【よくある質問】クレジットカード現金化は法律に違反してますか?

よくある質問

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは、クレジットカードについている買い物枠を使って現金を得る事を言います。

この手法は、クレジットを組んだり支出者金融からお金を借りたりという技術と比べるとまだまだマイナーなテクニックであり、その違法性が論じられる事もちょくちょくあります。

だからこそ、クレジット現金化を活用ようと思った時、よく「クレジットの現金化は違法なのですか?」という質問が行われるのです。

ここでは、クレジットカード現金化ははたして違法であるか如何にか、お教えやりたいと考えます。

クレジットカード現金化の2種類の手法クレジットカード現金化が違法であるか如何にかと聞かれれば、「手段によっては違法性がある」と応えざるを得ません。

現金化には2種類の方式がある

現金化には2種類の方式があり、ひとつのメソッドは違法であり、もうひとつのテクニックは違法ではないからです。

では、その2種類の方式を見てみましょう。

買い取り方式

これは、換金性の高いアイテムを調達や換金率の良いアイテム券・ギフトカード・新幹線の回数券などを一度クレジットカードで調達し、それをプロに買い取ってもらう形で現金を得ると言うものです。

使用した人で未だ逮捕者が出ていないとはいえ、これは違法なテクニックです。

なぜならば、クレジットカードで調達したアイテムは、決済が全部完了するまでは所有権がカード企業にあるからです。

つまり、転売するという行為は所有権が自身にないものを勝手に売りさばいて現金を得ていると見なされ、「横領罪」に問われる見込みがあるからです。

逮捕者が出ていないのは、全国でこの技術によって現金を得ている人が多く、なお違法性がそれほど高くないという要因からです。

警察がその気になれば見せしめ的に逮捕をする事は十分にできるですが、警察がたまたまそれをしていないというだけにすぎません。

カード法人は使用規約でこのようにして現金を得る事を承知していません。

それだけに怪しいと思った使用者(それまでは暮らし費の部分をカード払いでしていたような使用者が、いきなり換金性の高く高価なブランド品などをいきなり買い物した事例など。

そしてアイテム券や新幹線の回数券などは特ににらまれやすい)に反対に、カードの活用停止措置を取っています。

警察も、違法性の低い事をやっきになって取り締まるよりも、カード企業の措置に任せている、というムードがあります。

キャッシュバック方式

キャッシュバック方式とは、クレジットカード現金化プロを通じて、あるアイテムを調達した特典としてキャッシュバックとして現金を受け取るというものです。

つまり、還元率が90%のサービスを10万円分使用した事例には、キャッシュバックとして9万円の現金が得られる事となります。

このテクニックはいかに詳述する景表法という法律によって守られているため、違法性がないのです。

その上、一度ショッピングしたアイテムを転売するわけでもなく、カードの使用停止措置を受ける気がかりもそんなにないのです。

キャッシング方式と景表法

景表法とはどんな法律なのでしょうか。

これは、「不当景品類及び不当表示防止法」の略称であり、不当な景品や表示によって支出者に不利益が生じないように、禁止事項や諸々な定めを設けている法律です。

景表法には、クローズド懸賞型、開放懸賞型、共同懸賞型、もれなく型の4種類に区分てルールが設けられています。

このうちもれなく型とはアイテムのショッピング者や加入者に対して、みんなもれなく特典を与えるタイプのものを指しています。

キャッシュバック方式は活用者すべてに与えられる特典であるため、もれなく型に該当します。

もれなく型のルールは、取引額の10%以下の特典にする事であり、万が一1000円アイテムを購買したケースの特典は最高で100円になる事です。

ならば80%や90%といった高還元率のクレジット現金化は違法なのでは?と思うかもしれません。

もれなく型には「割引券、極意バック、キャッシュバックならば10%以上の特典を付与する事が可能な」という特例が設けられています。

したがって、極端な事を言えばキャッシュバック率が100%であろうとも、プロは景表法違反にはならないのです。

法律違反していません

法律違反のサービスではないため、その活用者も罪に問われる事はないのです。

いわば、キャッシュバック方式のクレジット現金化は、よく大型の大型小売店で行われている「ポイント還元」と同じのサービスであるとみなす事ができます。

大型小売店で家電を調達して特典を受け取ったとしても罪に問われる事がないのと同じで、キャッシュバック方式のクレジットカード現金化を活用しても違法になる事はないのです。

だからこそ、心配無用してサービスを使用する事ができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です