クレジットカードで金券を買うことはできるの?

クレジットカードで金券を買うことはできるの?

クレジットカードの新活用方法

クレジットカード現金化業者を活用する事によって、クレジットカードの買い物枠から現金を得る事ができます。

ただし、クレジットカード現金化は絶対現金化換金業者を通さなければできないものではなく、個人で行う事もできるです。

個人で行うケースには、換金性の高いアイテムを活用する必須がありますが、その一つに金券があります。

金券を使用して現金化を行う事は、できるなのでしょうか。

クレジットカードを使った現金化の方式

最近、クレジットカード現金化が大変なブームを呼んでいます。

高評価の背景には、貸金業法の改正があります。

この改正に伴って設けられた総量規制によって、貸金換金業者は使用者の年収の3分の1以下しか融資できなくなりました。

つまり、年収がない人は1円のローンもできなくなり、低年収の人は借りられる額が少なくなってしまったのです。

借りられない、借りにくい人が、クレジットカード現金化を使用するようになってきているのです。

買い取り方式とキャッシュバック方式に分かれるカード枠現金化

クレジットカード現金化の普通な仕組みを把握するためには、買取方式とキャッシュバック方式と言う2つの方式について学ぶのが近道です。

買い取り方式とは?

買取方式とは、その名の通り買い取りを通して現金化するメソッドです。

店舗型の現金化業者に多々ある手法ですが、この技術では、活用者にそれに対し購買するべきアイテムを指示し、使用者がショップを回ってそれらのアイテムをクレジットカード決済でショッピングし、再び現金化換金業者のお店に持ち込むと、現金化業者はそれを買い取る形で現金化を行います。

そして、現金化専門家は買い取ったアイテムを専門の買取換金業者に転売する事で利益を得ています。

キャッシュバック方式とは?

一方、キャッシュバック方式ですが、キャッシュバック方式でも買取方式のようにアイテムを介して現金化を行います。

ただし、買い取ってもらわないと言う点で異なります。

つまり、キャッシュバック方式の専門家は、使用者に対して自社で用意するキャッシュバック特典付きアイテムをクレジットカード決済で買い物してもらい、キャッシュバック相当分の現金を振り込むと言う形で現金を現金化行います。

ショップ内で買い取ると言う取引が必須では無く、キャッシュバック特典付きアイテムはオンライン店舗での供給ができるである事から、キャッシュバック方式の現金化換金業者はインターネット上に数多く影響しています。

自分で行う現金化

中には、クレジットカード現金化専門家を通さずに個人で現金化を行おうとする人もいます。

よく勘違いされる事ではありますが、クレジットカード現金化は、一概に現金化専門家を通さなければできないと言うものでがないのです。

それにより、個人で行うのは何ら悪い事ではないのです。

しかし、その場合にどんな手法で行うかが問題となり、テクニックによってはクレジットカード法人からペナルティーを受ける事になる確率もありますし、実際に良い結果を得るためには知識・手間・時が必須となります。

自分の環境に合った現金化を利用しましょう

それ故、確か性や手っ取り早いさの観点から言えば、クレジットカード現金化業者を使用して現金化を行った方が良いと言えるでしょう。

もっとも、クレジットカード現金化専門家を活用した事例の難点として、現金化換金業者への決済手数料が生じてする事から、最終的に手にする価格は個人で行った事例に比較して低くなる性質があります。

したがって、わずかでも多くの現金を望むと思いめぐらす 人が、個人で現金化を行いたいと思い描くのです。

個人で行うクレジットカード現金化個人で現金化を行う時には、キャッシュバック特典付きアイテムを購買するというテクニックが活用できないため、買取方式の現金化業者を使用した時と同じくに、アイテムを転売する事によって現金化を行う事になります。

専門家を通さないという事は、アイテムの購買から買取専門家への転売まで、すべてを個人で行う事になります。

その時に調達するアイテムは、言うまでもなく換金性の高いアイテムです。

換金性の高いアイテムでなければ、買取現金化業者に転売する事例に高く売る事はできないからです。

では、換金性の高いアイテムはとは、どれほどのアイテムの事なのでしょうか。

個人で現金化するときに使用するアイテムとは換金性の高いアイテムを思い描く事例には、買取換金業者の業務を思いめぐらす と良いでしょう。

専門の現金化業者を使えば安全で確実、即日お金を手にできます。

買取換金業者は、買い取ったアイテムを転売する事で利益を得ています。

転売にあたっては、高評価があり回転率が高いアイテムが好ましい事は言うまでもないのです。

回転率が高く、素早く利益につながるアイテムであれば、高価買取をしても専門家は十分に利益を得る事ができます。

したがって、換金性の高いアイテムとは、多くの人から流行が高いアイテムであると言う事ができます。

この事から、現金化によく活用される換金性の高いアイテムとして、ルイ・ヴィトンのブランド品、ロレックスのハイグレード腕時計、評判のゲーム機、新幹線の回数券や他にの金券などが挙げられます。

新幹線の回数券の購入転売は要注意!

この中でも特に換金性が高いアイテムは、新幹線の回数券です。

新幹線の回数券は色々なアイテムの中でも最も換金率が高い部類のアイテムであり、活用区間によっても異なりますが、好評の区間ならば95%以上の換金率でたやすく売る事ができます。

したがって、10万円のクレジットカード現金化を行いたい時、10万円分の新幹線の回数券をショッピングして転売すれば、少なくとも95000円で売れる見込みがあるのです。

ただし、新幹線の回数券はクレジットカード現金化には使用できません。

なぜならばその換金性の高さから、現金化のために活用する人が相次ぐした結果、クレジットカード企業にとって、新幹線の回数券回のクレジットカード決済は、要注意の決済と見なされるようになったからです。

詳しい解説をしています。気になる方は以下のリンクよりご覧ください。

現金化とクレジットカード発行会社

そもそも、クレジットカード企業では、活用規約の中でクレジットカード現金化を禁止しています。

皆さんも、お持ちのクレジットカードを作った場合には、活用規約に目を通すように促された事と考えます。

活用規約を綿密に読んでないと言う人も多々あるのですが、活用規約の中には現金化への使用の禁止が明確に記載されています。

これは、クレジットカード現金化を野放しにしてしまうと、クレジットカード現金化目的でクレジットカードを作ろうとする人が増加してしまうからです。

クレジットカード現金化を使用する人は、往々にして経済困難に陥っている人が多々ある性質があるため、クレジットカード企業はそのような人と数多に契約してしまうと、不良債権を抱える危険性が大きくなってしまいます。

だからこそクレジットカード法人は規約の中で現金化を禁止しており、現金化と思われる決済、特に新幹線の回数券の不自然な購買を発見した事例には、使用停止措置や契約解除・残債の一括請求といったペナルティーを設ける事で牽制しているのです。

他に金券も使用できないしたがって、クレジットカード現金化のために新幹線の回数券を使用すると、クレジットカード法人によるペナルティーを造作なくに受けてしまう事になります。

だからこそ、できるだけ多くの現金が望むといっても、新幹線の回数券の使用は控えるべきです。

お金に困って現金化をしている人が、多額の残債を一括請求されてしまえば、破産する事は目に見えています。

ぶっちゃけ、クレジットカードで金券は買うことはできるの?

では、他の金券は如何でしょうか。

新幹線の回数券ほどではないのですが、他にの金券もかなり換金率が高いものです。

金券には全国百貨店共通アイテム券、図書カード、お米券、ビール券、クオカードなどたくさんな金券がありますが、これらはいずれも金券お店に持ち込めば90%以上の換金率で買い取ってもらう事が可能なアイテムです。

つまり、クレジットカード現金化業者に要請して手数料を支払った時と比較して、かなり高い換金率での現金化を求める事ができます。

ただし、このように換金率が高いならば何とぞ活用したいと考慮したとしても、使用できない時がそんなにです。

なぜならば、全ての金券がクレジットカード決済に応対していないからです。

例を挙げると、全国百貨店共通アイテム券は新幹線の回数券と同じくらい換金率が高いアイテムではありますが、クレジットカード決済で買い物する事はできません。

全国百貨店共通アイテム券は、金券お店や百貨店で買い物する事ができますが、すべて現金での入金にしか扱ってしていません。

図書カードやお米券やビール券などのアイテム券にしても、金券店舗ではクレジットカード決済をする事ができませんし、Yahoo!オークションなどのオークションで調達するにしても、クレジットカード決済ができない仕組みになっているため、現金化には活用できません。

活路の一つのアマゾンギフト券

異例的な手段として、アマゾンギフトをアマゾン公式Webページでクレジットカード決済によって購買し、しかもアマゾン内で提供されている色々な金券をアマゾンギフト決済でショッピングするという方法は存在します。

アマゾン内で提供されている金券もクレジットカード決済はできませんが、アマゾンギフト決済は可能なからです。

けれども、そもそもアマゾンギフト内で提供されている金券はかなり割高な値段に設定されており、現金化への使用が行われないための配慮がなされています。

それにより、アマゾンを介して金券による現金化を図ったとしても、換金率が下がってしまうため、結局あまり意味合いのない事となってしまいます。

実は、一部の金券を購入することはできます!

特例的裏ワザとは言え、金券による現金化が全くできないという事でもないのです。

全く知られていない特例的な手法を使用すれば、金券による現金化ができるです。

活用する金券はクオカード、入金手法はナナコカードを活用します。

セブンイレブンが発行しているナナコカードは、お金をチャージして使用するタイプのカードですが、ナナコカードはクレジットカードを活用してチャージする事ができます。

その上、セブンイレブンの店頭では、ナナコカード話を活用する事で、クオカードをショッピングする事が可能なのです。

つまり、ナナコカードを挟む事によって、間接的にクレジットカード決済でクオカードを購買する事が可能なのです。

ついでに、クレジットカード現金化を個人で行う時には、クレジットカード企業への配慮を忘れてはならないのは上述の通りですが、この技術は疑われる見込みは低い手段であるといえます。

なぜならば、ナナコカードにクレジットカードでチャージするという行為はごく一般的な事であり、最終的な目標が現金化であったとしても、チャージという行為から現金化である事を決断するのは簡単ではないからです。

したがって、ナナコカードを介してクオカードによる現金化を行う事は、クレジットカード企業への配慮という点からも優れていると言えるでしょう。

ところで、クオカードの換金率は金券店舗によっても異なりますが、概ね90%以上、時によっては95%程度で買い取ってもらえる事もあります。

セブンイレブンの店頭で提供しているクオカードは、セブンイレブンのロゴが入っているため、金券店舗によっては広告タイプとみなされて換金率が下がるケースがありますが、広告タイプとみなさない金券お店ならば高く買い取ってもらう事ができます。

ブランド品を介したカード枠現金化?

それ以外のテクニックとして、ブランド品を使用するのも良いと考えます。

金券ほどではないのですが、ルイヴィトンやシャネルのお奨め商品などを使用すれば、大黒屋などの買取店では85%以上の換金率で買い取ってくれます。

しかしながら、ブランド品はトレンドに左右されやすいものであり、現金化の時点における需要を正しく理解していなければ、高く買い取ってもらう事も困難なでしょう。

したがって、ブランド品で現金化するというのもひとつのメソッドではあるのですが、金券というはやるに流されにくいアイテムを使用して現金化を行ったほうが、個人での現金化では、より優れた技術であると言えるでしょう。

個人で行う現金化は、リスクがまとわりつきます

現金化専門家の使用がお勧めのケースもあるとはいっても、個人で行う現金化には、上述の通りクレジットカード法人からペナルティーを受ける危険性があります。

他にも、アイテムの調達から転売まで一通り自身で行わなければならないため、手間と時が必要になる手段でもあります。

なお、そもそもクレジットカードで金券を購買する手段というテクニック自体が俗に知られているものではないため、クレジットカード現金化業者を活用する人が多々あるとも言えます。

したがって、個人で現金化を行うための知識がない人、個人で行うために必須となる手間や時を確保する事ができない人、転売先のショップが近所にない人などは、クレジットカード現金化を換金業者を活用する事がお勧めです。

現金化換金業者では、クレジットカード法人への配慮もしてくれますし、悪質現金化業者を避ける事さえ可能なら、適度に喜びのいく換金率での使用ができるです。

金券現金化は、苦労や手間はかかるものの実際のところできます。

直接クレカを使って購入できる金券として人気があるのは実はJCBギフト券です。

このJCBギフト券だけは、クレジットカードで直接購入することもできます。

ただ、JCBは、他のカードブランドと異なり、とても現金化チェックに目を見張らせていることが特徴的です。カードから直接ギフト券を買うと、まず間違いなくカード発行会社に目を付けられ、最悪カードの利用停止などのリスクをはらむことになります。

疑われないようにするためには、利用金額を1万円以下にすることです。

1万円以上になると、あなたの過去のカード使用履歴と照らし合わせ、利用状況に不審な点があればすぐに電話がかかってきて、不正利用でないかの確認が行われることでしょう。

ただ、現金化をしたい人は、最低でも1万円以上だと思いますので、その金額を個人で行うのはハイリスクと言えますので、可能な限り行わないことをお勧めします。

もし、どうしても、クレジットカードを使って現金を手にしたい場合は、しっかりとした資格を持った専門の現金化業者を利用するようにしましょう。

業者を使えば安全だけでなく、何より、時をかけずに余裕に使用する事ができます。

わずかでも多くの現金を必須としているという事情が特にない限り、クレジットカード現金化換金業者を活用した方が良い面が大きいと言えるでしょう。