クレジットカード現金化の様々ある方法を解説します

クレジットカード現金化の様々ある方法を解説します

沢山ある現金化方法

クレジットカードを使って間接的に現金化する手段はふんだんにあります。

その中身や技術を解説します。

当然長所もありますが短所もありますので最後までびしっと読んでください。

現金化自体が『グレーゾーン』ですので充分にとご本人のなかで天秤にかけてみてください。

現金化というもの自体がいけない訳ではないのです。

その技術が問題なのです。

そのあたりを履き違えないようにご解釈下さい。

世の中総ての商売人が良い人ではないのです。

勿論そのようなものを使用して騙してやろうと腹積もりている人もいます。

ですから用心を呼びかけたり不審な専門家との取引だったりを回避させようと策を講じている訳です。

言うまでもなく総てがOKという事ではないのですが常識の範囲内で行う分には決して罰せられる事はないのです。

最初にカードを使って現金を入手する事が可能なのは何故?!

このWebページ若しくはこのページを閲覧して頂いてるという事はクレジットカードでの現金化を腹積もりていると考えます。

実のところに賃金業法改正により借りられなくなった方やそのせいで今日を生きられるか如何にかという人がいる事も事実です。

改正の目的は多重債務者を救済したいという事でしたが実際に救えたのはほんの一握りかもしれませんし、クレジットカードでの現金化を必須としている人がいる事も事実です。

実のところに実際、活用したいと腹積もりている人も決して少なくはない状況です。

では何故そのような状況でも現金が取得可能なのでしょうか。

普通に現金化のテクニックは間接的に行う技術です。

クレジットカードから直接現金に換える事はできません。

キャッシングは除こ買い物枠を活用してのアイテム購買をして調達したアイテムをご本人で現金に換えるか、プロが換えるかだけです。

つまり買い物したものを買い取ってくれる質屋だったり、オークションなどに出品して現金に換えるか、エキスパートが指定するアイテムをご本人が必須なプライスでショッピングしてその差額を専門家がキャッシュバックしてくれるという仕組みのどっちかです。

造作なくにまとめるとこの2通りのテクニックというわけです。

自分で現金に換える技術

ご本人で換金するという事はアイテムを買い物しなければなりません。

更に水準を満たすまで活用頻度が高く購買者も多々あるアイテムでなければなりません。

例を挙げると1万円で買ったものを3千円で売ってしまっては換金率が低くなってしまいます。

ですからブランド品やゲーム機器などの値が下がりにくいアイテムを選ばなくてはなりませんが、そういうものをいくつも調達しているとクレジットカード法人から査定が入り活用停止になる事例があります。

換金性の高いものは転売が予想されるので、いつも買わないようなハイグレード品を突然買ったりすると査定対象となりえます。

但し、ブランド品を買ったら即活用停止になるわけではないのです。

一般的な範囲内であれば問題ないのですが活用規約または約款などにもある通りカードでショッピングしたアイテムはその返金が完了するまでアイテムの所有権はクレジットカード法人にあるという事です。

ですから普通に償還完了前の転売はNGですがそれを見極めする手段はないのです。

では実のところには具体的にはどんな感じで現金化する事が可能なのか見てみましょう。

ブランド品の転売

ブランド品はユースド品でも非常に流行があり費用の低下が起こりにくいアイテムです。

俗にもショッピングされるためカード企業からも目を付けられにくい物品と言ってもいいでしょう。

男性からお渡ししたいものされた物を女が買取エキスパートに持って行ってお金に換えたというのは良く聞く話ですよね。

でも評判のあるアイテムは値段が高いアイテムが多く、換金率もトレンドなどに左右されやすいのがトレードマークです。

さらに、買取専門家によって値段が大きく異なる事もあったり、知識がないと購買したアイテムが偽物だったりという事も必ずにないとは言いきれません。

なのでアイテムを絞る事も大事です。

一例を挙げればロレックスやGショックなどはユースドでも認知度が高いため高く売れる事が多々あるです。

なおアジア圏内で認知度のあるものは観光客などからも買われるためエキスパートも調達したがります。

但し、定価が高いものに手を出し過ぎると換金率が下がる性質にありますのでご用心ください。

その上、シャネルやブルガリ、エルメス、グッチなどは年齢や男女を問わず好まれますが衣類や服飾品はイチ押しできません。

衣類関連はある事や大きさなどがあったりするとショッピング者の奥行きを狭めてしまいます。

その上、新アイテムのリリース頻度が高い事です。

新アイテムがでると痛むようになったフィーリングを与えてしまうので転売金額が低くなってしまう事がありますので配慮が不可欠です。

ブランド品の転売はオークションなどを使用したり可能な知識とそこそこ時にゆとりがあれば役に立つのではないでしょうか。

新幹線の回数券の買い物

ポピュラーなテクニックが新幹線の回数券の提供です。

単純に現金で購買すれば期限内かつ活用前であれば払い戻し可能なようになっているのですがクレジットカードで購買した事例はできません。

カード会社に利用の理由などを確認されます。

少々前までは最も手軽な手段だったかもしれませんが、現時点では回数券2セット以上調達はカードの活用停止をうたっているとカード会社が非常に多いです。

鉄道企業も調達枚数によってですが訳と身分証の提示を求められる事がありますので用心が必須です。

大量調達での現金化は困難なそうですがお小遣い程度であれば活用可能なのではないでしょうか。

なお、使用停止になったとしても不正使用でない事が認められれば解除してもらえますので必ずにNGという技術でもなさそうです。

現に金券店舗でも新幹線の回数券は良く売れるというのを聞いた事がありまし、期限が以前からずっと残っていて使用者の多々ある位置ならおおかた買い取ってくれます。

結論から言うとあまりお勧めはできません。

現金化可能なという事よりも危険性の方がレート的に大きいように感じます。

Amazonギフト券の提供

インターネットを使用している人でAmazonを知らない人はいないと言っても大げさではない世の中マックス級の巨大オンライン販売Webページ。

そのAmazonお店内での購入に使用可能なギフト券というのものが提供されております。

これを現金化する事ができます。

真っ先に、Amazonギフト券のショッピングテクニックは2つあります。

初めに『Amazon.co.jp』で買う手法をご解説します。

デジタルタイプと配送タイプをさらに綿密に選択する事ができます。

デジタルタイプにはメールで送信してデータ上のギフト券を入手する事が可能な物や直接アカウントに課金される物、PDFデータを印刷して使用する物の3種類があり、15円〜50万円の間を1円刻みで指定してショッピングする事ができます。

この技術は専門の買取専門家に転売する事ができますし、相当評判が高いのでオークションなどでは早期の転売もできるでしょう。

ですが悪い専門家などは入金前にギフト券番号だけ聞き出して連絡が取れなくなる場合も少なくはないようです。

加えてオークションなどでも8〜9割前後での提供が平均となってます。

もう一つの配送タイプは直接指定の住所に梱包されたギフト券が届くようになっています。

こちらは現実のカードが送られてきます。

こちらのアイテムもオークションなどにも出品されているのを多く見かけますが、仲間や知人へのお渡ししたいものなどにも使用される事がありますので転売が優位に進む事でしょう。

続いて『店頭』で買う技術をご解説致します。

店頭買い物はカードタイプとシートタイプを選択する事が可能なようになっており各々に取扱いショップが異なります。

各々にもち味をみていきましょう。

最初にカードタイプカードタイプ調達お店上述ストアにて調達する事ができます。

店頭のラックに掛かっているプラスチックカードがギフト券になり1500円〜5万円の間を1円刻みで指定してショッピングする事ができますが指定価格がお店により異なる事例もあるそうです。

こちらも転売ができますが、有効期限の記載がないのがポイントです。

買い物より1年と短いですから期限を忘れてしまったりすると使用できなくなりますので配慮が不可欠です。

もう一つがシートタイプです。

カードタイプ買い物ストア上述お店でショッピングできます。

殆どコンビニです。

店頭に据え付けしたマルチメディア端末を入力・操作して、紙のシートにギフト券番号が印字され出力されるタイプのAmazonギフト券です。

当然転売はできるですがあまり有効ではないようです。

こちらも有効期限の記載はないのですが発効日から3年と長い設定になっておりますので長期での転売なら活用可能な事でしょう。

ただ、どっちの場合も我が家から近くに提供店がある事や我が家で完結できない事に不便性を感じます。

どの手段も有効期限までに提供しなければならないという悪い面はあるものの、認知度も高いAmazonギフト券であれば全く売れます。

配慮としては専門の買取専門家に騙されないように気を付けなければなりません。

オンライン上にある評判などは一通りを信用してはいけません。

加えて、オークションなどでも水準を満たすまでの駆け引きが不可欠になってきます。

あまり安い代金でうってしまっても良い事はないのですから。

そもそもAmazonギフト券を安価に仕入れる事が支障がなければ換金率も高くなるという事です。

オークションなどで数%でも安価に買い物して転売する事が支障がなければ良いのでが安価に提供されているものの中には有効期限が近い事例があります。

一般の格安スーパーと同じ原理です。

さらに、クレジットカードなどの極意寄与なども有効に活用可能なといいですね。

他にも専門の提供店などで安価に買い物する事も可能なようです。

 

ただ、今頃はAmazon側で多彩な転売規制を仕掛けてきているため、長い目で見たケースはやがて使えなくなる手段かもしれません。

評判ゲーム機器の転売

ゲーム機器関連の転売は俗にも拡大してますので需要と供給のバランスのとれた市場と言えるでしょう。

元は未開封の新品です。

水準を満たすまでトピックの新作ソフトか機器本体がお勧めです。

そして、ファンが多くいる認知度の高い物の続編などのよいでしょう。

元来は、ゲーム市場はユースド品提供をめぐりゲームメーカーなどが争ってきた事で反対にユースド市場が確立してしまっています。

それ故、新品ではなくユースド品を一番目から目的にショッピングしようとしている人が多々あるですから新作ソフトなんかでは9割近いプライスで転売もできるです。

その上、買取専門店などでは地域により多額で買い取ってくれるアイテムがバラバラです。

地域により売れるアイテムに相違が出る事も多々あるので一つのところで低額であっても隣の店では多額で買い取ってくれるかもしれませんので実お店は何個か回るようにしたほうがよいでしょう。

その上、オンライン転売では少々のゆとりがあればまわりの同じアイテムの提供額をみて100円でも安ければ直ぐに売れる事でしょう。

但しゲーム関連のアイテムは単体の値段や使用可能なゲーム機器本体が限定しれてしまいますのでそのあたりも考慮しないといけません。

その上、同じようなアイテムをいくつもクレジットカードで買い物するのは現金化目的と捉えられてしますかもしれませんので用心が不可欠です。

昨今ではゲームメーカーもインターネットを使用しての対戦や課金ルールを活用している事もあり、ソフト自体が専門Webページからのダウンロードを採用してきております。

ポータブルソフトなども今後はオンラインからのダウンロードが採用されてくる事になるかもしれません。

電子マネーからの償還

ここ数年で増加性質にある電子マネーでの現金化の裏技を解説します。

初めに電子マネーで購買して不不可欠なものはキャンセルする事ができます。

これはクーリングオフというある一定期間、限定しれたアイテム分類ですが、解説無用で無条件でエントリーの撤回または契約を解除可能な法決まりがあります。

これにより取り止め・キャンセルができるです。

そうすると電子マネーで返ってくるのではなく販売元のレジやデータ管理上、現金でのキャンセルとなる事が殆どです。

これで入手する事が出来ますが、クレジットカードで買い物しても同じでは?と思った事でしょう。

カードでも平気ですが、電子マネーでもできるです。

それにクレジットカードから電子マネーに入金が可能なんです。

これにより電子マネーでの現金化の技術が活用可能な訳です。

これは最上の手法でほぼ100%の現金化ができるではないでしょうか。

但し、時が必要になるという事や何度も短期間での活用は危ういであるという事です。

しかも、クレジットカードから電子マネーへの入金は殆どのところが1回払いの設定になってしまっているところが多々あるです。

このあたりは心積もりたほうがよさそうですね。

あとはたくさんな極意です。

直近でほぼ全部といっても良い位のショップで着眼点が寄与されます。

勿論、全国区の要点や店舗独自のものなど諸々ですが、今や巨大資本銀行前もが秘訣仕組みを使用しております。

銀行のポイント、PontaポイントやTポイント、ANAマイル JALマイル、楽天ポイントなどに変換する事もできるです。

その上アイテムへのチェンジなどもできますから口座を紹介してお月給などの指定口座にするだけでポイントがもらえます。

その上引き落としや振込みでも付け足しされますから使用したほうがリーズナブルです。

クレジットカードで買って要点を貯めて、その入金で引き落とされて要点が貯まります。

それらの秘訣を全部電子マネーへ変換する事もできるですので更なる使用テクニックも見つかるのではないでしょうか。

他にも、これらを取り合わせたほうがクレジットカードの危険性も回避される事でしょう。

電子マネーの最終手段が買取です。

電子マネーを買い取ってくれます。

こんな有益な事はないと思ってる事でしょう。

これらの専門家自体が信用可能な専門家か如何にかが最上の問題点です。

オンラインの評判を見ても実質55%〜70%での買取が平均となっているようで正直相当低いです。

即日買い取りしてくれるストアも調査してみるとまだ少ないようですので今後はわかりませんが現況は常套手段とはいかなそうです。

上記をまとめると

総称して真っ先にいえる事は換金業者探しとアイテム探しです。

信用可能な買取プロや買取Webページが見つかれば転売も良いと思えますし、売れるアイテムを分別られるようになればこれだけでも困らないくらいになりそうです。

ただある事が大前提。

お急ぎの方や必然的に今日望むという方には向いてません。

その上、アイテム選択しなどに時を費やすくらいならカード現金化に注文してしまった方がトータル的には損は無いような気もします。

一度や二度くらいであれば試しに行ってみても良い気はしますが、転売などでは大きく損をする確率もゼロではないので時期なども重要になってくると考えます。

転売は、需要を探すセンスが必要なので、自信のない方はリスクが高くなりますが、逆に言うとせどり生活を送っている方には向いている方法です。

一例を挙げればアイテム自体に供給と需要のバランスが取れていないものについては価値が出ます。

名高いアパレル店などの福袋は値段以上のものが入っている事が多いので、で転売目的での調達者もいるくらいです。

あとは、iPhoneなどの新作は並べば需要が上がりますし、売り出しから1ヶ月くらいは定価以上のプライスで取引される事も多々あります。

そのような所に目をつけて選ばれるのもいいと考えます。

なお、お家屋の地域でも買われる(プレミアが付く)アイテムが違うのでそういうものを見つけるのもありです。

現金化するモノはその時の需要と供給にさ左右されます

このように、現金化とはほとんどの場合、現金化するものが需要や価値があって成り立つものです。

需要の大きさにより取得金額と現金化価格は乖離性が高くなるので、場合によっては元値以上のお金を得たりすることができます。

ただし、利益を出すには相応のセンスと元の資金が必要になるので誰でもできるわけではありません。

現金化するということは、現金が欲しい時、現金が必要な時が多く、現金化をするモノの価値はほとんどが、取得金額以下になります。

様々な現金化方法がありますが、栄枯盛衰、長い間続いているものはほとんどありません。

その中で30年以上の間、決められた換金率で24時間365日年中無休でいつでも即日現金化できるのがクレジットカード現金化です。