高換金率でクレジットカード現金化する手段

高換金率でクレジットカード現金化する手段

高換金で現金化したい!それは利用者であればだれでも思うこと

クレジットカード現金化する手法

どうせなら1円でも高くクレジットカード現金化取り組んで実現したい!と思案するのはごく自然な事。

現金はちょっとでも多々あるに越した事はないのです。

10000円より、11000円の現金を手にする方が良いのは自然です。

クレジットカード現金化サービスが始まった黎明期と同じではなく、実際では多彩な技術で現金化する事が可能なようになりました。

実のところにクレジットカードを持っていなくても、ギフト券や、現金化用商品、iPhoneや携帯電話だけでもキャリア決済と言うテクニックで現金化ができるなご時世になりました。

もはやクレジットカード現金化というくくりを超えて「現金化」というカテゴリーが確立されてきました。

他にも、現金化をする上で何よりも重要な事は、ささやかな知識や情報を知っているだけで手元にくる現金の額は大きく変わってくるという事実を知らなければなりません。

ここでは、現在考慮しられるクレジットカード現金化のやり方を一通り検証し、何がベストなのかと何が間違った現金化なのかを一挙公開しました。

そもそも、クレジットカード現金化とは何なの?

一般的にいう「クレジットカード現金化」「買い物枠現金化」「カードでお金」「カードで現金」「カードで換金」「キャリア決済現金化」「携帯決済現金化」など、この一通りは同一サービスであり「クレジットカードの買い物枠を使って現金を手にするテクニック」なのです。

現金化は、キャッシング枠を使い切ってしまった人や、キャッシング枠自体がない人が現金を取得するために、買い物枠を使って平均80〜93%前後の換金率で現金に換える事ができるです。

さらに、この買い物枠を現金化する行為は、クレジットカード企業からしたら重大な規約違反でありNG行為のため、仮に現金化目的で買い物枠を使用した事が表沙汰になるすると、普通にカードの使用停止やブラックリスト入りする見込みがあります。

この辺を卒なくかいくぐって行わなければならない為、どの手法が最上心配無用安心なのかなど、各手法の良いところ・悪いところなど克明に整理し解説文を添えました。

本日は確実で安心に現金化する手法をご解説いたします。

クレジットカードは自己換金と業者換金の2つに分かれる

クレジットカード現金化には、真っ先に大きく振り分けて自らで行うやり方クレカ現金化専門業者にお願いする技術の2種類が影響します。

換金率とても高くすることを希望するなら、現金化優良店をご覧ください。
クレジットカード現金化 優良店、人気ランキングを発表

一例を挙げれば「自らで行う手段」の中にも、いくつも手法があります。

本日は、徹底的に色々な現金化するやり方をご解説しますので、自身に合ったやり方を見つけて下さい!

確実にとても高くするクレジットカード現金化するためには、真っ先にちゃんと事前に備えておくとよい最低限の知識を身につけましょう!

「自らで現金化する事例」

クレカ現金化専門業者を介さず現金化する事によって、不必要な手数料を取られないという大きな長所を活用し、自身で行う技術を各種ご解説しましょう。

現金化テクニック:新幹線チケット

新幹線のチケットをショッピングし、そのチケットを街の金券屋さんに売る事で現金化する技術です。

このテクニックが本当は「クレジットカード現金化の元祖」なのです。

新幹線チケットは大いに高値で売れる為、自身で行う現金化の中で最も還元率が高く、昔から行われているポピュラーな手法の一つです。

例を挙げると巨大資本質屋「大黒屋チケット」での一例です。

《東京−新大阪6枚回数券》なら、平均93%という高価で買取をしてくれます。

11冊82140円なので、73926円を現金化する事ができるです。

東京−名古屋間等でもほぼ同じくの買取率です。

とどのつまり東京や大阪、名古屋など大きい都市間の回数券は需要があるため評判です。

流行区間であればあるほど、高価で換金できるです。

不人気区間であっても85〜93%前後で買取をしてくれる為、自身で行う現金化の中では最上多額で現金化する事が可能なやり方が、この新幹線のチケットを転売する手段なのです。

とはいってもこれは、クレジットカード現金化サービスが始まった黎明期前の話しでこのところではこの手段での現金化がとても困難になってきました。

その所以は、このように多額換金可能なという事で、この手段を使用し現金化する人が押し寄せしました為、カード企業からの参考にが厳しくなりました。

かなりの確率で、カードの使用が一時停止となるケースがあります。

新幹線回数券の調達は、確実にカード法人の独自査定(参考に)が入ります。

クレジットカード企業からすれば、これ以上この客には融資できないのに、融資に等しい現金化をされると、償還器量が乏しい人に融資した事と同等になってしまうため、この現金化行為事態厳しく取り締まっているのです。

その為、成功すれば換金率が高い手法ですが、その分最もイチ押し出来ないやり方の最右翼になってしまいました。

万が一このやり方で現金化するなら、3万円以下の少額で自分名義のカードで一度きりが限界です。

味をしめて何度も行ったり、いきなり何十万刻みでチケットを買い物したらまず間違いなく疑われ確認の連絡がいき納得のいく説明ができないと、カード会社からペナルティをくらう確率が高くなります。

しかも、わずか別角度で言えば四国のように、まだ新幹線が通っていない地域などは、この新幹線の回数券での現金化は需要が少ないためとてもハードルが高いです。

このように地域によってバラつきもありますので、新幹線回数券で現金化は全国どこでもできるという訳ではないのですね。

長所は換金率が高いこと

平均的な換金率=93%前後新幹線チケットで現金化の良い面とても高額で換金可能な。

買取時価が安定している為、調べる手間が少ない。

短所は、カード会社にバレる可能性が高いこと

クレジットカードの活用停止や契約解除などの確率が最も高い。

地方だとチケット屋がない事例があるので換金しずらい。

新幹線の通っていない地域では現金化する事が出来ない。

来店又は発送での買取になってしまう。

 

現金化テクニック:ゲーム関連アイテムの転売

ゲーム関連アイテムは、とても高値での取引が活発なため安定して現金化する事が可能な技術の一つです。

真っ先に大きな良い面の一つに、カード企業からの参考にはほぼ皆無です。

一度で、あまりにも超高価を買いすぎるとやはりに参考にが入りますが、俗にゲーム機本体をはじめ、ゲーム関連アイテム自体そもそも費用が高いアイテムですので、カード法人の目をかいくぐる事の可能な確率が高いやり方です。

しかしこの手段では綺麗に現金化できても、平均70%前後と還元率が低いのです。

このように換金率が低いからこそ一般アイテムの調達と同じく、カード企業側に「もしかしてこの客、現金化するためにこのアイテムを買ったのではないか!?」なんて疑われる事はないでしょう。

言うまでもなくちゃんと探してレアアイテムを買い物する事が支障がなければ、額面以上で売れるなんて事もザラにありますが、これはごく稀です。

一例を挙げれば、最先端のゲーム機SWITCHの新品をAmazonで3万円(正規は29980円)でカード調達したとします。

これを新品のまま売ると、プレミア価格が付いていることを除けば、大体23,000円~28000円(平均「25,000円)、約83%くらいの換金率です。

それらなまだ良いですが、低いところでは18,000円程度と、12,000円以上無駄になる事になります。

他にもSWITCHを何台も買えばこれはこれで怪しまれるので、さらに高価を現金化取り組んで実現したいなら他のゲームも選ばなければなりません。

そうなると、各ゲームの時価を調査して、どこが高く買取ってくれるかなど総て自身で行わなければなりませんので、かなり手間が掛ります。

元々ゲームが好きで時価などもうピンとくる人であったり、手間は惜しまない人には大いにベストチョイスの技術だと言えます。

ゲームの良い所は、例を挙げると一時期のポケモンや、限定PSハードなど、新機種、高評価の新ソフトなど売り出しまもなく、需要にそれに対し供給が間に合っていない時は、大いに高値で売る事ができ、時には定価の倍で売れるなど、プレミア費用を狙う事も可能な現金化方法と言えましょう。

トレンドにのってうまく売り抜ければ、原価を超える利益を手にすることもできますが、株と同じ様に長くは続かず、すぐに値段は暴落するので、トレンドを捉えられる、安く仕入れられる、販売チャネルが豊富にあり、スピーディーな対応ができる中~上級者に向いた手法と言えます。

ゲーム関連で現金化の良いところ

平均的な換金率=30~70%

プレミアプライスで現金化可能な見込みがあるので、高値換金のチャンスもある。

複数台購入せず、1台購入だけであれば、カード企業にバレることはまずありません。

悪い面は時価を調査したり、実のところにアイテムを提供する手間が掛る。

上手く売り抜けられなければ、暴落の嵐に巻きこまれ大損する可能性もある方法です。

 

手段

金(GOLD)や、宝石を買うこれも、新幹線チケットと同じように、換金性が高い分類の為、カード企業からの参考にがとてもきついです。

現在まで貴金属や、ブランド品を安定してショッピングしていた実績がある人ならそれほどでもないのですが、カードの使用実績が乏しかったり、暮らし感に溢れた活用ばかりしてきた人には一発レッドカードもあり得るでしょう。

そのような人が金や宝石をクレジットカードで購買すれば、最初に間違いなく参考にの電話は掛かってくるはずです。

このクレジットカード法人からの参考に電話ですが、実を言えば大きく分類て2種類

真っ先に一つに現金化を疑っている時と、もう一つはカード犯罪に巻き込まれていないかの見定めの為です。

カード犯罪とは、自らのクレジットカードが他人に悪用されてしまうことを指します。

こんな電話が掛かってきます。

「先ほどこのアイテムのショッピングがありましたが、これは現実に貴方が買ったのですか?」と。

現金化目的でなくても、金や宝石の購買時には、こういった電話参考にがよく入るのです。

現金化するにあたって、金やプラチナならまだ売買時価が安定してますが、宝石系は時価の定義があいまいなため、宝石関連での現金化はほぼ簡単ではないでしょう。

以前知り合いが、400万円のダイヤモンドを購買し、質屋へ持って行った時、査定額は驚いたことに3万円。

ここまで値が崩れると、もはや現金化をした意味があるのかと思うのではないしょうか。
本来ダイヤモンドはものすごい量があります。

どこにでもあるガラスの様と同じですが、グローバルコングロマリッドのデ・ビアス社が強大な力を使いブランディングの向上と厳しい流通制限をすることで、デ・ビアス社の意図のままダイヤモンドの販売価格は決められるようにまでなりました。

デ・ビアス社を通さないダイヤモンドは、中東、アフリカ、南米にあるブラックマーケットを通じ世の中に紛れ込んでいます。

その中には、略奪したり強奪して手に入れた俗にいうブラッドダイヤモンド(血まみれのダイヤモンド)もまぎれています。
※石自体は同じものですので、素材としてどちらが質が悪いなどはありません。

カンタンにいうと、イマ「スワロフスキー」と言うガラスの石が女性を中心に支持されていますが、これも鉱石単価で表すと1円や10円と言ったとても安い素材でしょう。

そのガラスに、ダイヤモンドと同じ様な52面体カットなどを施すことで、1万円や100万円、最高では3億円などと言った驚くほどの価値が付いています。

ダイヤモンドの欠点は、その埋蔵量や流通量自体が膨大にあるので需要にあっておりません。

もともとの素材の価値としては、とても低いため買取られる価値は驚くほど低いのが特徴です。

そのため、あの有名なフレーズ「ダイヤモンドは永遠の輝き」と言い、売らずに一生持っておくものとしてのブランドを確立させています。

※売ってしまったら、あまりの査定に低さに驚いてしまいますから。

知らぬが仏にしておくのがお互い都合がいいのでしょう。

昔から宝石などの石は、ただの石ころになる見込みが高いと言われてきました。

どんだけ宝石といえども、「しょせん石は石」と頭に入れておいた方が良いでしょう。

それでは、金やプラチナなどの金属の場合はどうでしょうか。

こちらの方は、投資としてとらえられるように、日々変動しており、世界情勢の影響がとても強いモノでもあります。

「買う時」と「売る時」の時価がおおよそ決まってますので、そんなにずれる事はありませんし、2007年から2017年の統計を見ている限り、とても価値が高くなっていますので、売った場合予想以上に売却益が乗ったことでしょう。

金融不安など世界的に荒れると現物資産である金の需要がアップしますので、このことを踏まえておけばさらにお得な利益を手にすることが出けるでしょう。

短期間所持する金やプラチナは、新幹線チケットや商品券と同じくらいの換金率で現金化ができるのが魅力でしょう。

しかし、実際にはそう甘くはありません。

「金、プラチナ地金は999.9gまでとても悪い率の手数料がかかります。

安い手数料、最高換金率を行う場合は最低でも1kg以上の金・プラチナ地金が必要です。

また購入方法も特殊な業者や特殊な知り合いがいれば、クレジットカードでも金やプラチナ地金を購入することはできる様ですが、そのような知り合いのいない一般の人はクレジットカードでは購入できないようです。

それでは、一般的な加工した金のネックレスやブレスを買うと、前もってに加工料金などが加算されている為、通例の金時価での代金で調達する事が出来ません。

例:時価が1g/5000円の場合、通常10gの金(地金)は50,000円で買える事になりますが、10gの金のブレスレットになると、業者の加工費、手数料などが差し引かれ買取率は50,000円や70,000円になってしまいます。

※地金は1kg未満では消費税が取られるうえ、換金率が悪いため、実際に等価交換されることはありません。

カード企業にも目を付けられるわ、換金率も低いわで良い事なしですね。

現金化のテクニックの中では、この金や宝石での方法は大いに優先度の低い手段の一つです。

平均的な換金率=50%~70%前後金

宝石での現金化良いところ特になし

短所カードの使用停止の見込みが高い。

換金率が曖昧過ぎて、金、宝石ともに大損する見込みが高い。

やり方

ブランド品を買って現金化ブランド品をショッピングし、それを質屋へ売って現金化をする。

1この手段こそ数ある現金化の手法の中で、最も誰もが思いつくポピュラーなやり方であり、買い物枠を現金化するという解釈では定石でもあります。

最初に自らで現金化しようと思ったら、何かブランド品を買って売る事を思いつくはずです。

日本で言えば、お薦め安定しているのはとどのつまり「ルイ・ヴィトン」です。

それ以外のブランドは流行りの波が激しく、一時期のボッデガのように爆発的に流行った時などは高値で現金化出来たりもしますが、一度人気が穏やかなてしまえば、10万円のものが3万や4万円くらいでしか買取ってもらえなくなります。

その上、こうしたブランドの中でもハイブランドに位置し、世間的に需要が高い「HERMES(エルメス)」も、実を言えば売買時価にかなりアゲサゲの差が生じる為、現金化には向きません。

このようにブランド品は波が激しいのもポイントです。

その中でもルイ・ヴィトンはここ数十年安定して高値で買取ってもらう事ができるな為、ブランド品で現金化するなら「ヴィトン」一本で間違いないのです。

とはいっても!このブランドもとどのつまり換金性の高いアイテムに入ります。

その為、カード法人の参考にも同じくに高くなりますので用心が事前に備えておくとよいです。

さらに、ヴィトンの中でも好評・不人気があり、流通が少なくレアなブームのものは定価の93%で現金化可能な見込みもありますが、不人気かつ一般的な量産型は50%前後と大幅に差が出てきます。

その為、このブランド品で現金化するケースも、前もってに質屋などでアイテムごとの換金率を参考にする必須があります。

ただ手間としては、普通にルイ・ヴィトンだけに的を絞ればよいので、ゲームと比べると幾分か楽です。

推奨度は「中」といったところでしょうか。

さらに、カード企業の目を盗むには、すぐさま高価アイテムをいくつも買わない事です。

平均的な換金率=75〜80%前後ブランド品での現金化長所1、2回程度なら、案外カード企業の参考にが厳しくない。

どんだけで売れるかなどを質屋で直ちに調べる事が可能な為、手間が少ない。

悪いところ何度もブランドショッピングで現金化をすると、カード企業の参考にが入るので配慮が事前に備えておくとよい。

質屋にわざわざ売りに行かなくてはならない。

買取り時価の移り変わりが激しいのた、予定通りに現金化できない。

手段

せどり方式で現金化「せどり」とは、造作なくにいえば「転売」です。

単純に、安価に仕入れて高く売る。

普通には副業や商売として行うものですが、ある意味前述のゲーム関連の現金化に近いです。

分類はなんでもOKです。

クレジットカードで買えるもので、高く売れそうなものを探してきて、スマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者や各種お店にて高く売る。

プレミアプライスが付きそうなものや、調達した価格よりも高く売れそうなものを察知する事です。

この手法は当たれば換金率100%以上ですが、目利きができなければただのギャンブルです。

クレジットカード現金化という括りで言うならば、全くお勧め出来ない手法です。

平均的な換金率=予見不能せどり方式での現金化良いところ綺麗にいけば、換金率100%以上できる。

仕入れの楽しさを味わえる。

悪い面仕入れから、売り渡しまで長い時が掛り、大きな手間が掛る。

売れない見込みがあるので、現金化出来ない見込みも大。

テクニック
Amazonギフト券で現金化これは今後、現金化のやり方の中でもスタンダードになっていく確率がとても高い、新しいコーデです。

事実、現金化プロの中でも事前にamazonギフト券の買取を行い、クライアントに還元しているプロが数多く影響します。

真っ先にAmazonギフト券とは、スマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者通信販売最大手であるamazon.co.jpの内で使用可能なアイテム券の事です。

驚いたことにこのアイテム券、amazonの公式内からクレジットカードでショッピングする事が可能なのです。

ギフト券には大きく3タイプがあります。

Eメールタイプギフト券をスマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者上で調達後、メールでギフト券コードが送られてきます。

アマゾンの公式上などでショッピングする事が可能なのでもうに購買できるです。

カードタイプコンビニのラックなどに、amazonやiTunes、楽天などのカードがぶら下がっているのを見た事があると考えますが、あれがそうです。

レジで料金を払ってカードを調達するタイプのものです。

調達後に裏面にあるギフト券コードを使用します。

シート(印刷)タイプこれもコンビニの機械などから操作したり、ネット上のから印刷したタイプのものです。

上述の2タイプと比べると需要は少ないタイプです。

俗にはどのタイプの使い方は同じで、15~16ケタの「ギフト券コード」が記載されております。

このギフト券コードこそが、売買対象となっております。

このamazonギフト券は、需要がとても高い為、余裕に売る事が可能なのです。

とはいっても、購買したギフト券コードをAmazonのアカウントに登録(チャージ)してしまうと売る事が出来ない為、この辺は用心が事前に備えておくとよいです。

amazonギフト券は、よくヤフオクなどにも出品されております。

ただヤフオクで売るには出品手数料(落札プライスの5.4%)が高い為、得策ではないのです。

2016年2月16日からは、落札値段の8.64%に上がるようなので、ヤフオク自体で何かを売って現金化する事自体、更に得策ではなくなります。

普通にギフト券専門の売買を通して自らで出品し売るか、ギフト券買取クレカ現金化専門業者へデフォルト売るかのどっちかとなります。

自らで売り渡しする時、ギフト券売買でいえば「amaten」「ギフトレ」「ギフティッシュ」などが最大手で、amazoonギフト券を出品し、直ちにに売る事ができるです。

平均して額面の94%前後で取引が成立する事が多く、売れたケース2~3%前後の提供手数料が必要になるだけなので、振込手数料など細かい手数料係りを差し引いても、大まかに額面の93%前後を現金化する事が出来ます。

取引時価が高い時は97%ほどでギフト券が売れる事があるので、高値時は出品手数料を引いても95%前後で現金化する事ができるという事になる訳です。

自身で売買に登録して売ったりする時、とどのつまりその手間やトラブルも自身で落着しなければなりません。

そうした厄介がいやなら、思い切っての事クレカ現金化専門業者に売ってしまった方が心配無用かもしれません。

クレカ現金化専門業者の買取も最低でも80%〜88%前後とことのほか高く買ってくれる為、手間を思案するとクレカ現金化専門業者任せでもかなり好条件です。

平均的な換金率=80〜93%amazonギフト券でギフト券での現金化良い面購買から売り渡しまで総てスマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者上や、携帯電話操作のみでできる。

換金率も平均して高めで安定している。

短所特殊なアイテム券の為、売買の中でトラブルにあっても保障がない。

トラブルになる確率が高い。

売れるには売れるが、時が掛るケースがある。

手法
PCを買って現金化こここのところではあまりピンと来ないかもしれませんが、実を言えばこのPCで現金化は新幹線回数券と肩を並べるくらいの元祖なのです。

これは自身で現金化というよりも、どっちかというとクレカ現金化専門業者での現金化に近いかもしれませんが、実質自身で売り買い可能な為、こちらに属させました。

こここのところは色んなメーカーのPCが一般化し、なおCPUをはじめパフォーマンス面などの製作も盛んなため、ほんの数ヵ月で最先端PCの長所がもう落ちてしまうため、このPCの売り買いでの現金化はかなりシビアご時世となっております。

けれども十数年前なら、PC自体があまり拡大しておらずもれなくハイグレード品でした。

その為、バッタ屋などでもある種PCであれば大いに高く買取ってくれるクレカ現金化専門業者も数多く影響したのです。

一台20万円30万円自然の値段で、どんなに安いPCでも10万を切る事はないのです。

そのようなご時世であれば、個人でもPCの売買で多額な現金化はできるでした。

反対に、個人で行う現金化からわずか角度を変えると、その昔は一般的にいう「アイテム金融」というある種のヤミ金がこのPCを活用して、支出者向けに現金化サービスを行っていたのが発祥ですね。

ただこのアイテム金融は、悪質プロが数多に影響し、クライアントにアイテムを買わせて二束三文で買い取るといったクレカ現金化専門業者ばかりでした。

良くて、ざっと50〜60%での買取です。

10万のPCをクレジットカードで買っても、手元にくる現金は5万円という悲しい結果になる事数多くでした。

ただしこれならまだ良い方で、驚いたことにアイテムだけ受け取って全部現金を渡さないなんてクレカ現金化専門業者も爆発的に増加したのです。

現在では心積もりられませんね。

ただこれはほんの10数年前の実話なんです。

特にPCで現金化する「アイテム金融クレカ現金化専門業者」は地方の客を中心に、各客の近場でPCを買わせアイテム自体を先に送らせ、のらりくらりお金を振り込まず、客が泣き寝入りするのを延々待つといった技術を取っていたのです。

やはりにパーフェクトな詐欺の為、一定のタイミングから警察もガチを出したようで、このアイテム金融クレカ現金化専門業者は次々と逮捕され、実際では影響しない過去の影響となりました。

まぁそれになり代わっているのが現代のクレジットカード現金化クレカ現金化専門業者に近いといっても大げさではないでしょうが、現在の結構店と比べると昔のアイテム金融クレカ現金化専門業者はただの詐欺集団ですので全く別物ではありますが、カテゴリー的には同じ土俵と言えるでしょう。

そのようなこんなでPCでの現金化はできなくはないが、現代で見るとPC自体のかなり安価に買えるご時世になっている為、換金率で言えばかなり下がる事は間違いないでしょう。

平均的な換金率=60%前後PC売買での現金化良いところ特にないが、普通の売買なのでクレジットカードが止まるなどの危険性は全くない。

ごく稀に、ヤマダ電機などの大型小売店の開放セールや、抽選で買える激安PCなら多額での現金化ができる。

悪い面高い換金率での現金化は見込めない。

売買の配送手続など大いに手間が必要になる。

買い手が付くまで時が必要になるため、即日の現金化は見込めない。

やり方?メルカリで現金化その実「メルカリ」というフリマアプリの中で現金化を行う事が可能なのです。

メルカリでは2017年2月14日に現金の出品ができるになりました。

その後直ちにに1万円の現金が1万3千円で出品されたたりと現金化目的での出品が相次ぎ、これを問題視したメルカリ側が解禁からたった2か月ほどで現金の出品を全面禁止しました。

ただ、その後現金に代わるテクニックとして、お金がチャージされた「suica」の出品が相次いでおります。

このsuicaをショッピングして、JRの窓口で払い戻しすれば現金で償還されます。

これがメルカリで現金化のカラクリです。

※suicaも直ぐに出品規制されましたが、直近ででもイタチごっこのように諸々な手法で現金化用の出品がされております。

しかも、メルカリのケースクレジットカード現金化以外にも、キャリア決済が使用可能なためiPhoneさえ持っていれば現金化する事ができるなのです。

※キャリア決済(携帯決済)とは、携帯電話料金の請求と共に支払う事が可能なサービスです。

出品の奥行きですが、おおよそ1万円〜5万円程度のどっちかというと少額の出品が多々あるです。

換金率は概ね80%〜85%以下といったところでしょうか。

決して悪くはないのですが、いくつも問題があります。

ただでさえ民度が低いと言われるメルカリユーザーの中で、現金化目的の出品者から調達する事は度胸のいる行為です。

トラブルを決心した上での現金化という事になるでしょう。

メルカリでの現金化は事前に社会問題化しているため、理不尽にメルカリを使って現金化する事は得策ではないでしょう。

その上、買い物後実のところにsuicaが送られてくるまで現金を手にする事が出来ませんので、ショッピングから数日立たないと現金化する事ができないため急ぎの人には向いておりません。

平均的な換金率=85%前後メルカリでの現金化良いところいくつも出品があるので換金率を選りすぐる事が可能な。

キャリア決済が可能なのでクレジットカードを持っていなくても現金化する事が可能な。

悪い面suicaが送られてくるまで時が掛かる(1〜3日ほど)実のところにsuicaが送られてこない見込みもある。

メルカリのアカウントが停止される。

キャリア決済の使用が停止される見込みがある。

suicaなどの出品自体が直ちにに規制される。

事前にかなりの見守りや規制が入っているのでかなり困難な状況です。

手法?iTunesカードで現金化これは技術?でも解説したamazonギフト券で現金化するやり方のiTunesバージョンという事になります。

やり方の原理は同じで、iTunesカードもamazonギフト券同じくマッチングで売り渡しする事が出来ます。

その上、GooglePlayカードも同じように現金化する事が出来ます。

けれども全て的な需要はamazonギフト券の方が圧倒的に上であるため、iTunesカードとGooglePlayカードの換金率はグッと下がってきます。

80%で現金化できたら良い方ではないでしょうか。

加えて売れるまで時が掛かる時があります。

早ければ即日に売れますが、瞬間によっては数日必要になる時があります。

電子アイテム券で現金化するなら、iTunesカードよりもamazonギフト券がベストではないでしょうか。

平均的な換金率=78%前後iTunesカードでの現金化良い面ネット上だけで申込み手順できるなのでとても手軽に安定した需要があるので、瞬間によっては80%以上で換金可能な。

悪い面amazonギフト券と比較して高い換金率での現金化は見込めない。

特殊なネット取引の為、売買の中でトラブルにあっても保障がない。

買い手が付くまで時が必要になるため、即日の現金化は見込めない。

以上が自身で現金化する事例の主な手法です。

ざっとこうして整理し解説文を添えたものを見渡してみると、自身で行うクレジットカード現金化にもたくさんな手法ある事に気づきます。

自身で行う現金化の良い面整理し解説文を添え自らで行うマックスの長所は、卒なくいけばクレカ現金化専門業者に任すより大幅に換金率が良いという点です。

この点こそが最大限の良い面といえるでしょう。

この手間と労力こそが、わずかでも多く現金化する為の対価と言えるでしょう。

要は、クレジットカードで買える換金性の高いものがあれば、どのようなものでも現金化ができるなため自らでやった方がリーズナブルという訳です。

しかし、換金性が高ければ高いアイテムほど、カード企業の参考にを厳しくなり、時によってカードが活用停止になる見込みも高くなるという事を忘れてはいけません。

悪いところは?自身で行う現金化のトップの悪い面は、とどのつまりカード法人から使用停止です。

時によっては、丸々一括償還を迫られる見込みもある為、実際に用心が必須なのです。

プロはこの辺のカード法人からの参考にや使用停止をかいくぐるクレカ現金化専門業者ですから、個人で行うより大きくこの危険性を減らす事が出来ますが、個人ではそうもいきません。

充分にした知識の元、現金化を行わなければ、数パーセントの換金率UPのために大きな代償を背負う事になりかねないのです。

この危険性こそが、自らで行う現金化の最大限の悪い面です。

帰するところクレジットカードの使用停止は怖い前述の通りクレジットカードの使用停止となると、ある意味ブラックリストに近い様子となります。

下手すると、使用停止になったクレジットカード企業1社だけではなく、金融機構概要の信用情報にまで傷が付く確率があります。

信用情報に傷がつくという事は、ある意味「償還の遅れ」や「債務整頓」、「破産」などと同じくの金融取引上の事故歴として最悪パターンのブラックリスト入りする見込みすらあるのです。

そうなってしまっては、現金化した事をその時悔やみしても遅いのです。

現金化は財源調達に最適なテクニックですが、その分いかに危険性なく現金化する事が価値があるなのです。

ここが最高大切かつ、注意深いに決断しなければならない着眼点でしょう。

では危険性を極限まで回避する手段とは!?533とどのつまり買い物枠を現金化する上で危険性回避の最上は、ちゃんとした良質店現金化クレカ現金化専門業者に頼む事でしょう。

この結構な現金化クレカ現金化専門業者選択しが何よりも大事な要点となるのです。

クレカ現金化専門業者は現金化に関してのクレカ現金化専門業者です。

「自らで行う現金化」の何十倍も、危険性を回避する事ができるといっても言い過ぎではないでしょう。

しかしながら、現金化クレカ現金化専門業者も決してクレジットカード企業という訳ではないのです。

現金化のクレカ現金化専門業者といえども「必ず」は影響しません。

あくまでも素人の個人と、クレカ現金化専門業者の専門クレカ現金化専門業者を対比したケースのリスクヘッジですので、その辺はくれぐれもご配慮ください。

そのような現金化クレカ現金化専門業者にも、現金化する上では何個か手段(方針)があります。

以下では、そられを一挙ご解説いたします。

事例2「クレカ現金化専門業者を使って現金化する時」その実現金化プロにも大きく区分て2種類、加えてそしてそこから細分化されていきます。

真っ先に大きな括りとしては、実ストア型とスマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者店舗型の2種類に区分られます。

実お店型とは!?よく街中で見かける捨て看板や、立て看板、ビルの看板などカードで現金カードでお金買い物枠を現金化当店はサラ金ではないのですなどの文字を見かけた事はないのですか?カードでお金ぐんまギフト実際も昔も看板での集客コーデは移ろいません。

さらに新聞の広告枠にも良く出ているタイプが実ショップ型です。

その名の通り、実のところに店頭にて直接現金のやり取りが可能な店舗の事を言います。

実お店型の現金化は十数年前が全盛期で、実際では局所の老舗しか影響しなくなりました。

それにより、実ストア型の中でも、スマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者を開設しオフラインとスマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者を並行して運営しているところも数多くあります。

さらに、他にも多くの実ストア型現金化が、金の買取クレカ現金化専門業者などに方向転換したとも言われております。

技術
お店型クレカ現金化専門業者でクレジットカード現金化ショップ型現金化それではこの実ストア型での現金化とは、どのようなものなのでしょうか!?実を言えばそのやり方はもうすでに、記載しているのです。

『自身で行う現金化の手段』に記載してあるほぼ全部が、この実ショップ型の方針なのです。

普通に客に所定のアイテムを買わせて、それをクレカ現金化専門業者が買取る事で現金化する手法なのです。

新幹線回数券や、ゲーム機、金券などその時の売買レートが高いアイテムを、カスタマーにクレジットカードで購買してもらい、それを任意の価格で買取るという仕組みです。

クレカ現金化専門業者としては、買取って売った分のマージンが利ザヤになるのです。

それじゃあ、自らでやった方が得じゃん!と思われると考えます。

いや、その通りなんですその実。

と、いうよりも、自身で行う現金化も最終的にはこのようなところに売って現金化するだけなんです。

ここにことのほかカラクリがあるのですが、ある意味、お店型の現金化クレカ現金化専門業者は小さな質屋という事なんです。

ただ《質屋》になるには、充分にした金庫や保管庫などたくさん制限や許可が厳しくなるため、小さなショップでは運営できないんです。

そんな訳で現金化クレカ現金化専門業者は届出の申請だけで営業可能な「古物営業許可証」たるものを申請し、ユースド品の転売権利を使って利益を上げているという事になるのです。

まとめると、街の現金化プロに入って、10万円現金化したいと伝えると、その店によりますが『それじゃこれを調達してきて下さい』と言われます。

そのこれが、実を言えば新幹線のチケットであったり、各種金券であったり、PCやゲームであったりするのです。

それを8万円や9万円で買取ってくれるという事なのです。

これがショップ型現金化クレカ現金化専門業者の実態です。

ただ総て自らで調査して行うよりも、クレカ現金化専門業者の目線からの忠告があります。

これが実を言えば何よりもデカいのです。

一例を挙げれば、新幹線チケットを買うにも、『このプライスだとカード法人の参考に入りそうだから、代わりにこっちの金券を買ってきてください』や、『このアイテムは実際還元率高いし、もうそこの店舗で買えますので買ってきて下さい』などそっくりセッティングしてくれます。

これが個人で行う現金化と、クレカ現金化専門業者の大きな同じではなくであり『差』なんです。

しかも、だいたい金券などの買取が多々あるため、昔ながらの現金化クレカ現金化専門業者の大方は、金券店舗を並行運営していて、買った金券やチケットを店頭提供したり、スマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者提供したりする訳です。

2014-12-10-12.42.59どうでしょうか、この情報を知っているだけでわずか心配無用できませんか?現金化って怖い心象だったけど、なんだそのような事だったのか!と。

とはいっても、還元率は店舗によってマチマチです。

ちょっと率が悪いショップなら70%前後くらいから、ちゃんとした良好老舗であれば93%なんて高還元率で現金化してくれる所もあります。

平均的な換金率=80%前後以上実ショップ型プロでの現金化長所その場で現金が手に入る。

どこで何を買えばいいかなど、一通り教えてくれるので手間いらず。

実のところに店舗を構えているので、悪質なボッタクリ店はかなり少ない。

短所実のところに直接店舗まで行かなければならない。

直接人と接するので前提が合わなかった事例、わずか断りずらい。

押しに弱い人は特にきついですね。

大きい都市部を中心に出店してるため、地方や地方には現金化のショップが影響しない。

技術?スマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者クレカ現金化専門業者で現金化このスマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者で現金化プロは、実際から7、8年前ほどから急激に増大してきた、新しい形の現金化クレカ現金化専門業者であり、実際今現在最もポピュラーな現金化クレカ現金化専門業者でもあります。

実際までは、上述の「店舗に来店する必要のある現金化業者」が一般的でしたが、ネットの利用者が爆発的に増えたことによりこの現金化業界もスマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者が中心になってきました。

※挿絵はクレジットカード現金化の一例ですスマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者の良いところは、常にどこからでももうに活用可能なところです。

ストア型の時、基本的にが首都圏を中心とし、地方でもそこそこ栄えた都市部でなければショップがないのです。

だから、実際で現金化したくてもできなかった人達も、このスマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者上の現金化であればどこからでもエントリーする事が可能なようになったのです。

全国スケールという事もあり、一時期スマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者上での現金化は、約300以上を超えるほどまで増大し、どこにすればいいのか分からないほどでした。

無論その分だけ、悪質なプロも数多に影響しました。

そのような飽和様子から数年経つ直近で、現金化の評判や、順位などの評価系も拡大し、実際となっては水準を満たすまで充分にしたサービスを用意するプロでなければ、生き残れないご時世に突入しております。

従って、クレジットカード現金化サービスが始まった黎明期前とは異なり、よっぽど運が悪くない限り騙されるなんて事もなくなってきました。

しかし、悪質が0かというとそのような事はないのです。

まだまだ当然影響します。

どこにいても現金化する事が可能なようになり、ユーザーからすればとても役立つになりましたが、その分配慮が必須なのもこのスマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者上での現金化という事になります。

さてそのようなスマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者での現金化ですが、一体どのような技術になるのでしょうか
一キャッシュバック方式
活用した事がある人は、聞いた事があるかもしれませんね。

キャッシュバック方式を手軽にに解説すると、現金化クレカ現金化専門業者が運営する通信販売で何かアイテムを買い物します。

そのアイテムが、キャッシュバック対象アイテムという事で、俗称《キャッシュバック付きアイテムの買い物》がこの現金化のテクニックです。

例を挙げると、10万円のネックレスを買うと、実際なら9万円分のキャッシュバック特典がついていると書いた方が理解いただけやすいですね。

このように、多くのクレカ現金化専門業者がこうした通信販売を運営しており、カスタマーにクレジットカードでアイテムを買わせ、その代金の局所をキャッシュバックする事で現金化していた訳です。

なお、このショッピングするアイテムですが、長所のない石ころやアクセサリーなどで、実のところにアイテムが我が家に届いたりします。

このキャッシュバック率が、イコール還元率になる訳です。

一時期この還元率が異常に低い悪質なクレカ現金化専門業者が多く、トラブルが横行しておりました。

30%40%は自然で、中にはキャッシュバック率0%なる、恐ろしいほどの完璧詐欺クレカ現金化専門業者も影響したくらいです。

違法認定及び社会問題化こうしたあまりにも爆発的に拡大したため、悪質クレカ現金化専門業者も日を追うごとに増加し、しっかりした現金化サービスを受けれず詐欺に合うなどのトラブル者が数多に相次ぐしました。

しかしながら、その頃はまだ現金化を取り締まる法律がなく、どんどん悪質クレカ現金化専門業者が増大してしまい、むしろ気遣いがある慎重なサービス行っているクレカ現金化専門業者がバカを見るような様子になっておりました。

やはりに社会問題化され、連日テレビで現金化に関しての配慮喚起が行われました。

そのような混沌の中、2011年8月全国初めて現金化クレカ現金化専門業者が逮捕されたのです。

そこから現金化業界はいっぺんに変貌を遂げていくのです。

無美点なアイテムにそれに対しの多額な費用設定や、キャッシュバック方式に関して違法性の指摘の決断が下り、明らかな現金化を目的とした決済においての利益得る事に対して「出資法違反」が適用されたのです。

これを受けて現金化業界はキャッシュバック方式=違法という構図となりました。

違法認定を受けて、多くのクレカ現金化専門業者が閉鎖するか、別の技術を模索せざるを得なくなりました。

2015年目下においてはこの「キャッシュバック方式」を現在だ採用しているクレカ現金化専門業者は大いに少なく、現時点では「買取方式」という手法で現金化サービスを供給しているのです。

従って、スマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者で現金化するときは、可能ならこのキャッシュバック方式を採用しているクレカ現金化専門業者は、可能な限り使用しない事をお勧めいたします。

平均的な換金率=60~80%キャッシュバック方式での現金化長所アイテムを調達した瞬間にキャッシュバック確定なので、振込までの時が早い。

短所違法認定されている手段の為、客側としてもトラブルになりかねない。

無ありがたみなものに多額決済をする為、カード企業からの参考にも厳しくなる。

二買取方式
この買取方式は、キャッシュバックに異なる新しい現金化の手段です。

理解いただけやすく言うなら、パチンコ屋と同じ仕組みです。

一般的にいう三店方式と一緒です。

現金化プロのでアイテムを買って、別のクレカ現金化専門業者に買取ってもらい現金に変える。

要は、自身でやる現金化と同じ仕組みです。

これをスマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者上で行う事可能なのが、スマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者で現金化の大きな強みです。

ユーザー側からしても、不必要な手間を省き、全国どこからでも安心に現金化する事ができるなのです。

正直この手段は、今のところでは違法性を指摘する事が出来ない為、キャッシュバック方式とは異なる点完璧なグレーゾーンです。

これを違法とするならば、全国のパチンコ店、及び質屋などそっくりが違法というとんでもない事になるのです。

この辺の仕組みを充分にと、行っている現金化クレカ現金化専門業者は真っ先に信用して問題ないと考えます。

購買するアイテムの多くは、額面に応じて相応の長所があるもの下拵えしている為、クレジットカード企業からも参考になどが大いに入りずらい形になっております。

この辺が、街中で換金性の高いものを買うより常に心配無用安心なのです。

平均して70〜93%前後の還元率で現金化を行っているプロが多く、わりと安定して現金化する事ができるです。

その上、どんなときでもどこでも繋がるスマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者上の強みを活用して、24時扱ってのプロまで影響するため、深夜1時や2時でもスマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者バンクに現金を振り込んでもらう事ができるになりました。

実際は、このスマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者上で現金化がメインとなっており、日本全ての約70%がネット上での現金化を行っているとの事です。

しかし、結局悪質クレカ現金化専門業者も影響するため、回避するためには、対比や順位をポイントにし、最後は自ら見極めを行い活用する事を推奨致します。

平均的な換金率=70~93%前後買取方式での現金化良いところ違法性が薄く、クレジットカード法人の参考にも入りずらい。

24時常にどこからでも、現金化する事が可能な。

多くの現金化があるので、更に好条件のクレカ現金化専門業者を探す事が可能な。

悪いところ現金化後に、アイテムの発送や返送のやり取りがあるケースがある。

ちゃんとしたクレカ現金化専門業者を選ばないと、騙される確率がある。

スマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者現金化プロの還元率についての裏事情この情報はとても必須なので、造作なくかつ理解いただけやすく記載をさせて頂きます。

スマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者上の現金化クレカ現金化専門業者は、各々自社のEC、即ち「お客さんにアイテムを買わせる」を持っています。

このECには、クレジットカード決済を可能な働きが付いております。

自然ですが決済働きを付けなければ、クレジットカードの買い物枠を使用して現金化する事ができません。

決済パフォーマンスを付けるには「クレジットカード決済代理企業」という決済の代理店を通さなければならないです。

この決済代理企業ですが、著名なところでは「GMOペイメント」や「PayPal(ペイパル)」、食べ物屋関連であれば「全東信」なんかがカード決済の代理法人という事になります。

こうした決済の代理店を使用するにあたり、EC側(現金化プロ)は決済手数料支払わなければなりません。

取扱いアイテムや分類によって異なりますが、俗に決済代金の5%前後が決済手数料として掛る訳です。

決済手数料が特に安いペイパルでも、約3%前後の手数料必要になるのです。

という事は、よく現金化クレカ現金化専門業者が「最大限98%還元!」などと広告を掲げているのを目にしますが、実のところにはこの還元率ではクレカ現金化専門業者は赤字を出してしまうため、実質的には無理です。

誇大広告と言えるでしょう。

ただし、現金化業界概要で高い還元率を掲げ、広く注意させるという風潮にあるため、良質クレカ現金化専門業者から悪質なクレカ現金化専門業者まで「還元率」に関しては誇大表記をしているのが現況です。

このように最低でも3%は手数料で掛るので、どれだけ高い還元率でも97%が限界です。

いや、プロである以上、他にも人件費や広告費、家賃などの経費が必要になるため、97%ではまだまだ大赤字です。

実のところに採算依拠に乗るのは、一段と一層低いはずです。

※詳細には「プロの利益とは?還元率の限界とは?」にも記載がありますのでご参照下さい。

従って、上に記載されている還元率はほぼ無理であって、実のところの還元率は直接見定めしなければならないというのが、クレジットカード現金化を行う上で肝心な事になってきます。

こうした裏事情を知っているといないでは、実際にこの還元率が得なのか如何にかの決断がつかない為、こうした知識を元に使用する事も価値があるでしょう。

三amazonギフト券買取方式これは自らで行うクレジットカード現金化にもあった手法ですが、自身で行う時は出品やトラブルなど丸ごと自らで処理しなければなりません。

こちらの方はプロに買取ってもらう形で換金する技術です。

クレカ現金化専門業者にamazonギフト券を売る良いところは、自らで売る時より若干手数料は掛かるがその分の手間やトラブルにも充分に対処してくれる事がナンバーワンの良い面です。

二でもあるようにこれも買取型の現金化という事になるのですが、明確に何を購買して何を売るかが決まっているので、大いに理解いただけやすいです。

事前にamazonギフト券専門の買取サイトは30以上あり、前提の良い買取も多く影響します。

このテクニックは質素に金券の売買という事になるので現時点では違法性はほぼなしといっていいでしょう。

平均的な買取率は85%前後という決して悪くない換金率で推移しております。

良好店であればレート次第では換金率は93%以上を超える事も多くあり、現在最も流行の高いクレジットカード現金化の技術です。

こうして93%前後の買取であれば自らでマッチングに出すのとほぼ変わらず、それであればクレカ現金化専門業者に任せた方が確実に心配無用で確かという良い面があります。

なお、このamazonギフト券での現金化はクレジットカードだけではなく、携帯電話を使った決済テクニックのキャリア決済という手法でもamazonギフト券を買い物する事が可能なため、クレジットカードを持っていなくても携帯やスマートフォンを持っているだけで現金化する事ができるです。

※キャリア決済でamazonギフト券をショッピングする手法はPINCOMを使って行います。

突っ込んでは関連文章:PINCOMを使ってamazonギフト券を現金化しようそれ故、フレッシュな活用者や主婦などから大いに高評価の現金化技術でもあります。

平均的な換金率=70~88%前後
amazonギフト券で現金化の長所
ネット以外でも、コンビニ等で買い物したamazonギフト券でも換金可能な。

24時常にどこからでも、現金化する事が可能な。

多くの買取があるので、好条件のクレカ現金化専門業者を探す事が可能な。

キャリア決済も活用可能なのでクレジットカードがなくても現金化可能な。

悪い面一度で多額のamazonギフト券の購買できない出来ない事例がある。

混雑しているケースは振込まで時が掛かる事例がある。

四Bitcoin(ビットコイン)買取方式このビットコインで現金化するやり方は、ほぼamazonギフト券の売買と同じような仕組みです。

ビットコインを調達してそれをクレカ現金化専門業者に買取ってもらうやり方で現金化する事ができるです。

通貨刻みはBTC(ビーティーシー)と表記されます。

このビットコインはバーチャル通貨なので、実のところに現物のお金やコインがある訳ではないのです。

完璧にスマホやパソコンで完結し手軽に現金化ができるネット型の現金化業者上だけで取引される通貨であり、一般的なネットマネーのようなゲームやお買い付けだけで使用可能なものではなく、パーフェクトに世の中のクリアと取引が可能な事を目指しそれを実現しているワールドワイドでただひとつのバーチャル通貨です。

ただこのビットコインの一般化や、これを使ってクレジットカード現金化するテクニックが完璧に一般認知されるまでにはまだまだ時が掛かりそうです。

そもそも日本ではこのビットコインの仕組みを解釈している人が少ないため、これを現金化するという事に活用者も最初に心もとないが先行してしまいます。

その上ビットコインのレートは稀に大きく乱高下する時があったりするので、下手すると大損してしまうなんて事もあります。

これは現金化の活用者だけでなくプロにも言える事ですので、ビットコインで現金化するプロはそこそこの実績や仕組みの把握がないと客に損を押し付けるクレカ現金化専門業者も出てくる確率が高いので、現在のところ優先度が低いクレジットカード現金化の手段と言えるのではないでしょうか。

平均的な換金率=65~85%前後
Bitcoin(ビットコイン)で現金化のメリットビットコインの仕組みをわずか習得する事が可能なかもしれない。

直近でできるな現金化のテクニックが全部なくなっても、ビットコインは生き残る見込みがある。

悪い面換金率が不明瞭で実のところにどんだけの現金が入ってくるか分からない。

ビットコインを現金化してくれるプロが少ない。

仕組みがややこしいので、現金化には不向き。

レートや手数料の見方が手を焼くので、得しているのか損しているのか分からない。

消費者庁の見解
ここ今頃では支出者庁からの現金化についての新たな公式公表などはないのですが、一時期現金化が社会問題になった時には、「クレジットカード現金化は違法だから使用しないように!」との呼びかけを行っておりました。

正式な呼びかけは、逮捕された現金化プロが裁判で違法認定が下った後ですね。

支出者庁のホームページ上にも掲載されておりますが、最先端の更新は平成24年度のもので、もう4年以上も前の情報が大方です。

このその頃は、悪質な現金化クレカ現金化専門業者も多く、裁判でも出資法違反と認定されたからですが、その後違法色の強い「キャッシュバック型」から「買取型」作り変えした現金化業界については、何の用心も出していないのです。

加えて、かなり以前までは「現金化は違法です!」と大々的に掲載していたのですが、2015年目下支出者庁のホームページ上から「現金化は違法」という文字は見当たりません。

実際出ているのはクレジットカードの買い物枠の現金化は、×となっております。

ただの「×」に変わっているのです。

恐らく買取型になってから、違法性につていの決断がかなりハードルが高い面がある為「違法」と断定する事が出来なくなったのでしょう。

従って、現時点で支出者庁の見解としては、クレジットカード企業はNG出しているので、活用者も可能なだけ現金化をしないようにして下さい!という程度のものになっております。

同じくに日本クレジット協会の見解も同じくです。

以前のように「現金化は違法」という文字は見当たらなく、配慮喚起という形で収まっている状況です。

総整理し解説文を添え長い解説を最後まで参照いただきありがとうございました。

ちょっとは、現金化の実情についてお理解いただけ頂けましたでしょうか!?それとも疲れましたか?(笑)最後の整理し解説文を添えですが、自らで行う現金化のナンバーワンの長所は換金率の高さです。

マックス95%ほどで現金化する事が可能なのはただひとつ、自らで一通り行えばこそです。

ただし、その分カードの使用停止などの危険性面が高くなります。

それに比較しクレカ現金化専門業者で行う現金化は換金率が低くなる分(約80%前後)、危険性も低くなります。

早ければ1時以内には現金をGETする事が可能なので、早さと心配無用であればクレカ現金化専門業者を使用するべきでしょう。

そして、この個人、プロで現金化したときどっちにも同じ良いところがあるとすれば、各クジレットカード企業から活用に伴うキーポイントがバックされる点も、現金化を行う上でハッピーな長所の一つです。

大きく理解いただけやすく表すと、以下のような形になります。

「少々の危険性があっても、ちょっとでも多くの現金を手に取り組んで実現したい!」⇒自身で現金化する。

「危険性なく、一刻も早く現金が望む!」⇒プロで現金化する。

またこのどっちの現金化手法も、カード企業からの要点還元というハッピーな特典付き!これが現時点での、個人とクレカ現金化専門業者で行う現金化の解答ではないでしょうか。

クレジットカード現金化するときは、これらの両面を腹積もり現実に自らに合ったコーデを見つける事が、何よりも肝心だという事です。

この文章中に、何か自らに向いている現金化コーデがあれば、どうぞポイントに応用してみて下さい。

クレジットカード現金化は実際に違法なのか!?これは実際でも永遠のテーマとして話しがされております。

実のところにクレジットカード現金化プロが逮捕されておりますので、厳密に言えば違法な行為という事になります。

ただし、これはあくまでも強引な取り締まりによって、無理やり取ってつけたような貸金業法違反(出資法違反及び金利分制限法に抵触したという見解)での逮捕です。

実のところにクレジットカード現金化プロの摘発があったのは2011年頃を皮切りに、その後は一年に1件程度のペースでどこかのクレカ現金化専門業者が摘発されております。

現金化自体の違法性は問えていない!というのが実情ですよって現金化行為自体は実際のところ「違法性のないグレーゾーン」という表現がお薦め当てはまるのではないでしょうか。

前述の通り過去にクレカ現金化専門業者側では数名の逮捕者は出ましたが、使用者側では全部の逮捕者は出ておりません。

これがクレジットカード現金化は違法性がないといわれる所以なのです。

仮に現金化行為を違法とするのではれば、法律自体の大きな改正が必須という事になります。

無論法改正の見込みはなくはりませんが、万一改正をするのではあればこれは質屋や古物商などにも大きな影響を及ぼすためとても確率は低いでしょう。

それ故、クレジットカード現金化の使用者側は現在のところ心配無用して使用する事が可能なのではないでしょうか。

けれども何度も言うようにあくまでもグレー行為のため、多彩な危険性は付き物です。

クレジットカード法人は現金化行為を規約違反としている今現在現存する総てのクレジットカード法人は、このクレジットカード現金化行為は規約違反という事になっております。

他にも、普通に黙認もしておらず、見付け次第即使用停止などの処分を下しております。

従って、クレジットカード現金化を行うケースは最悪カードの活用停止や、ブラックリスト入りを決心の上で活用しなければなりません。

だからバレたら終わりです。

安易に自らで行ったりするとあとで痛いしっぺ返しが来ます。

実のところにクレジットカード現金化はご解説の通り、現在のご時世なら自らで行う事も大いにできるですが、その分クレジットカード法人に露呈する確率も上がります。

水準を満たすまでの知識と経験がなければ、帰するところクレカ現金化専門業者に任せる事がお薦めかと考えます。

現金化プロは以前からずっと商売をしなければ成り立ちませんので、こういった規制や危険性を織り込み済みで何がトップ確か化をいつも心積もりているから、その時々の最上最適なクレジットカード現金化テクニックを助言してくれます。

とはいっても、プロといえども必ずに確かではないのですし、どのワールドワイドにも100%はほぼないのです。

充分に危険性を認識した上でクレジットカード現金化ライフスタイルを送るように心掛けましょう。