お金を管理する方法をマスターして豊かな生活の一歩を

お金を管理する方法をマスターして豊かな生活の一歩を

適切に管理すればどんな人でもお金は貯められます

いざお金を貯めようと思っても、そのテクニックがわからなかったり、思うようにお金が貯まらないという事は少なくないのです。

お金を貯める技術を調査してみても、困難なそうなものや影響があるのかよくわからないものが多くあり、正直めんどくさくなりますよね?そ

んな訳で採り上げるのは、お金を貯める手段を敷居別に分類、ずぼらな人でも遂行しやすい方法を紹介します。

他にも、お金を貯める技術として、「収入を増やすテクニック」と「月次のお金額を増やすメソッド」があると考えますが、採り上げるのは「月次の貯え額を増やす手法」をお金を貯める手法とします。

お金を貯める3つのメソッド

どんなにずぼらな人でも、お金を貯めようと思ったその日から実践可能な手っ取り早い手段を、決行しやすい順に解説していきます。

「そのような事じゃお金は貯まらないよ・・・」と思うかもしれませんが、現在までやった事がないなら、いずれもトライするありがたみ大のテクニックになります。

メソッド1.決まった間隔でATMを使用する習性を身に着ける

「毎週金曜日に1万円おろす」や「隔週で月曜日に2万円おろす」といった感じで、決まった的にATMを活用する習性を身に着ける事で、自然とお金を管理できます。

これは最も手っ取り早くに行えて、成果も望み可能なため、ずぼらな人には実際にイチ押しです。

お金が貯まる人は、自然とお金の使い方をキッチリと管理できていますが、その習性を身に着けるために、懐具合簿をつけたり、何にどんだけ使ったのかを毎度理解しておく事は大変です。

それにより、ATMの活用日と下ろす代金を毎度決めておく事で、厄介な事をせずにお金を管理する事ができます。

さらに、ATMの手数料が気に掛かる人も多々あると考えますが、ATM手数料をケチってしまった結果お金が貯まっていない確率があるので、そこは割り切って試してみてください。

三井住友銀行などは、毎月108円の支払いで5回まで引き出しが無料になるサービスを行っているので、こういったサービスを利用するのも一つの手と言えましょう。

メソッド2.身の回りを片付け整頓する

諸々な本やWebページで解説されていますが、住宅の中や財布の中、企業のデスク回りなど、身の回りを透明感漂うにする事が、お金を貯めるスタートになります。

身の回りを片付けしていない人は、次のような事を行っていることでしょう。

ストレスによる衝動買い買ったものを廃棄する
(だいたい食料品の賞味期限切れ)

要らないなものを買ってしまう
(すでに持っているものやそれと似たようなもの※特に洋服)

身の回りを整頓整頓したからと言ってお金は増大しませんが、こうした事をしなくなるだけで、だいぶお金にゆとりが生まれるはずです。要は無駄使いを抑えることに自然と成功します。

テクニック3.口座を4つに活用、先取り貯えをする

先ほど解説した2つのテクニックよりちょっと大変かもしれませんが、口座を4つに使い分けるだけで、お金を手間なくに貯める事ができます。

具体的には、次のように口座を活用します。

・固定費用

家賃、光熱費、電話代、交通費、税金、保険、ローンなど減らすことが難しいもの

・生活費用

食費、勉強代、習い事など、自分にとって投資しているもの

・急な経費用の貯え

冠婚葬祭、事故や病気による病院通院費用など、万が一にあったときに必要になるもの

・普通のお金口座

遊興費、普通貯金など自分で自由に利用できるもの

この4つに分けるだけで、確実にお金を管理する事ができます。

このメソッドの極意は、次の3つになります。

極意1.月給が振り込まれた日にお金を各口座に入れなおす

極意2.給与が振り込まれる口座を3や4の口座にしない

極意3.必ず急な経費用のお金もお金する

帰するところ、月次余ったお金をお金するという手段ではお金は貯まらないため、月給日に先取り貯えをする事が1番影響的になります。

また、わざわざ給与が振り込まれる口座を使わず、お金専門の口座に1から貯めていった方が、確実にお金を貯める事ができます。

目標の貯え額を設定し、それに向けていつも増加していく口座を持つ事が必須です!

他にも、急な経費や贅沢用に別口座で月次1〜3万円程お金しておく事で、貯え用の口座残高を減らす事がなくなるので、気力も維持できますよ。

口座さえ4つ開いてしまえば、手間なくでその上着実に貯えを増やしていけるので、必ずやっておきたい手段の1つになります。

お金を貯める3つの手段

影響が大きいこれからは、手軽ににできて影響が確実にでるテクニックを解説していきます。

わずか大変かもしれませんが、ここではお金が貯まる成果が大きい順に解説していきます。

テクニック1.大きな固定費を減らす

お金を貯める鉄則は、大きな固定費を減らす事になります。

一見大変そうですが、大きな固定費は1回減らしてしまえば、減らした分だけ何もしなくてもお金を貯める事が可能なので、手軽にかつ超影響的なメソッドになります。

一例を挙げれば、iPhone代が高いのであれば、料金計画を再考たり、ガラケーに手直しするだけで、手っ取り早くにお金を増やす事ができます。

他にも、家賃や保険料、車の維持費など月次の固定費として自然に払っているものを見直す事で、手間なくに数万円のお金を浮かす事ができます。

他にも、お金を貯めようとすると、いきなり自販機での買い付けを控えるなど、小さな節減を開始出来てしまいがちですが、成果が見えにくい上に大きなストレスがかかっておすすめできません。

テクニック2.品質が変わらないものは、安いものをまとめ買いする

普通に、アイテムはそこそこまとめ買いした方が大きな省コスト化影響が見込めます、一例を挙げれば、定期的ペットボトルのお茶を買うのであれば、スーパーで安売りしているお茶をまとめ買いし、それを持っていくだけで、1本当たり40~50円ほどの省コスト化ができます。

ペットボトルだけでは、省コスト化成果としてわずか弱いですが、ビールや食品などまとめ買いができ、保存の効くものを一通りこの手法で省コスト化すると、確実に数千円は浮かす事ができます。

注意すべきポイントとしては、値段で品質が異なるようなものは、安いものは買わないという事です

調度品家電や洋服など、値段で品質が左右さるものはそこそこ高いものを買い物した方が、結果的にお金を貯める事ができます。

テクニック3.小銭は一通りお金する定期的

住宅を出る前、もしくは家屋に帰ってきたケースに、財布の中の小銭を一通り貯えします。

居宅に帰る前に小銭を全て使ってしまおうとしない限り、たったこれだけで数千円〜1万円のお金を月次貯める事ができますよ。

お金を貯める3つのポイント

これらは、少しずつ少しずつお金を貯めて、気づいたころには大きい額になっていく技術になります。

確実に影響はありますが、大変なところもあるため、具体的にお金を貯める目的ができてから取り組んでみてください。

ここでは、手っ取り早くに可能な技術から解説していきます。

ポイント1.月次の残金を貯えする

実際直ちに可能な編で、口座を4つに分類てお金を管理するという技術を解説しましたが、月次の暮らし費は少額ですが絶対余ると考えます。

そうしたお金は、ついつい翌月に繰り越してしまいがちですが、そこは我慢してありきたりにお金してしまいましょう。

このメソッドははじめは小さな影響しか生みませんが、貯金感覚が身についてきて、影響的にお金を機能面で優れたようになった分だけ、大きな成果を発揮するメソッドになります。

ですので、一番目のうちは貯えするプライスより、翌月に繰り越さないという事が着目点になります。

ポイント2.無意味利用しを減らす

小さな浪費を減らしていく事で、ちり積も的にお金を貯めていく事ができます。

例を挙げると、定期的お弁当と水筒を持ち歩いたり、使わない電気は綿密に消したり、専門店のコーヒーではなくUCCのインスタントコーヒーを飲むなど、できるな限り無駄遣いを減らしていきます。

個々は小さな費用ですが、一通りをミックスすると水準を満たすまでの費用を節減可能なようになります。

ただ、このメソッドはストレスも適度にかかってくるので、実際に可能な範囲で行っていきましょう。

ポイント3.綿密に懐具合簿をつけ、浪費⇒支出の順に減らしていく

お金を貯める技術の元として、懐具合簿をつける事が挙げられます。

これはよく聞く手段ですが、かなりめんどくさいですし、これをしたからといって直ちににお金は貯まりません。

ただし、真面目に懐具合簿をつけると、予算感覚が身に就くようになり、半年から1年後には徐々に無駄遣いを減らす事が可能なようになっていきます。

その結果、懐具合簿をつけはじめて1年もすると、つけていない頃よりも確実に多くのお金を貯める事が可能なようになります。

手軽に、懐具合簿をつける手段や極意についても解説しておきます。

懐具合簿はなるべく綿密につける事によって、月次何にどんだけ使っているのかという事を的確に理解します。

そうする事で、月々の入金を次の3タイプに分ける事ができます。

タイプ1.浪費

生きていくうえで全く不可欠のないもの

タイプ2.支出

生きていくうえでそこそこ必須なもの

タイプ3.不可欠経費

必ずに省けないお金で人によって、どの入金がどれに分類するかは異なると考えますが、浪費を限りなく減らしていき、支出もできるな限り減らしていく事で、水準を満たすまでのお金を余らせる事ができます。

しかし、浪費もストレス決着になるなど完璧に無意味なものではないため、ほどほどにする事も価値があるですよ。

お金を貯める上での2つの留意点

お金はただがむしゃらに頑張るだけでは、わりと貯まりません。

お金を貯める前に次の2点に配慮するようにしてください。

留意点1.お金を貯める目標を立てる

留意点2.省コスト化する長所があるのかを考慮する

留意点1.目標を作る

お金を貯める目標を立てるただがむしゃらに貯めるより、○○万円貯めるという事を目標にお金を貯めていく事で、お金を貯めるやる気を維持する事ができます。

できるであれば期限をつけるとより影響的ですが、あまり困難なものにしてしまうと途中で挫折してしまうため、最初に○○万円貯めるという目標で問題ないです。

具体的な代金としてよく言われるのが、100万円を貯める事ですので、特に目標がない時はひとまず100万円を目指してみてはどうでしょうか。

留意点2.省コスト化する

美点があるのかを思案する節減のしすぎでストレスがたまってしまい、散財したり業務の気力が上がらないというのは本末転倒になります。

それにより、水準を満たすまでの浪費は積極的に許すようにしてください。

1つのスタンスとして、自販機でお茶を買う事をやめ、スーパーの安いお茶を買うようにする事で獲得できる1月のお金は2千円がいいところです。

この2千円を節減する事で業務に支障をきたすのであれば、数年〜10数年後に収入を上げるべく、業務に集中した方が得策になります。

仮に10年間1月の2千円を我慢したところで、18万円の節減にしかなりません。

それなら、10年後までに18万円の収入を増やす努力をした方が、有意義と言えるのではないでしょうか。

上記のことをまとめると

それでは最後に、お金を貯める方法をおさらいしましょう。

お金を貯める大事な方法まとめ

・決まった的にATMを使用する習性を身に着ける

・身の回りを整頓整頓する

・口座を4つに活用、先取り貯えをする

・大きな固定費を減らす努力をする

・品質が変わらないものは、安いものをまとめ買いする

・小銭は一通りお金する

・月次の残金を貯えする

・無意味利用しを減らす

・詳細に懐具合簿をつけ、浪費⇒支出の順に減らしていく

いかがでしたでしょうか。

分かっているけど面倒くさいなあと思ってる方は、上記の全部ではなく1つだけでも大丈夫です。

大切なのは、読んだだけで終わらず、何か一つでもチャレンジしてみることです。

お金の管理がうまくなれば、あなたの生活は、今後間違いなく豊かになっていきますので、ぜひトライしてみてください。

あなたの人生に幸あらんことを!