クレジットカードのショッピング枠現金化は実際のところ法律違反なのでしょうか?

クレジットカード現金化は法律違反?

クレジットカードのショッピング枠現金化の違法性

クレジットカードのショッピング枠現金化を使用する場合に気に掛かるのは、法律違反ではないか如何にかという事です。

クレジットカードのショッピング枠現金化にはグレーな印象がありますし、逮捕された現金化業者もいます。

そのようなメソッドで現金化を行い、自身も罪に問われてしまえば大変な事になります。

本稿では、質問に応えるために、クレジットカード損をしてしまう悪質なの結びつきを紹介していきます。

広まりつつあるクレジットカードのショッピング枠現金化損をしてしまう悪質なこのところ、インターネットの情報などで、「クレジットカードのショッピング枠現金化」というワードを見かける事が多くなった気がします。

これは、クレジットカードのショッピング枠現金化という財源調達のメソッドが広く認知されてきている証拠であると言えるでしょう。

私はクレジットカードのショッピング枠現金化に携わって2年になりますが、2年前と対比して情報Webページの数、現金化業者の数、使用者の数などが明らかに増加していると感じています。

損をしてしまう悪質なこういったご時世の流れの中で、嘆くべきは悪質換金業者の増加です。

どれほどの業界でも悪質プロを完璧になくす事はできないものですが、全部的な換金業者数が増大していくにつれて、悪質換金業者のレートが小さくなる事が望ましい事は言うまでもないのです。

クレジットカードのショッピング枠現金化の現金化業者数に関連するデータなどはないためあまり明確な事は理解いただけませんが、悪質プロのレートが小さくなっている、あるいは悪質プロの数が減少しているといった情報は聞いた事がないのです。

損をしてしまう悪質なもっとも、ことさら悪質プロが多くなっているという情報も聞かない事が救いなのですが・・・。

クレジットカードのショッピング枠現金化という手段自体は悪いものではないのです。

法的にグレーなところはありますし、悪質プロの影響も引っかかる所です。

損をしてしまう悪質なただし、結構換金業者も数多く影響し、そのような換金業者に現金化を注文すれば充分にと現金を手にする事が可能なため、当座の財源に困っている人が助けられるシーンもおっしゃる通りあるのです。

したがって、クレジットカードのショッピング枠現金化は良質現金化業者を使用すれば吉、悪質現金化業者を使用すれば凶であると言えます。

悪質現金化業者を使用してしまうと、現金化できずに個人情報だけ詐取されたり、聞いていたよりもどんどん少ないプライスしか受け取れなかったりする事になります。

損をしてしまう悪質なクレジットカードのショッピング枠現金化を賢く使用するためには、クレジットカードのショッピング枠現金化に関連する法律を知り、法律や決まりを知ったうえで、現金化業者を選択してでいく事が求められます。

そんな訳で、本稿ではクレジットカードのショッピング枠現金化についての法律である「古物商法」と「景品表示法」について紹介していきます。

加えて、法律問題が絡んできたケースに、使用者と法律の結びつきも見過ごせない事でしょうから、その点にも触れていきます。

クレジットカード損をしてしまう悪質な損をしてしまう悪質な皆さんも、クレジットカード損をしてしまう悪質なの係りを心積もりた事があるかもしれません。

ある情報Webページでは「クレジットカードのショッピング枠現金化は合法です」といわれ、なおある情報Webページでは「クレジットカードのショッピング枠現金化は違法です」と言われています。

加えて、弁護士まで起用して「クレジットカードのショッピング枠現金化はグレーであり、違法性を問う事は持て余すでしょう」と言ったり、「クレジットカードのショッピング枠現金化は違法です」と言ったり、情報が錯綜しています。

損をしてしまう悪質なクレジットカードのショッピング枠現金化についての情報収集はおおかたをインターネットに頼る事になるのですから、インターネットの情報が混乱していれば使用者が迷うのも理不尽はないのです。

何故オンライン情報がこうした状況になっているのでしょうか。

これは、どっちかの情報が完璧に間違っているとは言えず、「換金業者によって違法であるし、合法でもある」という事がきっかけと言えます。

損をしてしまう悪質なしたがって、皆さんは合法の現金化業者を使用したいと心積もりている事でしょうが、取引するプロを間違えれば違法な取引をする事になってしまうかもしれません。

違法な取引をしてしまうと、使用者も裁かれてしまうのかといった事も、引っかかるところでしょう。

一昔前のクレジットカードのショッピング枠現金化といえば、取引メソッドは買取方式だけでした。

損をしてしまう悪質なただし、インターネットが拡大し、オンライン上で無お店で運営される現金化業者が増大してからというもの、キャッシュバック方式で現金化する現金化業者が多くなっています。

買取方式とは、使用者に換金性の高いアイテムを買うように指示し、使用者がクレジットカード決済で買ったそれらのアイテムを買い取る事によって現金化を行います。

加えて、現金化プロはそれをなお専門プロに売る事で利益を得ています。

損をしてしまう悪質な一方キャッシュバック方式とは、使用者にそれに対しキャッシュバック特典付きのアイテムを買うよう指示し、使用者がクレジットカード決済で買ったならば、キャッシュバック相当分の現金を振り込むというものです。

この二つのメソッドには、各々異なる法律が絡んでいます。

買取方式では古物商法、キャッシュバック方式には景品表示法が結びつきしています。

買取方式と古物商法損をしてしまう悪質な古物商とは、他人の所有物を買い取って転売する事によって利益を得る商売の事であり、古物商を行うためには古物商許可証を取得する不可欠があります。

古物商許可証は古物商法を遵守しながら営業する事を前提に発行されるものです。

著名な法人にも、古物商は数多くあります。

損をしてしまう悪質な古本を売るブックオフ、ユースド家電や家財道具を扱うハードオフなどは代表的なものですし、金券を買い取って転売する全国の金券お店、ユースドゲームやユースドCD・DVDなどを取り扱っている店舗も一通り古物商です。

つまり、支出者から色々なアイテムを買い取り、それに利益を載せて売っているのですから、古物商になるのです。

買取方式のクレジットカードのショッピング枠現金化も、古物商法に則って行われています。

損をしてしまう悪質ななぜならば、現金化の使用者がクレジットカード決済で購買したものを買い取って転売しているからです。

買取方式のクレジットカードのショッピング枠現金化では、新幹線の回数券、ヴィトンなどのブランド品、ゲームハードやタブレットなどの電化製品がよく使用されています。

けれども、現金化現金化業者の中には悪質なプロや怪しい現金化業者が多々あるのは先述の通りであり、そのようなプロは避けるべきです。
損をしてしまう悪質な買取方式のプロで悪質あるいは怪しい換金業者と言えば、古物商ではない疑いがある換金業者です。

古物商許可証を得ると、古物許可番号が与えられます。

その上、自社の公式Webページには古物許可番号を掲げて営業しなければなりませんし、ショップのある古物商であれば、ストア内の見えるスポットに古物商板を掲示しなければなりません。

損をしてしまう悪質な古物許可番号とは、「東京都公安委員会許可 第○○○○○○○号」というものであり、古物許可を取っている現金化プロならば、ホームページに絶対記載されているはずです。

さらに、古物商板とは縦8?・横16?の紺色に白文字のものであり、上面に古物許可番号として「東京都公安委員会許可 第○○○○○○○号」、中心には取り扱うアイテムに応じて「○○○商(一例を挙げれば機械工具商、美術品商、自転車商、道具商、時計・宝飾品商など)」と書かれており、下部には換金業者名や個人名が書かれているというものです。

損をしてしまう悪質なこれがお店内に掲示されていない換金業者は、古物商許可を受けていない悪質換金業者である見込みがあります。
古物商許可番号の見極めが取れない換金業者は、避けた方が無難です。
営業形態からして古物商許可は絶対取らなければならないにもかかわらず、取っていないというのは大問題です。

なぜならば、そのようなプロは古物商法に則った営業がなされておらず、だからこそ古物商許可を取る事ができないため、古物許可番号を掲載していない見込みがあるからです。
キャッシュバック方式と景品表示法損をしてしまう悪質な景品表示法とは、略して「景表法」と言われる事が多々ある法律です。

キャッシュバック方式の換金業者は、使用者からアイテムを買い取るわけではないため、古物商法は適用されません。

ただし、キャッシュバック方式では、景品表示法という法律が関連してきます。

損をしてしまう悪質なキャッシュバック方式とは、上述の通り現金化現金化業者が提供するアイテムをクレジットカードで購買すると、キャッシュバック相当分の現金を振り込んでもらえるというものです。

一例を挙げれば、10万円の使用は85%の換金率になるとしている換金業者ならば、8万5000円がキャッシュバックとして振り込まれます。

アイテムはオンラインお店で売られており、換金業者はクレジットカード決済を検証すればもうに振り込みができるであるため、キャッシュバック方式はオンラインで完結し、その上現金化までのスピードが速いという良いところがあります。

損をしてしまう悪質なさて、景品表示法とはどれほどの法律かと言えば、不当な景品によって支出者の不利益が生じる事を防ぐための法律です。

例を挙げると、アイテムを売りたいからといって嘘や誇大なPRを行う事を禁止する、特典として過大な金品の供給を禁止するというものです。

クレジットカードのショッピング枠現金化では、後者が問題となります。

キャッシュバック方式の現金化プロが提供しているキャッシュバック特典付きのアイテムは、総じて粗末なものが多々あるものです。

損をしてしまう悪質なこれは、買取方式ではないゆえに換金性が低いアイテムで良い事、そして調達されたアイテムは後日使用者に送らなければならないため、粗末なものでなければ現金化業者の利益率が下がってしまうからです。
キャッシュバック特典の用意自体は問題ない事です。

例を挙げると、大型小売店でも販促のために「最大限80%キャッシュバック!」などとしている事がよくある事からも理解いただけます。

損をしてしまう悪質なキャッシュバックを設けた提供には問題がないのです。

けれども、先ほども述べた通り、クレジットカードのショッピング枠現金化のアイテムは粗末なものです。

大型小売店で適度のPCを買い、Wi-fiルーターも共に契約する事によって90%キャッシュバックを受け取るなどというのはよく見かけます。

これは、PCとWi-fiルーターという相応の美点あるものに反対にのキャッシュバックとなるため、問題は生じません。

損をしてしまう悪質なけれども、クレジットカードのショッピング枠現金化で10万円を現金化した時、決済したアイテムが大いにチンケなアクセサリーであり、それに反対に85%の還元を受け取ったならば如何にでしょうか。

法律の解釈というものは、一般的な社会通念に照らし組み合わせて適用していくものですから、大型小売店のキャッシュバックは問題視されず、現金化プロのキャッシュバックが問題視される確率が高い事は言うまでもないのです。
損をしてしまう悪質なだからこそ、クレジットカードのショッピング枠現金化現金化業者が景品表示法に抵触し、逮捕された場合も実のところにあるのです。

逮捕されるような換金業者は結構プロとは言えません。

ただし、実のところには多くの現金化でこのような事が行われており、そこが悩ましいところです。

使用者と法律損をしてしまう悪質な買取方式では、古物商許可番号によって良質換金業者と悪質プロの決断が可能なと紹介しました。

けれども、キャッシュバック方式では多くの現金化業者が景品表示法に抵触している見込みがあるため、良好現金化業者の決断が簡単ではないと言えます。

それにより、キャッシュバック方式の換金業者を選り抜くときには、他にの情報を参考にしていく不可欠があります(チェックポイントは他の文章で突き詰めて紹介しています)。
損をしてしまう悪質なそこで引っかかる事は、法律違反になる現金化プロを使用したとき、プロ側だけではなく使用者側も罰せられるのかという事です。
これは明確に結論するのは容易にはいかない問題ですが、ただ一つ確実に言える事は「法律違反ではあるが罰せられない見込みが極めて高い」という事です。

では、クレジットカードのショッピング枠現金化を使用した人はどんな罪を犯した事になるのかといえば、「横領罪」と「詐欺罪」に当たります。

損をしてしまう悪質な横領罪とは、自らに所有権がないものを売り渡ししたり、譲渡したケースに適用されるものです。

クレジットカードでアイテムを購買したケース、そのアイテムの代金はクレジットカード法人が立て替えており、返金がすべて完了するまではクレジットカード法人に所有権があります。

クレジットカードのショッピング枠現金化では、調達したアイテムをもうに換金業者に売ってしまうのですから、横領罪になります。
損をしてしまう悪質な第二に詐欺罪ですが、これはお金をだまし取る事です。

クレジットカードを完成させる場合には、使用規約においてクレジットカードを現金化に使用する事が禁止さている事に合意しています。

つまり、使用規約を綿密に読んでいるか如何にかに関わらず、契約者はクレジットカードのショッピング枠現金化をしないと約束しているわけです。

それにより、クレジットカードのショッピング枠現金化を使用したとなれば、それは契約に違反している事になるばかりか、クレジットカード法人にお金を立て替えてもらって現金を得ている事になります。

損をしてしまう悪質なつまり、クレジットカード企業を騙してお金を得ているので、詐欺罪になるのです。

とはいえ、実のところに罪を問われる気がかりはないのです。

なぜならば、使用者側も法律に反している事は間違いないのですが、実のところに今までのストーリーの中で逮捕されたのは現金化業者側だけであり、使用者側が逮捕された事は全部ないからです。
損をしてしまう悪質なこれはひとえに、悪いのはサービスの供給者であり、使用者は悪くないという認識があるからでしょう。

使用者に罪がないわけではないのですが、罪の比重を考慮した事例にプロ側の罪が明らかに重いという事です。
他にも、使用者は膨大な数に上るため取り締まりがとても容易にはいかないというのも要因です。

損をしてしまう悪質な他に、司法や警察からしてみても、換金業者側を取り締まって現金化業界の浄化を図った方が、はるかに成果が高いという決断があります。
このような訳から、クレジットカードのショッピング枠現金化を使用したからと言って、使用者が逮捕される事は今後もないと考慮しられます。

とはいっても、今後クレジットカードの使用についての法律が整備され、現金化を使用した人に反対にの罰則が明確に定められる事があれば、クレジットカードのショッピング枠現金化の使用者が逮捕される事もあるでしょうから、その点には配慮を払っておきたいものです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です