クレジットカードのショッピング枠で購入したモノを売った場合はカード会社にバレるの?

クレジットカードのショッピング枠で購入したモノを売った場合はカード会社にバレるの?

中古品として売る

現金がない事例に誰しも考えつくのが、「カードで購買した物を売り渡しして現金化する」という事です。

それに反対にの危うい性はないのか検証しました。

買い物枠で買ったアイテムを店で売ったらバレる?

カード購入換金

買い物枠で買ったアイテムを売って現金化したら、売った先でバレたりするのか懸念事項している方がいます。

結論、バレないでしょう。

ただ、個体を特定可能な製造番号などがあるアイテムであれば、調べようと思えば調査しられます。

・カードが活用された店にアイテムの番号を見定め

・そのアイテムを買った使用者を特定・古物商に持ち込まれたアイテムの番号を検証

・古物商に持ち込んだ人間の身分証の見極め

すべてが合致すれば、換金目的の活用を否定はできません。

ただし、このように調査しられるのは警察くらいです。

カード法人では調べる権限もないのです。

ましてや、膨大にある、現金化が疑われる買い物枠の使用を全て調べるほとカード法人はひまではないのです。

買い物枠で調達した物が売り渡しされていたとしても、その事実さえ理解するのも理不尽でしょう。

従って、クレジットカード企業が、「換金目的での使用」を主張して、使用停止を求めてくる見込みは低いという事です。

会員規約の、「換金目的での活用を禁止する」という項目は、規約を定める事による「抑止力」の意味合いが強いのです。

クレジットカード企業が買った物を見極める

カード法人が現金化目的の活用を見極めするために、「買った物が手元にあるかを検証される」と思っている方もいらっしゃいます。

でもこれは事例がないのですし、来ても断ればいいだけ。

警察ではないのですから、クレジットカード企業が活用者に対し、「○月○日どこどこでショッピングされた○○というアイテムを見せて下さい」と強制はできないのです。

従って、「居宅にあります。諸事情により現在は持ってこれません」と解答られたらそれ以上突っ込んで来ません。

家屋の中まで家宅捜索できるのは、裁判所の令状を持った警察や国家組織くらいです。

従って、買い物枠で買った物がびしっと残っているかなんて、警察でない限り調査しられないのです。

クレジットカード法人が調査して来たとしても、応じるのはあくまでも任意であり、チェックに協力する必須はないのです。

換金率の高い物を買うとバレるのか?

換金率が低いものバレないけど換金率が高いモノは?

換金率の高い金券などを大量にショッピングしていれば、買い物枠を現金化していると疑われるのは明白です。

反対に、換金率の低い物を購買し換金していれば、クレジットカード企業に見つかる危険性は減ります。

換金率が高くない物を買って換金をすれば心配無用は心配無用ですが、手取り額が減るので、必然的に換金率の高いアイテムを買いたいですよね。

換金率の高いものを買っていなければ、使用停止される危険性も減りますが、買い物枠の現金化目的で活用する人は、必然的に換金率の高いものをお求めになります。

そこはグッとこらえて、特別に換金率の高くない物を買う事により、クレジットカード法人から疑いの目で見られる見込みも減るのですが…

換金率の高い物を買って、ハイリスクハイリターンをとるか、換金率の高くない物を買ってミドルリスクミドルリターンをとるか、選択するのはあなたしだいです。

ショッピング枠換金クレジットカード現金化