フリマサイトで飛ぶ鳥を落とす勢いのメルカリで話題になった商品現金化とは?

フリマサイトで飛ぶ鳥を落とす勢いのメルカリで話題になった商品現金化とは?

等価以上の値段で販売されている現金化商品

週末になると大きな公園ではフリーマーケットが開催されている事があります。

フリーマーケットでは洋服やおもちゃ、骨董品など多様なアイテムがシートの上に並べられ提供されています。

フリーマーケットで出品するためには主催者が定める出店料を決済売買する事が可能な体系となっているのです。

このところではこのフリーマーケットの仕組みがスマートフォンのツールやオンラインで取引可能なサービスがはやるしている事をご存知でしょうか?

出品者はスマホのカメラでアイテムを撮影し手間なくに出品でき、ショッピング者はアプリケーションだけで手っ取り早いに購買する事が可能な体系となります。

実のところのフリーマーケット同じく、提供の手数料が必要になるところもありますが、中には手数料フリーで使用可能なフリマサイトもあり、フレッシュな世代を中心に盛り上がっているのです。

テレビのコマーシャルでも見かけるようになったフリマサイトですがその実この体系を使用したクレジットカードの買い物枠現金化がある事をご存知でしょうか?

ではこのフリマサイトによるクレジットカード現金化について検証していきます。

フリマサイト、フリマアプリの仕組み

ここの所のスマートフォンの拡大は著しく、2台のスマートフォンをいつも持ち歩いている方も少なくないのです。

なぜここまでスマートフォンが定着しているのか?

その解答は実に控えめなものでスマートフォンの利便性の高さは今までのガラケーとは異次元の影響となるのです。

今まで携帯電話といえば電話働きとメール、それにカレンダーくらいしか活用しませんでしたが、カメラ地図計算機天気予報という普段的に使用するパフォーマンスがデフォルトで使用する事が可能なのに加え電子マネーネットバンククレジットカード渋滞情報といった色々な性能をアプリケーションによって付け足しする事が可能なのです。

そのような重宝なスマホアプリのひとつにフリマアプリというのがあります。

その名の通りみんな手軽にに売ったり買ったりする事が可能な個人間売買をするためのツールです。

このフリマアプリは仕組みとしてはオンラインオークションを簡略化したものといえるでしょう。

オンラインオークションに出品するためには新規会員登録の申込み手順に時がかかりますが、フリマアプリはアカウントの製造は手間なくにでき、直ちにに出品する事もできるです。

しかもオンラインオークションのように代金が流動的ではなく固定されているためスムーズに取引が行える特長もあります。

したがって旧来からあるオンラインオークションよりも利用しやすく楽々にスピーディーに売買取引が行えるアプリケーションなのです。

それにより落札金額を参考にしなければならないオンラインオークションよりも大注目のアプリケーションとなっています。

フリマアプリ「メルカリ」を活用するクレジットカード現金化

メルカリを活用したクレジット現金化

今現在、フリマアプリやフリマサイトは10種類前後ありトレンド特化女向けゴルフアイドル・アニメ釣りといったようにすべてのターゲットではなく専門フィールドの特化したものまで幅広くあります。

高評価No1のフリマアプリ「メルカリ」とは?

そのようなフリマアプリの先駆けとなるのが2500万ダウンロードを超えるもっとも使用されているフリマアプリがメルカリなのです。

メルカリは2013年から開始され使用者数は業界最高といえるでしょう。

アイテムの提供費用は300円から29万円と幅広く活用規約で禁止されている局所のアイテム以外何でも提供する事が可能なのです。

また毎日数十万点のアイテムが出品され売買取引されています。

メルカリで現金が出品されているメルカリでクレジットカード現金化メルカリで出品されているアイテムをよく見てみると洋服やアクセサリーだけではなく、色々なアイテムが売られている事がわかります。

ところがその中に、いくつもの現金が出品されているのです。

他のフリマアプリで売っている旧紙幣や古銭ではなく、ありきたりによく見る福澤諭吉の紙幣が提供されています。

「お金を売買する」という行為は法律に違反する事はないでしょう。

理由を言えば古銭の売買は骨董品店などで普段的に売買されているものです。

つまりフリマアプリでも活用規約で禁止されていなければ問題ない事になります。

またメルカリでは紙幣や通貨の出品を禁止されてはいないのです。

ただこの出品されている現金はどんな目的でショッピングするのでしょうか?

クレジットカード現金化するために現金を調達する

この出品されている現金は現金書留にて送られてくる事になります。

しかも現金3万円の提供プライスは36000円で売られているのです。

メルカリでアイテムを購買する場合の決済手段はコンビニ決済クレジットカード決済銀行決済キャリア決済となります。

コンビニ決済や銀行決済は現金で支払う事になりますので、36000円で購買すれば送料を含め6千円損をするだけにしかなりません。

ではクレジットカード決済でのショッピングとなりますと同じように損をする事には変化しませんが、実質的にクレジットカードの買い物枠を現金化可能な事になるのです。

買い物者にとっては36000円+送料で3万円の現金を手にする事ができます。

出品者は提供プライス36000円-提供手数料3600円-現金3万円=売り上げ2400円となります。

メルカリは提供手数料の3600円の売り上げになります。

このように現金を出品するクレジットカード現金化によって誰もが損をする事なく活用可能なwinwinの仕組みなのです。

メルカリによるクレジットカード現金化の問題点

2017年4月にはこのメルカリでの「現金提供」が相次ぎ、マネーロンダリングやクレカ現金化のメソッドと決断した運営企業が急遽、現行紙幣の出品を禁止しました。

このメルカリで起きた現金の提供にどんな問題点があったのでしょう。

現金提供をしている出品者及び買い物者の目的は共通しておりクレジットカードの買い物枠現金化携帯電話のキャリア決済現金化という事は間違いないでしょう。

どっちも貧困層の方が元金調達のテクニックとして活用しているサービスです。

クレジットカード現金化に関しては2011年に摘発されたプロもおり違法産業という感触が強くあるのではないでしょうか?

しかしながら直近ででも絶える事なくクレジットカード現金化は行われ続けており、パーフェクトに違法なテクニックという訳ではなく、黒に限りなく近いグレーな商売として直近ででは逮捕されるプロは全くいないステータスなのです。

ではメルカリでのクレジットカード現金化はといいますと、おっしゃる通り結果的にはクレジットカードの現金化ですが、個人間のアイテムの売買でしかないのです。

ただその媒介するアイテムが直近で使用されている紙幣というだけですので、そこに問題があるとはいえないでしょう。

理由を言えば連番となる紙幣であれば高い長所で取引されていますが、1万円札には1万円のありがたみしかないのです。

ただその1万円にどれほどの長所があるかは取引する当人次第であり、13000円でも9000円でもよく値段と長所は人各々異なるものなのです。

結果的にメルカリでの現金提供は禁止される事になりましたが、今後もこういった新たな仕組みを応用したクレジットカードの買い物枠現金化は登場する事になるでしょう。

理由を言えば現金化プロだけではなく、クレジットカードの買い物枠を現金化やりたい使用者のニーズはなくなる事はないのです。

もしかしてこういったフリマアプリを使用した別の現金化メソッドがすでに動きだしているのではないでしょうか?

メルカリで現金化するとトラブルに成長するのか?

現金化キャッシュバック

フリマアプリやオンラインオークションは詐欺などのトラブルが少なくないのです。

ではメルカリで現金を提供・ショッピングする行為はトラブルに進歩する確率はあるのでしょうか?

このメルカリの提供体系では出品されているアイテムを買い物申請する事によって取引が開始されます。

その後決済申込み手順

アイテムの配送

アイテムの到着

売り上げ成立といった流れになります。

したがってクレジットカード決済を行い現金を受け取ってからの売り上げとなるためどこかで不備があれば取引は成立しません。

つまりトラブルは全くなく買い物枠が現金化される仕組みとなっているのです。

どっちかといいますとこのフリマアプリの仕組みがクレジットカード現金化するために適しているといっても言い過ぎではないのです。

おそらくメルカリのようなWebページは今後も大注目を維持していく事でしょう。

その上トラブルなくクレジットカード現金化可能な体系へ成長していくのではないでしょうか?

クレジットカード現金化するならメルカリよりも一流エキスパートが安心

クレジットカード現金化の良質専門家

今までメルカリで出品されていた現金の代金は30万円が40万円の費用で提供されていました。

これはクレジットカード現金化の換金率で換算すると75%となります。

つまり10万円分の買い物枠の現金化なら7万5千円という水準です。

現時点でではメルカリ運営企業によってクレカ現金化目的での出品は削除されるため見かける事はないのですが、クレジットカードの買い物枠現金化やりたいユーザーとしては得心できない数字なのではないでしょうか?

では「カードでお金」や「クレジットカード現金化」と検索すると表示されるオンラインで取引可能な現金化の専門専門家の事例は如何になのかといいますと、80%以上の換金率でも現金化する事はできるなのです。

更にメルカリのような不当な現金化テクニックではなく、違法性のない安心性の高い手段で買い物枠を現金化する事が可能なのです。

おっしゃる通り目下でも違法とされるキャッシュバック付きアイテムを提供する現金化専門家も影響します。

キャッシュバックによるクレジットカード現金化は過去に貸金業法違反などの犯罪によって逮捕された現金化専門家もおりますが、それは現金化とは関係ないことで逮捕されており、キャッシュバック自体は、家電量販店が行っているポイント還元などとおなじ仕組みなので違法性は何らありません。

キャッシュバックによる現金化を使用した時、現金化エキスパートだけではなく活用したユーザーもクレジットカード法人を欺く行為としてカードの活用停止に留まらず、詐欺罪を問われる見込みもあると吹聴している者もおりますが、これはカード会社側の人間が言っているだけです。

ショッピング枠を換金目的で利用する人はお金に詰まっている方が多いので、カード発行会社にとっては何のメリットもなくリスクしかありません。

そのためカード会社では、ショッピング枠を換金目的で利用することを規約で禁止しています。

利用者の現金化行為自体で逮捕された者は、現在までタダの一人としておりませんし、何よりクレジットカード現金化が30年以上利用されていることこそ論より証拠と言えましょう。

逮捕されている業者は、業者と呼べる者では無かったり、現金化とは別の他の犯罪行為を行っていて、その犯罪行為に対して逮捕されているだけに過ぎません。

しっかりとした現金化業者は、古物商許可証を持ち、古物売買で定められている方法で現金化を行いますので、上記の逮捕されるような犯罪者とは全く異なるものです。

それを裏付けることとして、「ショッピング枠現金化を取り締まる法律などありません」

もし、そんな法律があったら、質屋、大黒屋や米兵などのブランドリサイクルショップ、東証一部に上場しているゲオやブックオフなどゲーム、本など中古買取り屋も摘発されてしまいます。

クレジットカード現金化を業者で行う場合は、キャッシュバックによるクレジットカード現金化と、買い取り方式のクレジットカード現金化とありますが、これは今現在でも有効な方法です。

メルカリで現金化商品を購入することはトラブルになる可能性が高い

メルカリで横行している現金化行為は、個人や資格や許可を持っていない者が大多数を占めています。

現金化行為は、手順を怠ったり、許可を得ていない場合は、逮捕される危険性を含んでいるので、素人同士や許可を得ていないモグリとの取引は、トラブルになる危険性が高くなるので、できる限り避けたいものです。

その点、専門業者は生業として営んでいるプロフェッショナルなので逮捕されることはありませんし、安全に何回でも行うことが可能になっています。

もし、あなたがどうしてもクレジットカードのショッピング枠を利用して現金化を行いたい場合は、リスクをなくすためにも、専門のクレジットカード現金化業者に相談することをお勧めします。