カード現金化の仕組み!

クレジットカード現金化の仕組み!

この記事の目次

クレジットカードのショッピング枠を安心に現金化する手法

クレジットカードショッピング枠の現金化について聞いた事がある人は多くいるでしょう。

突然お金が必要になった時に、クレジットカードのショッピング枠を現金に変える手法で、法律的には問題ないのですが、換金目的でショッピング枠の使用はクレジットカード使用停止とする規定があるので配慮が必要です。

けれども、あなたの環境によっては直ちにお金が必要な状況になったときとても重宝できるサービスであるのは確かです。

現金化するテクニックは自らでやる手法、専門家でやる手段と二種類ありますが、どっちにも良いところ、悪いところがあります。

結論からいうと、自身で現金化をする場合、還元率が高い現金化が可能な良い面がありますが、やり方によっては、クレジットカードの利用が停止される危険性があります。

クレジットカード現金化専門家を使用する時、使用停止などの危険性は低いのですが還元率が低いといった悪い面があります。

そこで、あなた自身が選択できるようクレジットカード現金化に潜む危険性や、色々な現金化方法、ゼッタイ出会いたくない悪質業者の手口を公開。

また初めての方でも安心して利用できる、確かな一流現金化業者を克明に調査しました。

これから現金化を考えている方のために、たくさんの現金化方法を解説します。

そのうえで、あなたに合う現金化方法を見つけてください。

クレジットカードの現金化とは

クレジットカードの現金化とは、カードのショッピング枠を現金化する事を言い、その方法は法律的には違法行為ではありません。

けれども、クレジットカード発行会社の使用規約の「換金を目的としたショッピング枠の使用を禁止」という事項に触れるため、現金化が表沙汰になるしたケースは、即刻カードの使用停止・強制退会・残債の一括請求をカード発行会社が行えるため用心が必要です。

クレジットカードの現金化が使用停止になるのは何故?

カードで何かモノを買い、そのモノが不要になった時に売って現金を得た、という流れは中古品売買行為として自然な流れです。

私も過去に、ネットで買ったものが初期不良品で、返品したら口座にお金が返金されました。

返品することは意図していたものではありませんが、結果的にクレジットカードのショッピング枠が現金になったという事でもあります。

このように「換金を目的とした使用」という境界線がとてもあいまいなため、換金を目的としているか如何にかはカード発行会社の判断になります。

カード発行会社は、ショッピングしたモノについて調べる事はしませんが、換金目的で購入される、新幹線の回数券など、換金性の高いモノのショッピングは全部認めません。

他にも還元率の高い金券やブランド品の購入も、ケースバイケースで目がつけられることがありますので用心が必要です。

けれども、ショッピング枠現金化は消費者金融などの金融サービスと全く関係ないことや、職業や年収などの個人情報を伝える必要が無いと言うところは大きなポイントと言えましょう。

クレジットカード現金化の問題点
クレジットカード現金化の問題点

クレジットカード現金化の問題

クレジットカードのショッピング枠を現金化する場合、だいたいがお金に困っている状況の方ですので、結局はローンを増やすだけになることが多くなる傾向があります。

お金に困っている時、すぐにお金を入手する事ができれば、後々返金することを考えるのは後回ししてしまう方も多くいることでしょう。

カード発行会社が換金目的の使用に目を光らせているのは、現金化した方が後々支払う返済が滞ってしまうことがあるのも1つの理由と言えましょう。

現金化をする際は、計画通りに支払う事が可能かどうかよく考えてから、クレジットカード現金化を利用するようにしましょう。

自分自身で安心して現金化するテクニックと注意すべきポイント

自分自身で現金化する時、方法を間違ってしまうとカード利用停止などの危険性がありますので十分に留意して行いましょう。

自らで現金化をする事例は買い取り方式

自身でショッピング枠を現金化する一般的な方法は、カードで買い付けをして、買い物したものを買い取ってもらう仕組みです。

カードで調達するモノはなんでもいいわけではないのです。

例を挙げると、スーパーで食品を購入しても、それを買い取ってくれる人なんていません。

ですからブランド品や金券など換金率が高いモノを選び抜く事、買い取ってくれる専門家選びが肝心になってきます。

モノや買い取り業者などを、すべて自らで選択する事になりますので、すべて自己決断、自己責任になります。

自身で現金化する良い面

自身で現金化する一番の魅力は還元率が高いことです。

後に解説する現金化専門業者で現金化するよりも、約10%高い換金率で現金化する事が可能になるので、すぐにお金は必要なくゆっくりでいい時や、リスクがあっても最高換金率に拘る場合は自分自身でやった方がいいでしょう。

自らで現金化する短所

自身で現金化するためには、自身でモノを選択して購入し、自身で、高く買い取ってくれるお店を探さないといけないため手間がかかります。

換金率の高いモノなどや店舗の情報収集しなければならず、慣れていない方にとってはとても煩わしいという考えもあります。

そして、モノを買い物しにいく手間や時間が必要になるので、即現金が望むという人には推奨できません。

現金化専門業者の注意すべきポイント

クレジットカードの現金化では買い取り方式とキャッシュバック方式の2種類の取引方式があり、クレジットカード現金化業者によって異なります。

買い取り方式では、アマゾンや楽天と同じように、専用のショッピングサイトに行き、クレジットカードのショッピング枠を使用してモノを購入します。

そして現金化には、そのモノを買取すると言う形になります。

それに対し、キャッシュバック方式では指定されたモノを買って、その特典として買い物価格から還元率分をキャッシュバックすると言う形で現金を渡しています。

買い取り方式では家電製品やブランド物と言った品物が多々ありますが、キャッシュバック方式ではクレジットカード現金化専門家の独自性の強いモノであり、価値があるのか分からないような品物が多々あります。

買い取り方式はショッピングしたモノを送り返す事が必要ですが、キャッシュバック方式は商品を受け取るだけ送り返す事は必要ありません。

ただしキャッシュバック方式で受け取りした品物は特に望む物では無いですし、手元にあっても要らなくなることがほとんどです。

キャッシュバック方式の仕組み現金化

専門家が指定したモノを購入し、その後、調達したモノのキャッシュバックとして銀行口座に振込みをするという流れで、ネットの業者に多くある仕組みです。

家電量販店の多くで採用されている、ポイント還元と同じ仕組みと言えばわかりやすいかもしれません。

キャッシュバック方式の場合はポイントの代わりに現金になり、直接お金が返ってくる方法になります。

業者が指定するモノを調達

キャッシュバックと称してあなたの口座に振り込む

ネットショッピングした形になりますので、誰にもバレずに現金化可能という仕組みになります。

買い取り方式の仕組み

買い取り方式とは、現金化業者が指定したモノをショッピングし、その後、専門家がそのモノを買い戻すという流れで、お店の専門家に多くある仕組みです。

専門家が指定するモノを調達

モノを買い戻しあなたの手元に現金が入る

※こちらも同じように、クレジットカードでショッピングしたものを現金で売るという流れになるので、キャッシュバック方式と同じように請求はカード発行会社からになります。

業者で現金化する良い面

業者で現金化する良いところは、ネットからのお申込みで手っ取り早く現金化する事ができます。

業者を使用する時には審査査定の必要はありません。

カードの持ち主の本人確認ができて、ショッピング枠で買い付けが可能なら問題はないのです。

自らで現金化する事と比べると手間もかかりませんし、銀行の営業時内であえれば、直ちにに現金が振り込まれます。

専門家で現金化する短所

業者で現金化する事例、自身で現金化するよりも換金率が低くなります。

換金率の平均は80%〜95%です。

そのほか手数料がかかり、全部合わせて現金化すると実質換金率は65%~85%になることが多いようです。

さらに、業者の中には、換金率がかなり低かったり、詐欺目的で運営している悪徳専門家もあったりします。

モノを購入したのに現金が振り込みされないという手口が有名ですが、他にも諸々な現金化業者の詐欺があるので気をつけましょう。

カード現金化の申請の流れと気をつける事

昨今ではクレジットカードの現金化は店舗型よりインターネットからお申込みが可能な非店舗型が多数を占めています。

ただし、だからこそ申込み手順の場合に何個か検証しておかなければならない点があります。

申込み手順時に便利する写メに関しても同じくです。

使用時の流れと用心することを解説します。

インターネットからの申請と写メの利用

現金化したい業者をパソコンやスマホ、携帯電話から探し、お申込みフォームに必要事項を入力して送ります。

その後折り返し電話連絡が来て初回は購入に関する説明を受けます。

そしてショッピング枠を使って指定されたモノを購入し、その後キャッシュバックや購入したモノを買い取る形で現金が振り込まれる仕組みです。

借金とは異なるので審査は必要ありませんが、使用するクレジットカードが本人のものであるか見極める必要があるため身分証明書の提示は必ず必要になります。

店舗に赴くことはないため、身分証提示が直接できません。

代わりに身分証明書を写メに写して添付送信する事になります。

現金化で必要なもの

運転免許証、パスポート、年金手帳、学生証、公共料金の請求書などが身分証明書として認められる書類に該当しますが、業者が指定するものを指示に従った写しかたで撮影して送るようにしてください。

写真を送付する場合に気をつけたい事

インターネットでのお申込みには必要な写メの添付送信ですが、気をつけたいのが個人情報の取り扱いです。

必要書類だからと要求を鵜呑みにしないよう、最低限現金化に必要となる情報のみを提示するように配慮してください。

写メで送る情報はあくまでも「本人確認に関連するもの」です。

クレジットカードは裏表に関わらず必ずに写メを写して送らない事

身分証明書にマイナンバーなどが書かれているケースは絶対隠してから写メを写す事です。

本籍地などの必要のない情報は隠しても問題ありません。

現金化のときにはクレジットカードに関連する情報は全部必要なわけではないのです。

情報が漏れると不正使用の危険性がありますので、提出する情報は、あくまで身分を証明する必要最低限の情報にしましょう。

クレジット現金化は結構専門家も多くあるのですが、個人情報を悪用しようとする詐欺まがいの悪徳業者も残念ながら存在するのも実情です。

だからこそ写メで手軽にに取り引き可能な個人情報を注意して扱わなければなりません。

前もってに業者に関連する口コミを調査して信用可能と決断した専門家とだけ、情報をやり取りするようにしてください。

安心して現金化できるモノ選びを身につけられるよう、自分自身で現金化可能な色んな手法を解説します。

金券ショップで換金するのは安心?
金券ショップで換金するのは安心?

金券ショップで換金するのは安心?

クレジットカードを現金化する方法として、金券ショップで金券を現金に換金する人は昔から使われているいわば王道になります。

金券ショップで取り扱われている金券の種類はかなり多く、換金率も色々ですがわりと高い換金率で売る事ができます。

地域や店舗の位置によって、高く買い取ってくれる種類にもわずか差がありますので、前もって換金率を調査してから金券を買いに行った方がいいでしょう。

けれども、ギフトカード(金券)をクレジットカードでショッピングする事は、ほとんどできなくなっているため、現金化のテクニックとして使用する事は、現在では非常にハードルが高いと言えましょう。

ギフトカード(金券)はクレジットカードでショッピング可能?

近頃は、ギフトカードなどの金券は普通にクレジットカードでのショッピングができなくなってきています。

販売店舗や購入するギフトカードの種類によって、一部調達可能なところがありますが、ギフトカードをクレジットカードで買い物する事はかなり難しくなってきています。

図書カードをクレジットカードで購入可能?

以前は図書カードも金券と同じように現金化の技法としてよく売り買いされていましたが、今の時代はクレジットカードで図書カードを購入する事ができなくなっています。

バスカードをクレジットカードでショッピング可能な?

バスカードもクレジットカードで買い物する事がができないため現金化のテクニックとしては非常に容易にはいかない方法と言えましょう。

QUOカードをクレジットカードで買い物可能?

クオカードの公式ホームページにも解説がありますが、クレジットカード決済での提供は行っておりません。

けれども、株式会社ジェーシービーが発行する「JCB-QUOカード」でしたら、JCBカードによるクレジットカード購入可能です。

全国百貨店共通ギフト券はクレジットカードで調達可能?

全国百貨店共通モノ券は換金率がかなりと高いのですが、そもそも百貨店でモノ券を買う事例にクレジットカードで購入する事はできません。

他にも金券に関してはネットでも取り扱いがないので全国百貨店共通券を現金化のテクニックとして行う事はとても難しいと言ってもいいでしょう。

金券をクレジットカードで購入する危険性
金券をクレジットカードで購入する危険性

金券をクレジットカードで購入する危険性

換金する目的で買い物される事が多いモノを買う事は、カード発行会社も非常に警戒しているので、新幹線の回数券もカードで買い物するケースは気をつけなければいけません。

大量に買い物したりすると、即刻カード使用停止、債務一括返済という危険性があります。

電子マネーを現金化する手段電子マネーとは?

電子マネーとは、予めチャージしたカードやスマートフォンなどで決済をする事が可能な電子のデジタルマネーの事を言います。

クレジット決済で電子マネーにチャージし、モノを調達し、買い物したモノを買い取ってもらう買い取り方式が一般的ですが、もうひとつ、電子マネーで購入したモノをキャンセルし、現金を受け取る方法があります。

キャンセルの時、100%換金されるのですが、方法によってはブラックリスト入りする危険性もあります。

これが一般的な電子マネーを現金化する仕組みになります。

しかし現金化の払い戻しが厳しかったり、煩わしい申込み手順が必要なケースもあります。

有名な電子マネーをあげるとwebmoney・Suica・nanaco・auWALLET・楽天Edyがあります。

転売して現金化する技術

ゲームやブランド品、大型家電などを買取をしてくれる専門家があります。

ただし、金券に比較して換金率が低くなるのでおススメはできません。

この時、高く売れるゲームやブランド品の情報も調査しなければいけませんし、そのモノを安価に売っている店舗を探す必要もあります。

しかも、そのモノを高く買い取ってくれる店舗も探さなければいけません。

金券のようなショッピングしにくいという事や、バレやすいという危険性はないのですが、換金率が悪い事と、煩わしい手間がかかります。

スグお金が必要な人には悪い面しかないのです。

信用できるクレジットカード現金化可能な業者の選び方

クレジットカード現金化の業者には、信用できる現金化可能な優良現金化業者と、換金率が低い悪質な業者、振り込みもしない最悪な詐欺集団など諸々あります。

悪質な業者は摘発されても、次々に名前を変更して営業しています。

お金が必要な時に悪質な業者を信用でしてでしまっては元も子もないのです。

 

悪質な業者のポイントをまとめてみました。

全ての個人情報を聞いてくる専門家は信用できない

悪質なクレジットカード現金化業者の手口として、クレジットカードの番号、安全対策コード、勤務先や身内構成などの情報を聞いてくる業者もあります。

悪徳業者の意識は、お金に困っている人のデータを集めて、他の金融専門家へ情報を流し、電話やダイレクトメールで高い利子でお金を融資させようとしているのです。

良好な現金化業者は、買い物に必要な情報以外は聞いてきません。

最低でも申込に必要な情報だけを要求します。

長年の実績がある現金化専門家は確かで、あんしんクレジットのような永らく営業している業者というのはそれだけ信用可能な証と言えましょう。

社会的にも信用可能な企業と捉えられます。

逆に悪徳業者は始めたばかり、実績がない、といった事が言えます。

ですから、カード現金化専門家を選り抜くケースは、設立からの年月はひとつの決断水準になると言えます。

設立から何年営業しているのかを前もって検証し、安心して利用可能な信用度の高い業者を選りすぐるとよいでしょう。

キャンセル可能な現金化業者を選びましょう!

良好として評価されている現金化業者は、使用者がキャンセルした場合も丁寧な口調で話を終わります。

優秀現金化業者のケースはおおかた、キャンセル料はかかりません。

ただし、悪質な業者は、反対にキャンセル料を請求してきます。

質問中にもかかわらず、不審に思ってキャンセルを要求した時にも、キャンセル料を請求してくる業者もありますので気をつけましょう。

当たり前ですが良好業者はキャンセルに関しては無料で応じてくれます。

現金化業者の住所を参考に!

優秀現金化業者は、公式ページにちゃんと所在地を記載してあります。

ただし、悪徳の業者のケース、住所は書いてあるけども、その箇所がレンタルスペースや架空の住所を掲載するところもありますので注意が必要です。

真っ先に住所の記載があるかないかを参考にし、住所の記載があったらgoogleマップをつかって実際に店舗があるのか、前もって見ておく事で、詐欺や悪質なトラブル、犯罪から身を守る事が可能となりましょう。

クレジットカードを使って現金化をして後悔する事はないのか?

今まで解説してきた通り、クレジットカードを使った現金化は、ことのほか敷居が低い事からみんな手軽に現金化ができます。

手間なく現金化が可能な事から、あまり考慮しずに現金化をしてしまうと後になって後悔する事もあります。

それでは、現金化してからどのような事で後悔するのかをお伝えしていきます。

確かな業者を選ばないと換金率が悪かったと後悔する事がある

クレジットカードの現金化で最も多くある後悔が、換金率が悪かった事です。

スグに現金を手にする事でその場ではうれしいものの、後から入金をしないといけなくなります。

例を挙げると、5万円の現金を手にしても、後から10万円を支払わないといけない事だって起こります。

とんでもなく換金率が悪いと、その場しのぎとはいえ何のために現金化をしているのか分からなくなってしまいます。

現金化をして後悔しないためにも、換金率がどれ位なのかを理解する事が価値があるになります。

ローンが膨らんでしまったクレジットカードの現金化をする訳の一つに、他にもローンがあるからその返金に充てたいという理由があります。

現金化をする事で他のローンを償還が可能なかもしれん。

ただし、それは自転車操業の状況になっている事とも取れます。

他のローンと合わして、その上クレジットカードのローンが増加してしまった訳ですので、長い目で見たら必然的に苦しくなりますので後悔することがでるかもしれません。

クレジットカードが使用停止になった

クレジットカードで金券を買っていると使用停止になる事があります。

カード発行会社は現金化をする事を認めていませんので、換金性の高いモノを買っているといつ使用停止になるのかわかりません。

クレジットカードが使用停止になってしまうと、ネット買い物で使用できなくなる事や、高速道路のETCでも使用できなくなります。

そう思いめぐらす といつもの暮らしでかなり不便になる事は間違いないのです。

欲を出して金券を買っていると、クレジットカードが使用停止になって後悔する事になります。

現金化するのは手軽ですが、使い方を間違ってしまうと取り返しのつかないほど後悔してしまいます。

ちゃんと返済計画をたててから利用することにしましょう。

クレジットカードを現金化した後の決済方法で、分割払いは可能なのか?

クレジットカードを使って現金化するのはいいのですが、引っかかるのは後から請求がきたケースの支払い方法になりますよね。

現金を手にしたものの一括払いで払わないといけないとなると入金がしんどくなりますので、支障がなければ分割で入金をやりたいと考えている方も多くいるのではないでしょうか。

それでは、気に掛かる支払方法について解説します。

分割払い

クレジットカードで決済してからの決済方法では、分割払いを選択すれば分割で入金をする事ができます。

分割払いは、業者がしているショッピングサイトの商品ページにて確認する事ができます。

リボ払いに調整する分割払いに応対していない業者もあります。

換金率が高かったり、専門家の応対が良さそうだと思えば分割払いにしたくなりますよね。

そのようなケースはリボ払いで入金をすれば問題なしです。

リボ払いは分割払いに近い決済手法になります。

分割払いでしたら、回数を指定して月次支払う価格が決まっていくのですが、それに対しリボ払いは代金を指定して月次決済をするテクニックになります。

例を挙げると、月次1万円と手数料という形に手直しする事ができます。

つまり、月次決まった代金での決済が可能なのがリボ払いになります。

これからが肝心ですが、リボ払いへの変更は現金化業者は一切関係なく、クレジットカード発行会社のサイトから支払方法の選択をします。

クレジットカード発行会社のマイページ内からリボ払いに決済を調整する事ができるですので、一括払いでしか入金ができない業者と取引きをしても、後からクレジットカード発行会社を通してリボ払いに手直しする事ができるです。

ですので、分割払いに応対していない業者と取引きをするのでしたら、リボ払いに手直しする事で実質的に分割で支払う事ができます。

クレジットカードの現金化が使用停止になるのは何故?

クレジットカードの現金化は、『銀行系カードの貸金、消費者金融までは利用する必要でもない』または『抵抗がある』という人が使用する事があります。

クレジットカード現金化は消費者金融で借りるのと比べると、手数料は88〜98%と10〜20万円程度の借入を借金契約するよりもオトクな面があります。

そもそも、カードクレジットの多くは利息が14〜15%となる時が多く、クレジットカードの現金化をした方が安上がりといえます。

クレジットカードのショッピング枠現金化は規約違反!

クレジットカード発行会社や日本クレジットカード協会はショッピング枠の現金化については、使用規約違反としております。

さらに、警視庁や弁護士会については違法性を指摘しており、『実質的な貸金業』つまり貸金業法違反と認識しています。

それにより、ショッピング枠の現金化が表沙汰になるした場合はクレジットカードの使用停止が発動されます。

使用を反復する方はクレジットカード発行会社にバレないと考えますが、多額なモノをリボ払い調達する事やギフト券のしきりな調達は観察対象となります。

現在では、ソフトウエアによる自動解析並びに観察ができるとなっており、特にギフト券のしきりな調達は要注意とされます。

仮に、怪しいと認識されたケースは個人信用情報機構への照会が行われ、貸金業法が適用される借入状況を理解される見込みもあり、結果として使用停止措置が行われる見込みがあります。

 

使用停止よりも問題な事は、個人信用情報機構へ強制取り止めの情報が残る事
使用停止よりも問題な事は、個人信用情報機構へ強制取り止めの情報が残る事

クレジットカードの使用停止については、ただ使えなくなるといった問題だけではないのです。

実を言えば、使用停止の多くは強制キャンセルとなり、個人信用情報組織にその事実が残ります。

また、情報の保管期限は生じた日から5年間以上となり、その期間はカードキャッシングや消費者金融の借り入れに不利になります。

場合によってはお金を借りることが一切できなくなります。

そもそも、支払遅延といった事よりも、強制キャンセルといった事実はとても重く、信用情報は大きく損なわれます。

実のところ、クレジットカード発行会社が詐欺にあったような状況にあり、損害費用に対する賠償請求を受ける見込みもあります。

さらに、自己破産をする結果に至った時は、免責不可事由に該当するものであり、とても重要な情報と言えましょう。

来店型のクレジットカード現金化専門家を使用する良い面と短所

ネットと電話のみで申請が可能な非店舗型と比べると、ある程度迅速性にはかけてしまう心象があります。

しかし、ご自分の生活圏内に現金化業者のお店があるケースでは、その欠点は充分にカバーできますし、使いやすさは一概に悪いわけではないのです。

それだけではなく安心感を感じるからこそ、特別ひいきにして店舗型を使用しているというかたも少なくありません。

そのようなお店を構える、店舗型クレジットカード現金化業者の良いところについてご解説します。

通いやすいところにお店が多くある昨今ではネットでの取り引きがメジャーな現金化ですが、注意深くk街を歩いていると現金化を取り扱っている業者の看板を想像以上に目にします。

金融系の会社が集まっている駅前や交通量の多くある道沿いにお店がある事が多くあるので、利便性は決して悪くありません。

しかも、店舗自体に怖い印象を持っているかたが多くあるのですが、金券お店やリサイクル店舗と併設されている事がそんなにでそれほどハードルは高くないのも特色です。

無論怪しげな業者はありますが、前もってにインターネットなどで調査して認知度の高い、長年営業を続けている大手現金化専門家を使用する分には問題ないと言えます。

顔が見える相手と取引が可能な信用感

店舗型の最も良いところは、対面で申込み手順を行う事が可能という点です。

窓口で現金化についての解説を聞き、サービスの中身を理解しながら納得した費用で現金に換える事ができます。

何よりもその場でスグ現金を手に可能ですので、申込み手順後にキッチリと口座にお金が振り込まれるかと悩ましいする必要はありません。

24時営業でない点は不便ではありますが、銀行が休みの土日祝日でも数十分の申込み手順で現金化したお金を手にすることが可能な業者もあります。

トラブルがよしんば生じても直ちににその場で販売員に検証を取る事ができますから、何もできずに泣き寝入りしたという事態にはならずに済みます。

換金率自体は非店舗型とそれほど大きな差はありませんが、対面で交渉可能な分融通を利かせてもらいやすいというのも来店型の現金化の長所の一つです。

いずれの形態にしても最初に良質業者か否か確かめ、納得した形で換金可能か注意して判断し、ご自分のライフスタイルに組み合わせて利用するといいでしょう。

クレジットカードのショッピング枠現金化の仕組みまとめ
クレジットカードのショッピング枠現金化の仕組みまとめ

現金化の仕組みまとめ

ひとことで現金化といっても、自らでやったり、業者を使ったり、様々な手段があります。

各々の良いところ、弱いところを知って、返済計画、ご自分の状況にあった現金化を選択するといいでしょう。

現金化は違法、危うい!合法、安心など現金化につい分からない点がいっぱいあったかと思いますが、クレジットカードの現金化は間違いなく多くの方に使用されているサービスです。

現金化で損しないためにも、使用する前にこの情報を見て、多くの方に役立てれば幸いです。