クレジットカードのショッピング枠現金化をする8個の方法

クレジットカードのショッピング枠現金化をする8個の方法

この記事の目次

クレジットカード現金化のまとめ

クレジットカードの買い物枠を現金化する方法は色々。

いろいろの現金化技術を解説し、その良い面・短所を検証します。

買い物枠を現金化する方法はだいたい2つです。

現金化業者を使用して現金化する自身でアイテムを売買して現金化するどっちが良いかは人によります。

現金化業者でやる現金化は、クレジットカードが使用停止となる危険性は低いが、実質還元率は80%以下。

いくつかの現金化業者の予算を比較できるサイトもあります。

自身で売買する現金化は、クレジットカードが利用停止となる危険性は高いが、手順によっては高い還元率を実現できる。

けれども、確実に即金を手にしたいなら現金化業者による現金化が軍配が上がります。

リスクを含んでも高換金にこだわりたいなら自身で現金化に軍配が上がります。

現金化業者の優れている点を知るには、実際の体験談や口コミチェックしたいところですよね。

貴女に合った方法に当てはめて、ベストな現金化技術を選択してください。

クレジットカード現金化とは
クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化とは、「クレジットカードで買い物した物を売って現金を得る」手段の事です。

本人でモノを売買して現金化するのは手間な事から、クレジットカード現金化を専門とする現金化業者が影響します。

現金化業者の優れている点を知るには、実のところの事例をチェックしたいところですよね。

従って俗にいう「クレジットカード現金化」は、現金化業者を使用する事を指します。

現金化業者の優れている点を知るには、実のところの事例をチェックしたいところですよね。

クレジットカード現金化と言っても、厳密には「クレジットカードのショッピング枠現金化」が正しい表現です。

現金化業者には、キャッシュバック特典という形で現金を供給する「キャッシュバック型」と、アイテム自体を買い取る事で現金を供給する「買い取り型」の2種類があります。

近場の現金化業者さんは、トラブルがあった事例に直ちにに来ててくれる心配無用感があります。

クレジットカード現金化法律的にはどうなの?
クレジットカード現金化法律的にはどうなの?

法律的には平気なの?

明確言って、クレジットカードの現金化は「グレー」なところがあります。

ただし、査定もなく即金を手にできるのは、クレジットカードの現金化だけなのです。

このサイトを参照の方は多分に、即金を確保できるカード現金化を考えていると思います。

時と事例によっては、クレジットカードの現金化が必要な場面もあります。

世の中で必須とされているサービスであるのは、まぎれもない事実なのです。

買い物枠現金化ってどういった事?

買い物枠現金化買い物枠の現金化とは、クレジットカードについている調達の枠(買い物枠)を現金に換えるというものです。

お金を借りる事のできるキャッシング枠もついていますが、買い物枠に比較して価格が格段に少なく、直ちにに使い切ってしまってそれ以上はお金を借りる事ができなくなります。

ただし、買い物枠が残っていれば買物はできますので、それを売って現金に換えるのです。

つまり、どこかにアイテムをショッピングする形で現金化を行います。

買い物枠現金化手法は色々ですが、だいたい2種類の手法に区分られます。

現金化業者を利用し、即日で現金化を行ってくれるサービスを利用する自ら自分で金券などをクレジットカードで買い、それを売って現金化するどっちの時でも、結果的には現金を得る事ができますが、楽々に即金を求めるなら現金化業者を利用したほうが良いですし、手間を惜しまず高換金率を意識したい人なら、自身自分で売買する現金化がベストでしょう。

自身の目的にマッチした現金化業者を選択したいですよね。

ショッピング枠現金化の2つの手法の良いところ、悪いところを教えて~
ショッピング枠現金化の2つの手法の良いところ、悪いところを教えて~

2つの手法の良いところ・悪いところを教えて?

現金化方法現金化業者を使用するカードで買ったアイテムを自らで売るこの、2種類の方法の長所悪いところを、わかりやすく箇条書きにします。

近場の現金化業者さんは、トラブルがあった事例にすぐに来ててくれる心配無用感があります。

現金化業者でやる現金化使用停止の危険性が低く、手っ取り早いに即現金を手にできる、それが、現金化業者でやる現金化です。

自身の目的に当てはめた現金化業者を選択したいですよね。

現在もう現金が必要で、80%以下の還元率でもやむを得ない、という方におすすめの方法です。

現金化業者でやる現金化の良いところ現金化業者でやる現金化すぐに現金が振り込みで手に入る24時365日利用できるオンラインバンクを使用すればどんなときでも振り込まれるショップに行かなくていいです。

スマートフォンで直ちにに現金化できる楽々で手軽にに何度も利用できる常連になれば高還元率の待遇が受けられます。

カード決済代理法人を通すので、利用停止の危険性が常に低く還元率が安定しています。

たくさんな現金化業者を比較吟味でき、高い還元率の現金化業者を選定する事ができます

クレジットカード現金化業者の短所
クレジットカード現金化業者の短所

現金化業者でやる現金化の短所

還元率はだいたい80%以下になる事が多々あるまれに悪徳現金化業者に当たってしまう見込みがあります。

自らで売買する現金化使用停止の危険性があり、その上手間が必要になります。

それが、自身で売買する現金化です。

近場の評判や口コミは、現金化業者さんにとって死活問題となるので、利用者に信用されるよう努力をする業者も多くなっています。

危険性を受け入れ、時と手間がかかっても高還元率を実現したいという方だけに推奨の手法です。

クレジットカード現金化でお金を沢山手にすることができました。
クレジットカード現金化でお金を沢山手にすることができました。

自らで売買する現金化の長所

自らで売買する現金化

手順によっては還元率をマックスに高める事ができる

自らで売買する現金化の悪い面

換金率の高いアイテムはクレジットカード企業も目を付けているため、使用停止の危険性にいつもさらされる

換金率の高いアイテムを調達し、高く買い取ってくれる店に持ち込む必要があるため、大いに手間が必要になる時と手間が必要になるため、すぐに現金を手に入れたい人には向かない

換金率の高いアイテム、高価の買取現金化業者はいつも変化するため、情報収集がすごく骨が折れるお店に行ったり、アイテムを発送するなど、適度の労力が必要になる

買い物枠の現金化が問題になっている訳

買い物枠の現金化が問題なのは、多重債務を助長する事になるからです。

いくつかの現金化業者の予算を比較できるサイトもあります。

ローンが雪だるま式に膨れ上がる人の特色として、ローンにローンを重ねる事が挙げられます。

現金化社会問題

キャッシング枠が一杯になってしまったら、今度は買い物枠を使って現金を作ろうとするのです。

現金欲しさに買い物枠を現金化しても、後にその買い付けの返金をしなくてはならないのはもちろんです。

ただし、お金が必要なのは「実際」です。

「実際」をやり過ごす事ができるのなら、その後の返金の事など心積もりていられません。

突然現金が必要になった事例に、査定を必要とせず、すぐに現金が手に入るのは、クレジットカード現金化だけなのです。

加えて、即日で換金してくれるサービスを展開しているのが、クレジットカード現金化業者になります。

いくつかの現金化業者の予算を比較できるサイトもあります。

クレジットカード現金化には2種類ある
クレジットカード現金化には2種類ある

現金化業者には2種類の方式がある

現金化業者を使えば即日換金ができるので、すぐに口座に振り込んでくれます。

要望を伝えていくつかの予算を取る事で時価が把握出来、その領域を優れているとした良好な現金化業者を解説してもらえるかもしれません。

現金化のテクニックには、「キャッシュバック方式」と「買い取り方式」の2種類の方式がありますが、今頃はキャッシュバック方式が多数派となっています。

買い物枠現金化キャッシュバック方式とは?

例をあげると、「5万円の提供プライスで、4万円のキャッシュバック特典が付いているアイテムを買う」という方式で現金を得ます。

よくある「このアイテムを買った方に、もれなく◯◯をお渡ししたいもの」と同じ見解です。

購買するアイテムは100円店舗で売っているような、ほぼ無美点なアイテムとなります。

ほぼ無長所なアイテムを、5万円とか高価で提供するので「4万円のキャッシュバック」という、普通ではあり得ない事ができるとなります。

詳細は割愛しますが、「商取引」の体裁を取って法律面を達成しています。

買い取り方式とは?

買った値段と同じくらいで売る事ができる、換金率の高いアイテムを調達し、そのアイテムを現金化業者が買い取る方式で現金を得ます。

自らの目的に組み合わせた現金化業者を選択したいですよね。

アイテムは、金券や家電など、現金化業者が指定したアイテムになります。

いくつかの現金化業者の予算を比較できるサイトもあります。

現実問題、自ら自分でアイテムを売買する事でも現金化はできますが、買い取り方式の現金化業者なら「このアイテムを買えば手元にどんだけ来る」というのが確約されています。

自らの目的にマッチした現金化業者を選択したいですよね。

どれだけ手元に残るのかが最肝心の利用者にとって、換金率が確約されているというのは最大限の長所です。

買取式は「クレジットカードでアイテムをショッピング → 売り渡し」 という流れを踏みますが、現金化までの流れはとてもスムーズです。

法律面としては、アイテムを買い取る都合、買い取り方式の現金化業者は「古物商許可」を取得していないと法律違反となります。

要望を伝えていくつかの予算を取る事で時価が把握出来、そのフィールドを優れているとした結構な現金化業者を解説してもらえるかもしれません。

手数料に配慮!

ただ、どっちの方式とも、他にに色々な手数料が引かれますので、最終的な還元率は現金化業者によって異なります。

要望を伝えていくつかの予算を取る事で時価が把握出来、その方面を優れているとした結構な現金化業者を解説してもらえるかもしれません。

従って、現金化業者同士で還元率の比較をする事は価値があるです。

現金化業者の得手不得手を知るには体験談や口コミ、ランキングなどのチェックしたいところですよね。

現金化の一例を挙げれば、5万円のアイテムを調達し、その特典(キャッシュバック)として4万5000円が振り込まれるというようなものです。

この時の還元率は90%です。

その上色々な手数料が付されますので、最終的に80%以下で現金化されるのが一般的です。

「最大限98%の還元率!」と公言している現金化業者でも、「98%になるのは300万円以上」、「現金化まで1週間必要」という条件を説明され、ウェブサイトに掲載している還元率は実現されません。

近場の評判や口コミは、現金化業者さんにとって死活問題となるので、安心してもらえるよう相違工夫を行っている業者が増えてきています。

利用者も即金を必要としているのでしょうがなく、現金化業者に言われるまま80%以下で承諾するのが通例です。

自身の目的に当てはめた現金化業者を選択したいですよね。

けれども、自身で売買する方法「アイテム券を買って買取店に持ち込む」「ブランド物を買って買い取りしてもらう」等々の面倒くささを考えれば、手間なく即振り込んでもらって70%~80%ですから、悪くはないでしょう。

さらに、現金化業者が間に入っているので、カード使用停止になる危険性が少ない技法と言えます。

いくつかの現金化業者の予算を比較できるサイトもあります。

現金化業者のイベントなどをうまく利用する事により、より高い還元率で現金化する事もできるになりますので、イベントは積極的に利用しましょう。

煩わしいけど自身で売買して現金化

やりたい買い物枠現金化

「買い物枠の現金化」と聞くと、悪徳現金化業者のトラブルに遭ってしまった人たちの評判などから、リスキーな印象がぬぐいきれないものです。

いくつかの現金化業者の予算を比較できるサイトもあります。

加えて、現金化業者に払う手数料が安価にはないため、自らで現金化を行いたいと思う人も多々ある事でしょう。

自身でやれば手数料を引かれる不安はないのですし、還元率を最大限に高める事ができるになります。

自らで売買して現金化する方法はいろいろ影響します。

ここでは、自らで売買して現金化する技術について見てみましょう。

ただ、手間が必要になるのと、換金性の高い高価アイテムの買い物は、クレジットカード企業に目を付けられる見込みが高いのが致命的です。

クレジットカードで買い物したアイテムを売ってお金にすればよい訳です。

アイテムとそれに付随するキャッシュバックで現金を得るのが現金化業者を通した現金化であるのに対し、こちらは物品そのものを売ってしまうわけですね。

お願いを伝えていくつかの予算を取る事で時価が把握出来、その領域を優れているとした優秀な現金化業者を解説してもらえるかもしれません。

需要があり売れるアイテムを用意することが大事

ではどんなアイテムを選ぶかと言う事ですが、どのような物でもユースド品として高く買い取ってもらえるという訳ではないため、ユースドでも高く売れるものを選り抜く必須があります。

換金性の高い物品の例としては、・ゲームソフト・ゲームハード・ブランド品(バッグ、貴金属、洋服、時計など)・百貨店共通商品券・新幹線回数券等がありますが、換金性の高いアイテムのショッピングはクレジットカード企業も目を光らせているので、気を付けて選ぶ必要があります。

ゲーム機やハイグレードブランドバッグなどは欲しがる人も多々あるためユースドでもブームのアイテムですが、あまり還元率はよくないのです。

留め具に安らぎのある金を利用し、材質にも固執したた常に役に立つ商品です。

ゲーム機の事例では、新品で未開封の様子で売ったとしても還元率は50%を切る事もあるほどです。

大注目の型や最先端のものでも80%程度で買い取ってもらえればかなり良い方であると言えます。

これに対して、新幹線の回数券などはかなり高い還元率で買い取ってもらえます。

ブームのアイテム券ならば額面の95%以上で買い取ってくれる事もあるほどで、現金化業者が供給するキャッシュバック式現金化サービスよりもかなり割がいい事があります。

近場の現金化業者さんは、トラブルがあった事例にすぐに来ててくれる心配無用感があります。

しかし、これらを調達したときの利用履歴をカード企業が見張っているため、しょっちゅうに新幹線の回数券を購買している事実が判明すれば、カードを利用停止にされる事があります。

換金率の高いアイテムクレジットカード法人の使用規約では、「現金化目的の利用は禁止」と明確に記載されています。

法律的にも、クレジットカード決済した物品の転売は、原則できないのです。

クレジットカードで調達した物品の所有権は、返金が完了するまでは、クレジットカード企業に所有権が留保される形になっています。

これを転売する事は規約違反であり、厳密に言えば法律違反でもあります。

万が一露見すればカードは使用停止です。

対し、現金化業者を使った事例は、物品をショッピングしてキャッシュバックという付帯サービスを得る形です。

現金化業者の得手不得手を知るには、実のところの時をチェックしたいところですよね。

「キャッシュバック」は商法上「値引き」に該当しますので、物品の所有権等は係りないのです。

こういったニュアンスでも、クレジットカード現金化業者を使用する良い面はあるというのは覚えておきましょう。

近場の現金化業者さんは、トラブルがあった事例に直ちにに来ててくれる心配無用感があります。

換金性の高い商品を選ぶことが大事
換金性の高い商品を選ぶことが大事

「換金率の高いアイテム」を具体的に言うと?

では、換金性の高いアイテムを使った現金化を具体的に見ていきましょう。

ざっとどんなアイテムが換金性が高いのか、その上各々のアイテムにどれほどの留意点があるのか、知っておかなければ損をする知識は数多くあります。

ブランド品

ブランド品は換金性が高いアイテムであり、クレジットカードでショッピングする人も多々あるため、カード企業にはバレにくいアイテムです。

買い物枠現金化の利点

キャバクラ嬢が男性から貢がれたブランド物を買取現金化業者に持ち込んでお小遣いを得ているなどという話もよく聞きますね。

ブランド品を買い取る現金化業者もふんだんにあるため、ものによっては転売に向いているアイテムの一つと言えます。

要望を伝えていくつかの予算を取る事で時価が把握出来、その方面を優れているとした結構な現金化業者を解説してもらえるかもしれません。

しかし、総てのブランド品が換金性が高いかと言えばそうではないのです。

ブランドはブランドでも、ブームのないブランドは換金性がとても低くなります。

一流のこだわりを持った人が選択してだブランド品でも、認知度が低ければ換金性はぐっと下がるのです。

換金性が高いブランド品の良い例は、エルメスシャネルブルガリヴィトンなどです。

時計ならばロレックスは値打ちが大いに下がりにくいです。

同じリッチ時計でもオーデマ・ピゲ、ルブタン、パデック・フィリップはロレックスよりも複雑で手の込んだ高級時計と認識されています。

しかし、いくらロレックスよりも上と言ってもそれだから換金率が高くなるわけではありません。

換金率は需要と供給が決めるモノなので、日本では圧倒的知名度とゆるぎない人気度を保つロレックスが一番値崩れがしにくい安全性と、豊富な需要~換金率が高いと言えましょう。。

買い物枠現金化悪いところ

ブランド物の時価はいつも変化しますので、先日は新品値段の70%で買い取ってくれた物が、今日も70%で買い取ってくれるとは限りません。

その時価を一般人が知る事はとても手を焼くです。

さらに、ブランド物の買取店は、転売して利益を得ているため、買取現金化業者の利益分は還元率が落ちるのが通例です。

お願いを伝えていくつかの予算を取る事で時価が把握出来、その方面を優れているとした結構な現金化業者を解説してもらえるかもしれません。

また、認知度の高い名高いなブランド品であったとしても、種類によって買取プライスは大きく異なります。

特に服飾品は流行り廃りが激しいため、値崩れして高く売れない事もよくある事です。

買取代金が高いブームのバッグを買ったところ、新しいものが出て突然買取代金が下がってしまう事もあります。

肩にかけた事例の見映えが愛くるしいんです。

ブランド物は厄介なですが、値崩れがしにくいもので言えば時計が良いでしょう。

時計は年季の入った型を特別に求める人も非常に多かったり、材質の金色やプラチナに値打ちがあったりするため、値崩れがしにくいのです。

万が一ブランド品を転売する事で買い物枠の現金化をしようと思うならば、ブランドとアイテムの買い取り額のリサーチはしっかりと行うべきです。

とはいっても、どんな感じでリサーチをしても、おそらく換金率は70%もあればよい方でしょう。

以下に解説する他の方法と比べると、割のいいものとは言えませんし、時価がいつも移り変わりするため、一般人向けの現金化ではないのです。

ゲームソフト、ゲームハード買い物枠現金化

換金性の高いアイテムの一つにゲーム機があります。

高く売れるゲーム機としては、大注目が高く新しいハード、また未使用未開封が要件となります。

ショップによっては80%程度で買い取ってくれる事もあります。

あまりない事ではありますが、ハードの流行が沸騰した結果品薄状態になった事例などは、定価以上で売れる事もあります。

この他、ハードでなくともゲームソフトも意識し目です。

好評のソフトならば80%以上で買い取ってもらえる見込みがあります。

ゲーム機で買い物枠の現金化を狙うならば、初めに多額で買い取ってもらえるアイテムを徹底的にリサーチしましょう。

万が一間違いしてしまえば換金率50%を切ってしまう事もザラであり、二束三文で買い取られてしまう事もあるかもしません。

さらに、ゲーム業界は流行り廃りが激しいため、時期を損なわない事も大事です。

痛むようになったものが換金に適していない事は言うまでもないのです。

加えて、ゲーム機で現金化の留意点として1個の金額がそれ程高くない事があげられます。

ゲーム機のいくつかの買い物はカード法人に直ちに目を付けられます。

同じゲーム機を2台も買うのは、明らかに換金目的ショッピングと見られてしまうからです。

商品券・ギフト券の買い物枠現金化

アイテム券やギフト券は大いに換金率が高く、90%以上の換金率で買い取ってもらう事ができます。

大抵チケット買取現金化業者で買い取ってもらう事ができます。

お願いを伝えていくつかの予算を取る事で時価が把握出来、そのフィールドを優れているとした結構な現金化業者を解説してもらえるかもしれません。

しかし、この換金率の良さのために買い物枠の現金化に利用する人が後を絶たず、カード企業も厳しく見張っています。

クレジットカードで買い物できない事が多々あるばかりか、明細書の中に多くのアイテム券やギフト券が見られる事例には、カード法人から使用停止措置を取られる事もあるのです。

前提はいいものの、現金化には利用しにくいというジレンマがあります。

クレジットカードでの商品券の買い物は、クレジットカード法人が現金化撲滅のために厳しく規制したため、実際ではおおかた使えない方法です。

新幹線の回数券買い物枠現金化

ここまでたくさんなものを挙げてきましたが、最も換金率が高いのは新幹線の回数券です。

アイテム券やギフト券とは異なり、決済にクレジットカードを選択する事もできるであり、とても高い換金率で買い取ってもらう事ができます。

ショップによっては95%以上の換金率で買い取ってくれる事もあります。

新幹線の回数券の買い取り額は一律ではなく、区間によって異なります。

つまり、需要がある回数券であればあるほど、買取額が高くなるのです。

地方の新幹線の回数券よりは、都会の新幹線の回数券の方が高く売れるというのはもっともな事です。

とはいっても、これもアイテム券やギフト券と同じくに、換金性が高い事からカード法人も目を光らせています。

高い換金率を目指したいからといって、自身の住まう区から遠い区間の新幹線の回数券を調達したり、普通ならば考慮しにくいような大量の回数券をまとめ買いしたならば、完璧にあやしまれます。

そうでなくとも、新幹線の回数券をクレジットカードで買い物した時点で、一度使用停止にされたという話もあるほどです。

それほどカード企業は過敏になっています。

そのような時にも不正使用でない事を証明できるら利用停止を解除してもらう事ができますが、わずかでも不自然な点が見つかると利用停止の解除をしてもらえない事もあります。

つまり、新幹線の回数券はとても危険性が高い技術です。

筆者の仲間は、経営する企業が倒産し、自己破産を利用するときに支出者金融やクレジットカードのキャッシング枠から一通りの現金を引き出して、その上買い物枠の一杯まで新幹線の回数券を買って現金化をしていました。

とても危険性が高い方法であるため、いつもの人には必ずイチ押しできませんが、にっちもさっちも行かなくなった人が、「どうせ数日後にはクレジットカードが使えなくなるのだから」という解釈で利用するには裏技的と言ってもいいほど有効な手段となります。

こちらもとても危険性がある現金化で、即利用停止のリスキーを決心した上で行う現金化技術になります。

買ったアイテムをどこで買い取ってもらう?買い物枠現金化買い物枠現金化の場合、一つ目に価値があるな事は、現金化に使用する物品の選定。

また二つ目に価値があるなのは、いかに換金率の高い買取現金化業者で買い取ってもらうかと言う事です。

お願いを伝えていくつかの予算を取る事で時価が把握出来、その方面を優れているとした結構な現金化業者を解説してもらえるかもしれません。

考慮しられる現金化業者には、質屋、リサイクル現金化業者、チケット買取現金化業者、ユースドゲーム提供現金化業者などが考慮しられます。

いくつかの現金化業者の予算を比較できるサイトもあります。

結局、買い取りを要請する物のありがたみをしっかりと認識してくれる現金化業者に買取を注文する事がとても価値があるになります。

近場の評判や口コミは、現金化業者さんにとって死活問題となるので、応対が愛想のいいな事例が多々あるとも言われているようです。

一例を挙げれば、換金目当てにロレックスの時計を買ったとしましょう。

この時、単なる質屋に売るのは間違いです。

質屋もそこそこは長所を認めてくれますが、到底、ユースドブランド時計専門店には及びません。

ゲーム機会にしても、やはり高評価のゲーム機をショッピングしたにもかかわらず、ユースドゲーム提供現金化業者ではなく、単なるリサイクル現金化業者に持っていってしまったら、びっくりするような低い換金率で買い取られてしまいます。

自らの目的に当てはめた現金化業者を選択したいですよね。

買い物枠現金化その物品ごとに特化した買取店に申し入れする事が重要です。

買取金額に精通した人なら、お薦め高く買ってくれる店を知っているでしょうが、そうでない限りは、最高高い買取値段を付けてくれる店を見つけるのは困難です。

特にブランド品を売る時には、その特定のブランドに強みのある現金化業者に買取を要請すべきです。

自らの目的にマッチした現金化業者を選択したいですよね。

他にも、意外な高値で売れる確率があるのがオークションです。

オークションでアイテムを閲覧していると、「なんでこの時計にこんな高値がついているの?」と思うような事例があります。

ただし、反対に「この時計がこんな安値で買えるなんて!」と思う事もあります。

オークションは良い面・悪い面があります。

高く売れる見込みがある一方で、全く入札がなかったり、低く落札される見込みもあります。

さらに、出品に際しては出品手数料がかかりますので、その危険性を許容したうえで利用しなくてはなりません。

オークションは時もかかり、手数料もかかります。

即日現金を手にやりたい方にはまったく向かない方法です。

結局何を選べばいいのか買い物枠現金化ここまで読んで、「結局何がいいの?」と思った人は多々あるでしょう。

賛否両論ありますが、お薦めは現金化業者を利用した現金化でしょう。

現金化業者を選定するときの要点として、サポートやアフターケアシステムの充実度も挙げられます。

換金性の高さだけで言うならば、商品券・ギフト券・新幹線の回数券などがトップいいのですが、利用停止の危険性も高く手間がかかります。

金券類は使用停止の危険性がとても高いほか、そもそもクレジットカードでの買い物に応対していない事も多々あるです。

これに対して、ゲーム機やブランド品ならばカード企業からわりとあやしまれずに購買する事ができますが、必ずではないのです。

換金性の高い物品で、買取店を適切に選べば80%くらいの換金率を叩き出す事ができるかもしれません。

けれども、まったく手間がなく、即現金化できる現金化業者で70%台の還元率としたら、どっちが良いでしょう…私なら、70%の還元率でも手間なく現金化できる現金化業者を選択します。

近場の評判や口コミは、現金化業者さんにとって死活問題となるので、スタッフが親身な事例が多々あるとも言われているようです。

換金性の高いアイテムのまとめ買いは使用停止のきっかけになる買い物枠現金化

このサイトを閲覧している人は、なんとか買い物枠の現金化ができないものかと思って閲覧している人が多々あるでしょう。

貴方のように心積もりている人は多く、それらの人たちは換金性が高いアイテムの現金化を狙っています。

けれども、忘れてはならないのは、換金性が高いアイテムの転売を狙っている人は数多くいると言う事です。

それだけに、大注目のゲーム機、新機種のiPhoneなどをこれらの人々がこぞって買い求め、品薄でプレミアが付き、定価よりも高く買い取られる現象が起きる事があります。

このように、買い物枠の現金化は時として社会の需給関連に影響を及ぼす事もあります。

だからこそストア側から、現金にしろクレジットカード決済にしろ、「おひとり様XX台まで」というような規制が設けられる事が多々あるです。

それと知らずに数多くのお店を回ってまとめ買いをすれば、カード法人は「この人は換金目的に差異ない」と決断して、利用停止にしてしまう事があります。

むしろ、社会的に品薄になるほどの注目商品をクレジットカード決済でまとめ買いしようものならば、利用停止になる見込みはとても高いと言えるでしょう。

対し、クレジットカード現金化業者を利用した現金化は、わりと心配無用といえます。

近場の現金化業者さんは、トラブルがあった事例に直ちにに来ててくれる心配無用感があります。

なぜかというと、「決済代理企業」を通しているからです。

クレジットカード現金化は現金化業者と呼ばれる専門の換金業者を使うことをおススメします
クレジットカード現金化は現金化業者と呼ばれる専門の換金業者を使うことをおススメします

その実、現金化業者を使ったほうがバレにくいバレない現金化

クレジットカード現金化のテクニックには、換金性の高いアイテムを自身で売買して現金化するクレジットカード現金化業者を使用して現金化するおもにこの2つがあります。

現金化業者の優れている点を知るには、実のところの時をチェックしたいところですよね。

驚いたことになく、自身で売買してこっそり現金化したほうがバレにくいように考えますが、その実逆で、現金化業者を使用したほうがバレにくのです。

いくつかの現金化業者の予算を比較できるサイトもあります。

これは、自身で売買する時は換金性の高いアイテムの利用履歴が残るのに対し、クレジットカード現金化業者を利用した事例は決済代理法人を通すため、「何を買い物したのか」が理解しづらくなるためです。

現金化業者の得手不得手を知るには、実のところの時をチェックしたいところですよね。

決済代理法人のカラクリ

現金化決済代理法人

クレジットカード企業は現金化を禁止していますが、現金化業者がクレジットカード決済ができてしまうのは矛盾が生じますよね?

現金化を撲滅したいなら、現金化業者がクレジットカード決済できないようにすれば良いだけの話ですが、事はそう手軽にではないのです。

現金化業者を選択するときの極意として、サポートやアフターケアシステムの充実度も挙げられます。

クレジットカードの決済をするには、カード企業の算入店になる必須がありますが、無論現金化業者が加入店になる事はできません。

いくつかの現金化業者の予算を比較できるサイトもあります。

そんな訳で、「決済代理企業」という、クレジットカード決済をする専門企業を通す事により、現金化業者がカード決済をできるようにしているのです。

要望を伝えていくつかの予算を取る事で時価が把握出来、その領域を優れているとした良質な現金化業者を解説してもらえるかもしれません。

言うまでもなく、クレジットカード法人は、決済代理企業が現金化業者の決済をしているのを理解できていません。

だからこそ、継続的に現金化業者がクレジットカード決済ができるのです。

自らの目的に当てはめた現金化業者を選択したいですよね。

決済代理法人も危険性はあるが…「決済代理法人が現金化業者の決済をしている…」そのような事実が、万が一クレジットカード企業に分かってしまった事例は、決済代理法人は、即刻取引停止を食らうでしょう。

いくつかの現金化業者の予算を比較できるサイトもあります。

そのような危険性がある現金化業者の決済ですが、決済代理企業はなぜ、そのような危険性を背負ってまで現金化業者の決済をするのか…それは結局、手数料が豊富にもらえるからです。

現金化業者の優れている点を知るには、実のところの事例をチェックしたいところですよね。

決済代理法人もいけない事とは分かっていつつも、一般的な会社よりも多くの手数料収入があるため、背に腹は代えられないという事なのです。

だから決済代理法人は、現金化業者の決済と納得出来ないようにたくさんと独自性をしています。

近場の評判や口コミは、現金化業者さんにとって死活問題となるので、扱ってが気遣いがあるな事例が多々あるとも言われているようです。

いつものクレジットカード使用の決済が月に何十億もあるうち、現金化業者使用の決済が12億混ざっていたとしても、クレジットカード法人は理解しようがないのです。

お願いを伝えていくつかの予算を取る事で時価が把握出来、その専門を優れているとした良好な現金化業者を解説してもらえるかもしれません。

現金化業者を使うことがリスクを減らせ確実にお金を手にすることができます。
現金化業者を使うことがリスクを減らせ確実にお金を手にすることができます。

自らで売買する現金化よりも、現金化業者の方が心配無用

クレジット現金化

いままで述べてきた事実から分かる事、それは、「自らで売買する現金化よりも、現金化業者を利用した現金化のほうが利用停止の危ういが少ない」という事です。

近場の評判や口コミは、現金化業者さんにとって死活問題となるので、扱ってが懇切丁寧な時が多々あるとも言われているようです。

俗に現金化業者の還元率は、70%〜80%の間と言われています。

いくつかの現金化業者の予算を比較できるサイトもあります。

20〜30%取られますので決して安価にない手数料ですが、その分心配無用が手に入ると思えば、「現金化業者を利用する良い面はある」という結論になります。

要望を伝えていくつかの予算を取る事で時価が把握出来、その専門を優れているとした一流な現金化業者を解説してもらえるかもしれません。

返品キャンセル現金化

現金化の方法はこれだけではないのです。

キャンセル処理を使用して現金化する事ができます。

つまり、クレジットカード決済でアイテムを購買して、それをキャンセルする事で現金を受け取るのです。

返金で現金化用心すべきは、キャンセルは翌日以降にするという事です。

クレジットカード決済をしたものは、即日中であればクレジット処理の取り消しで済まされるため、現金を受け取る事ができないのです。

けれども、翌日以降になるとデータがカード法人に送られてしまい取り消し処理ができなくなります。

となると、デフォルトでは口座から引き落とされてしまう事となるため、店は現金で払戻しを行うほかなくなります。

この方法ならば100%換金されるため、換金率を考慮する必須もないのです。

実は私の実体験によるものです。

ドン・キホーテで3万円ほどのサングラスをクレジットカードでショッピング決済しました。

帰宅後箱から取り出すとサングラスの螺子が壊れていることに気付いたので、翌日レシートを持って返品しました。最後の1つで在庫がないとのことなので、購入した代金をその場で現金にて返金してもらいました。

初めから買い物枠現金化を狙って行ったわけではありませんが、この手段が現金化のための一つの方法である事の証明とも言えましょう。

短所は、即現金化ができない事です。

電子マネーを現金化するクレジットカード現金化

電子マネー

電子マネーとは、ウェブマネー、クイックペイ、iDなどが代表的なもので、現金を使わずにさっとかざすだけで決済できる有用なものです。

けれども、総ての支払が電子マネーでできるものではありません。

現金が足りずに困ってしまった時は、電子マネーにチャージしたお金を何とか現金化やりたいものです。

電子マネーはデータのやり取りによって決済ができるサービスであり、貨幣そのものの現物がそこに影響するわけではないのです。

それにより、現金化のためには特殊な手段を使用するほかなく、俗には現金化は無理です。

とはいっても、事例によっては出金できるものもありますので、多少見てみましょう。

電子マネーは2種類

最初に、電子マネーにはポストペイ式とプリペイド式の2種類があります。

現金化種類

ポストペイ式

使った料金を後払いする形式で、クイックペイやiDなど。

プリペイド式

前もってお金をチャージしておき、その代金の範囲内で購入をする形式で、Edy、Suica、nanacoなど。

プリペイド式は利用しすぎないという良い面がある反面、多めにチャージすると利用しきれずに残ってしまう事もあります。

更に、利用し切れなかった時には原則として払戻しする事ができません。

これはサービス規約で定められているため、如何にしようもない事です。

キャンセルした時にもチャージしていたお金が返ってきません。

とはいっても、局所の異例はSuicaです。

このような交通系のプリペイド型電子マネーであれば、一定の前提の元に払戻しを受ける事ができます。

けれども、チャージした即日の申告や直近のチャージ分などに限定しれるなどの規制が設けられています。

その上Suicaはクレジットカードでの入金ができないため、クレジットカード現金化には使用する事ができません。

とどのつまり電子マネーは現金化には向かないのか…と思うかもしれませんが、裏技があるので解説しましょう。

電子マネーを使った現金化の一般的手段

電子マネーは現金やクレジットカードでチャージをして使用するだけでなく、他のポイントを電子マネーに移行する事もできます。

一例を挙げれば、代表的なのは楽天極意です。

楽天を使用していると何かと溜まって来る楽天ポイントですが、これもそこそこ溜まれば電子マネーに取り替えする事ができます。

他にもポイントサイトで貯まるポイントは電子マネーに取り替えする事ができます。

それにより、普段から意識して見所の付くアイテムを買うなどしていれば、想像以上の見所が貯まる事もあり、いいお小遣いになります。

現金化良いところ

なお、ポイントサイトを経由してクレジットカードを作れば、数千円〜数万円の極意がキャッシュバックされる事もあります。

けれども、上述の通り電子マネーは現金化する事ができません。

そんな訳で、電子マネーに貯まった要点を利用して換金率の高いアイテムを買い物し、これを転売してしまえば現金を得る事ができるです。

この法則を使用すれば、クレジットカードから電子マネーにチャージし、それで買ったものを転売すると言う事で現金化を行う事もできます。

この手段では「クレジットカード決済→転売」というダイレクトな技術に比較して、カードの利用停止になる危険性は回避する事ができます。

とはいっても、回りくどい方法になるため、決行する人はあまりいないでしょうが・・・電子マネーの現金化は計画的現金化となり「現在スグ現金が欲しい」というニーズには応えられないのは相当な悪い面です。

買い物枠現金化

電子マネーにチャージしたお金や秘訣は自らのお金と全く一緒です。

クレジットカードのように後で返金する必要もなく、購買した後の物品を転売するのも自由です。

前述の通り、クレジットカードでショッピングした物品は、返金が完了するまではクレジット法人に所有権が留保される形になっているため、これを転売する事は規約違反です。

これによってカードが使用停止となる危険性を回避する趣旨では、電子マネーを使った回りくどい方針は大いに安心です。

しかし、ネックとなるのは電子マネーで購買できるアイテムです。

上述の通り換金率が高いのはアイテム券等ですが、これは電子マネーでは決済できず、現金での決済のみとする事がおおかたなのです。

それにより、他の物品を購買して転売する他ないのですが、そうなると換金率は70%を切ってしまう事も多くなります。

つまり、自らの危険性管理にしたがって「クレジットカード決済→転売」か「クレジットカードで電子マネーへチャージ→電子マネー決済→転売」のいずれかを選択する必要pがあります。

いずれにしても、「すぐに現金がくれ」という方には向かない手順です。

電子マネーを使った現金化の裏技

買い物枠現金化このところでは、電子マネーが俗になってきた事で、これを使った現金化の方法も知られるようになってきています。

この手法も解説しておきます。

以下の現金化業者で行います。

1、電子マネーにクレジットカードでチャージをする

2、電子マネーで調達をする

3、その後キャンセルをするこれだけです。

電子マネー決済した物品をキャンセル処理すると、総て現金で返金されるのです。

言うまでもなくアイテムの調達代金が一通り払戻しされるため、還元率は100%となりますこんなおいしい話はない、と実際すぐにでもやりたいと思った人は多々あるでしょうが、電子マネー決済とキャンセルを利用する時には留意点があります。

最初に、ショップによっては現金で払戻しするのではなく、電子マネーで返金する事があると言う事です。

これでは何の解釈もないのです。

なお、物によってはキャンセルできない事もあります。

いかんせん手間が必要になる事を承知のうえでの現金化になります。

電子マネー専門の買い取り現金化業者を選ぶ
電子マネー専門の買い取り現金化業者を選ぶ

電子マネー専門の買取現金化業者を使用する

買い物枠現金化

実体のない電子マネーを買い取る事は手に負えなく、金券店舗などに比較して買取現金化業者はあまりないのです。

現金化業者を選定するときの見所として、サポートやバックアップシステムの充実度も挙げられます。

クレジットカード現金化業者でも、電子マネーを取り扱ってくれるところはないのです。

近場の現金化業者さんは、トラブルがあった事例に直ちにに来ててくれる心配無用感があります。

ただし、情報化社会の現代において、電子マネーを買い取る現金化業者も徐々に出現しています。

当サイトでも確認済みの電子マネー買い取り業者を掲載しておりますのでご参考ください。

自らの目的に当てはめた現金化業者を選択したいですよね。

電子マネーに入金されているキーポイントを必然的に現金化したいと考慮している事例には、電子マネーを専門に取り扱っている現金化業者を利用するというのも一つの方法です。

現金化業者を選ぶ場合の要点として、サポートやバックアップシステムの充実度も挙げられます。

ただし、これはあまりおすすめできる方法ではないのです。

おっしゃる通り、普通ならば現金化できないものが現金化できる事はメリットがあるなのですが、まだ新興の専門であるだけに、あまり信用できないからです。

それ故、電子マネー買取法人を選定する場合には、その法人の情報(企業の住所をグーグルストリートビューで調べる、代表者氏名の明記を見定めする等)を詳細に調査し、照会フォームがあるならば質問に思う事は全部質問して反応を確かめます。

さらに実のところに現金化の実績があるか如何にかを評判などから参考にしていく必須があります。

ついでに、電子マネー買取の還元率は70%程度としているところが多く、とどのつまりあまり優秀な手法とは言えないでしょう。

それなら現金化業者の使用の方がよっぽど手間なく高還元率です。

近場の現金化業者さんは、トラブルがあった事例にすぐに来ててくれる心配無用感があります。

Amazonギフト券を現金化する

クレジットカード現金化Amazonギフト券さらなる技術として、Amazonギフト券の現金化という手段があります。

Amazonといえば今や知らぬ人がいないほどの巨大通信販売サイトであり、ギフト券もあるため、これを現金化する事ができます。

このところ流行りの現金化テクニックですが、このところは色々な規制を仕掛けてきているため、永続的に重宝する方法とはいえません。

取得の方法Amazonギフト券はAmazon内での買い付けに使用できるギフト券の事です。

コンビニの店頭でもショッピングする事ができ、シートタイプとカードタイプの2種類があります。

額面は3000〜25000円まで(種類によって違う)があり、ストアによって置いてある額面は異なるものの、どこかに額のものを調達できるでしょう。

カードタイプのギフト券は番号ところがスクラッチ形式で隠されており、これを削ってはがす事によって現れた番号をAmazonサイトで入力する事によって、利用する事ができます。

この他、Amazonでどこかに物品を買い物した場合に付与される見所も、ギフト券と同じくに物品のショッピングに充当する事ができます。

しかし、コンビニで調達できるギフト券は現金のみの購買でクレジットカードを使用する事ができないため、Amazonのサイト内からショッピングする必須があります。

ショッピングをするとEメールで番号コードが送られてくるもの、自らで印刷して入力するもの、番号がプリントされたものが送付されてくるものの3種類があります。

Amazonギフト券現金化の手段買い物枠現金化買い物したギフト券や貯まった要点を現金化するためには、Amazonギフト券を取り扱っている金券お店、オークションサイト、Amazon専門のギフト券番号買取サイトで売る事ができます。

換金率も一流現金化業者では80%を越え、優秀な還元率であると言えます。

近場の現金化業者さんは、トラブルがあった事例にすぐに来ててくれる心配無用感があります。

しかし、流行りの技術であるからこそ悪徳現金化業者がはびこっており、現金化業者選択しには注意深いになる必須があります。

現金化業者を選ぶ場合の着眼点として、サポートやバックアップシステムの充実度も挙げられます。

他にも、オークションで売る事もできるです。

けれども、これもブランド品やゲーム機をなどをオークションで売る事例に紹介した通り、高い価格で売れる確率がある一方で、考えのほか低い費用で落札されてしまう事もあるので、その点を考慮する必要があります。

加えて、物品であればプレミア感から時価より高い価格で落札される確率がありますが、Amazonギフト券では額面以上の落札額は望めません。

それにより、低い換金率になる確率が高いため、専門現金化業者に要請する事をお勧めします。

近場の現金化業者さんは、トラブルがあった事例にすぐに来ててくれる心配無用感があります。

何度も言いますが、Amazonギフト券買取の悪徳現金化業者には留意してください。

近場の現金化業者さんは、トラブルがあった事例にすぐに来ててくれる心配無用感があります。

例を挙げると、買い取る事を前提としてギフトカード番号を聞きだし、それを教えたものの入金がなく、連絡も取れず、気付いた時には事前に使用済みの番号になっていたと言う事も十分にあり得る事です。

したがって、Amazonギフト券買取現金化業者と取引をする時には、上述の通りしっかりとしたリサーチをし、優秀店であるという確信のもとに利用する必須があります。

現金化業者の優れている点を知るには、実のところの事例をチェックしたいところですよね。

優秀現金化業者と決断したならば、番号コードとひきかえに現金を得る事ができます。

要望を伝えていくつかの予算を取る事で時価が把握出来、その方面を優れているとした優秀な現金化業者を解説してもらえるかもしれません。

したがって、信用できなおかつ還元率の高いサイトを見つけたならば、Amazonでギフト券を買い物します。

また、ギフト番号をEメールで送付してもらい、それを取引先現金化業者に伝えて現金をもらうと言う流れになります。

いくつかの現金化業者の予算を比較できるサイトもあります。

Amazonギフト券現金化の悪い面

コンビニで売っているタイプのギフト券は買い取らない現金化業者があらかた結局80%以下の還元率になる事も転売して使えなくなるAmazonギフト券があるなど、トラブルも多々あるこのところ流行りの現金化技法であり、今後Amazonの規制が入る確率が高い流行りのテクニックです。

悪徳現金化業者が豊富に入り込んでいる買取現金化業者の中から良好店を見つけるのは大変です。

ネット上の評判・口コミはヤラせが多く当てになりません。

Amazonサイト内でショッピングした物品を転売する買い物枠現金化

上述の通り、ギフト券を現金化する手段のほかにも、Amazonサイト内のアイテムをクレジットカードでショッピングし、転売すると言うテクニックもあります。

近場の評判や口コミは、現金化業者さんにとって死活問題となるので、応対が気遣いがあるな事例が多々あるとも言われているようです。

(もうここまで読んだ人は察しがつくと考えますが)ただ、Amazonからアイテムが届いてからの転売のため、即金性が低いのが弱点です。

換金率が高いアイテムを見つけるのも大変で、たとえ換金率の高いアイテムを見つけたとしても、現金化利用者によって豊富にのユースド品が市場に出回る事によって買取値段が直ちにに安価になってしまいます。

アイテムを使った現金化は厄介なのです。

iTunesカードを使った現金化

itunesカード現金化

iTunesカードもAmazonギフト券同じく、買取現金化業者が買い取ってくれるので現金化する事ができるになります。

近場の現金化業者さんは、トラブルがあった事例に直ちにに来ててくれる心配無用感があります。

とはいっても、iTunesカードは詐欺で使われる事も多く、詐取されたiTunesカードが世の中に出回っているのも事実なのです。

ご存じの方も多々あるかと考えますが、LINEアカウント乗っ取りが流行ったとき、詐欺師が求めたものは、「iTunesカードをコンビニで買ってコードをLINEで送ってね」でした。

このように、電子マネーは詐欺のツールに使われてしまいます。

買取現金化業者も、詐取されたiTunesカードなど、「ヤバい」物を買い取らないための防止策として、「買った事例のレシート添付必要」というような規制を設けています。

現金化業者を選ぶときの要点として、サポートやバックアップシステムの充実度も挙げられます。

世の中には、「悪徳な売り主」も多分に影響するので、電子マネー系の買取はたくさんと制限されてしまいます。

「現金化やりたい」ユーザーによっては障害以外の何物でもないのです。

グーグルプレイカード現金化

近頃使用箇所が増加しているGooglePlayカード

GooglePlayカードとは米アルファベットの子会社であるGoogle社が発行する電子マネーです。

1キーポイント1円の疑似通貨をGooglePlay提携店で使用する事が可能な電子マネーサービスとなります。

多くの電子マネーが闊歩する中、iTunesカード、アマゾンギフト券、楽天ギフト、ウェブマネー、などと引けを取らず多くのコンビニなどでも取り扱われています。

今度のテーマは、【他にの現金化手段】GooglePlayカード編 ですので、皆さんがナンバーワン知りたがっているであろう、GooglePlayカードは現金化可能なのか?に迫ってみたいと考えます。

さっそく結論から言ってしまうと、解答は「ハイ、できる」です。

それでは、どんな感じで換金する流れになるでしょうか?

GooglePlayカードで現金化

GooglePlayカードを現金化するには何個かの手段がありますので、それらをご解説します。

仮に、GooglePlayカードを現金化しようと思っている方はごポイントくださればと考えます。

現金化 その1
金券お店に持ち込んで現金化

金券ショップはご存知でしょうか?

航空チケット、新幹線のチケット、アイテム券、映画のチケットなどを買い取り提供している店舗です。

路面店の金券ショップは大概GooglePlayカードの買取りを行っている事例が多々あるです。

買取りしてもらう場合には、公的身分証明書が不可欠なので忘れずに持って行ってください。

普通な流れは、ショップに出向き買取してもらいたい旨を店舗のスタッフに伝えます。

買い取り率の解説を受け得心した時は、公的身分証明書と共に、買い取ってもらうGooglePlayカードをショップのスタッフに提示します。

提示するGooglePlayカードのコードが使用ブロック(不正搾取)などされていないかの見定めが行われます。

問題ないようであれば、買い取り率や手数料が引かれた値段が、現金で直接お渡しされます。

店舗で採用されている買取り率(換金率)は、70%〜80%が最も多々あるです。

電子マネーの割に、換金率が悪いなと思うかもしれませんが致し方ないのです。

それは、電子マネーも実際持っている日本円と同じように需要と供給によって美点の代金が変化するからです。

その上、GooglePlayカードやアマゾンギフト券、iTunesカードなど俗に売られている定額電子マネーの事例、プレミアや特典を付けない限り、決して買ったプライス以上の美点にはならないマイナス面を持っています。

購買時の費用以上の値打ちになり得る電子マネーは、株や為替の様な動きをするビットコインなどの電子通貨になります。

電子マネーは以下の様な2つの目的に区分られます

〇贈り物、支出目的の電子マネー

アマゾンギフト券(通称アマギフ)やGooglePlayカード、楽天ギフトなどのカード、コード系電子マネー

〇蓄えや財産運用としての電子マネー

ビットコインなどのブロックチェーン系電子通貨、ほか

GooglePlayカードは、普通に贈ったり使用したりする出資目的ではない電子マネーであり、買い取るケース、需要と供給にさらされています。

ショッピングする人は、GooglePlayカードが役に立つショップで使用する事を心積もりている方が多々あると考えます。

1万円分の見所が入ったGooglePlayカードが7000円だったら、GooglePlayカードが使用可能な店舗で使用すれば実質3000円も安上がりに活用できます。

これは、何かを欲しがっている人にとっては非常に素敵な事でしょう。

30%オフで買えるなら、ショッピング額100万着目点だと、驚いたことに30万円分もリーズナブルに買う事ができます。

よく心積もりてみるとめちゃめちゃリーズナブルですよね!!このように、支出やりたい人にとっては素敵なのでショッピングする方がいるのです。

ただこう聞くと、一つ質問がわくと考えます。

そんなにリーズナブルなら好評が出て買い取り率も高いんじゃないの?

実を言えば、GooglePlayカードの需要はアマゾンギフト券と比べると、あまり多くないのです。

使用用法の奥行きが狭すぎるので、そもそも調達する人のパイがそこまで多くないのです。

別にて紹介しますが、電子マネーで最も換金率が良いものは、アマゾンギフト券がダントツです。

次いでiTunesカードウェブマネー、グーグルプレイカードとなります。

調達お願いのパイがすくないため、安上がり度を大きく上乗せさせる(提供費用を下げる=買い取り率のダウン)事を行う不可欠が出てきます。

買い取る店舗側も、現金より、変化危険性が高いのでリスクヘッジとして利益率を高める事も買い取り率のダウンにつながります。

それ故、70%〜80%と言う買い取り率になってしまいます。

現金化 その2
GooglePlayカード

発送やオンライン買取り取り込み詐欺などに要用心!昨今、電子マネー取り込み詐欺のトラブルが拡大しています。

換金性の高いモノ、特に金券などを、発送やオンライン買い取りに出す事は大いに危険性が高いと言えます。

特にGooglePlayカードの様な、コードの羅列が長所を持っているモノの時、モノ自体を送らずとも電話から口頭で伝えたり、メールやLINEでコード(情報)を送るだけで貨幣としての長所が置き換えできるになります。

コメ兵や大黒屋と言った著名お店であればまだしも、聞いた事ない、著名ではないケースは、詐欺トラブルの危険性が高まりますので、活用する店舗は特に注意深いに選択する必須があります。

取り込み詐欺とは、貴方が伝えたコードを使って、勝手に活用したり現金化して持ち逃げする犯罪です。

近頃使用箇所が増加しているGooglePlayカードとは米アルファベットの子会社であるGoogle社が発行する電子マネーです。

1ポイント1円の疑似通貨をGooglePlay提携店で使用する事が可能な電子マネーサービスとなります。

多くの電子マネーが闊歩する中、iTunesカード、アマゾンギフト券、楽天ギフト、ウェブマネー、などと引けを取らず多くのコンビニなどでも取り扱われています。

それ以外の電子マネー

ウェブマネー、PSポイランと、任天堂ポイント、なども同じく、買取には一定の要件があったりしますので、十分に気を留めてください。

クレジットカード現金化の読みものをここまでお読みいただきまことにありがとうございます。
クレジットカード現金化の読みものをここまでお読みいただきまことにありがとうございます。

記事の最後に

現金化の8個の方法を紹介しましたが各々に良いところ・短所あります。

いつ現金にするのかなどを考慮したうえで、ご本人に合った現金化方法を選択してください。

執筆者もたくさん試しましたが、結局実際は、昔から付き合いのある現金化業者にいつもお願いしています。

自身の目的にマッチした現金化業者を選択したいですよね。

以前は高還元率をストイックに追求していましたが、手間も時もかかり、悪徳現金化業者に引っかからないように気をつけたりするのが大いに煩わしいに感じたからです。

いくつかの現金化業者の予算を比較できるサイトもあります。

常連になれば還元率もサービスしてくれたりと、永らく付き合えば長所もあります。

何より、手間なくもう振り込んでくれるのがとてもありがたいのです。

現金化業者をうまく利用する事がベストな選択かもしれません。

現金化業者を選ぶ場合の極意として、サポートやアフターケアシステムの充実度も挙げられます。

執筆:山本 晋一(クレジットカード現金化の専門家)