ショッピング枠現金化は万が一発覚しても言い逃れ可能!

ショッピング枠現金化は万が一発覚しても言い逃れ可能!

言い逃れ可能なショッピング枠現金化

買い物枠を現金化してもカード法人バレにくくする手法などをご解説。

言い逃れ可能なの?

クレジットカードのショッピング枠現金化

言い逃れクレジットカードの買い物枠の現金化がバレたケースに言い逃れ可能な技術があります。

前もってにバレた事例を想定して仕込みすればよいだけなので造作なくです。

キャッシング枠を使わなければOK

それは、「キャッシング枠にゆとりを持たせておく」事です。

キャシング枠にゆとりがある人が、わざわざ高い手数料を払ってまで、買い物枠を現金化するというのは、あまり考慮しられないからです。

これを逆手に取って、キャシング枠にゆとりを持たせておくのです。

そうすると、クレジットカード企業から「貴方のこの買い物は、現金化目的でしょう?」と疑わた事例には、「キャシング枠が残っているのにわざわざ買い物枠を現金化しないでしょう!」と言い逃れが可能なのです。

ただ、換金目的を疑われやすいアイテムばかり買っていては、その言い逃れも通用しなくなります。

より確かな安全策をとるのであれば、

・キャシング枠にゆとりを持たせておく

・換金率の高いアイテムなど、換金目的を疑われやすいアイテムは購買しない

そうすれば、「いついつの買い物枠の活用は、換金目的では全部ございません」と胸を張って言えます。

ただ、使用停止措置は一方的に行われるので、言い逃れしている時はないのですが…

買い物枠の現金化をバレにくくする手法とは?

クレジットカードのショッピング枠現金化発見出来にくいクレジットカード企業は、活用者の中から「クレジットカードのショッピング枠現金化利用疑惑」を抽出しています。

具体的には、

・キャッシング枠が目一杯

・換金性の高いアイテムだけの調達実績

カードを使って価値の低いモノを買わず金券だけ1万円以上勝っている場合は要注意

・換金率の高い多額アイテムの決まった購入

といった要件でフィルターを通し、全使用者の中から疑惑者をピックアップしています。

その疑惑者の活用履歴を注視して、明らかに現金化目的使用と推測される使用者に対し、活用停止措置を取っています。

従って、「予備軍」に入っていなければ疑われる確率は低くなるのです。

クレジットカードの買い物枠の現金化を発見出来にくくする秘策は、「現金化予備軍には入らない事」です。

疑惑者に該当しないためには、

・キャシング枠を目一杯にしない

・換金性の高いものばかりカードで買わない

・換金率の高い高価アイテムを決まった間隔で買わない

・楽々に現金化可能なアイテム券などをカードで買わない

・買い取り式の現金化業者を同時に何社も利用しない。

以上の事をなるべくしないよう心掛けてください。

クレカ現金化の長期利用はリスクがあります

クレカ現金化は、どなたでも利用できる現金調達方法として高い支持を得ているのは紛れもない事実ですが、現金化したお金は商品価格として支払わなければならず、計画的に利用しないと返済が滞ったりするリスクを含む行為です。

今この場を乗り切る手段として賢く利用するなら、あなたにとって有益でありますが、多額の金額や返済計画を立てない現金化は不利益になる可能性があることを頭に入れて、あなたの人生に役立ててください。

おすすめコンテンツ

口コミから選ばれたクレジットカード現金化専門店人気ランキングを公開

クレジットカード現金化業者優良店人気ランキングを発表!

アマゾンギフト券、GooglePlayギフトカード他、電子マネーを現金化する業者の中でどこが人気なの?

アマゾンギフト券現金化人気優良店ランキング