッピング枠現金化」は「融資」と全く異なります!

クレジットカード現金化は融資とは全く異なります!

ショッピング枠を現金化することはできますか?

クレジットカードの現金化を実現

現金化の仕組みで

クレジットカードの現金化は、ショッピング枠を現金に換算する方法であり、新たに借りることとは異なります。

お金を借りる場合は、事業者は「貸金業の免許を持っていることが必要」になります。

クレジットカードの現金化の場合は、「お金を借りる」わけではなく「お金にする」ので、貸金業の免許は必要ありません。

クレジットカードの現金化の仕組みは、中古買い取りになるので「古物商取引許可証が必要です。

実際にサービスを利用した人の意見は、ゼッタイではないにしろ、とても参考になるモノです。

現金化を検討することに興味がある場合は、ネットでの口コミや評判を調べてみましょう。

 

ブラックリストに載っていてもショッピング枠の現金化は大丈夫?

以前、金融事故を起こした場合ブラックリストに載っている可能性があります。

そうなるとまず消費者金融から借りることは不可能になり、借り入れをするとしたら、高金利のリスクの高いサラ金、ソフト闇金しか選択肢がなくなってきます。

事故情報や借用情報が信用情報機関に登録されているため、その内容によっては新規借入はできません。

過去に支払いが遅れていたり、いくつかの企業から多額の融資を受けている債務整理などの情報が、全銀協、CIC、JICCなどの信用情報企業にて共有されていたら加盟店すべてが同じ情報を得ることができます。

しかし、万が一そうなってしまっても最後の望みがあります。

そのような人に役立つ現金調達方法の1つとして利用されている「クレジットカードの現金化と言う方法」です。

クレジットカードを現金化することは、買い物現金を現金に変換する方法であり、これは新たに借りることとは全く違うということは上述させていただきました。

クレジットカードのショッピング枠の現金化と資金調達を一緒だと思っている方もいるかもしれません。

融資とは全く異なる現金化

現金化では、手持ちのカードのショッピング枠を特定の方法で現金化するだけなので、カードキャッシングような審査を受ける必要はありません。

そのため、キャッシングはできない人でも、クレジットカードのショッピング枠さえ持っていれば「現金を手にする」ことができるのです!

キャッシュバック方式が現金化業者のトレンド

キャッシュバック方式と呼ばれるシステムを使用したカード枠現金化は、今や主要な方法です。

従来の方法で購入した商品を再販して現金を受け取ったのですが、この方法では最悪詐欺被害にあったりクレジットカード情報を使って高価な商品を勝手に購入されたりすることが過去にはありました。

規約違反なのでカード利用停止のペナルティを受ける場合がある。

カード会社は、商品の支払いが返済されるまで所有権を所有しています。

その結果、返済は終わっていないものの、再販する行為は法律に違反しています。

現在、特典として現金をキャッシュバックする方法が最も一般的であり、ネット上を主な運営場所にしている現金化業者の多くがこの方法を採用しています。

キャッシュバック式の現金化は手数料がかかります。

手数料は店ごと利用金額によって異なりますが、しばしば約10〜35%引き出されます。

10万円を換金すると、還元率や手数料が引かれ、手元には65,000円〜85,000円ほどのお金が振り込まれます。

もし利用するなら、キャッシュバック率をできるだけ高く設定する現金化をするように心がけましょう。

最初は76%以上の換金率が見つかればラッキー

換金率、キャッシュバック率ですが、業者の多くは65%~85%が手数料やその他を引いた「実質換金率」となることを覚えておくとその先がスムーズに進みましょう。

常連になれば別ですが、はじめての利用の方は実質換金率90%になることはありません

はじめての方や少額利用の場合は、正直申し上げますと76%以上の実質換金率があれば、良い現金化業者と言えましょう。

65%以下を提示してくるところは、あなたには合っていないので他を探しましょう。

おすすめコンテンツ

口コミから選ばれたクレジットカード現金化専門店人気ランキングを公開

クレジットカード現金化業者優良店人気ランキングを発表!

アマゾンギフト券、GooglePlayギフトカード他、電子マネーを現金化する業者の中でどこが人気なの?

アマゾンギフト券現金化人気優良店ランキング