よくある質問

クレジットカードの現金化は危険?利用の前に理解しておきたい【基本用語】

投稿日:

最初に知りたい基本情報

この記事の目次

ショッピング枠現金化とはどういうことなのか?法律の観点からの解説も併せてご紹介させていただきます

この投稿をご覧の方は、ショッピング枠現金化という言葉を聞いたことがありますか?

著者の位置付けとしてはお金が必要となった時の最終場合の手段1つです。

ショッピング枠現金化を専門に行なっている業者も存在していて、現金化業者によって換金方法にはいくつかの種類があります。

便利性や現金化までの速さを考慮するとオンラインや電話で取引の完結が出来る現金化業者を使うのがおすすめです。

ショッピング枠を現金化出来るということはもちろんありがたいことですがリスクがないわけではありません。

下手をするとクレジットカード会社の規約上クレジットカードが使えなくなってしまう可能性もあります。

買い物枠を現金化するということについてしっかりと理解をしていただき、リスクを減らしみなさまのマネー計画の役に立てれば幸いです。

早速ご紹介していきます。

クレジットカードのショッピング枠の現金化は違法なのか

ショッピング枠の現金化は、審査も不要で短時間で現金を手にすることが可能ですが、違法か合法かでいえば、日本の法律では「グレーゾーン」のサービスです。

クレジットカード会社の約款等で規約を確認するとはっきりと違反であると判断されることが多いためショッピング枠を現金化している事が分かってしまうと何かしらのペナルティーがあるかもしれません。

ショッピング枠現金化をすると逮捕されるのか?

ショッピング枠の現金化はグレーゾーンなので、逮捕されるのでは?と、ショッピング枠を現金化したくてもためらっている方はいらっしゃるかもしれません。

実際のところどうなんでしょうか?

これまでのところ実際に逮捕者が出たのはあくどいやり方をしていた現金化業者のみでショッピング枠を現金化した利用者が逮捕されたケースはありません。

また、今後についても利用者側が刑事罰を受けるような事はよほどの法改正がない限りないでしょう。

その理由は以下のような実態があるからです。

安全な理由

  1. ショッピング枠で商品を購入している
  2. 商品を売却する事で現金化している

上記の流れは、現実社会ではよくある事で、カード利用者がおこなうすべてのショッピングが現金化を目的としているとは判断できないからです。

例えば、

『旅行にいく予定で航空券を購入したが突然仕事が入ってしまい行けなくなってしまった場合』

当然、その航空券は必要のないものですから普通の考え方であれば金券ショップ等で換金してしまいます。

この例でいきますと商品を買い、それを現金に変えるというショツピング枠の現金化と同じ流れですよね。クレジットカード使用時に利用者がどのような意図でこの航空券を買ったのか?当然旅行に行くためだと考えますよね。このように利用者側の目的はカード会社にはわかりづらいのでこれが違法だと判断する事はほぼ不可能であるといえます。

ですが、同じような商品を同じ頻度で繰り返した場合、購入履歴を確認した場合に疑われることはあるかもしれません。

しかし商品の売却をクレジットカードでおこなうわけではないので余程の事がない限り問題となる事はないと思います。

あくまで可能性がないわけではないので適度な範囲に抑える事が必要です。

ショッピング枠の現金化はクレジットカード会社の規約には違反しています 知られないようにするための注意が必要

万が一、ショッピング枠の現金化のための利用だと分かってしまった場合でも、カード現金化の利用者側が逮捕されてしますという事はまずないでしょう。

ですが、ショッピング枠を現金化しようとする目的で商品を購入し現金化する行為はカード会社の規約違反です。

カード会社に知られてしまった場合はカードの利用停止などのペナルティーが課せられる可能性があります。

ではショッピング枠の現金化という行為がなぜ規約違反になるのでしょうか?それは審査が不要で誰でも利用できるというところだと思います。

当然カード会社はショッピング枠、キャッシング枠とそれぞれ審査の上でカードの発行を行なっています。

ショッピング枠を現金化したとしても債務を負う事には違いありません。

カード会社は利息が利益の1つですから現金化した事による手数料や金利は加味していませんし当然、換金率が低ければカード利用者の返済額は大きくなり返済出来なくなってしまうケースもでてくるかもしれません。

このような事が考えられるためカード会社はこのような使い方は認めていないのだと考える事ができるでしょう。

大前提としてショッピング枠を現金化するのにも多少の手数料がかかるわけですからまずはショッピング枠の現金化以外に方法はないのかという事を考えてみる事をおすすめします。

ですが、手段がない時には最後の手段として下記の内容を参考にしていただき急場を凌ぐ手段として検討してみてはいかがでしょうか。

グレーゾーンには悪徳業者も存在している

ショッピング枠を現金化するうえでまず絶対に気をつけなければいけないのは悪徳業者の存在です。

慎重にどの業者を利用するべきなのか考える必要があります。

悪徳業者を利用してしまった結果

  • 手続きをしたのに入金額が少ない、または入金されない
  • 個人情報が流出して知らないところから勧誘の電話が増えた
  • 現金化ではなく高金利でお金の貸付をされた
  • 高額な様々な名目の手数料が発生してしまい現金化の金額が少なくなった

ご覧のようなクレームや口コミを目にした事があります。

当然、被害者からの通報で営業停止になったり逮捕者が出るケースもあります。

もともと、悪質な金融業者への取り締まりは非常に厳しいのですが、警察も悪質な業者を相当数減らしていますが、またすぐに新しい業者ができるため、どうしても全てをリアルタイムに把握することは出来ません。

あきらかな出資法違反だとしてもクレーム等、利用者からの連絡が来ないことには取り締まる事は出来ないでしょう。

では、悪徳業者に出会わないために「どうするべきなのか、どのような事に注意が必要なのでしょうか?」

まずベースとなるのが「情報収集」です。

例えば国民生活センターというところではこのようなショッピング枠の現金化について注意喚起しています。

口コミサイトや情報サイトを確認する

クレジットカード現金化業者の情報を公開しているサイトや利用者の口コミサイトや掲示板のようなサイトは検索すればすぐに出てくると思います。

優良な業者は比較的様々なサイトでもおすすめされていますので利用者も多くなる傾向にあるようです。

もし現金化をお考えであればいくつかのサイトをすぐに検索してみる事をおすすめします。

現金化業者のホームページを確認する

いくつかめぼしい現金化業者を見つけたら早速ホームページを確認してみてください。

最低でもチェックするべき項目として以下の3つをご紹介します。

  • 所在地
  • 連絡先(固定だとなお良い)
  • 責任者の名前

そのほか確認するべき項目はたくさんありますがまずはうえの3つをチェックしてみてください。

また、ホームページにある高い換金率や利用者の口コミ等はそれほど過度に信用してしまうと後でがっかりしてしまうかもしれません。

現金化業界の換金相場は、75%〜90%であることを知っておくことで真実と過剰な広告の判断が理解しやすくなります。

ですが、過大広告は多かれ少なかれどこの業界でもやっている事ですから、この記事をご覧いただいている方はそのような広告に引っかからないでください。

実際に電話してみる

利用する業者をさらに絞ったところで最後は直接連絡してみましょう。

電話して話した感じで好印象を持ったならそこはまともに仕事をしていると考えて良いかもしれません。

ですが、質問しておきたい内容はしっかりと聞いてみてください。

質問に答えてくれなかったり曖昧な返事をするような業者であれば他の業者を考えて良いかもしれません。

全部の業者がそうとは限りませんが良心的に話を聞いてくれる業者が大半ですから安心して色々相談してみてください。

様々な口コミサイトや情報サイト、また、実際に利用した方からの声を元に安心して利用できると判断した現金化業者を選定してご紹介しています。

  • 高利貸しの可能性のある業者
  • 換金率が著しく低い業者
  • 接客や対応に問題のある業者

上記のような業者は基本掲載はいたしません。

できるだけ高換金率で対応の良い現金化業者をご紹介したいと考えています。

実際にショッピング枠を現金化した方々の感想や口コミ投稿

クレジットカード現金化には様々なリスクと注意すべき点がある事がおわかりいただけたと思います。

続いては実際にクレジットカード現金化の体験者の口コミをご紹介します。

赤裸々な体験を記載してくださっている方もたくさんいらっしゃいます。

リアルな体験談としてぜひ読んでみてください。

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化とはクレジットカード買い物枠を利用し現金の代わりとなる商品を購入してその商品を現金化業者に買取を依頼し現金化するというものです。

買取業者に依頼した際、手数料などを引かれ残りの金額が自身の口座に振り込まれるという仕組みです。

人生、まとまったお金が必要となる事は何度もあります。

病気や怪我で多額の費用がかかる。仕事をやめてしまい生活費が必要となる。

また、冠婚葬祭やどうしても欲しかったものを手に入れたい時など人によりそれはさまざまです。

しかし、キャッシング枠がすでにいっぱいだったり新しいカードを作るにも審査や手続きに時間がかかるしそもそも審査に通るかわからない。

など思い通りに物事が進まないケースも多々あります。

ですが、残ったショッピング枠を現金化出来れば今あるカードを使い短時間で現金を手にする事が可能です。

なんといっても審査もないので確実です。

キャッシング枠は審査がなかなか通らない

ご存知のようにクレジットカードにはキャッシング機能とショッピング機能があり、現金を借りるにはキャッシング機能を利用します。

当然借金をするわけですからカード会社は信用調査、つまり返済能力があるかないかの判断をします。

クレジットカードの審査には

  • 勤務先
  • 他社の借り入れ状況
  • これまでの返済履歴

といった調査を行います。他社からの借り入れがたくさんある、返済ができなかった事がある、正社員ではなく職を転々としている、などの事実があれば当然審査が通りにくくなります。

カードの申し込みをして数日後、審査に通らなければ申込は時間の無駄ですしなんとなく嫌な気分にもなりがちです。

そんな時役に立つのがクレジットカード現金化つまりショッピング枠を使った現金化の方法です。

クレジットカードの買い物枠を現金にする

普段、クレジットカードをよく利用する方はキャッシングよりもショッピング機能の方が聞き覚えがあるかもしれません。

現金化とはこのショッピング機能の限度額を使い現金化するという方法です。

現金化のやり方として、買取方式とキャッシュバック方式があります。

  • 買取型 商品を購入し、それを売却する事で現金化する方式
  • キャッシュバック方式:商品を購入した特典として現金を受け取る方式

現在では、キャッシュバック方式の現金化業者もだいぶ浸透しています。

この方法は、手間がかからないので利用者目線で考えると非常にありがたいと言えます。

クレジットカード会社の履歴には「買い物の履歴」が残ります。

また、大抵のクレジットカードはキャッシング枠より限度額が高く設定されていますので、大きな現金が必要な場合にはこのクレジットカード現金化が役立つ可能性があります。

クレジットカード現金化の良い点・悪い点

お金が必要となった時、キャッシング枠がいっぱいだったり新しいカードの審査が通りにくく手続きに不安がある方なもいらっしゃるでしょう。

そんな時、今あるクレジットカードのショッピング枠の現金化は審査不要でだれでもすぐに現金を手に入れる事が可能です。

しかしこれまでもお伝えした通り最大のリスクはクレジットカードが利用できなくなる恐れがあるという事です。

メリット
  • クレジットカードのショッピング枠がある方は誰でも審査なしで利用ができるため、定職がない方でも利用ができる
  • 分割払い選べば返済方法を選択できるので一括での支払いが困難な場合でも返済が可能
    (ただし、リボ払いや分割の支払いには利息が発生します)
  • 無店舗型のクレジット現金化業者であれば24時間申し込みが可能なため時間や場所を選ばずに申し込みできる
悪質業者には注意

悪質業者による悪質な行為には注意が必要です。

例えば「個人情報の流出」「以上に低い換金率」等が挙げられます。

現金化業者の選定をしっかりとおこない注意することが大切です。

利用するときの返済計画はきちんと事前に立てることをおすすめします。

いくら審査不要とはいえ、返済が大変になったら大変です。

返すあてがない時には違う方法をさがすのも1つかもしれません。

クレジットカード現金化がカード会社に分かってしまった場合

クレジットカードの現金化は急場な時の有効策であるとご紹介しましたがクレジットカード会社からは残念ながら認められていない行為です。

カード会社に利用目的がわかってしまうとペナルティーが課せられることもありますので十分に理解と注意が必要です。

クレジットカードが利用できなくなる

くれじっとかーどの現金化が分かってしまうとかなりの高い確率でカードが利用できなくなると考えておいて方が良いでしょう。他にカードをもっていればそのカード会社のものは利用できなくなるケースもあります。また、今後新たなカードを作ろうとした時に審査が通りにくくなることもあるでしょう。

残債の全額決済を求められる

カードが使えなくなると同時にこれまでの利用残高をまとめて決済するように要求されるケースもあります。

債務整理や自己破産が認められなくなることもある

借金が大きくなり自分で返済することができなくなった場合の最後の手段が自己破産手続きです。出来ればこのような事にはなりたくないものです。

しかし、万が一申請しか方法がなくなった場合、クレジットカードの現金化の過去があると知られてしまった場合、自己破産が認められないケースがあります。

安全にクレジットカード現金化をする方法とは?

ここからはさらに具体的にクレジットカード現金化の方法などをご紹介していきます。

まずクレジットカードの現金化をするにはどうすれば良いのでしょうか?

  • 専門業者に依頼する
  • 換金率の高い商品を現金化する

おもにはこの2つがあげられます。

それぞれに良い点、悪い点とありますがなるべく手間をかけず即日現金化したいとお考えならやはり専門の業者を選ぶことをおすすめします。

専門のクレジットカード現金化業者に依頼した場合

クレジットカード現金化の業者に依頼する事のメリットはスピーディーに現金化できる事ではないでしょうか。

手続きも簡単です。当然、業者選びは重要ですが、きちんとした業者に依頼すれば安心です。

現金化までの時間が早い

クレジットカード現金化を利用したいと考えている大半の方がなるべく早く現金化したいとお考えではないでしょうか?

優良業者であれば申込から現金化までがスムーズでいち早く現金化する事が可能です。

はじめて利用する現金化業者では本人確認等が必要となりますが早い方ですと30分前後、2回目以降は15分前後で現金化ができてしまう業者もあるようです。

どんなものでもそうですがうまく使う事で必要な金額が即日現金化できるので急場の時にはおおいに役立つでしょう。

クレジットカードの利用停止を防ぐためにも

クレジットカード現金化はカード会社では認められていない行為です。

分かってしまうとカード停止の恐れもあります。金券などの購入があまりに多いとカード会社に分かってしまう危険があります。

ですが、クレジットカード現金化の業者をうまく利用する事で購入履歴が残らないように商品を購入する事が可能となります。

決済代行会社を使うからです。複数回、現金化の利用を考えている場合はクレジットカード現金化をおこなっている業者を使う事をおすすめします。

クレジットカード現金化業者選びには注意が必要です

クレジットカード現金化業者はオンライン型や電話取引など店舗を持たない業者が主流となっています。

最初の取引ではそのあたりが心配だと思う方も多いと思います。

実際に手続き後の入金がない、個人情報が流出した可能性があるなどのトラブルもあったという方の口コミがあります。

警察の取り締まりも強化され悪徳な業者は減少しているようですが注意するに越したことはないでしょう。利用する前に必ずご自身で調べることをおすすめします。

特に高い換金率(95%以上など)を宣伝している業者については注意が必要です。

換金率について

クレジットカード現金化業者の換金率についてですが80%前後の業者が多いようです。

8万円の現金を必要とした場合は10万円の商品の購入が必要になるという計算です。

10万円の商品をクレジット現金化業者に8万円で買い取ってもらいます。

クレジットカード会社への返済は当然10万円と利息となります。

できるだけ高く買取をしてくれる業者を選びたいですね。

実際に95%の換金率と広告を掲載しながらいざ現金化となった段階で70%程度しか振込がなかったという事例も多くあるようですので注意が必要です。

平均は80%前後だと理解しておくことが重要です。

様々な業者のホームページなどを確認すると良いでしょう。

高換金率を実現するためには

高い換金率をするためにはどのような商品を購入しているのですか?

多いのは新幹線の回数券などは非常に換金率が高いようです。

現金化目的でクレジットカードを使って金券などを購入する方が増えてしまい、クレジットカードでは金券の購入がしにくくなっていますが、新幹線の回数券などはクレジットカードでの購入ができます。

ご自身でクレジットカード現金化を行う

様々な金券やブランド品など換金率の高い商品を見つけられるのであればご自身で現金化を行うという手段もあるかと思います。業者の手数料が掛からないので換金率は高くなります。

手間と時間がかかる

換金率の高い商品を安く買い、高く買ってくれるお店を探す事が出来れば換金率よく現金化する事が出来るでしょう。しかしこれをすべて自分でおこなうには相当の労力と時間が必要となるでしょう。また、商品の換金率は買取をしてくれるお店や業者によって異なるので常に情報収集が必要となります。

カード会社にクレジットカード現金化が分かりやすくなってしまう恐れがある

自分で現金化をするために商品の購入をするとカード会社に購入履歴が残ります。カード会社は現金化できる商品の購入頻度の高い利用者をチェックしています。

貴金属や金券などの購入をする際は注意が必要です。

どれくらいの頻度で購入していれば大丈夫なのかという明確な基準もありません。

クレジットカード現金化業者について

クレジットの現金化業者は営業方法にいくつかのパターンがあります

実店舗タイプ

来店する店舗があり利用者が実際に来店し取引をおこないます。

オンライン型タイプ

来店する店舗はなくすべてWEBサイトや電話でのやり取りがメインです。

それぞれの特徴をご説明します。

実店舗タイプ

実際に店舗を構えて営業をおこなっている店舗型業者は悪徳業者は少ないでしょう。

特に消費者が守られるように法改正も進んでいる中で実店舗のある営業形態で悪質なことは出来なくなっています。

ですが当然店舗を構えれば家賃やその他経費がかかりますのでオンラインタイプに比べると換金率は全体的に低いと思います。ですが、対面で接客をしてくれるのでオンラインの店舗に比べると安心感があると思います。

また、ほとんどの店舗型のお店では換金率の高い商品を利用者が購入してから現金で買取をするというやり方で行なっています。そのため頻繁に現金化を行なっているとカード会社に知られてしまう可能性があるので注意が必要です。

オンライン型タイプ

オンライン型の現金化業者は実店舗はありません。WEBサイトや電話でのやり取りがメインとなります。

いつでもどこからでも申込が可能です。

対面ではないので相手の顔が見えないという事で不安がありますが事前に業者選定をしておけば詐欺などの被害に遭う事は少ないでしょう。

実店舗型に比べて経費もかからないので換金率も高いのもメリットです。

オンライン型メリット

  • 場所を選ばずに申込が可能で現金化までが非常にスムーズ
  • 換金率が店舗型に比べて高い事が多い

※オンライン型は実店舗型以上に業者選定はしっかりとおこなってください。

他の金融業者とクレジットカード現金化業者との違い

世の中にはお金に関係した様々な商品、商材を扱う会社や業者はたくさんあります。

クレジットカードの現金化業者も様々で一部の業者は最初から詐欺行為が目的の業者もあると思います。

初めてこのようなお話を聞く方の中には高利貸しのようなイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

消費者金融とは

消費者金融とはなんでしょうか?一般的にいうサラ金ですね。一昔前は非常にイメージの悪かった消費者金融ですが、最近は銀行と提携して昔ほど悪いイメージではなくなった感はあります。簡単に説明すると年間18%前後の金利でお金を貸す貸金業者です。

ヤミ金とは

ヤミ金とはなんでしょうか?これも消費者金融です。貸し金業者です。ただし、金利がとんでもなく高いです。中にはトイチ(10日で1割の利息のこと)なんてところもあるかもしれません。

※消費者金融とヤミ金、消費者の立場で考えると大きな違いは利息です。

現金化業者とは

現金化業者とは何でしょうか?世の中の商売で括るとすると古物商が必要な質屋やリサイクルショップの方が貸金業者に比べると近いでしょうか。先ほど換金率の話をしましたが一般的に質屋やリサイクルショツプのブランド品などの買取価格をご存知でしょうか?定価の3割以下です。もちろん物によります。

では現金化業者を利用するのは損なのでしょうか?
金利という観点で考えると確かに少し高く感じてしましますね。出来れば返済の目処が立たないような大きな金額は手を出さないのが正解でしょう。

ですが、現金化のメリットは審査がない 即日現金を手にできる 借金として履歴が残らないというような点ではないでしょうか。

どうしてもすぐに現金が必要なときはあると思います。そんな時に上手に活用できればとてもありがたいのではないでしょうか。

まとめ

必要な時にすぐに現金を手に入れられるクレジットカードの現金化。ご紹介したように利用者にとってリスクがないわけではありません。カード会社のきやくに違反しているわけですからあなたの信用に傷がつく恐れもあります。

現金化はお金をカード会社に返済するわけですから一時的な急場を凌ぐ手段の一つであるだけです。どうしてもお金が必要な時に一時的な利用程度にしておくのが良いでしょう。

安全で利便性の高いオンラインタイプの業者がおすすめですが初心者の方は情報収集を忘れずに安心できる業者を選び取引するようにしてください。

クレサポ おすすめコンテンツ

ショッピング枠現金化おすすめ記事
Amazonギフト券現金化ならお任せください

iTunesカードの換金ならお任せください
GooglePlayカード換金ならお任せください

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

吉澤 真司

1978年生まれ、東京都出身。大学卒業後、ノンバンクの事業者向けローン会社に就職。不動産担保を主とした貸付業務(抵当権設定など)を担当→10年間の勤務を経て、某財閥系不動産会社に転職。債権回収業務を担当する子会社に出向し5年間勤務 。現在は、同不動産会社の社内SEとして勤務しながら金融・不動産業界の営利主義に嫌気がさし、利用者に少しでも為になる情報を発信したいとフリーのライターとして活動。

おすすめ記事

クレジットカード現金化優良店ランキング 1

この記事の目次1 クレジットカード現金化優良店を利用してますか?安心・安全な業者を探して高換金率・即日現金化を実現しましょう!2 クレジットカード現金化は違法行為? 口コミサイトで見る「違法性」や「怖 ...

Amazonギフト券買取 買取サイトランキングをご紹介 2

この記事の目次1 Amazonギフト券を最高95%の換金率で即日で買取してくれる ギフトカード買取サイト優良店をご紹介します1.1 Amazonギフト券買取サイトはどんな時に便利?1.2 Amazon ...

iTunesカードを高い換金率で買取してくれる買取サイトランキング 3

この記事の目次1 iTunesカードはギフトカード買取サイトに買い取りしてもらうのが最も賢く高い換金率を実現できる現金化の方法です2 ギフトカード買取サイトを利用するメリットを3つ2.1 即日完結する ...

GooglePlayカード 買取サイトランキング 4

この記事の目次1 Google Play カードは買取サイトで買取してもらうことが最も高い換金率で現金化できる方法です2 Google Play カード買取サイトがおすすめの4つの理由2.1 Goog ...

携帯を操作している男性 5

この記事の目次1 スマホがあれば出来る? キャリア決済現金化の全貌を公開!2 スマホのキャリア決済で現金化するまでの流れ2.1 携帯キャリア決済が利用可能な金額の上限2.1.1 docomo(ドコモ) ...

WebMoneyを換金するための6つの方法を解説 6

この記事の目次1 ウェブマネー(WebMoney)を高い買取率で現金化する6つの換金方法をご紹介します1.1 ウェブマネー(WebMoney)ギフトカードの購入方法1.2 ウェブマネー(WebMone ...

楽園ポイントギフトカード買取 7

この記事の目次1 楽天ポイントギフトカードを最も高い換金率で現金化する方法は?2 楽天ポイントギフトカードを換金する3つの方法2.1 楽天ポイントギフトカード 換金 楽天ギフトカード買取サイトで換金す ...

-よくある質問

Copyright© クレサポ , 2019 All Rights Reserved.