クレジットカード現金化はグレーゾーン。使い方によっては有用できる手法

クレジットカード現金化はグレーゾーン。使い方によっては有用できる手法

クレジットカード現金化業者の二つの業態

現金化の手法

2つのクレジットカードを利用した商法として、クレジットカード現金化、クレジットカードの買い物枠の現金化などと言うものがあります。

近場の現金化業者さんは、トラブルがあった事例にもうに来ててくれる安心感があります。

クレジットカードには、クレジットカードから現金を引き出す事が可能なキャッシング枠と、クレジットカードから直接お金を引き出すのではなく、カード企業からお金を借りる形で物品をショッピングする買い物枠とがあります。

クレジットカード現金化の方法は大抵2パターンあり

A、現金化専門現金化業者を介し買い物枠を使用済み利用して現金化業者が指定するアイテムをショッピングし、キャッシュバックを受ける形で現金を得る

B、買い物枠を使用してアイテムを購買させ、そのアイテムを換金業者規定の比率で買い取る事によって、利用者に現金を支払うとなっております。

換金業者の優れている点を知るには、実のところのケースをチェックしたいところですよね。

Aのテクニックは問題ないのですが、Bの手段では逮捕される現金化業者が出ています。

換金業者の優れている点を知るには、実のところの時をチェックしたいところですよね。

初めに、違法性がある、Bの方式による現金化について、その違法性や問題点を紹介していく事とします。

買取方式の現金化の危険性!逮捕された業者たち

クレジットカード現金化業者逮捕

クレジットカード現金化業者が初めて逮捕されたのは、2011年8月の事でした。

近場の評判や口コミは、換金業者さんにとって死活に係る問題となるので、扱ってが気遣いがあるな事例が多々あるとも言われているようです。

警視庁の公表によれば、この現金化業者というのはあくまでも名目上の事であり、事実上の金融業者であるとして、貸金業法と出資法違反で摘発したのでした。

近場の現金化業者さんは、トラブルがあった事例に直ちにに来ててくれる安心感があります。

要点は以下の通りです。

買取方式の現金化業者は金融業として認定された「買い物枠を現金化目的のために使用させるという商法は、買い物を装ったお金の貸し付けである」つまり、現金化換金業者を金融換金業者として認定したのです。

要望を伝えていくつかの予算を取る事で時価が把握出来、その領域を優れているとした一流な換金業者を解説してもらえるかもしれません。

金融現金化業者として認定されたからには、貸金業法に基づいて登録をしなければならないのですが現金化業者は無論貸金業の許可を受けていません。

自らの目的に組み合わせた換金業者を選択したいですよね。

つまり、無許可で営業している事となり、貸金業法に違反していると見なされたのです。

利息が大幅に超過するクレジットカード現金化

貸金業法違反

貸金現金化業者であると認定されたからには、貸金業法上の規定に基づいた出資法の上限利息を越える事は許されません。

近場の評判や口コミは、現金化業者さんにとって死活に係る問題となるので、扱ってが懇切丁寧な事例が多々あるとも言われているようです。

ただし、現金化業者が行っているビジネスを貸金として利息計算したところ、出資法の上限利息を大幅に超過していたのです。

近場の評判や口コミは、換金業者さんにとって死活に係る問題となるので、扱ってが思いやりがあるな事例が多々あるとも言われているようです。

買取方式現金化業者は古物商の許可を得ているだけ

買取方式の現金化換金業者たちは、ホームページ上で心象を良くするためにも、「公安委員会の許可を受けている」などの表示を行う事によって、合法的なサービスである事を主張していますが、行員委員会側の主張では「古物商の許可を与えているだけである」との見解を示しており、使用済み利用品の売買を行う事を許可しているにすぎません。

要望を伝えていくつかの予算を取る事で時価が把握出来、そのフィールドを優れているとした良質な換金業者を解説してもらえるかもしれません。

決してクレジットカードのショッピング枠現金化を許可しているわけではないのです。

新聞の報道を洗ってみると、2012年以降にもいくつもの現金化業者が摘発されています。

近場の評判や口コミは、換金業者さんにとって死活に係る問題となるので、扱ってが親身な時が多々あるとも言われているようです。

警察庁の資料によると、「2012年4月までに5人を出資法違反(超高金利・脱法行為)および貸金業法違反(無登録営業)で検挙した」とされています。

買取方式の現金化

現金化業者を利用する側は逮捕される?

クレジットカード現金化利用者逮捕

上述のように、クレジットカードでアイテムを買い物させ、それを現金化業者側が買い取るという商法では逮捕される業者が続発しています。

現金化業者の優れている点を知るには、実のところの時をチェックしたいところですよね。

では、使用済み利用する私たちは罪に問われる事はあるのでしょうか?

実のところ、買取方式の現金化利用者が逮捕された例はこれまでたったの1件もないのです。

では、法的に利用者側に全く法的にの問題がないのかと言うと、そのようなわけではないのです。

問題となる点を以下に列記していきます。

買取方式の現金化は横領行為となる見込みがある

クレジットカードで調達した物品は、そのアイテム代金がカード法人に完済されるまでは、所有権がクレジットカード企業にあります。

したがって、所有権が自身にないものを転売する行為は横領行為に当たり、「横領罪」に該当する確率があります。

買取方式の現金化は詐欺行為となる見込みがある

通常、買い物枠は買物のために使用済み利用すべきものであり、現金化目的での使用はカード法人の規約で禁止されている行為です。

したがって、現金化を行う行為はこの規約を無視する行いであり、これはカード法人からお金を詐取する行為として「詐欺罪」に該当する確率があります。

買取方式現金化利用者が逮捕されない要因

クレジットカード現金化利用者安心

使用済み利用する側の逮捕者が出ていないとはいえ、厳密に言えば違法な行為である事は否めません。

ではなぜ逮捕者が出ないかと言えば、現金化目的で調達した代金のカード払いをびしっと行っている以上、詐欺とは認められない。

・こういった方法によって現金を得ている人があまりにも多々ある事から、当局側も黙認している。

・貸金業法改正で支出者金融を閉め出した事により、現金化へ誘導してしまった側面がある。

・詐欺罪として立件してもトラブル額が数十万円程度なので、警察も本腰を入れて動かない。

・詐欺罪として立件するには、「カードで調達した時点で現金化する目的があった」事を証明する必要性がある。

このようなことから、立証が困難というところがあります。

しかも、法的に軽微な罪である事も訳の一つとなっています。

いわば、立ち小便やポイ捨ても法的に見れば軽犯罪法違反にあたるのですが、警察がこれをわざわざ取り締まらないのと同じ事です。

それにより、警察が現金化利用者に対してどこかに措置を取る事は現在のところなく、カード企業が利用者にそれに対し使用停止措置を講じるなどによって対処する事となっています。

キャッシュバック方式の現金化なら完璧に合法なのか

キャッシュバック方式の現金化換金業者を使用する側は法律的には問題ない

クレジットカード現金化利用者OK

上述において、「現金化専門換金業者を介し買い物枠を使用して業者が指定するアイテムを調達し、キャッシュバックを受ける形で現金を受けられると言う技術はさほど問題がない」と書きましたが、特別に“さほど”と書いた以上、どんだけかの問題点はあると言う事です。

いくつかの業者の予算を対比可能なWebページもあります。

それは、カード使用済み利用規約違反になると言う事です。

法律的にはセーフでも、現金化目的の使用はカードの使用済み利用規約に抵触します。

とはいっても、法律違反ではないのですから逮捕される事はなく、使用規約違反によってカードの使用が停止されるだけです。

お利用しのカード企業の使用済み利用規約をご検証ください。

異例なく「換金目的で買い物枠を使用を禁止する。

違反した時はクレジットカードの使用を停止する」と規定しています。

キャッシュバック方式の現金化は詐欺や横領の気がかりはない

キャッシュバック方式の現金化の流れを見てみると、
1、カード所有者は現金化換金業者指定のアイテムをカード決済で購買する
2、現金化業者は利用者にそれに対しキャッシュバックを行う
3、使用者は、アイテムの調達代金をカード企業に支払うというものであり、転売をしているわけではないため横領罪には抵触しません。

自身の目的にマッチした業者を選択したいですよね。

ただ、現金化を目的として行っている事は明白であり、アイテム購買代金を払わなかった時は、詐欺罪に抵触する見込みはあります。

キャッシュバックというのは大型小売店のポイントと同じ

キャッシュバックのように、購買者に反対に特典を与えて買い物を促す事は、法律で禁じられている行為ではないのです。

クレジットカード現金化キャッシュバック

一例を挙げれば、電化製品を購買した場合に「ポイントバック」などの形で事実上の現金還元が行われているのはよく目にする事です。

つまり、現金化目的で行っているという事実があろうとも、キャッシュバックによって現金を受け取っている事を取り締まる方法がないのです。

キャッシュバック等のポイント付与は単なる商取引であり、客観的に見て貸金業とは認められません。

これが抜け穴になっています。

したがって、いつも慣れ親しんだ一流企業大型小売店のポイント還元と同類と見なし、あまり心もとないに思わず使用済み利用しても問題はないでしょう。

利用者が逮捕されたり、自己破産の場合の免責不許可事由になる懸念事項もないのです。

現金化業者は完璧に合法とは言えない

クレジットカード現金化換金業者違法

結局、換金業者側が罪に問われる確率はあるようです。

換金業者の優れている点を知るには、実のところのケースをチェックしたいところですよね。

なぜならば、こうした現金化御者が取り扱っているアイテムは美点が数百円〜数千円程度のものであり、それを数万円で買い物させ、規定のパーセンテージのキャッシュバックを行うという行為を問題視する事が可能なからです。

たしかに、現金化換金業者の業態からして、実際にありがたみあるものを相応の代金で買い物させ、キャッシュバックを行ったのであれば全く商売として成り立たないのですから、もちろんと言えばもちろんの事です。

近場の現金化業者さんは、トラブルがあったケースに直ちにに来ててくれる安心感があります。

けれども、価値のないものを別の目的のために高く偽り無理やりキャッシュバックを行うと言う事は、どうみてもおかしい事である事から、大いに取り締まりにくい業態ではあるものの、公序良俗違反に問われる確率があるのです。

加えて、カード法人によって現金化に対する取り締まりの姿勢は異なります。

キャッシュバックの手法で現金化した場合、「カード法人の規約違反には抵触しない」とは断言できず、そうである以上は、詐欺罪に抵触する見込みも否定可能なものではないのです。

したがって、完璧に違法ではないとはいえ、完璧に合法であるとも言えないグレーな取引であると言わざるを得ないでしょう。

ただし、実のところに逮捕者が1人も出ておらず、今後も目下の業態で取引が行われる以上は逮捕者が出る確率も極めてゼロに近いという事から、賢く利用すれば有用なサービスであるという事は間違いのない事です。

それ以外のクレジットカード現金化問題点

それ以外の問題点をあげるとすれば、自己破産申込み手順上の免責不許可事由になるという事が挙げられるでしょう。

破産法には免責不許可事由というものが設けられており、ギャンブルや浪費をきっかけとしてローンが累積しで自己破産に至ったような時には、免責が認められない仕組みとなっています。

クレジットカード現金化を使用済み利用したと言う事も、免責不許可事由に該当するのです。

これは、破産法252条1条2項に整然と定められています。

もっとも、免責不許可事由に該当する行為があった時にも、絶対免責不許可の決断がなされるとは限りません。

けれども、免責不許可事由があると、裁判所から債権者にそれに対し配当の指示が下る事があったり、破産管財人が選任される場合があり、自己破産申込み手順において厄介な事態に陥ってしまいます。

特に、破産管財人が選任された時には、最低でも20万円の予納金を裁判所に付け足しで収める不可欠がある事から、破産申込み手順が難航する懸念があるのです。

利用する場合は、上記のことを頭に入れて安心して利用できる発覚リスクのない専門業者を使うようにしましょう。