現金化換金率90%以上は本当にできるかを大暴露

現金化換金率90%以上は本当にできるかを大暴露

本当の真実を暴露!

クレジットカード現金化とは、クレジットカードの買い物枠を活用し、現金を得る技術です。

お金に困っている人が活用する手段ですから、活用すればどんだけ手に入るかは大いに必須な事であり、換金率の良い専門業者を使用しようと思う事でしょう。

ただし、専門業者の好評している換金率は、まともに適用されない事も多々あります。

その所以や組成を知れば、できるだけ多くの現金を受け取れるテクニックが見えてきます。

クレジットカード現金化の換金率突然お金が必須になったものの、借りるあてもなければ何かを売ってお金を得る事もできないとなると、皆さんは如何にするでしょうか。

如何にしようもないと思うかもしれませんが、クレジットカードを持っているならば、クレジットカードから現金を得るというテクニックがあります。

これは、キャッシング枠からお金を借りるという事ではなく、買い物枠を活用してお金を得る技術です。

現在のご時世、クレジットカードを持っている人は相当多くなっていますから、多くの人が応用可能な技術であると言えます。

クレジットカード保有者ならだれでもできる方法

クレジットカード保有者ならだれでもできる方法
クレジットカード保有者ならだれでもできる方法

クレジットカードの買い物枠から現金を得るテクニックを「クレジットカード現金化」と言いますが、この手段は買い物枠が残っているクレジットカードを持っている人ならばみんな可能な手法です。

クレジットカード現金化専門業者に申し入れして現金化を行う事になりますが、その場合には査定もないのですし、不可欠になるものと言えば身分証明書くらいのものですから、手っ取り早いに使用可能なのもハッピーな所です。

かつてはお店型のクレジットカード現金化専門業者がほとんどでしたが、インターネットが拡大してからというもの、オンライン上で運営される現金化専門業者が増加しました。

それにより、インターネットから申込みを行い、身分証明書も写メールなどで送る事によって提示ができるです。

このように、クレジットカード現金化は申込み手順がとても手っ取り早く、リラックスしてに使用可能な事から、近頃活用者が急増しています。

さて、クレジットカード現金化専門業者を使用して現金化する事例、気に掛かるのが換金率です。

換金率は専門業者によって異なります。

さらに、買い物枠をどんだけ現金化するかによって換金率が移り変わりし、俗には額が大きくなるほど換金率も高くなっていきます。

表記の通りの換金率が適用されない?

表記の通りの換金率が適用されない?
表記の通りの換金率が適用されない?

換金率は、各専門業者のホームページに書かれていますが、実のところに取引をするときには表記の通りの換金率が適用されない事例も多々あるようです。

さらに、換金率が高くなるイベントを行なっている専門家を使用したところ、それが適用されなかったという事もあります。

よくある時を挙げるならば、「初回活用のお客さまは○%還元実施中!」といったイベントを打ち出しており、それによればかなり高い換金率を望み可能なのですが、実のところには適用されなかったという場合です。

多くの現金化専門業者において、換金率は表示からいくらか引き下げられ、イベントが適用されない事も多々あるのです。

業界関連者の話によると、「初回の使用者が好評通りの換金率で現金化してくれない専門業者の方がむしろ多々ある」という事でした。

これは、一見すると詐欺のような話です。

なぜそのような事が起こってしまうのでしょうか。

換金率引き下げの要因では、なぜ換金率が引き下げられてしまうのかをお教えします。

真っ先に心積もりたいのが、クレジットカード現金化専門業者のビジネスモデルです。

クレジットカード現金化専門業者は、活用者に反対に現金化を行い、その手数料として部分を受け取る事で利益を出しています。

このような商いモデルでは、活用者の活用額に応じて専門業者が扱っても変更しなければならない事も増大してきます。

例を挙げると、Aさんは1万円の現金化を要請し、Bさんは100万円の現金化を要請したとします。

万が一、現金化専門業者が全部の活用者に対して一律90%の換金率をバックアップしていたならば如何になるでしょうか。

Aさんの活用では1万円の90%である9000円をAさんに渡し、専門業者は1000円の儲けとなります。

Bさんの使用では、100万円の90%である90万円をBさんに渡し、専門業者は10万円の儲けとなります。

これを見れば分かる通り、Aさんのような小口の活用に反対に高換金率をバックアップしてしまえば、専門業者は薄利となってしまい、ビジネスが成り立たなくなる懸念もあります。

クレジットカード現金化では、「家賃があと1万円足りないから」と言った要因から小口で使用する人も多々あるのですから、なおさらです。

それ故、小口の活用の時には換金率を60%や70%に引き下げる事で、ビジネスとして成り立つレベルの利益を確保する必須が生じるのです。

一方、Bさんの時には90%の換金率をバックアップしたとしても10万円という十分な収入が確保可能なため、90%の換金率をバックアップする事ができます。

したがって、クレジットカード現金化専門業者のホームページで90%以上などの換金率を謳っていたとしても、小口の活用のケースには換金率が引き下げられる事があるのです。

けれども、これがまかり通ってしまえば、活用者は得心しません。

「ホームページにはこう書いてあった」とクレームを付ける使用者も出てくる事でしょう。

そんな訳で、専門業者は活用者を承知させるだけの口実を下拵えしておく必須があります。

専門業者としては、得心させられる口実を準備しておく事で、換金率を引き下げて利益を膨れ上がるさせる事が可能なため、巧みな口実を下拵えしています。

使用額が大きい時には利益を確保するため、リリースしている換金率が適用される見込みが高くなります。

ただし、小口のカスタマーにそれに対しはクレジットカードのブランドを口実として、換金率の引き下げを立案する事が多々あるようです。

クレジットカードには色々なブランドがあるため、活用者の持っているクレジットカードも各々異なります。

クレジットカード現金化専門業者は、使用するクレジットカードによって換金率が異なると解説し、換金率の引き下げを行います。

もっとも、この口実は全く根も葉もない事ではないのです。

例を挙げると、JCBは国内発行のクレジットカードであり、現金化専門業者の端末は外国決済となるため、クレジットカード企業に不信感を抱かせないために相応の手間もかかります。

それにより、換金率が低くなる事があるのです。

けれども、悪質専門業者になるとどのクレジットカードを使用してもそれを口実とする事があります。

どれほどのカードで申し込まれても、「そのカードは査定がちょっと通りにくく手間が必要になるため、換金率が下がります」などと言うのです。

第二によくあるのが、活用頻度を口実とする専門業者です。

例を挙げると初回使用のお客さんに反対に、「新規のお客さまはまだ実績がなく、カードを通すのに手間が必要になるため、換金率が下がります」という口実です。

まだ何回かしか活用していないお客さんに反対にも同じくです。

その上、「使用回数に応じて換金率が上がっていきます」と言う事で承諾してもらい、リピートも促します。

無論、クレジットカード現金化専門家のほうでも、こういった口実には少々理不尽があるという事は分かっているはずです。

ただし、その一方で換金率の引き下げを立案する現金化専門家が後を絶ちません。

そのきっかけは、クレジットカード現金化を使用する人の置かれている状況にあります。

多くの人は、「必然的にお金が不可欠になったものの、両親や友達・知人から借りる事ができず、支出者金融では待ち時間がずーっとなるためそれも活用できず、あるいは黒になっているから借りる事ができず、そこまでしても必然的に現金が直ちにに望むため、最終手段としてクレジットカード現金化を活用している」という状況に置かれている事と考えます。

現金化を活用する人の事情はたくさんでしょうが、概ねこうした感じです。

つまり、早く現金を手にやりたい要因があり、それ以外に専門業者がないという状況です。

クレジットカード現金化において、現金化までのスピードは換金率と同じくらい優先されるのも、ここに訳があります。

クレジットカード現金化専門業者からしてみれば、少々換金率を下げようとしても、ほかに手段がない活用者はやむを得ず活用するだろうという腹なのです。

使用者の足元を見た専門業者だと言えますが、世の中のたくさんな商売において足元を見て売るというのはよくある事であり、一概に悪いという事はできないでしょう。

ただし、活用者としては気分が良くない事は間違いないのです。

使用するならば老舗の専門業者を!

クレジットカードの現金化を利用するならば老舗の専門の換金業者を使いましょう!
クレジットカードの現金化を利用するならば老舗の専門の換金業者を使いましょう!

目下、クレジットカード現金化専門業者にはたくさんな専門業者がありますが、それらの専門業者の多くが上述のように換金率の引き下げを行なっています。

これらの専門家は、悪質専門業者であると言われても仕方がないでしょう。

悪質専門業者であるか如何にかの決断は、申込み後の電話でなんとなくわかります。

筆者は以前、インターネット上で一流企業専門業者とされているある専門家に反対にリサーチをした事があります。

専門業者から、「お利用しのクレジットカードは何ですか?」と聞かれたため、「多少待ってください、クレジットカードによって換金率が異なるのですか?」と聞きました。

すると「そうです」と言われたため、「そのような事はホームページには書かれていませんでしたが」と言ったところ、「査定などもあるのでそうなっているんです」と言われました。

そんな訳で、「じゃぁ、各々のクレジットカードの換金率を教えてください。VISAは?JCBは?AMEXは?」

と聞いたところ、「同業者ですか?」というまさかの返答。

「一般の使用者ですよ。

教えてください」というと、専門家は沈黙してしまい、何度呼びかけても専門業者が再びしゃべる事はないのですでした。

このような専門家は、悪質専門業者である見込みが極めて高いため、活用は控えた方が良いでしょう。

使用は一流専門業者に限ります。

良質専門業者のポイントは、歩みの長い老舗であるという事です。

競争の激しいクレジットカード現金化業界で長年生き残ってきたという事は、信用に繋がります。

換金率を理不尽に引き下げられて残念を持った人はリピートしないでしょうから、老舗の専門家には理不尽さがなく、リピーターも多々あると腹積もりられるのです。

小口の活用者にも出荷している換金率をびしっと適用しており、クレジットカードや使用頻度に応じて換金率を引き下げる事もないのですし、イベントも整然と適用される事でしょう。

皆さんも、クレジットカード現金化を賢く使用するためには、何とぞ良質専門業者を活用するようにしてください。