クレジットカードのショッピング枠現金化は逮捕される犯罪なの?

クレジットカード現金化は違法で逮捕される犯罪ですか?

クレジットカードのショッピング枠現金化ってどうなの?

クレジットカードのショッピング枠現金化についてインターネットで情報を集めてみると、心もとないな情報も多々あるものです。

その最たるものが、クレジットカードのショッピング枠現金化は違法であるという情報です。

クレジットカードのショッピング枠現金化は、やっぱり違法なのでしょうか。

しかも、万が一違法であるならば、どれほどの処罰を受ける事になるのでしょうか。

クレジットカードのショッピング枠現金化が広まっている貸金業法が改正されてからというもの、お金に困った人が元金調達をする手段は限定しれてきました。

父母や知人から借りたり、所有物を売ったりするくらいしか手法がないという人もいる事でしょう。

そのような人が元金調達をする手段として、今頃脚光を浴びているのがクレジットカードのショッピング枠現金化です。

クレジットカードのショッピング枠現金化は、自ら名義のクレジットカードさえあれば活用ができるであり、査定などもなくどんな属性の人でも財源調達が可能なのです。

貸金業法が改正された事で認知度が高まっているクレジットカードのショッピング枠現金化ですが、この手法自体は古くから影響していました。

単に、お金の調達のテクニックとしてローンが使用しやすかったために、クレジットカードのショッピング枠現金化を使用する人が少なかったというだけの事です。

けれども、クレジットカードのショッピング枠現金化を活用したいと考慮したケース、心もとないになる人も少なくないのです。

関心を持って調査してみると、クレジットカードのショッピング枠現金化は違法であるため、使用してはいけないという情報も豊富に目にするからです。

その一方で、決して違法ではないとする情報も多く、使用者は混乱してしまいます。

もっとも、違法の見込みがあるとしても、合法とも取れるわけだし、何といってもお金に困っていて背に腹は代えられないからという要因で活用している人が全くです。

といっても、懸念事項が消えるというわけではないのです。

この心もとないを解決するべく、本稿ではクレジットカードのショッピング枠現金化は違法であるのか、合法であるのかを紹介していきたいと考えます。

厳密には違法だが・・・

クレジットカードのショッピング枠現金化は、上述の通り、本人名義のクレジットカードさえ持っていれば財源調達ができるです。

現金化業者には、本人検証のために身分証明書を提示する不可欠があるものの、申込み手順と言えばそれくらいのもので、楽々に活用可能な手法でもあります。

なお、ローンの事例には、貸金プロが回収危険性を避けるべく、きつい査定を行なっています。

ただし、現金化エキスパートは現金化サービスを供給すれば利益を得る事ができ、活用者はクレジットカード企業に返金していくという取引です。

つまり、現金化専門家には回収危険性は全くないため、査定を行いません。

だからこそ、無職の人でも、所得が低い人でも、すでに多くのローンをしている人でも、無査定で使用する事ができます。

クレジットカードのショッピング枠現金化は違法なのでしょうか?

クレジットカードのショッピング枠現金化は法律違反?
クレジットカードのショッピング枠現金化は法律違反?

おっしゃる通り、クレジットカードのショッピング枠現金化はグレーゾーンの取引です。

解釈次第で違法にも合法にもなります。

そんな訳で、使用者にとって最も関心事となるのは、「結局、処罰(罰金刑や懲役刑など)されるの?」という事だと考えます。

仮に違法であっても、つまり処罰されるかというと、決してそうではないのです。

例を挙げると、道端で立小便をしたり、くずをポイ捨てすれば軽犯罪法を犯した事となり、違法となります。

業務で部下を「しんしょう野郎で出来損ないのクソ野郎!」と罵れば、名誉棄損罪が適用されます。

けれども、実のところにはポイ捨てしたからといって警察に捕まったという話は聞きませんし、部下を叱ったからといって犯罪になったという話は聞きません。

結局のところ、その行為が違法であるか如何にかというよりも、処罰の対象になるか如何にかという事が肝心なのです。

クレジットカードのショッピング枠現金化についても同じ事が言えます。

クレジットカードのショッピング枠現金化は、厳密に言えば違法です

なぜならば、クレジットカードを生み出す場合には、総ての人がクレジットカード法人の活用規約に同意していますが、クレジットカードの規約には「現金化に活用しない事」という事が明確に定められているからです。

クレジットカードのショッピング枠現金化は、表面上はクレジットカードの買い物枠を活用して活用して購入をしているだけであり、違法性を問う事は厄介なものです。

ただし、実質的には買い物枠を使用して現金を得ているのであり、見方によっては活用規約にもなります。

けれども、活用者はさも一般的の買い物をしたように見せかけ、クレジットカード法人に買い物代金を立て替えてもらい、それで現金を得ています。

これは、クレジットカード法人への詐欺罪に当たり、違法です。

加えて、クレジットカードの買い物枠を活用して換金性の高いアイテムをショッピングし、転売する事で利益を得たならば、これも使用規約に違反しているため、詐欺罪に当たります。

他に、横領罪にも当たります。

なぜならば、クレジットカードで購買したものは、クレジットカード企業に反対に丸々の返金が完了するまでは、所有権がクレジットカード法人に当たるからです。

自身に所有権がないものを勝手に売り飛ばしてお金を得ているのですから、横領罪に当たるのです。

以上のように、クレジットカードのショッピング枠現金化は違法性がある取引です。

けれども、合法と捉えられないものでもないのです。

キャッシュバック方式を使用する事で、買い物に当たってキャッシュバックを受け取る事で現金を得ており、その上買い物したものは整然と手元にあるケースは如何にでしょうか。

活用者が頑なに「現金化目的ではない」と主張すれば、詐欺罪であると断定するのは容易ではなく、なおモノが手元にある以上は横領罪にもならないため、合法とみなされる確率が高いと言えます。

「疑わしきは罰せず」であり、確たる証拠がなければ罰する事ができないのが法律というものなのです。

逮捕はされないが活用停止にはなるこの事から、クレジットカードのショッピング枠現金化の使用者が合法であるか違法であるかの決断は大いに困難なため、クレジットカード法人が警察に訴え出る事で使用者が逮捕されるという確率は極めて低いと言えます。

現在までに、クレジットカードのショッピング枠現金化の活用者が逮捕されたという事は、現在までに一度もないのです。

パチンコ屋の換金が実質可能なようにクレカ現金化も可能です!

パチンコ屋の玉やメダルは、TUCなどの換金業者をたてることで「実質換金、現金化」できますが、これも厳密には違法です。パチンコ屋とTUCは結託していることが明らかだからです。

ある時まではパチンコ屋の景品を受け取り、交換はどこでできるか地図が書いてあったり、店員は教えてくれました。パチンコ屋で経理をしているバイトのおばちゃんが、換金所のおばちゃんをやっていることもありました。パチンコ屋の駐車場に構えている換金所や、パチンコ屋と同じ建物に換金所があったりもしています。

しかしある時を境に、パチンコ屋は換金場所を教えることができなくなりました。

それは、法律が変わりパチンコ屋とTUCが結託しているのは明らかなものの、表上では関係のない体にしなければならなくなったのです。

ただ、その体を守るだけで、賭博罪にも問われず、実質換金することが可能になっています。

何より、パチンコ屋の景品を換金したことで逮捕された方はいるのでしょうか?

応えは、「否」です。

方法を守れば誰も捕まることはありませんよね。

パチンコ基盤メーカーは上場したり、海外で実際にカジノを運営していたりするくらいですから。

現金化業者は、TUCと同じ換金業者です。

そのため、TUCなどの換金業者と同じ様に、現金化業者を利用して逮捕された方などタダの1人もいないのです。

クレジットカード発行会社が抱えるリスク

かといって、現金化をする人に何の対処もしなければ、クレジットカード法人は困った事になります。

何の対処もしなければ、現金化目的でクレジットカードを持ちたがる人が増加してしまうからです。

そもそも、現金化を活用する人というのは、どこからもローンができないという経済力が低い属性であり、むしろ経済的に破たんしかかっている人も少なくないのです。

そのような人がクレジットカードを持ちたがり、持って現金化に使用すれれば、すでに経済的にシビア状況で使用するため、返金がまともになされない確率が高くなります。

こうなると、クレジットカード企業は多額の不良債権を抱える事になり、経営が破たんするリスキー性も出てきます。

だからこそ、クレジットカード法人は法的に訴える事はないと言っても、独自の対処を行うのが通例です。

真っ先に、常識的に考慮してクレジットカードのショッピング枠現金化だと決断可能な使用を発見すれば、活用停止にするという対処が考慮しられます。

活用停止にしたステータスでリサーチし、クレジットカードのショッピング枠現金化であるという疑いが晴れなければ、契約を解除して残債を一括請求する事もあります。

活用者の経済状況が実際以上に悪くならないうちに回収してしまわなければなりませんし、早い段階ならば現金化によって得た現金が手元に残っているかもしれません。

したがって、クレジットカードのショッピング枠現金化を活用した事例には、クレジットカード企業から処分を受ける見込みがあると腹積もりなければなりません。

もっとも、あまりにもひどい使用でなければ、現金化の疑いをかけられる確率は低いです。

現金化に敏感になりすぎるあまり、活用者に窮屈さを感じさせてしまえば、それもクレジットカード企業に不利益になってしまうからです。

今現在、クレジットカード企業にはいくつかの企業があり、各社はクライアント入手競争に本気です。

だからこそ、窮屈さを感じさせず、現金化も封じ込められる極意を探っています。

万が一、疑わしいものを全部処分していけば、健全な使用者も処分対象としてしまう事があるかもしれません。

一例を挙げれば、クレジットカードで買い物したブランド品を人に贈り物する人もいるでしょう。

だからといって、横領罪を問うたり、現金化の見込みを疑ったりして処分してしまえば、活用者は窮屈さを感じてしまいます。

オンライン上には「こんな事で契約解除された」などという評判が出回ってしまうかもしれません。

したがって、現金化をするにしても、断っておきますが常識の範囲内で行い、異常性の高い取引を行わなければ、処分を受ける事はないのです。

現金化エキスパートも、その点には配慮した取引を行なっています。

活用者がクレジットカード法人から処分されるような取引を繰り返していけば、リピーターが全くつかずに経営不振に陥ってしまうため、処分を受けずに済むような取引を心がけているのです。

まとめ

現金化業者を使うことがリスクを減らせ確実にお金を手にすることができます。
現金化業者を使うことがリスクを減らせ確実にお金を手にすることができます。

以上の事をまとめると、クレジットカードのショッピング枠現金化は横領罪や詐欺罪になる違法な取引であるものの、違法であると断定する事は面倒に、他にも使用者全部を罰する事は現実的に無理であるため、罰せられる事はないのです。

クレジットカード法人の活用規約に違反するため、活用停止措置や残債一括請求を受ける確率もありますが、常識の範囲内で活用しているならば、そのような処分を受ける確率は低いと言えます。

おすすめコンテンツ

口コミから選ばれたクレジットカード現金化専門店人気ランキングを公開

クレジットカード現金化業者優良店人気ランキングを発表!

アマゾンギフト券、GooglePlayギフトカード他、電子マネーを現金化する業者の中でどこが人気なの?

アマゾンギフト券現金化人気優良店ランキング