クレジットカード現金化業者の還元率、換金率が変動するワケとは?

クレジットカード換金率

クレジットカード現金化業者の換金率

クレジットカード現金化を初めて使用する人の中には、クレジットカード現金化がどのようなものであるかよく知らずに使用している人もいます。

そのような人は、知らないがゆえに悪質な現金化現金化業者の言いなりになり、低い換金率で取引をしてしまう事もあります。

このような間違いを起こさないためには、なぜ換金率が変化するのかを正しく知っておき、現金化業者の言い分が正当なものであるか如何にかを決断可能なようにしておかなければなりません。

クレジットカード現金化とはもうに現金が必須になったものの、銀行預金が全くなく、父母や仲間から借りる事もできないという状況を想定したケース、皆さんはどんな手法によって現金を得るでしょうか。

多くの人は、クレジット金融からのローンを思い巡らすする事と考えます。

たしかに、今の時代の支出者金融はどこでもスピーディに査定をするようにしていますし、利率などの前提で差がない以上、融資行えるまでのスピードでライバル企業に差を付けようとしているきらいがあります。

それにより、支出者金融を選択の余地にするのはもっともな事です。

ただし支出者金融は、どんだけスピーディさを売りにしているとはいえ、応募すれば即座に融資されるようなものではないのです。

償還才能のない人に融資を行なえば、支出者金融は回収不能危険性を抱えてしまう事になるため、査定はびしっと行われます。

それにより、スピーディとはいっても午前中に応募すれば即日中に振り込まれるというくらいのものであり、数時は待つ不可欠があります。

その上、無職である、安定した職業についていない、過去に金融事故を起こした経歴があるなどの所以から、返金力量に疑いがあると決断された時には、査定に落ちて融資を受ける事はできなくなります。

したがって、何時間も待っていられない状況に置かれている人や、査定に通る自信がない人にとっては、支出者金融からの借金は選択の余地とはなりません。

では、そのような人でもお金を用立てるためのテクニックはあるのでしょうか。

その解答は、クレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードの買い物枠を使用して現金を得るというテクニックであり、本人名義のクレジットカードを持っている人ならばみんな活用する事ができます。

手元のクレジットカードを使えば、買い物枠の残高の範囲内で支出者金融からの融資よりもかなり速く現金を得る事ができ、査定などもないため信用に問題がある人でもできるです。

換金率が移り変わりする所以かつてのクレジットカード現金化換金業者は、ショップを構えて買取方式というメソッドで現金化を行なっていました。

これは、現金化の使用者にブランド品や家電製品などの中から指定したアイテムをクレジットカード決済で買わせ、それをなお現金化換金業者が買い取る事によって現金化を行うというものです。

現金化現金化業者は、買い取ったアイテムを転売する事で利益を得ます。

けれども、インターネットが拡大してからというもの、お店を持たずにインターネット上で運営される現金化換金業者が増大し、現在ではそのような現金化業者がメインになっています。

このケースには、買取方式ではなくキャッシュバック方式を採用する換金業者が多くなるため、現在では多くの現金化現金化業者がキャッシュバック方式によって現金化を行なっています。

キャッシュバック方式とは、現金化業者がオンラインお店でキャッシュバック付きアイテムを指定し、使用者がそれをクレジットカード決済で購買すると、規定の還元率でのキャッシュバック相当分が活用者に振り込まれるという方式で換金を行なっています。

この時、たくさんな所以から換金率が移り変わりする事になります。

その要因は、以下の通りです。

現金化業者ごとの設定の異なる点真っ先に、換金業者によって換金率は異なります。
これは、大して驚くべき事ではないのです。

一般的な商売にしてもごく当たり前にある事で、A店の卵とB店の卵ではB店の方が10円安いなどと言う事はよくある事です。

したがって、現金化業者によって換金率は異なるため、換金率の高い現金化業者を選り抜く事が重要です。
現金化業者の利益確保なお、換金率は使用する額面によっても異なります。

なぜ額面によって換金率が異なるのかと言えば、現金化業者の利益率が結びつきしています。

最小の申請できる額は1〜5万円と設定されている事が多々あるのですが、こうした小口の申請と大口の

エントリーで換金率を一律に設定してしまうと、現金化業者の利益率は下がってしまうからです。
一例を挙げれば、総ての申請に反対に90%の換金率をサポートしたとしましょう。

このケース、5万円の使用者では換金業者に5000円の利益が現れてし、100万円の活用者では現金化業者に10万円の利益が現れてする事になります。

100万円の活用ならば十分な利益が確保できますが、1万円の使用の事例にはそれほど利益が得られません。

他にも、クレジットカード現金化を使用する人の多くは「あと数万円足りない」という状況に置かれているため、小口の活用が多くなります。

それ故、小口の使用者に対する換金率を下げる事で、そこそこの利益を確保しなければならないのです。

仮に5万円の活用に反対に80%の換金率としておけば、現金化業者の利益は1万円となり、90%の事例と対比して2倍の利益が得られる事になります。

このような要因から、換金業者は活用額に応じて換金率が異なる仕組みになっているのです。

クレジットカードの種類の相違このほか、クレジットカードの種類によっても換金率が異なる事があります。

これは、悪質な事例と、そこそこに真っ当な訳から換金率が異なる時とがあります。

悪質なケース悪質なケースとは、クレジットカードの種類によって換金率が異なるとしておき、実のところにはどの種類で申し込まれても換金率の引き下げを案じるというものです。

例を挙げると、Visaで申し込まれれば「Visaは査定が厳格なので換金率○%下がります」JCBで申し込まれても「JCBは査定がシビアので換金率が○%下がります」AMEXで申し込まれても「AMEXは査定が困難なので換金率が○%下がります」といった解説をして換金率を引き下げるのです。

そこまでしても活用者は緊急にお金を要している事が多く、現金化業者の主張を呑んで低い換金率で現金化をしてしまう事があります。

悪質現金化業者では、ホームページ上では90%の換金率であるとしておきながら、クレジットカードの種類を訳にして実のところには60%や70%の換金率とする事もあるほどです。

真っ当な所以適度に真っ当な所以とは、クレジットカードの種類によっては換金業者の危険性が高くなったり、手間がかかったりする事から、換金率をいくらか引き下げる事で手数料を取るというものです。
クレジットカード法人よって決済手数料が違うため、カードの種類によって換金率が変化するのはやむを得ない事です。

さらによくあるのは、JCBやAMEXを活用した時に換金率が下がるというものです。

クレジットカード現金化をエントリーする人の多くは、Visa、Master、JCBのブランドのいずれかだと考えます。

中にはAMEXを持っている人もいるかもしれませんが、それほど多くはないでしょう。

AMEXは一段階上のクレジットカードであり、年会費は高く査定も厳しく、適度にステータスが求められます。

そのようなステータスの人ならば、緊急のときには金融組織からの借金が可能な確率が高いため、わざわざクレジットカード現金化を使用する不可欠がないのです。

何はともあれ、JCBとAMEXで現金化をしようとした事例、換金率が下がる事があります。

これはなぜかと言えば、現金化現金化業者が使用している決済端末に所以があります。

JCBやAMEXでクレジットカード現金化を行った事例、キャッシュバック付きアイテムをショッピングすると、現金化現金化業者が活用する決済端末の特殊性から、外国の買い物履歴に計上される事になります。
実のところの取引は国内で行われていますが、外国で買い物をした事になるのです。

実のところには外国で買い付けをしていないにもかかわらず、外国で購入をした事になっているという事は、そこに整合性はないのです。

クレジット企業がその気になれば、実のところに外国で購入をしていないという事が理解いただけます。

実のところにクレジット法人そこまでするか如何にかは理解いただけませんが、理論上は十分にできるです。

つまり、クレジット企業はJCBやAMEXの現金化を調べれば、クレジットカードの使い方がどこかおかしいと悟る事にもなります。

クレジットカード現金化を活用している事が分かれば、使用者に使用停止措置や退会措置などが講じられるほか、現金化現金化業者にもどこかにトラブルがあるかもしれません。

そもそも、クレジットカード現金化はとてもグレーな商売であり、パーフェクトに違法ではないものの、解釈によっては違法性を問う事が可能なものです。

実のところに、クレジットカード現金化現金化業者が逮捕された場合もあります。
それにより、現金化換金業者としては外部から突っつかれる事はできるだけ避けたい事です。

それにより、JCBやAMEXでの活用を受け入れる事によって生じる危険性をできるだけ和らげるするためにも、現金化現金化業者は対策をしなければならなくなります。

したがって、それ以外のカードでの取引よりも実務上の負担なども大きくなるため、換金率を下げる事によって手数料を受け取るようにしているのです。

発行元によって異なるこのほか、発行元によって異なるケースもあるようです。

クレジットカードには何個かの限定しれたブランドがありますが、発行元は諸々です。

一例を挙げれば同じVisaでも、イオンが発行しているもの、セゾンが発行しているもの、三菱UFJ銀行が発行しているもの、ENEOSが発行しているもの、ツタヤが発行しているもの、セブン&アイが発行しているものなど諸々です。

この中でも、銀行が発行元になっているクレジットカードであれば、換金率が引き下げられる事があります。

これは、銀行系ではクレジットカード現金化に対する取り締まりがきついため、現金化換金業者としても取り扱う危険性が高まるためです。

この危険性に扱ってするための手数料を受け取るために、換金率を引き下げるのです。

換金率引き下げに対する応対では、皆さんがクレジットカード現金化を使用する場合、換金率を引き下げると言われた事例には如何にすればよいのでしょうか。

真っ先に、活用額や現金化業者の設定による引き下げ(というよりも変化)は仕方のない事です。
むしろ、使用額や現金化業者の設定による移り変わりを承知の上で申し込んでいるのですから、これは受け入れなければなりません。

ただし、カードブランドや発行元による換金率の引き下げには注意深いになるべきです。

悪質現金化業者による引き下げ工作であるのか、真っ当な要因による仕方のない引き下げであるのかを決断する必須があるからです。
この決断は厄介なものではないのです。

何十%も引き下げられるようであれば悪質現金化業者、数%の引き下げであれば真っ当な訳であると決断できます。
大幅な引き下げの時には、おそらく悪意を持った引き下げであり、全部の申請に適当な所以をつけて引き下げようとしている悪質現金化業者であると理解いただけます。

ただし、小幅の引き下げの時には、換金業者が危険性への対処として引き下げを行なっていると決断可能なため、仕方のないものとして受け入れる事も可能なのです。

クレジットカード現金化を活用する時というのは、得てして緊急性があり、現金化業者の言いなりになってしまう事が多々あるものです。

けれども、換金業者の言い分を鵜呑みにするのではなく、おかしいか如何にかを冷静に心積もりてから取引をする事が肝心です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です