クレジットカード現金化の手数料を理解してトラブルを未然に防ぎましょう。

トラブルを未然に防ぐ

クレジットカード現金化の手数料

クレジットカード現金化のときには、少なくない割合の手数料が必要になるものです。

初めから手数料を差し引いて換金率を出荷している換金業者もあれば、出荷した換金率からその上手数料を引くという換金業者もあります。

悪質現金化業者は後者の流れを採っている事が多く、結果的にかなり低い換金率で現金化が行われる事もあります。

悪質現金化業者の手口に乗らないためには、手数料について正しい知識を身に着ける事が大事です。

クレジットカード現金化とは緊急でお金が不可欠になり、支出者金融などからも借りられない事例、元金調達の手段として腹積もりられるのはクレジットカード現金化くらいのものでしょう。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードの買い物枠を使って現金を得るものです。

したがって、支出者金融から借りられない事情(一例を挙げれば金融事故を起こしていて査定に通らない、総量規制の限度額まで借りているなど)の人でも、自ら名義で買い物枠にゆとりがあるクレジットカードさえ持っていれば、現金を得る事ができます。

クレジットカード現金化の手法には、大抵買取方式もしくはキャッシュバック方式の二種類が使用されます。

このところではこれら以外の手段も出てきていますが、まだまだこの二種類のいずれかによって現金化する事が多く、キャッシュバック方式を供給する現金化プロが多くなっています。

買取方式とは、クレジットカードで買い物したアイテムを現金化換金業者によって買い取ってもらう事によって現金を得る技術です。

つまり、現金化現金化業者が指定したアイテムをクレジットカード決済で買い物し、それを現金化換金業者に買い取ってもらいます。
現金化換金業者は、そしてこれを専門のプロに売る事で利益を得ています。

キャッシュバック方式は、現金化換金業者が供給するキャッシュバック特典付きアイテムをクレジット

カード決済で購買し、キャッシュバック相当分の現金を得るというメソッドです。
今頃はこのキャッシュバック方式がメインとなっています。

換金率と手数料の係りキャッシュバック方式の現金化プロのホームページには、換金率が記載されています。
活用プライスに応じた換金率が記載されており、これを見れば手に可能な費用を理解する事ができます。

一例を挙げれば、10万円の現金化の事例には85%の換金率が適用されるならば、使用者は8万5000円の現金を手にする事が可能なという事です。

ただし、中には悪質換金業者が多々あるのがクレジットカード現金化業界の現況です。
悪質プロでは利益追求のためにたくさんなごまかしを行なっており、換金率にたくさんな細工がされている事もあります。

良好現金化業者では、記載されている換金率のまま現金化が行われており、活用額とキャッシュバック額の乖離のなかにたくさんな手数料が内蔵されています。

けれども、悪質換金業者ではホームページに記載されている換金率は手数料を考慮していないものである事があります。

つまり、活用額に応じた換金率を記載しておきながら、実のところにはそこからたくさんな手数料を差し引くため、実のところに受け取れる費用は表記されている換金率よりも低くなってしまうのです。

具体的には、ホームページ上で記載されている換金率よりもしかも10%以上低い費用しか振り込まれないというような事です。

使用者は想定していたプライスよりも少ない現金しか受け取る事ができないため、こうした悪質プロは避けたいものです。

そんな訳で、本稿では悪質現金化業者の手数料の問題を紹介していく事とします。

手数料の問題クレジットカード現金化を活用する人の多くは、他に金策の手段がなく、ただひとつ考慮しられる手段としてクレジットカード現金化を活用しています。

それにより、できるだけ多くの現金を手にやりたいと思っており、現金化現金化業者を選定するときにはいくつかの現金化業者を対比し、より高い換金率に設定しているプロを選り抜く事になります。

近頃、クレジットカード現金化業界ではプロの数が大いに多くなってきているため、各プロは競合企業よりできるだけ高い換金率に設定する事で活用者入手を目指しています。

中には、ライバル企業よりかなり高い換金率に設定している現金化業者もあり、そのような現金化業者を選択する使用者は多々あるものです。

けれども、競合企業と対比してあまりにも高い換金率に設定している現金化業者は、悪質プロである見込みが高いため要注意です。

冷静に腹積もりてみれば、高すぎる換金率設定のおかしさがよく理解いただけます。

真っ当なプロであれば、換金率をデフォルト適用して現金化を行います。

一例を挙げれば、10万円の使用に反対に85%の換金率を適用する現金化業者は、活用者に8万5000円を渡す事になりますが、この時上澄みの1万5000円には決済手数料などの諸々な手数料が内蔵されているため、小口の使用者には必然的に80〜85%程度の換金率になるのは仕方がないのです。

ただし、中には小口の使用で95%などのかなり高い換金率を設定している現金化業者があります。

一般的な取引と同じくに思案すると、10万円の活用に反対に9万5000円が得られる事となりますが、これでは現金化業者の利益はかなり小さくなってしまいます。

現金化ビジネスは慈善ビジネスではないのですから、こうした高換金率はあり得ません。

実のところには、95%の換金率からたくさんな名目で総額を差し引かれる事になります。

95%の換金率に加えて、決済手数料15%、配送料5%、支出税8%、振込手数料2%を差し引き、結果的に65%の現金を振り込むというような事です。

活用者は、最初9万5000円を受け取れると思っていたにも関わらず、実のところには6万5000円しか受け取れない事になります。

ただし、活用者の中にはクレジットカード現金化を初めて活用するという人も多く、しかもクレジットカード現金化がありきたりの手法ではないという認識があるため、想定より少ない現金しか受け取れないとしてもそれほど疑いを抱きません。

加えて、もうにでも現金を不可欠とし、切羽詰っている状況に置かれている事もあり、理不尽な応対を受けてもありがたいとさえ思ってしまうのです。

では、差し引かれる手数料に関してより突き詰めて見ていきましょう。

決済手数料

最初に、クレジットカード現金化の場合には決済手数料が差し引かれます。

上述の通り、真っ当な換金業者では決済手数料を差し引いた換金率を記載しており、悪質現金化業者では記載している換金率から決済手数料を差し引くのが常套手段です。

このように、真っ当な現金化業者であろうとも悪質プロであろうとも、決済手数料の受け取り方が違うだけの事で、クレジットカード現金化に伴って決済手数料は絶対生じてします。

クレジットカード現金化換金業者が現金化を行うときには、キャッシュバック特典付きアイテムを使用者のクレジットカードで購買してもらう事になります。

つまり、現金化業者側は決済端末でクレジットカードを切る必須があり、この場合に手数料を取っており、これがクレジットカード現金化現金化業者の主な利益になっているのです。

その上、クレジットカード現金化はグレーな取引であり、法的に問題ないとされているものの、それはクレジットカード現金化についての法律が整備されていないからこそ問題ないというだけです。

その気になれば違法性を問う事は十分にできるであり、実のところに逮捕された現金化プロもあります。

したがって、現金化を商売とするには危険性は絶対伴う事になるため、決済手数料には危険性管理のための総額としての意味合いも内蔵されます。

そして、クレジットカードのブランドによって決済手数料が異なる事もあります。

全くの人はVisa、Master、JCB、AMEXを活用していると考えますが、JCBとAMEXは換金業者端末で外国決済をする事になるという訳から決済手数料が高くなる事があるのです。

この訳はそれほど悪くない要因ですが、悪質現金化業者になると一通りのカードブランドにそれに対し「お利用しのカードですと決済手数料が高くなるため換金率が○%下がります」などと言う事もあります。

決済手数料はクレジットカード現金化現金化業者の収入源となっており正当性もある手数料ですから、決済手数料の影響そのものは問題ではないのです。

けれども、ホームページ上で出荷する換金率に内蔵さない事によって、使用者が想定していたよりも少ない現金しか受け取れないという点で問題なのです。

配送料他にの手数料として腹積もりられるのが、配送料です。

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化では、キャッシュバック特典付きのアイテムを買い物する事で現金化するのですから、購買したアイテムを受け取るところまでが取引であると言えます。

中にはアイテムを送らずにキャッシュバックを振り込んだ時点で取引終了とするプロもあり、そのような換金業者では言うまでもなく配送料も掛かりませんが、ありきたりの取引とは違う流れで行われるためあまり好ましくはないのです。

現金化によって、配送料が掛かるか掛からないかの差異があります。

ただし、配送料が掛からないとしている現金化業者では、配送料は現金化業者負担として差し引かず、

その分は実のところには換金率をわずか低く設定する事で扱ってするなどしているものです。

したがって、実態にかかわらず配送料は掛かっていると心積もりた方が良いでしょう。

これも決済手数料と同じように、表記されている換金率からしかも配送料として差し引くのであれば問題という事です。

支出税クレジットカード現金化には、支出税もかかります。

例を挙げると、10万円の活用にそれに対し85%の換金率を適用している現金化に対して、8万5000円望むと心積もりて使用したとします。

このとき、実のところにクレジットカード決済をする値段は10万円ではないのです。

なぜならば、支出税が必要になるからです。

買い物するキャッシュバック特典付きのアイテムが10万円であれば、それに8%の支出税がかかって決済プライスは10万8000円となります。

つまり、使用者は10万8000円の活用に反対に8万5000円の現金を得る事になり、実質的な換金率は85%ではなく約81%となります。

支出税に関してはどのプロでもこういった流れで現金化を行なっているため、どの換金業者で使用したとしても、実質的な換金率はホームページに記載されている換金率より低くなってしまいます。

この事を「別途支出税がかかります」などと真面目に記載している現金化業者もあれば、何も記載していない現金化業者もあり、記載している現金化業者の方がより確か性が高い換金業者であるという決断具材になります。

振込手数料このほか、そんなにの換金業者で振込手数料が掛かります。

これは、普通の振り込みでも掛かる手数料であるため、問題はないのです。

ただし、明らかに高い振込手数料を徴収している事例もあり、そのような換金業者は悪質現金化業者です。

悪質プロを避けるために現金化のときには以上のような手数料が掛かります。

ただ、それを考慮したうえで換金率を設定しているのか、設定した換金率から加えて差し引くのか、差し引かれる代金が大きいか小さいかなどには用心すべきです。

数多くの手数料を差し引かれ、結果的にリリースしている換金率よりかなり低くなるような悪質換金業者は避けるべきです。

それによりには、申込みのときに電話口で費用の見極めを絶対する事が価値があるです。

一例を挙げれば、「ホームページでは換金率が85%になっていますが、これは10万円を現金化した時に、口座には8万5000円が振り込まれるという事ですか?」と聞くのです。

万が一、「手数料が掛かるので、実のところには85%以下になります」などと言われたならば、手数料の内訳を聞き、最終的に振り込まれる代金を聞いてみてください。

内訳を聞いた時に承諾可能な範囲内の手数料であり、最終的に振り込まれるプライスにも賛同可能なら使用するのもよいでしょう。

加えて、できるだけ大きく差し引こうと考慮しているような悪質プロは避ける事ができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です