カード枠を現金化する前に読んでおきたい5つの方法

カード枠の現金化する前に読んでおきたい5つの方法

クレジットの現金化を行う前に読むと得するエントリー5選

多くの人が手にしているであろうクレジットカード。

これを使って現金化を行うと言うと、皆様はどれほどのフィーリングを抱くでしょうか。

「何となく危なそうだ」、「キャッシング枠を使って現金を引き出せばよいのでは?」「違法じゃないの?」たくさんな考えがあると考えます。

ここでは、クレジット現金化をマスターやりたい人向けに、クレジット現金化の一通りをお教えいたします。

そもそもクレジット現金化とは何なのか?

クレジットカードのショッピング枠現金化とは最初に、クレジット現金化には2通りのテクニックがあります。

つまり、→換金性の高いアイテムやアイテム券・ギフトカードなどを買い物枠で購買し、それをユースド店舗や金券お店で売りさばくテクニック→クレジット現金化専門専門家を使用して指定のアイテムを調達し、キャッシュバックとして現金を受け取るの2通りのメソッドです。

このように、クレジット現金化とは、一般的ならば買物をする時に使用する買い物枠を使って、現金を入手する行為です。

上述のうち前者を買い取り方式、後者をキャッシュバック方式といいます。

買い取り方式は古くからある手法

現金化買取方式買い取り方式のケースには、一度調達したものをリサイクルお店、金券店舗、オンラインオークションなどで転売する事です。

クレジット現金化というとこちらを思い浮かべる人が多々あると思うのですが、これはもう年季の入った手段です。

どこかに物品を換金する時、換金率はよほど良くても80%程度であり、多くはそれ以下です。

加えて、金券などは換金率が高いものの、クレジットカード規約では現金化を目的とした買い物枠の使用が禁止されているだけの事はあり、クレジットカード企業も買い物枠でのアイテム券などの調達に目をつけています。

つまり、アマゾンギフトなどは多額のギフト券をカード決済で買い物する事が可能なのですが、そうさせないためにも怪しい行動を取っている使用者であると決断したケースには、直ちに一度使用停止措置を取る事もあるのです。

オンラインオークションは?

現金化オークションカードでショッピングしたものをインターネットオークションで売るのは如何にでしょうか。

おっしゃる通り、オークションでは時と時によっては、高評価アイテムが品薄ステータスになっている時など、自らがショッピングした以上のプライスで売れる事もあります。

けれども、他にの多くの時にはとどのつまりショッピングした代金以下で売れるものであり、時として大幅に換金率が下がってしまう事もあるため、ベストチョイスできない手段です。

オークションを使用する側の立場に立って考えればわかりますが、活用者はできるだけ安い代金で買えないものかと思ってオークションを活用しているのですから。

現在のご時世はキャッシュバック方式の現金化が大半

キャッシュバック方式とは?

キャッシュバック方式とは、現金化業者からキャッシュバックを受ける形で現金を受け取る手法です。

換金業者によって還元率はまちまちですが、一定の還元率がバックアップされているため、還元率が高い専門家を使用する事によって、一定額の現金を手にする事が可能なだけではなく、一時的に買い物したものを転売するという二度手間を省く事が可能なのです。

例を挙げると、50000円のアイテムを還元率90%で買い物した事例には、40000円の現金が振り込まれるわけです。

その上、オンラインで一通りの申込み手順をする事が可能なため、転売のために還元率の高い店舗を回る不可欠もないのです。

このように、色々な点で良い面が豊かな手段なのです。

キャッシュバックのテクニックとは?

現金化キャッシュバック

クレジット現金化のテクニックを解説するにあたって、ここではキャッシュバック方式のテクニックだけを解説するにとどめます。

買い取り方式は違法性があるだけではなくカード規約違反に問われる見込みの高い年季の入ったテクニックなので、解説したところで仕方なく、むしろ皆様に下手な手法を教える事になってしまいかねないからです。

キャッシュバック方式のクレジット現金化は全部オンラインで行う事ができます。

オンラインですから24時エントリーができるであり、加えてオンラインバンクの口座を持っていれば夜間でも振り込みに応対してもらう事さえ可能なのです。

このほか、支出者金融のようにどこかの現金化業者から融資を受けるわけではないため、骨が折れるな申込み手順は必須なく、査定が行われる事もないのです。

買い物枠に残高がある自ら名義のクレジットを持っている人であれば、みんな直ちにに現金化を行う事が可能なのです。

それでは、やり方を見ていきましょう。

現金化換金業者に申し込み

最初に必須なものを下拵えしましょう。

不可欠なものと言っても何ら複雑なものではなく、オンライン環境、電話を受ける事が可能な固定や携帯の電話、身分証明書、自ら名義で買い物枠に残高があるクレジットカード、銀行口座の5つがあれば問題ないのです。

次に、優良な現金化業者を探します。

良質店探しだけがキャッシュバック方式のすこし手間取るところではありますが、これは突き詰めて後で延べするので悩ましいしないでください。

現金化業者を決めたら、エントリーを行います。

たいていのケース、現金化業者Webページの中に申請フォームが設けられており、そこに名前、電話番号、メールアドレス、現金化したい希望金額、など簡単な情報を入力していきます。

専門家から現金化の進め方の電話が入ります。

入力を終えて申請が完了すると、現金化業者が営業している時帯ならばもうに電話があります。

現金化業者の営業時外であったり、自らで連絡要望時を申請した事例には、換金業者の営業開始時や連絡要望をした時まで連絡を待ちましょう。

電話では、活用中身の見定めや活用の意思決断が行われます。

意思判断が行われたならば、換金業者からアイテムの指定を受ける事となります。

指定を受けたアイテムを、カード決済で調達します。

現金化業者の方で決済が検証できたならば、換金業者は規定の還元率に応じた現金をクライアントの口座にキャッシュバック代金として振り込みます。

後日、購買したアイテムが配送されます。

この場合の配送料などは多くのケースでは現金化業者が負担します。

現金化即日現金化はこれにて完了です。

原則、キャッシュバック方式の使用1回につき、アイテムの1つ調達するという形になります。

そして、カードにもたくさんな種類があるものです。

VISA、MASTER、Diners、AMEX、JCB、UnionPay、UC、LIFE、DC、アプラス、SAISON、OMC、Oricoなどが思いつくかと考えます。

これら総てのカードが、現金化業者では利用可能です。

しかも、パルコカードのように、百貨店のカードにVISAなどが提携しているケースでも、同じく使用する事ができます。

返金は如何になる?

現金化償還クレジット現金化の時には償還が如何になるかも不安になりますね。

仕組みを良く認識できてない人の中には、カード企業と現金化業者の両者のお金を支払わなければならないから高くつきそうだと思っている人もいるものですが、この点は問題ないのです。

なぜならば、キャッシュバックを受け取ってしまえば、その時点で現金化業者とは結びつきがなくなるため、償還はいつもの買い物の時と同じように、カード企業への決済のみとなるからです。

したがって、返金はクレジットカード法人の買い物枠に応じて、一括・分割・リボ払いなどを行う事になります。

ここも現金化のいいところですね。

例を挙げるとキャッシングで借りたならば一括返金をしなければならなかったり、最低1万円からの決済になるような現金化業者も多々あるところを、分割やリボ払いに指定する事によって、自らの都合に組み合わせた決済技術をピックアップする事が可能なからです。

つまり、いつも買い物を行っている時と同じように、懐具合の状況にマッチしてゆとりを以て償還する事が可能なからです。

具体的には以下の選択の余地がある事となります。

現金化商品の支払い手段を選択

月々の決済が楽なリボ払いリボ払い、つまりリボルビング払いと言うものですが、これは月次一定額を償還していく手法です。

カード法人によって返金額の選択の余地には差がありますが、月次5000円や10000円からの決済ができるです。

計画的な償還が可能な長期分割払い

これもカード法人によって設定が異なりますが、普通3〜24回までの間で、お願いする回数を設定して月次分割払いをしていく事となります。

なおこの時に放っておけないのは、キャッシングで同額を借りた時に比べると、断固利率が安いと言う事です。

利息フリーで一括払いカード法人によっては一括払いで支払うと利息がフリーになる事もあります。

万が一数日後に給与などのまとまった収入の見込みがあり、それを踏まえて現金化を活用すると言う事例には、一括払いを選択するのもシャープなメソッドです。

違法性はあるのか?

現金化違法性続いて違法性の問題についてです。

クレジット現金化について何となく危なげな心象が必然的にぬぐい去れないのは、帰するところ多くの人の固定コンセプトとして、「現金化=買い取り方式」と認識してしまっているからです。

買取方式は、換金業者の逮捕者が出ています。

けれども、キャッシュバック方式ではこの不安がないのです。

なぜならば、「不当景品類及び不当表示防止法(以下、景表法)」という法律があるからです。

キャッシュバックは懸賞なので合法

この法律は、不当に景品や表示を行う事によって、支出者に不利益が生じるのを防ぐために、制限や禁止事項を設けたものです。

景表法にはクローズド懸賞型、開放懸賞型、共同懸賞型、もれなく型の4種類があり、各々景品の付け方にルールがあります。

クレジット現金化の時は使用者全部にキャッシュバックが付与されるわけですから、クレジット現金化は「もれなく型」に当たります。

もれなく型では、アイテムの購買者やサービスのエントリー者みんなにそれに対し、取引額の10%以下、さらに1000円以下のアイテムのケースには最高で100円の景品が与えられると定めています。

「ならば80%や90%のキャッシュバックは違法なのでは?」と思うでしょうが、そこがミソです。

もれなく型には異例があり、割引券、着目点バック、キャッシュバックなどに限っては10%以上の付与率にする事が可能なのです。

つまり、キャッシュバック方式のクレジット現金化は、大型小売店などで10%以上の着眼点バックがある事と全く同じ事なのです。

それ故、クレジット現金化サービスを活用した人のうち、逮捕者が出たという事は現在までたった一度もないのです。

現金化で用心すべき点

以上のように、クレジット現金化は大いに役立つなサービスである事が分かったと考えます。

最後に、悪徳換金業者の手口などを含め、配慮すべき何個かの点をお教えして結びとしたいと考えます。

ギャンブル掲載と提携しているクレジット現金化業者を探してWebページめぐりをしていると、ギャンブル系Webページと提携している専門家も見つかると考えますが、こうした換金業者は避けましょう。

ギャンブル系Webページとは、パチスロや競馬の必勝法などを用意するWebページの事であり、無論必ず勝てるとしている攻略や予想といった情報は有料であるものの総てデタラメです。

常識的に心積もりて、そのような必勝法があるならば誰もがお金を出して手に入れ、遊んで生活するはずです。

そのようなものは影響するはずがないのです。

では、何故クレジット現金化業者がそのようなおかしなギャンブル系Webページと提携しているのでしょうか。

手口は手軽にで、「有料で確実に元金を取り戻せる情報を用意可能な」と持ちかけ、活用者が料金を支払えないとすれば「クレジット現金化は如何にでしょう?」と持ちかけるのです。

加えて提携する現金化専門家に話を持っていき、デフォルトより低い還元率で現金化を行ったり、アイテムのショッピングだけをさせてキャッシュバックをしなかったりと、やりたい放題にしかけてくるのです。

なかには、現金化するよりもさらに良い換金業者を解説するとして、高金利の貸金換金業者へと斡旋してお金を借りさせようとしてきます。

皆様が正常な嗅覚をお持ちならば、こんなおかしな話に乗るはずはないと考えますが、こうした悪質な業態もあると知っていただければと考えます。

還元率が高過ぎる現金化

換金業者は各々キャッシュバック率、つまり還元率を定めています。

10万円の買い物枠を現金化したケース、還元率80%ならば8万円が得られ、90%ならば9万円が得られます。

だからこそ、還元率は高いに越した事はないのです。

皆様もできるだけ高い現金化業者を選ぼうとする事でしょう。

ただし、あまりにも高すぎる専門家はわずか配慮しておくべきです。

あまりにも高い還元率で誘導し、あの手この手で最終的にはデフォルトより低い還元率で手を打とうとしたり、現金を振り込まない悪質現金化業者があるからです。

中には還元率100%などと謳っている換金業者がありますが、こんなバカな話はないのです。

そのような事をすれば、アイテム代金などが現金化業者の赤字となってしまい、1円の利益も生まれないからです。

どんだけ良質換金業者であるとはいえ、手数料をもらわなくては営業が成り立たないのです。

私の知っている場合ですが、一番目は98%というとても高い還元率を提示しておきながら、実のところには手数料やなんだかんだと要因をつけて還元率を引き下げ、最終的には60%の還元率にしかならなかったという事例があります。

できるだけ還元率が高い換金業者を探す事自体は何も悪い事ではないのです。

むしろ良い選択をしようとしているのですから、認められてしかるべきです。

けれども、いいなと思った現金化業者があったとしても、たとえその現金化業者がどんだけ評判でほめたたえられていたとしても、電話での解説の場合に「最終的にはどんだけ振り込まれるのですか?」という質問をして、規定の還元率がもらえる確約をもらっておきましょう。

この時に解答を曖昧にするような専門家は避けなければリスキーです。

加えて、現金化を行った後に手数料の請求をしてくる専門家もあるので、そのような専門家も避けなければなりません。

別ページにて詳しく解説していますのでご参考ください。

[BC url=”https://every-sale.com/exposure/possible-90over-exchange” title=”現金化換金率90%以上は本当にできるかを大暴露” content=”現金化換金率90%以上は本当にできるかを大暴露”]

カード情報を聞き出して来る現金化業者

カードをスキミングするようなとんでもない悪質専門家もあります。

一例を挙げれば、カードを預かろうとする換金業者やカード情報を聞き出そうとする換金業者がそれに当たります。

まさかカードを預けろと言われて預けてしまう人もあまりいないでしょうが、カード番号を聞き出されてしまう見込みは誰にでもあります。

例を挙げると、エントリーのときの入力フォームにカード番号を入力する欄があったり、電話口で「カード情報の照会をする必須があります」などといってカード番号や有効期限などを聞き出そうとしてくるのです。

仮にそのような換金業者のいいなりになってカード情報を教えてしまえば、専門家側でもカードの活用ができるとなってしまいます。

どんだけその時に現金が得られたからと言って、換金業者側がカードを良いように使ってしまった結果、2ヶ月後の請求で買い物枠いっぱいの請求がされ、現金化業者も気づけばトンズラしていたという事もあり得るのです。

カード現金化では、専門家側がカード情報を必須とする事はひとつもないのです。

したがって、専門家がいかにカード情報を聞き出そうとしてきても伝える不可欠は全くなく、むしろそのような専門家は悪徳専門家であると断定して使用をやめるようにしましょう。

普通現金化専門家は、カード決済を、外部の名の通っている決済法人を通して行います。

クレジットカードの情報は決済法人だけに行き、現金化業者にはカード情報は渡らないのです。

キャンセル料を請求してくる現金化業者

キャンセル料最後も騙されやすい事例を解説します。

それは、キャンセル料や契約違約金という名目でお金を請求してくる時です。

つまり、還元率が高いからと喜び勇んで申し込んだところ、電話口であれこれと引かれて大幅にもらえるプライスが低くなったところ、使用者が「それなら使用したくない」と言うと「でも、もう申し込んだでしょう?一度申し込んだからには使用してもらわないと、キャンセル料が生じてしますよ」と脅してくるのです。

「嫌だ」と言っても法的手段に訴えるとか、電話番号や住所はもう分かっているから取り立てに行くなどの脅迫まがいの事をしてくる事もあります。

無論、この事例キャンセル料などを支払う不可欠はないのです。

そもそも契約というものは、売主と買主の両者が契約中身に承知して初めて交わされるものであり、どんだけ申し込んだからと言って、申請段階では支出者側は常にキャンセルする権利があります。

換金業者が最終的な振り込み代金を伝えて、こちらもそれに承知し、その上初めて契約が結ばれる事となるのです。