クレジットカードのショッピング枠現金化で発覚しないようにする方法とは?

クレジットカード現金化で発覚しない方法

どうしたら発覚しないのでしょうか

クレジットカードで現金を入手する技術のひとつとして、「クレジットカードの買い物枠を現金化する」という技法があります。

けれども、現金化がクレジットカード企業に見つかって使用停止になる人が後を絶ちません。

クレジットカードの買い物枠で現金を入手する危険性、見つからないように現金化する手法を整理しました。
近場の評判や口コミは、換金業者さんにとって生き死にに係る問題となるので、扱ってが懇切丁寧な事例が多々あるとも言われているようです。

友達知人が貸してくれれば良いですが、それも頼みづらいもの。

それなら、支出者金融からキャッシングしよう!と思っても、査定に通るか不安、職場に発覚するのが嫌、信用情報組織にデータが残る主婦だと査定が通りづらいなどなど、諸々な短所があります。

そのような支出者金融の悪いところが全部ないのが、クレジットカードの現金化。

クレジットカードのショッピング枠現金化

クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化

お持ちのクレジットカードの買い物枠を現金化するメソッドです。

査定がない、在籍確認が無いので勤務先に発覚しません。

信用情報組織に残らない(クレジットカードの所有情報がすでにデータとなっている)主婦でもまったく問題ないという夢のようなメソッドなのです。

クレジットカードの現金化は危険性は無いの?

クレジットカードの現金化は危険性は無いの?
クレジットカードの現金化は危険性は無いの?

クレジットカードのショッピング枠現金化の危険性ですが、短所がない現金化と言っても、万全ではありません。

当然のことながら危険性は潜んでいます

詳細は以下のリンクをご覧ください。

【危険性1】クレジットカードの使用規約に触れる。

クレジットカードの買い物枠の現金化行為は、多重債務を助長させるという観点から、各種クレジットカード企業が禁止しています。

禁止と言っても、使用規約に定めているだけです。

よく、「クレジットカードの現金化は犯罪」という人がいますが、間違っています。

直接、法に触れる事はありません。

グレーなところがあるのは否めませんが、合法です。

クレジットカード会社の使用規約に違反しても、法に触れる事にはなりません。

従って、犯罪にはなりません。

現に実際まで、自身のクレジットカードを現金化した人が捕まっていないのが動かぬ証拠です。

逮捕する法律もありませんし、もしそんな法律ができたら、現金化業者だけでなく、ゲオなどの東証一部上場企業から田中貴金属、質屋やリサイクル企業、米兵や大黒屋などのブランド買い取りする業者も逮捕されてしまいます。

中古売買で利益を出す、古物商と言う存在を全否定することなどありませんし、今後も変わることはないでしょう。

実際まで逮捕されたのは悪質な現金化業者だけで、使用者が捕まる事はないのです。

では、クレジットカード会社の使用規約に反する行為をすると、どのようになるのでしょうか?

【危険性2】クレジットカードが使えなくなる確率が高くなる。

クレジットカードのショッピング枠現金化使用停止クレジットカードの現金化行為は、カード法人の使用規約に触れる事は解説しました。

使用規約に違反した罰則として、「クレジットカードの使用停止」という措置がとられるケースがあります。

無論、バレなければ使用停止になる事はないのですが、クレジットカード会社は、使用者が何を買っているのかいつも見張りしているのです。

換金率の高いものを一度に大量に買っている家庭に1つあれば良い物を大量に買っている換金性の高いものを決まった的に買い続けている上述のような使用履歴のある人は要注意人物として、いつも見守り対象になっています。

他にも、明らかに現金化使用と思われるアイテムのショッピングが続くと、使用停止に踏み切るのです。

当然はじめは、使用者本人への配慮喚起を目的とした使用停止なので、本人が抗告すれば直ちに使用再開されますが、その後も現金化使用が続く事例は、使用停止、強制退会、債務一括返済請求もあり得ます。

【危険性3】自己破産時に引っかかる確率がある

クレジットカードのショッピング枠現金化自己破産仮にも、多重債務となってにっちもさっちも行かなくなり、自己破産するとします。

自己破産してローンを帳消しにしてもらうには、裁判所から免責の許可を得る必須がありますが、免責が不許可になる事例があります。

一例を挙げれば、ギャンブルや浪費を目的として借入が行われたローンなどが該当します。

免責不許可事由はたくさんな時が影響し、破産法という法律で明確に定義されています。

その免責不許可事由の中に、クレジットカードの現金化に該当するものがあるのです。

破産法252条1項2号には、「換金目的でクレジットカードを使用した金券の売買行為」が免責不許可事由になると定められています。

自己破産を申請して免責許可を得ようとするとき、クレジットカードの現金化使用で引っかかってしまう事も考えることができます。

当然、免責が不許可になれば、やはり自己破産を行っても返済義務が発生する債務が残ってしまうという事です。

ただ、クレジットカードのショッピング枠現金化業者を使った換金の発覚は低いといえます。

裁判所が検証可能な資料は、クレジットカードの使用履歴ぐらいです。

アイテムを売った事実までは理解できないからです。

換金目的でクレジットカードを使用したとしても、「換金目的ではない」と主張すれば、それ以上の証拠は出てきません。

そんなに懸念事項する事はないでしょう。

勘違いしている人が多々あるのですが、クレジットカードのショッピング枠現金化換金業者には悪徳プロが多々あるため、自身で売買して現金化した方が心配無用と考慮して金券の転売を行う人がいます。

近場の評判や口コミは、プロさんにとって生き死にに係る問題となるので、応対が気遣いがあるな時が多々あるとも言われているようです。

けれども、そのようなメソッドでは免責不許可事由になるという危険性が高まります。

換金性の高いアイテムばかりを調達している使用履歴が残ってしまうからです。

換金性の高いアイテムの購買はカード法人に目を付けられやすく、カードの使用停止や強制退会になってしまう事もあり、良い事はないのです。

その為、個人で金券の換金によるクレジットカードのショッピング枠現金化は行わない方がいいと言えるでしょう。

クレジットカードのショッピング枠現金化の危険性

クレジットカードのショッピング枠現金化業者に渡した個人情報は大丈夫?
クレジットカードのショッピング枠現金化業者に渡した個人情報は大丈夫?

クレジットカードの買い物枠で現金を入手する、いわゆる現金化でデメリットになるのは、カードの使用停止です。

カード使用が再開されれば良いのですが、強制退会となると信用情報も汚れてしまいます。

違うクレジットカードを作れば良いと思い描くかもしれませんが、信用情報が汚れてしまったらそれも困難なでしょう。

なぜなら、カード会社や銀行、金融業、貸金業をまっとうに行っている企業は、利用者の信用情報を全銀協、CIC、JIC と言う機関を通じて共有しているからです。

従って現金化は、カード企業に見つからないように行うのがベストなのです。

ではなぜ、クレジットカード会社に現金化の事実が見つかってしまうのでしょうか?

クレジットカードの買い物枠の現金化が発覚するのはなぜ?

現金化発覚する

クレジットカードの買い物枠の現金化が見つかってしまい、クレジットカードの使用が止められる例が多く見受けられます。

ではなぜ、現金化目的でした買い付けが、カード企業に見つかってしまうのでしょうか?定期的ものすごい数の使用があるクレジットカードですから、その中から現金化目的の使用だけを見つけ出すのは、非現実的です。

それができるになっている所以は、現金化目的が疑われる使用履歴を、自動的にピックアップ可能なように体系化されているからです。

現金化使用停止

現金化する人のトレードマークとして、「クレジットカードのキャッシング枠が上限に達している」という事があげられます。

この事実から、クレジットカード会社は、キャッシング枠が上限に達している使用者に対し、特に注意しているのです。

全使用者の中から、キャッシング枠がパンパンになっている使用者だけ注意すればよいので、それほど困難な事ではないのです。

こうしてピックアップした、要参考に人物の使用履歴だけ観察すれば良いので、換金目的の使用を見つけるのは、さほどむずかしくはないのです。

わざわざ手数料を払ってまで買い物枠を現金化する人は、キャッシング枠がいっぱいで、これ以上借入れができない方ばかりですから、目をつけられるのはもちろんですよね。

心積もりてみれば単純です。

どのような人が、買い物枠の現金化で見つかっているのか?

クレジットカードのショッピング枠現金化は法律違反?
クレジットカードのショッピング枠現金化は法律違反?

現金化発覚する

クレジットカードの買い物枠の現金化が見つかってしまい、使用が止められてしまう人は、どういった人で、如何なる使用をしたのでしょうか?実のところ、使用停止になっている人は氷山の一角です。

買い物枠を現金化目的で使用した人は大量にいますが、明るみになっているのは、ごく一握り。

では、見つかってしまう現金化目的の使用とは何でしょうか。

換金率の高いアイテムを大量に買い物

換金率の高いアイテム

例を挙げると、新幹線の回数券やアイテム券などを大量に買い物した事例は、現金化目的の購買と疑われ、カード使用を停止される見込みが高くなります。

換金率の高い高価アイテムの調達

現金化発覚する

換金率の高い多額アイテムの購買、例を挙げると、ロレックスの時計などを調達した事例は、事例によっては現金化目的の使用と疑われる確率が高くなります。

換金性の高いアイテムの買い物履歴が数多に換金性の高いアイテムの調達履歴がある人は、カード法人から目を付けられています。

現金化に使われるアイテムは決まっており、カード法人は換金性の高いアイテムばかり調達している人をピックアップしているのです。

キャッシング枠が目一杯の人は予備軍

現金化発覚する

キャッシング枠が限度額一杯で借金できない人は、「次は買い物枠の現金化に走るだろう」とクレジットカード企業から予備軍として疑われています。

キャッシング枠が目一杯の人が、換金性の高いアイテムをショッピングしたりすると、使用停止になる確率が極めて高くなります。

でも、決断はあいまいクレジット現金化発覚する現金化目的の使用は、あくまでも疑われるだけで、実のところは本人に聞いてみないと理解いただけません。

クレジットカード会社は、明らかに現金化目的と思われる、「換金性の高いアイテムの大量購買」などを対象に使用停止措置を取っているに過ぎません。

実のところには、「疑わしいけど、使用停止措置を取るほどではない」という人がすごくふんだんにいるのです。

その中には、現金化目的のショッピングもあれば、現金化目的ではない使用もあります。

本当のところは、買い物した当の本人しか分からないのが実情。

現金化発覚するだから、クレジットカード会社は「明らかに現金化目的の使用と推測される」という人しか使用停止しないのです。

「疑わしきは罰せず」これがベース。

疑わしき使用履歴のすべてを罰していたら、ものすごい数の人が使用停止になってしまい社会問題化します。

要するに、際立つ事をしなければ、発覚する見込みは限りなく低くなるという事です。

際立たないためには、キャシング枠にゆとりを持たせておく換金率の高いものばかり買わない現金化するのに手頃なメジャーなアイテムは買わない現金化目的のカード使用を繰り返さないこれを徹底しましょう。

本当は、現金化専門家を使ったほうが見つかりにくい…?

発覚しない現金化

クレジットカードのショッピング枠現金化のテクニックには、換金性の高いアイテムを自らで売買して現金化するクレジットカードのショッピング枠現金化業者を使用して現金化するおもにこの2つがあります。

換金業者の優れている点を知るには、実のところの時をチェックしたいところですよね。

驚いたことになく、自らで売買してこっそり現金化したほうが見つかりにくいように考えますが、実を言えば逆で、現金化専門家を使用したほうがバレにくのです。

プロを選り抜く場合の極意として、サポートやアフターケアシステムの満喫度も挙げられます。

これは、自身で売買する事例は換金性の高いアイテムの使用履歴が残るのに対し、クレジットカードのショッピング枠現金化業者を使用したケースは決済代理法人を通すため、「何をショッピングしたのか」が理解しづらくなるためです。

お願いを伝えていくつかの予算を取る事で時価が把握出来、その領域を優れているとした結構な換金業者を解説してもらえるかもしれません。

決済代理法人のカラクリ

現金化決済代理法人

クレジットカード企業は、現金化目的の使用を禁止しています。

にもかかわらず、現金化専門家がクレジットカードの決済ができてしまうのは矛盾が生じますよね?

クレジットカード企業が現金化を撲滅やりたいなら、現金化業者がクレジットカード決済できないようにすれば良いだけの話ですが、事はそう手間なくではないのです。

いくつかの専門家の予算を対比可能な口コミサイトもあります。

クレジットカードの決済をするには、カード法人の算入店になる不可欠がありますが、言うまでもなく現金化専門家が所属店になる事はできません。

お願いを伝えていくつかの予算を取る事で時価が把握出来、そのフィールドを優れているとした一流な専門家を解説してもらえるかもしれません。

そんな訳で、「決済代理企業」という、クレジットカードの決済をする専門法人を通す事により、現金化業者がクレジットカードの決済が可能なようにしているのです。

専門家を選択するときの見所として、サポートやアフターケアシステムの満喫度も挙げられます。

言うまでもなく、クレジットカード企業は、決済代理企業が現金化換金業者の決済をしているのを理解できていません。

換金業者の優れている点を知るには、実のところの時をチェックしたいところですよね。

だからこそ現金化専門家が、継続的にクレジットカード決済ができているのです。

いくつかの専門家の予算を対比可能な口コミサイトもあります。

決済代理法人も危険性はあるが…

決済代理企業

決済代理企業が現金化換金業者の決済をしている…

そのような事実がクレジットカード会社に見つかってしまった事例は、即取引停止です。

いくつかの専門家の予算を対比可能なクチコミサイトもあります。

そのような危険性がある現金化専門家の決済ですが、決済代理法人はなぜ、そのような危険性を背負ってまで現金化専門家の決済をするのか…

それはとどのつまり、手数料が数多くもらえるからです。

自身の目的に当てはめた換金業者を選択したいですよね。

決済代理法人もいけない事とは分かっていつつも、一般的な会社よりも多くの手数料収入があるため、背に腹は代えられないという事なのです。

だから決済代理企業は、現金化業者の決済と曖昧であるようにたくさんと創意工夫をしています。

近場の換金業者さんは、トラブルがあったケースにもうに来ててくれる心配無用感があります。

いつものクレジットカード使用の決済が月次何十億もあるうち、現金化専門家使用の決済が20億混ざっていたとしても、クレジットカード企業は理解しようがないのです。

換金業者をの選択ポイントですが、サポートやアフターケアシステムの満喫度も挙げられます。

自らで売買する現金化よりも、現金化専門家の方が安心です。

クレカ現金化

いままで述べてきた事実から分かる事、それは、『自らで売買する現金化よりも、現金化換金業者を使用した現金化のほうが使用停止の危ういが少ない』という事です。

いくつかの専門家の予算を順位別にしているランキングサイトもあります。

俗に現金化換金業者の還元率は、65%〜85%の間と言われています。

要望を伝えていくつかの予算を取る事で時価が把握出来、その方面を優れているとした良質な換金業者を解説してもらえるかもしれません。

15〜35%取られますので決して安価にない手数料ですが、その分心配無用が手に入ると思えば、現金化業者を使用する良い面はある、という結論になります。

 

おすすめコンテンツ

口コミから選ばれたクレジットカード現金化専門店人気ランキングを公開

クレジットカード現金化業者優良店人気ランキングを発表!

アマゾンギフト券、GooglePlayギフトカード他、電子マネーを現金化する業者の中でどこが人気なの?

アマゾンギフト券現金化人気優良店ランキング

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です